転ばぬ先のTsue

Korobanusakino杖
http://blog.livedoor.jp/mojin_no_tsue/

ホテル

旅のTips 添い寝問題(ファミリーポリシー)

今年のバカンスの予定を立てていたのでついでに。

家族旅行をよくされる方にとって面倒なのが添い寝問題かと思います。

国内の宿泊予約サイトですと、寝食一体の旅館文化の名残なのか、
寝具の有無や、食事の有無など細かく検索条件を設定できたりしますが、
海外ホテルの予約サイトはまずそんなことはありません。

素直に大人2名、小人2名で予約サイトで検索すると
スイートルームやコネクティングルーム、2ベッドルームヴィラなどしか出てきません。

この結果をそのまま受け入れられる、
素直な方や気前よい方は気にする必要はありませんが、
締めるところは締めてメリハリを付けたい庶民派としては一工夫が必要です。
正確に言うと工夫というよりは手間をかけるしかないということです。

何かというと、
予約サイトの検索結果と本当のファミリーポリシーは必ずしも一致しないのです。
例えそれがホテルの公式サイトであったとしても!!です。

実例を挙げた方が分かりやすいので、
大人2名、小人2名(7歳、3歳)で「コンラッド・バリ」の予約する場合を考えてみます。
海外旅行を個人手配する方はインターネットで済ませることが多いと思いますので・・・

Expedia(←リンク)
みんな大好きExpediaで検索してみると、
むーん。。。4名だとデラックスルームは定員オーバー。
family_policy_expedia_01

Conrad公式サイト(←リンク)
コンラッド(ヒルトン)の公式サイトでも引っかかるのはやはりスイートだけ。
family_policy_hilton_01

いずれも引っかかるのはスイートのカテゴリだけで、
通常のデラックスルームは定員オーバーの扱いとなっています。

ところが公式サイトをよく読んでみるとどうでしょう?
デラックスルームの最大定員は大人2名、子供2名(〜12歳)と書かれています。
でも、システム上は引っかからない。

family_policy_hilton_03

さらに詳細なファミリーポリシーが公開されていました。

http://www.conradbali.com/wp-content/uploads/2016/06/Family_Policy_2017.pdf

追加ベッド無しでの12歳までの子供の宿泊料は無料とされているので、
システム上は大人2名+小人1名で予約をして現地で「ホントは4名だよ〜ん」、
といえば大人2名、小人2名でデラックスルームの予約ができるのですね。

一様なシステムの仕様と宿泊施設のポリシーにはギャップがあるんです。
しかもそのポリシーは地域や宿泊施設によってまちまちだったり。

コンラッド・バリは公式サイト上にファミリーポリシーが明記してあるので、
サンプルとして分かりやすいと思い、実例として挙げてみましたが、
サイト上に公開されていないホテルは結局メールなりで個別に確認する必要があります。

ホテルと航空券のチケットも一緒に取れるサイト(Expediaなど)だと、
エアとホテルで矛盾が出て上記のような取り方ができないかも知れません。
そうなったら、それも踏まえてどちらがお得かを比べて決めればいいと思います。

やっぱり旅行の個人手配はちょっと手間がかかります。
店舗型にせよネット専業にせよそこを丸投げできるのが代理店な訳で、
コストが気にならなければ、もちろん便利は便利。

宿泊記 目次

宿泊記 目次

それなりのペースでお泊りはしています。

書きたいという気持ちに体がついていっていないです・・・


What's new(2017年)
 ※ 2017年05月泊 エクシブ山中湖 サンクチュアリ・ヴィラ(再訪)
 ※ 2017年03月泊 ディズニーアンバサダーホテル

========================================================

■ XIV Yamanakako Sanctuary Villa
□ エクシブ山中湖 サンクチュアリ・ヴィラ
 (山梨県 山中湖村)
 宿泊記 (1) coming soon ... (2017年05月泊)<更新中!>

