Amanpuloへの道の第二回。

リゾート専用機でマニラ空港を離陸しました。
機窓からはマニラ郊外の町並みが見えます。

マニラの町並みは「アジアの雑踏」というイメージなのですが、
こう見ると意外と?緑が多いのですね。
それを言ったらあれか、訪日客が成田周辺を見下ろしたら・・・?

写真はかなり美化さらた私の心象で色彩を再現していますので、
実際にはもっとくすんで靄のかかった景色だったと思います。
マニラは世界有数の空気が汚い都市なので・・・

travel_amanpulo_01-02

しばらく飛ぶと程なくして下は海になります。
小型の機体のため雲の少し下を飛んでいるようで景色が近いです。
海原を進むタンカーもはっきりと見て取れます。

中には明らかにスコールを降らせているのが見える雲もあったり、
なんといか熱帯の空模様、この雲が熱帯地方にやってきたことを実感できます。

travel_amanpulo_01-03

専用機の機内はこんな感じです。
操縦席まで一気通貫で計器の類まで見えるのが新鮮でした。

機内は冷房が効きすぎなのか何なのか、
異常に寒いので羽織ものを持ち込んだ方がよいです。

半そで半ズボンだと冷蔵されると思います。

travel_amanpulo_01-04

一時間ほどのフライトでした。

目的地のパマリカン島(Pamalican)が見えてきました。
島の左が見えるグレーの部分が滑走路になります。

鬱蒼とした森に囲まれた低層の建物しかないので、
上空から建物は見えません。

ワンアイランド・ワンリゾート

これは「隠れ家」とは呼べない何かですね。
周りには身を隠す相手もいない。

travel_amanpulo_01-05

着陸しました。

ゲストにはそれぞれに1台のバギーが迎えに来て、
スタッフの運転で島内を案内しつつヴィラまで送ってくれます。
ゲストが下りた後は移動してきたスタッフや物資の積み下ろし作業です。

離陸前の写真を載せませんでしたが、ここで全貌をお目見えです。
気体は30人くらい乗りのプロペラ機になります。

我々は庶民なので、物資の輸送も兼ねて毎日運行されている定期便ですが、
もちろん本物のお金持ちたちはプライベートチャーターで乗りつけてきます。

travel_amanpulo_01-06

部屋に到着後、さっそくビーチへ。
ピーカンの景色もいいですが、夕暮れ前のゴールデンアワーもまた。

下の写真では海草が打ちあがってますが、
ビーチは毎朝スタッフが掃除しているので日中は落ちていません。

travel_amanpulo_01-07

さて、とうとうやってきた憧れのアマン。
自然に抱かれた贅沢な滞在の始まりです。