転ばぬ先のTsue

Korobanusakino杖
http://blog.livedoor.jp/mojin_no_tsue/

マカロン

マカロン @HUGO & VICTOR

HUGO & VICTOR(ユーゴ アンド ビクトール)のマカロン

2017年のバレンタインデーです。

macaron_hugovictor_02


なんだか分厚い百科事典のような…

macaron_hugovictor_01

でも中身は極上マカロンです。

HUGO & VICTOR PARIS

マカロン @Sebastien BOUILLET

マカリヨンの記事でセバスチャン・ブイエの
普通のマカロン食べたことあったっけかな?

とか書いたのですが、
ありました。しかもマカリヨンと同月に。

マカリヨンはホワイトデーなすが、
こちらのマカロンは写真の撮影日を見るに2015/3/9となっています。

特にイベント的なことは何もない日付なので、
たぶんただの「お父さんのお土産」だったんでしょう。

何もない日にふらっとマカロンをお土産に買って帰るお父さんはどうなんだろうか。
パリジャンかよ。と今度は自分に突っ込んでみる。

20150309_macaron_bouillet


セバスチャン・ブイエは箱が派手。

ここのところ一気にまとめてアップした
「マカロン派」カテゴリの記事はそのうち発生日の日付に移動するかも知れません。

マカロン @Laduree 2016バレンタイン

2016年の妻からのバレンタインは、
王道のLaduree(ラデュレ)のマカロン。

色々んな有名パティスリーのマカロンを食べてみてはいるんですが、
ラデュレを食べると、やっぱり1番はラデュレかなと思います。

じゃぁ、2番は?というとやっぱりピエール・エルメかな。
ここの2つは私の中では今のころ不動のワン・ツー。

20160214_macaron_laduree_02


ラデュレはパッケージがブリブリでやや男子向けではないんだけれども。

20160214_macaron_laduree_01



マカロン @Sadaharu AOKI 2014ホワイトデー

2014年の妻へのホワイトデーは、
サダハル・アオキのマカロン。

今を時めく日本人パティシエなんだけど、

あれ?写真が見当たらない…。

けど、メモとして。

写真出てきました。
携帯写真だったのでイマイチですが。

20140314_macaron_sadaharu_aoki



マカロン @La Maison du Chocolat 2015バレンタイン

2015年の妻からのバレンタイン

La Maison du Chocolat (メゾン・ド・ショコラ)のマカロンです。
私に、というか男子チームに。

macaron_maison_du_chocolat_2015_vd


私にはPierre Marcolini (ピエール・マルコリーニ)のチョコ。
なんとピエールのサイン入り。

渋谷のヒカリエに来ていたそうです。

chocolate_pierre_marcolini


宛名も書いてあったのですが、
「to tsue」と書かれているとオジサンからチョコもらったみたいになるからか、
「for tsue」と書かれていました。

ごちそうさまでした。

マカリヨン @Sebastien BOUILLET 2015ホワイトデー

時系列を遡ってついでにマカロン祭りです。

Sebastien BOUILLET (セバスチャン・ブイエ)のマカリヨン

2015年の妻へのホワイトデーです。

マカリヨンって何だ?
なんかジョジョリヨンみたいだな。(なんでもないです)

要はマカロンをチョコレートでコーティングしたお菓子を考案し、
それをマカリヨンと呼ぶことにしたそうです。

一般名詞ではなく商品名です。

macaron_BOUILLET_macariyon


ブイエの普通のマカロンって食べたことあったっけかな?