■Disney Ambassador Hotel
□ディズニーアンバサダーホテル
 (千葉県 浦安市 舞浜)
 宿泊記 (1) coming soon ... (2017年03月泊)<更新中!>

■Karuizawa Price Hotel West Cottage
□軽井沢プリンスホテル ウェスト コテージ
 (長野県 北佐久郡 軽井沢町)
 宿泊記 (1) coming soon ... (2017年01月泊)

■ XIV Tateshina
□ エクシブ蓼科
 (長野県 茅野市 北山蓼科)
 宿泊記 coming soon ... (2016年01月泊)
 宿泊記 (1) (2016年12月泊)<更新中!>

■ Jumeirah Vittaveli
□ジュメイラ・ヴィタヴェリ
 (モルディブ ボルフシ島)
 宿泊記 coming soon ... (2016年10月泊)

■ Hotel Harvest Nasu
□ホテルハーヴェスト那須
 (栃木県 那須郡 那須町)
 宿泊記 coming soon ... (2016年02月泊)

■ XIV Hakone Rikyu
□ エクシブ箱根離宮
 (神奈川県 足柄下郡 箱根町 宮ノ下)
 宿泊記 (1) (2) (3) (4) (2016年02月泊)<更新中!>

■ Sofitel Singapore Sentosa Resort and Spa
□ ソフィテル・シンガポール・セントーサ・リゾート&スパ
 (シンガポール セントーサ)
 宿泊記 (1) (2015年11月泊)<更新中!>

■ MUJI house of furniture
□ 無印良品 家具の家
 (群馬県 嬬恋村 干俣バラギ高原)
 宿泊記 coming soon ... (2015年09月泊)

■ XIV Karuizawa Sanctuary Villa Museo
□ エクシブ軽井沢 サンクチュアリ・ヴィラ ムセオ
 (長野県 北佐久郡 軽井沢町)
 宿泊記 coming soon ... (2015年06月泊)

■ Pullman Port Douglas Sea Temple Resort and Spa
□ プルマン ポート ダグラス シー テンプル リゾート アンド スパ
 (オーストラリア クイーンズランド州 ポートダグラス)
 宿泊記 coming soon ... (2015年06月泊)

■ The Westin Miyako Kyoto
□ ウェスティン都ホテル京都
 (京都府 京都市 東山区)
 宿泊記 (1) (2) (2009年8月泊)
 宿泊記 coming soon ... (2011年04月泊)
 宿泊記 coming soon ... (2015年04月泊)

■Shinjuku Granbell Hotel
□新宿グランベルホテル
 (東京都 新宿区 歌舞伎町)
 宿泊記 (1) (2) (3) (4) (2015年03月泊)
 宿泊記 (5) (6) (7) (2015年03月泊)
 宿泊記 (8) (9) <更新中!> (2015年05月泊)

■ Hotel Harvest Tateshina
□ホテルハーヴェスト蓼科
 (長野県 茅野市)
 宿泊記 coming soon ... (2014年01月泊)
 宿泊記 coming soon ... (2015年02月泊)

■ Hakone Hisui
□箱根翡翠
 (神奈川県 足柄下郡 箱根町)
 宿泊記 coming soon ... (2014年12月泊)

■ Moana Surfrider A Westin Resort & Spa
□ モアナ サーフライダー ウェスティン リゾート&スパ
 (アメリカ合衆国 ハワイ州 オアフ島)
 宿泊記 (1) (2) (3) (4) (2011年7月泊)
 宿泊記 (5) (2014年6月泊)  <更新中!>

■ Cross Hotel Osaka
□ クロスホテル大阪
 (大阪府 大阪市 中央区 心斎橋筋)
 宿泊記 (1) (2) (3) (2013年06月泊) <2013年11月11日更新>

■ Hoshinoya Taketomijima
□ 星のや 竹富島
 (沖縄県 八重山郡 竹富町(竹富島)
 宿泊記 (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (2013年05月泊)

