転ばぬ先のTsue

Korobanusakino杖
http://blog.livedoor.jp/mojin_no_tsue/

城ヶ島公園で父子ピクニック

最近妻が忙しくて篭っていることもあり、
週末は息子たちと男3人で気ままに遊びまくっています。(笑)

明日は天気がよさそうだし、何処に行こうか?

次男「どうぶつえんいきたい!」 ⇒昨日行ったけど(しかも今月既に動物園2回)
長男「こうえんでピクニック!」 ⇒それはノンビリできそうで魅力的ね
父親「海を眺めて癒されたい!」 ⇒とーさんとてもくたびれてます・・・

全部まるごと実現するにはどうする?
私が閃いたた行き先とは・・・

jogashima_02

そうだ、城ヶ島にいこう。
そして、その足で油壺マリンパーク(水族館)だ。

城ヶ島というのは三浦半島の南端に太平洋に突き出た島でして、
半島からは有料の橋でつながっています。

先日の三浦国際市民マラソンでは、
こちらの城ヶ島が折り返しとなっておりました。

↓こちらの地図でもご参照ください↓
run日記:第35回2017三浦国際市民マラソン

jogashima_01

城ヶ島の東側1/4くらいは公園になっていまして、
東端にピクニック広場になっています。

芝生に座ると海は見えないのですが、立ち上がればみえます。
一枚目の写真は展望台からの景色。

あの灯台まで行ってみる?
と誘うと、兄弟の冒険心を刺激したようです。

jogashima_04

いざ先端まで行ってみると、
岩場に白波が弾けてなかなかの迫力です。

釣り人たちは慣れたものでヒョイヒョイと移動していますが、
こちらは3歳と7歳のやんちゃ坊主連れ。
子供が落ちたら助け出す自信ありません。

自分で言い出したものの、
見てるこっち冷や冷やして気が気じゃないので、
何食わぬ顔の長男を急かして手前まで引き上げてきました。

波打ち際でなくとも、冒険家気取りの兄弟は
大きな岩を上ってクリアしてはドヤ顔の長男でした。

jogashima_03

結果としては息子たちの願望は満たされたようですが、
とうさんだけは癒されたというよりは、ドキドキ気づかれしたのでした。

三浦半島は同じ神奈川県内でありながら、
いい感じの田舎のノンビリ感とリゾート感があっていいですね。

海辺のピクニックにはワンタッチシェードが便利。
エルブレスオンラインで探す
Amazonで探す

日よけにも当然ですが、海辺はトビに食べ物を狙われずに済みます。
私は江ノ島で一度ヤラレてからかなり警戒してます。(ハンバーガー返せ!!)
この日も油壺でも一人襲われている少年がいました。。

辻堂海岸

学生の頃はよくぶらっとやってきた湘南ですが、
最近ではめっきり足を伸ばすこともなくなりましたね。

ちょうど湘南の海が見たいなぁ、
なんて思っていたところに地引網の誘いがあったので、
喜んで飛びついてみました。

せっかく海岸まで来たので、少しカメラで遊んでみます。
E-P1のアートフィルタなる機能をいろいろ試してみようかと。

これは普通の写真。

今にも降り出しそうな空ですが、この後やっぱりひと雨きました。
何やら不穏な雰囲気が・・・

photo_tsujido_01

デイドリーム

ブルーなフラットな色調で非現実感を出そうというものですが、
昔の記憶の中の映像をイメージしています。
(直訳すれば「白昼夢」ですけど)

曇っているせいか、いまいち分からないですね。
あるいは元々色のバリエーションの少ない景色だからか・・・

うーむ。。
もう少し違うシチュエーションで試してみます。

photo_tsujido_03

トイカメラ

色を抑えめにして周辺減光を再現して、
トイカメラっぽさを出しています。

ただ、実際のトイカメラと比較すると、
やっぱり解像度が高い分、中らへんの写りがよさ過ぎる印象が・・・

本当のトイカメラで撮った写真
(このトイカメラは既にお亡くなりになっていますが・・・)

photo_tsujido_02

ラフモノクローム

粒子の粗いモノクロ写真が撮れます。
これはいいですね。

杖的には今まであまり縁のなかった感じです。

昔の性能の悪い銀板みたいでなかなか味があります。
これが一番気に入りました。

photo_tsujido_04


こういう機能はやっぱりデジカメならではですね。
硬派なデジタル一眼には着いていなさそうです。

お遊びにもつかえていいと思います。

それぞれ写真の雰囲気に合ったものが
被写体になっている選んだつもりですが、
どうでしょうか?

他にも何種類かのフィルターがあるので、
また今度試してみたいと思います。

スローな休日

友人からゴールデンウィークに、
茅ケ崎にある知人のセカンドハウスに遊びに行かないか?という誘いがありました。

新居のことで考えることがたくさんあったので、
お断りしようかという考えもよぎったのですが、
最近はプライベートの時間はほとんど新居に関するエトセトラに費やして来ていたこともあり、
実は少し頭が飽和状態でした。

海でもみれば気分が変わるかと思い、ありがたくお誘いに乗ることにしました。

相方はカレンダー通りに仕事があるということもあり、
家を出る前に最低限の家事だけ終わらせ、いざ茅ヶ崎へ。

まずはガソリンが安いうちに満タンにしておこうと思い
スタンドに寄ったのですが、なんと在庫切れ。
テレビの中の話かと思っていたら、本当に店頭から無くなったりするんですね。
諦めて道中のスタンドに寄ることにして目的地へ向かうことにしました。

analog_chigasaki_01




















多少の混雑はあったけれども、道中は概ね快適でしたね。
ついて、遅い昼食を取ったらすでに夕暮れ。
日が暮れる前にと思って急いで海へ散歩にでかけました。

analog_chigasaki_02




















ここ菱沼海岸はほぼ真南を向いているようで、沈む夕日はみることができません。
水平線から朝日が昇るのも見れないかもしれませんね。

夜はお酒を飲みながら、人生ゲームを2回戦ほど。
完全に頭を使うことを放棄したスローな時間が過ぎて行きます。

analog_chigasaki_03





















人生ゲームを一旦解散した後も一部メンバーを縮小しながら、
宴は明け方まで続きました。

ふと時計を見ると午前6時、日の出の時間じゃあないですか。
再び急いで海へ散歩に出ました。

analog_chigasaki_04




















案の定、日が出る場所は丘のほうでした。
でも、朝もやというか、塩でもやのかかった海は久々の光景で、
10代の頃、無駄に夜の海へ繰り出して夜を明かしたりしていたのを
思い出したりしていました。

再び家に戻って布団に潜り、おやすみなさい。
昼前にのそのそ起きだしてゴルフ練習場に行ったり、お茶しながらダベッたり。

analog_chigasaki_05




















海に入ることはなかったですが、
現実の思考から解放されて気を使わない仲間たちと
スローでリラクシングな休日を過ごすことができました。

普通に働いてらっしゃった方々、すんません。。。
記事検索
Yesterday's Visits
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
  • ライブドアブログ