→ (2016/3/17補記) あった。しかも同月に。。

マカロン @DALLOYAU (ダロワイヨ) 2016ホワイトデー

サブカテゴリ「マカロン派」作りました。

2016年の妻へのホワイトデー(の一部)です。

DALLOYAU(ダロワイヨ)の春のマカロン9種の詰め合わせ
個別包装されていて日持ちするタイプ。

とちおとめ

はちみつ
ミルキー
あまおう
宇治抹茶
瀬戸内レモン
ヴァーニュ
ショコラ

マカロンは息子たちが好き過ぎて、
食べられてしまうのであまり回って来ない。
と妻より苦言あり。

マカロンが好きな5歳児と2歳児とは、
おまえらパリジャンか。

では、マカロンは妻が主役ではない時の贈り物にしますね。

macaron_dalloyau_spring2016


息子の手が伸びてきて食べられてしまう寸でのところで望遠で激写!(笑)

メモっとかないと忘れちゃうのです。


父の日 2013

思春期を迎えてからほとんど縁のなかった、
父の日というイベント。(ごめんなさい)

今日は父の日ということで、
3歳になった息子が、美味しい珈琲を淹れてくれるんだそうです。

fathers_day_2013_01

息子が産まれてはや3年。

生活は劇的に変わったような気もするし、
でも外から見ると(外食もするし、海外旅行も行くし)、
そんなには変わっていないように見えるような気もする。

でも、メンタルという面では激変したような気もします。

別に子どものミルクやオムツ代を稼ぐために、
いっそう仕事に精が出るようになったという訳ではないのですが(笑)。。

「日常生活に緊張感が出た」というのが一番しっくりくるかも知れません。

fathers_day_2013_02

ただ、ボクは元来、根は怠け者なもんで、
変化を嫌って、すぐに居心地のいいところに収まろうとする帰来があります。

そういうコンフォートスポットから否応なく引きずり出してくれるのも、
また日々すさまじい勢いで成長していく子どもの存在な訳です。

たぶんこの3年間の自分の成長の素は、(ストレスの素も?笑)
人の予定を引っかき回す、次はいったい何が起こるんだ!?
という緊張感なんだと思います。

自分でも内面を明確には整理できていないながらも、
何か感慨深さがこみ上げてきた父の日でした。

息子が淹れてくれた美味しいサザコーヒーの「お父さんありがとうブレンド」は、
これまたボクの大好きなピエール・エルメのマカロンで頂きました。

あ。なんか、しあわせ。

マカロン @LA BOUTIQUE de Joel Robuchon 2012ホワイトデー

妻へのホワイトデー。

実は杖はマカロンが好きなんですね。

東京市部で働く杖は
なかなか都心のショップに足を運ぶチャンスがないのです。

お取り寄せできる美味しそうなマカロンひないものか。
という観点で探してRobuchonにしてみました。

美味。

DCIM0154

去年はホワイトデー用にレストランを予約していたんですが、
例の地震でお流れになってしまいました。

その後4月に結婚記念日としてそのレストランはリベンジできたんですけどね。

深夜に相方とマカロンを食べながら話していたら、
そんなことを思い出しました。

マカロン @PIERRE HERME PARIS

本日はホワイトデーということで、
仕事の移動の合間に1時間並んでスイーツを購入しました。

1時間並んだというのはピエール・エルメのマカロンです。

写真は青山の路面店。
並んだのは渋谷の東急ですが。
food_pierreherme_01



















マカロンって今まであまり食べたことがないし、
それほどおいしい!!と思ったことがなかったんです。

ところが、世の中にはマカロンフリークなる人々がいて、
杖の職場にも事象マカロンマニアの男性などもいるのです。

先日、この人と雑談をしていたときに、
(聞いてもいないのに)突然ピエール・エルメのマカロンのすばらしさを語りはじめました。
で、とにかく絶賛するので、
そこまで言うならここは一つ食べてみようじゃないかと。

実は相方も杖同様、マカロンには対してさほど興味がないのを、
事前調査で知っていたのですが、そんなことはお構いなし。
ホワイトデーの贈り物にすることにしました。

で、結果は?というと・・・

杖は美味しいマカロンについて尋ねられれば間違いなくお奨めしますよ。

「ピエール・エルメのマカロンがすばらしい」と。

food_pierreherme_02



















記事検索
Yesterday's Visits
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
  • ライブドアブログ