■Karuizawa Price Hotel East
□軽井沢プリンスホテル イースト
 (長野県 北佐久郡 軽井沢町)
 宿泊記 coming soon ... (2013年01月泊)

■Musoan Biwa
□無雙庵 枇杷
 (静岡県 伊豆市 土肥)
 宿泊記 coming soon ... (2012年11月泊)

■Laforet Shuzenji Sanshisuimei
□ラ・フォーレ修善寺 山紫水明
 (静岡県 伊豆市 大平)
 宿泊記 (1) (2) (3) (4) (2012年11月泊)

■The Prince Hakone
□ザ・プリンス 箱根
 (神奈川県 足柄下郡 箱根町)
 宿泊記 (1) (2) (3) (4) (5) (2012年1月泊)
 宿泊記 (6) (7) (2012年11月泊)

■ Amanpulo
□ アマンプロ
 (フィリピン パマリカン島)
 宿泊記 coming soon ... (2012年9月泊)

■ Hotel Nikko Narita
□ ホテル 日航 成田
 (千葉県 成田市)
 宿泊記 (1) (2) (2012年9月泊)

■ Hotel Bleston Court
□ ホテル ブレストンコート
 (長野県 軽井沢町 星野)
 宿泊記 coming soon ... (2012年7月泊)

■ Masuichi Kyakuden
□ 桝一客殿
 (長野県 上高井郡 小布施町)
 宿泊記 coming soon ... (2012年7月泊)

■ Hyatt Regency Saipan
□ ハイアット リージェンシー サイパン
 (北マリアナ諸島 サイパン島)
 宿泊記 coming soon ... (2012年3月泊)

■Keio Plaza Hotel Tama
□京王プラザホテル 多摩
 (東京都 多摩市)
 宿泊記 (1) (2) (2011年12月泊)
 宿泊記 (3) (2012年1月泊)

■ Hoshinoya Karuizawa
□ 星のや 軽井沢
 (長野県 軽井沢町 星野)
 宿泊記 (1) (2) (3) (4) (2008年11月泊)
 宿泊記 (5) (6) (2011年11月泊)

■ Tokyu Stay Aoyama Premier
□ 東急ステイ 青山 プレミア
 (東京都 港区 南青山)
 宿泊記 coming soon ... (2011年8月泊)

■ Kahala Hotel & Resort
□ ザ カハラ ホテル&リゾート
 (アメリカ合衆国 ハワイ州 オアフ島)
 宿泊記 coming soon ... (2011年7月泊)

■ Kawana Hotel
□ 川奈ホテル
 (静岡県 伊東市 川奈)
 宿泊記 (1) (2) (3) (4) (5) (2011年7月泊)

■ Nagomi no Yado Kakujoro
□ 和味(なごみ)の宿 角上楼
 (愛知県 田原市)
 宿泊記 coming soon ... (2011年2月泊)

■ Tharassa Shima Hotel
□ 星野リゾート タラサ志摩
 (三重県 鳥羽市)
 宿泊記 coming soon ... (2011年2月泊)

■ The Busena Terrace
□ ザ・ブセナテラス
 (沖縄県 名護市)
 宿泊記 (1) (2) (3) (4) (5) (2010年9月泊)

■ The Naha Terrace
□ ザ・ナハテラス
 (沖縄県 那覇市)
 宿泊記 (1) (2) (3) (4) (2010年9月泊)

■ Hakone Suishoen
□ 箱根 翠松園
 (神奈川県 足柄下郡 箱根町)
 宿泊記 coming soon ... (2009年12月泊)

■ Niki Club, NIKI CLUB & SPA
□ 二期倶楽部 NIKI CLUB & SPA
 (栃木県 那須郡)
 宿泊記 (1) (2) (3) (4) (5) (2009年11月泊)

■ Iori Machiya Stay, Ishifudono-cho
□ 京町家 庵 石不動之町
 (京都市 京都市 下京区)
 宿泊記 (1) (2) (3) (2009年8月泊)

■ Haimurubusi
□ はいむるぶし
 (沖縄県 八重山郡 小浜島)
 宿泊記 (1) (2) (3) (4) (2009年7月泊)

■ Four Seasons Resort Bali at Sayan
□ フォーシーズンズリゾート バリ アット サヤン
 (インドネシア バリ島 ウブド)
 宿泊記 (1) (2) (3) (4) (2008年8月泊)

■ Sentosa Private Villas & Spa, Bali
□ セントーサ プライベート ヴィラズ&スパ
 (インドネシア バリ島 スミニャック)
 宿泊記 (1) (2) (3) (4) (2008年8月泊)

■ RISONARE
□ リゾナーレ
 (山梨県 北杜市 小淵沢)
 宿泊記 (1) (2) (3) (2008年4月泊)

■ Hotel & Oriental Villa ANGKASA
□ アンカサ ホテル&オリエンタルヴィラ
 (愛媛県 松山市)
 宿泊記 (1) (2) (2008年3月泊)

■ Hyatt Regency Kyoto
□ ハイアットリージェンシー京都
 (京都府 京都市 東山区)
 宿泊記 (1) (2) (3) (2007年10月泊)

■ Le Touessrok Hotel Mauritius
□ ル トゥエスロック モーリシャス
 宿泊記 (1) (2) (3) (4) (2007年7月泊)

■ Banyan Tree Seychelles
□ バンヤンツリー セイシェル
 宿泊記 (1) (2) (3) (4) (2007年7月泊)

■ Hilton Tokyo
□ ヒルトン東京
 宿泊記 (1) (2) (2007年4月泊)

■ Park Hotel Tokyo
□ パークホテル東京
 宿泊記 (1) (2) (2006年11月泊)

■ Mandarin Oriental Dhara Dhevi, Chiangmai
□ マンダリン オリエンタル ダラデヴィ チェンマイ
 宿泊記 (1) (2) (3) (4) (2006年10月泊)

■ Metropolitan Bangkok
□ メトロポリタン バンコク
 宿泊記 (1) (2) (3) (2006年10月泊)

■ Radisson Miyako Hotel Tokyo
□ ラディソン都ホテル東京
 宿泊記 (1) (2) (2006年5月)

■ Tanjung Rhu Resort, Langkawi
□ タンジュン・ルー リゾート ランカウイ
 宿泊記 coming soon ... (2005年10月泊)

■ Shangri-La's Rasa Ria Resort, Kota Kinabalu
□ シャングリ・ラ ラサリア リゾート コタキナバル
 宿泊記 coming soon ... (2005年6月泊)

■ The Dusun Seminyak, Bali
□ ドゥスン スミニャック バリ
 宿泊記 coming soon ... (2004年9月泊)

■ Ryokan Kozankaku
□ 旅館 古山閣
 宿泊記 (1) (2003年xx月泊)

スキー宿の魅力 (再アップ)

写真を追加して再アップしました。

みなさま、今年のスキー宿はもう決まりましたか?

学生時代のスキーといえば、
合宿だったり、住み込みバイトだったり、スキースクールの寮だったり・・・
ロマンティックではない環境で(あ、ロマンス自体はあったりもするんですが)スキーをしてました。

今でもストイックに競技として向き合っている仲間もいたり、
雪崩ビーコン持ってせかせか山を登っている仲間もいたりしますが、
私ときたらそもそもリゾートが好きなんで、リゾートスキー万歳です。

hotel_ski_

長男がスキーをやれる歳になって10年近く休止していたスキーを再開しました。
再開したのは2シーズン前ですが、気づいたらいい大人になっていたいので、
無理なく行けるリゾート感のあるスキー宿を探求しています。

2016-2017シーズンを前にそんな話をちょっと書いてみます。

■エクシブ蓼科

最近気に入っているのはエクシブ蓼科で昨シーズンは2回行きました。
最寄りのスキー場はピラタス蓼科スキー場で車で10分。

ピラタスはスキー場全体がアルプスを意識したログハウス調に統一されていて、
リゾート的雰囲気に気分も上がりますし、土地柄なのか客層がいいので気に入っています。

今年も家族スキーはエクシブ蓼科になるでしょう。

hotel_xivtateshina_02

エクシブ蓼科はブリティッシュ・カントリー・スタイルを謳っていて、
実はインテリはなどはあまり好みという訳ではないのですが、外観は重厚感があって好きです。

うっすらと雪化粧をまとったチャペルは特に美しく、神々しさを感じます。

hotel_ski_xiv_tateshina

■ホテルハーヴェスト蓼科

エクシブより少し下ったエリアには東急リゾートタウン蓼科という広大な別荘地帯があり、
そこに蓼科東急ホテル(旧東急蓼科リゾート)と向かい合ってホテルハーヴェスト蓼科があります。

ホテルハーヴェスト蓼科の建物自体は眺望がないので景色の解放感はないのですが、
部屋は会員制リゾート仕様で、どれも広めで、キッチンを備えるコンドミニアムタイプです。

hotel_ski_harvest_tateshina_02

車で10分の敷地内にあるハーヴェストクラブ蓼科の本館のレストランを利用することができ、
こちらのレストランは八ヶ岳を一望できる絶景を眺めながら食事をすることができます。

下の写真は雲がかかっていて少し残念ですが。

hotel_ski_harvest_tateshina_01

最寄りの東急蓼科スキー場まで徒歩5分というのは魅力で、
長男のスキーデビュー、リフトデビューではお世話になりましたが、
リフト一本の小さなスキー場で長男が滑れるようになってからは卒業してしまいました。

■ホテルハーヴェスト那須

那須のホテルハーヴェストはハーヴェストの中でも洗練されたデザインです。

個人的には少し都会的過ぎて、もう少し温かみが欲しいところですが、
土地の使い方が広々としていてスマートなリゾートといった感じです。

hotel_harvest_nasu_02

最寄りのスキー場は車で30分のところにあるマウントジーンズ那須。
マウントジーンズ那須は同じ東急が運営していますが隣接という訳ではありません。

ホテルのフロントでリフト券も割安で購入できますが、
いかんせんゲレンデの様子が分からないので外す可能性はあります。
リフト券を買ってスキー場に行ったら強風でリフトが動いてなかった。なんてことがありました。

hotel_ski_harvest_nasu_01

■軽井沢プリンスホテル・イースト

軽井沢プリンスホテル・イーストは地味に?黒川紀章氏の設計です。
ただ、建築として注目されることはあまりなく、素人の私には「らしさ」は分かりません。

hotel_karuizawa_prince_east_01

軽井沢には軽井沢プリンスホテル・イースト/ウェスト、ザ・プリンスと3軒のプリンスホテルがありますが、
軽井沢プリンスホテルスキー場のゲレンデサイドに建っているのはイーストです。

ホテルを一歩出ればそこはゲレンデというのはやはり楽ですし、
館内や部屋も定期的に改装していてエレガントです。

hotel_karuizawa_prince_03

軽井沢プリンスにはイーストにもウェストにもコテージがたくさんあります。
今年は数家族のグループスキーでウェストのコテージを使ってみようかと企んでいます。

スキー場以外にもアウトレットがあったり、
新幹線で気軽に訪れることもできる立地のよさもあり、
夏、冬問わず値崩れしないのが難点でしょうか。(笑)

hotel_karuizawa_prince_east_02


■The Westin Resort & Spa, Whistler

おまけとしては2004年に泊まったThe Westin Resort & Spa, Whistler。
長期滞在する人も多いウィスラーではコンドミニアムタイプのホテルも多いです。

我々も街のスーパーで食材を買ってきて、
同行した友人が美味しくないパスタを作ってくれました。(笑)

hotel_westin_whistler_01

当時はスキーは大好きでしたが宿に全然興味を持っていなかったので、
ホテルの写真が全然ないのが悔やまれるところです。

冒頭の写真も12年前のカナディアンロッキーです。
今から見返しても溜息が出ますね。

hotel_westin_whistler (2)

それでは、みなさんも今シーズンよいスキー宿が見つかりますように!

ポストカードライブラリ (1) Shangri-La's Rasa Ria Resort

ホテルの部屋に入ると、
ホテルディレクトリというのが置いてあって、
その中にレターセットがあったりするじゃないですか?

あのレターセットの絵葉書を集めるのが趣味の一つなんです。
あれば、やったー、なければ、ガッカリ…

なんか、こう、
そのホテルを象徴する何かが描かれていたりしますよね。
ほぅほぅ、やっぱりこのホテルの象徴といえばこれだよね。といったものから、
なぜこれを選んだ?というものまで、なかなか楽しいのです。

そんなに数はないですが10年ほど前からコツコツ集めていて、
せっかくなので少しずつ公開していこうと思います。

記念すべき第一回は、マレーシアのボルネオ島の
シャングリ・ラ ラサリア リゾート(Shangri-La's Rasa Ria Resort)
10年前の2005年の6月に宿泊しました。
当時はホテルの名称にスパという言葉はついていませんでした。
現在のホテルの名称はShangri-La’s Rasa Ria Resort & Spaです。

実はこのブログのタイトルの背景画像は、
このホテルの部屋からのみた夕暮れのビーチの景色を撮ったものです。

postcard_Shangri-La's_Rasa_Ria_Resort_small

このホテルの象徴といえば、オランウータン。
ホテルの敷地にオランウータンのサンクチュアリを抱えていて、
餌やりの時間にはゲストも会うことができます。

自然が豊かないいところなので、
子供たちを連れて再訪したいと思っています。

新宿グランベルホテル (1) スーペリアダブル

わたくしは神奈川県在住なので、
東京に出張するなんてことはほとんどないのですが、
変な時間帯に仕事が入ったので新宿で宿泊することになりました。

都営大江戸線と東京メトロ副都心線の東新宿駅にほど近い立地に
新宿グランベルホテルというデザイナーズホテルがあります。

オープンは2013年とありますが、おそらく古いシティホテルのリノベーションホテルです。
部屋番号表示もほら、こんなにオシャレです。

hotel_granbell_room_04

別にいわゆる「普通のビジネスホテル」でもよかったのですが、
そこはほら、どうせ泊まるなら何かネタになりそうなホテルを探そうと、
そういう訳です。

部屋のカテゴリごとに担当のデザイナーが異なるようで、
ホテルの公式サイトには部屋のコンセプトや担当したデザイナのことが書かれています。

部屋は今回は部屋はおまかせの安いプランで泊まったのですが、
結果的には「スーペリアダブル(ツインユース可) 」だと思われます。

hotel_granbell_room_01

部屋の壁には大きなお姉さんが。
このお姉さんが何者かはよくわかりません。

この辺の部屋にはビジネスとプライベート利用を想定した2種類のデザインがあるようで、
カジュアルな部屋はデスクがなく、ソファスペースが大きいみたいです。

hotel_granbell_room_02

デザインホテルを謳っていることもあり、
電話やステレオの室内のインテリア雑貨もオシャレです。

JACOB JENSENの電話機(JACOB JENSEN T-1)に、
iPodドックになるステレオはmaxellステレオ(maxell MXSP-2300-WH)でした。

部屋の置いてあるマグカップもオリジナルデザインで、
なかなか気合が入ってます。

hotel_granbell_room_05

東新宿というと、何かこう都会的な響きがありますが、
要は新宿3丁目方面から歌舞伎町を突っ切った辺りにあたります。

すると、窓の外の景色はこうなってしまいます。
下世話な言い方をすれば、ラブホ街のど真ん中ということです。

ロビーにはオシャレなカフェなどもあるのですが、
やっぱり目の前にはラブホです。

hotel_granbell_room_03

この部屋は4階なので特に近く感じるのですが、
10階以上の上の方の階だともう少し景観はマシかも知れませんね。

ただ、眼下に移ったところで、雑然としているには違いないです。
翌朝の朝食のレストランでも実感しました。

あ、ただ部屋はオシャレで快適なのは変わらないです。

一休.comで予約
エクスペディアで予約
yoyaqで予約

Moana Surfrider, A Westin Resort & Spa (6)

今回の滞在では3種類の部屋を知ることができました。

前回ご紹介したのが、義弟ら新郎新婦が宿泊したTower Wing 最上階のPenthouse。

そして、今回は義両親が宿泊した、
Tower WingにあるTower Premier Oceanの部屋をご紹介します。

中庭から見たTower Wing

moana_tower_09

義両親が宿泊した部屋は大体この辺りです。
階は8階くらいだったかな?

隣接するホテルに向かった部屋なのが分かると思います。

moana_tower_05

ラナイから海の方を向いた際の景観です。

隣のOutrigger Waikiki On the Beachとラナイが向かい合っているので、
視線が気になる人は気なるかもしれません。

moana_tower_06

その名の通りのpartial ocean viewになっています。
海はまったく見えなくはないけれども・・・という感じです。

moana_tower_07

同じカテゴリの部屋でもタワーの反対側は遮るものがないので、
Diamond Headまでキレイに見渡せると思います。

今回、私たち夫婦が宿泊したのは、
真ん中のクラシックな低層のBanyan棟のDiamond Head側の部屋ですが、
それでも景色はなかなかよかったですので。

写真はBanyan棟の屋上テラスから見上げたTower Wing。
義両親宿泊の部屋とは反対側です。

moana_tower_08


一番景色がいいのは、Tower Ocean Suiteなんですが・・・。
まぁ、結局は予算次第ということです。

今回は全て個人手配。
宿泊するホテルを決めたら、とりあえず一旦予約をおさえる。予約後もときどき、
"Hotelopia"や、"エクスペディア"や、"Hotels.com"なんかを覗いて、
よりお得な条件のプランを見つけるたびに予約を取り直しました。

お値段は時期によってかなり変動するもので、
最終的には最初の予約よりかなり安くなりました。

少し気を使うのはサイトによって支払いのタイミングやキャンセルポリシーが異なるので、
そのうち、お金を払ったのか払ってないのか分からなくなってくることでしょうか(苦笑)

Moana Surfrider, A Westin Resort & Spa(日本語)
2365 Kalakaua Avenue, Honolulu, HI 96815
TEL 808-922-3111
FAX 808-924-4799

宿泊記へ→ 「宿泊記 目次


Moana Surfrider, A Westin Resort & Spa (5)

2014/7/31 若干加筆しました。
=====================

こんにちは。
久しぶりの更新です。

突然ですが、HawaiiはOahu島のWaikiki Beachにあります、
Moana Surfriderでございます。

実は6月に義弟の結婚式でHawaiiに行ってきまして、
その時にMoana Surfriderに泊まりました。
2011年の夏以来3年ぶりの再訪です。

当初は前半3泊をKo Olinaで、後半をWaikikiでみたいな案もあったのですが、
紆余曲折を経て6泊全てWaikikiでMoana Surfriderに泊まることになりました。

moana_penthouse_01

我々が宿泊したのはBanyan Wingのキングベッドの部屋ですが、
新郎新婦がTower Wing最上階のpenthouseに宿泊していたので、
少しお邪魔させて頂きました。

景色を見れば分かる人もいるかも知れませんが、
部屋の位置はDiamond Head側※の一番街側の角部屋になります。
(※記述が間違っていたので訂正しました。2014/7/31)

今回も登場したGoogle Earthのイメージですが、
画像の⇒の場所の角部屋になります。

moana_penthouse_05

ちょっと親戚で集まってお酒でも飲みましょうということで夜にお邪魔したので、
バルコニーからの景色は夜景でございます。

左下にプールが見えているホテルが、Sheraton Princess Kaiulani。
右の方に見える高いツインタワーのホテルが、Hyatt Regency Waikiki Resort & Spaです。

moana_penthouse_02


最上階のpenthouseには広いバルコニーがついています。
そこにデイベッドが置いてあるのです。

バルコニーの手すりもガラスでできているので、寝転んでも景色の邪魔になることはありません。

moana_penthouse_03

新郎新婦曰くスイートではないそうです。

もう入って数日経過した後の部屋ですので、
さすがに部屋の中を散策させてもらうのもいかがなものかということで。

下の写真はベッドに掘られたきれいな模様。

moana_penthouse_04


夜景も十分にきれいだったのですが、
やっぱり青い海が見渡せる昼間の景色も見てみたかったなー。

今回は全て個人手配。
宿泊するホテルを決めたら、とりあえず一旦予約をおさえる。予約後もときどき、
"Hotelopia"や、"エクスペディア"や、"Hotels.com"なんかを覗いて、
よりお得な条件のプランを見つけるたびに予約を取り直しました。

お値段は時期によってかなり変動するもので、
最終的には最初の予約よりかなり安くなりました。

少し気を使うのはサイトによって支払いのタイミングやキャンセルポリシーが異なるので、
そのうち、お金を払ったのか払ってないのか分からなくなってくることでしょうか(苦笑)

Moana Surfrider, A Westin Resort & Spa(日本語)
2365 Kalakaua Avenue, Honolulu, HI 96815
TEL 808-922-3111
FAX 808-924-4799

宿泊記へ→ 「宿泊記 目次

クロスホテル大阪(1)

6月に知人の結婚式に出席するために大阪に行ってきました。

泊まるだけなのでホテルはどこでもいいか。
と思っていたのですが、大阪なんてめったに行かないので、
せっかくならどこか「面白そう」なところに泊まろうかと思い直しました。

かといって、高級シティホテルはシングルプランがないことが多いですので、
一人で泊まるに適した面白いホテルはないものかと探してみました。

hotel_cross_osaka_04

条件は以下のとおり。

 ・ シングルプランがあること。
 ・ 心斎橋に近いこと。
 ・ そして、土曜日泊なので、ご予算の問題 (笑)。

泊まったのは式場に近い「クロスホテル大阪」という、
心斎橋の中心地、御堂筋に面した、ちょっとケバい(笑)ホテルです。

真っ赤な絨毯に、真っ白な宙に浮いた宇宙船のような特徴的なフロント。

hotel_cross_osaka_02

エレベーターからの風景。

立地は心斎橋の象徴的な戎橋からほど近い、
見えている大きな通りが御堂筋です。

私は利用しませんでしたが、
左側に見えているのは昼はオープンカフェ、夜はバーになるダイニングバー。
気候のいい時期でまったりするには気持ちいいでしょうね。

hotel_cross_osaka_01

このホテル自体、デザインを売りにしているようです。

世間でいうところのデザイナーズホテルというヤツなんですが、
私はこのデザイナーズ何とかというネーミングが嫌いです。

「立案」、「計画」、「設計」、英語では全部「デザイン」なんですよね。
でも、日本語で「デザイン」というと、
どこか上っ面の見た目だけのことというイメージがないですか?

なんで、私にとってデザイナーのいない建物なんてないんです。
どんな建物も誰かが何かを意図して作っている。

そう思うんです。

hotel_cross_osaka_06

なので、ことさら「デザイナーズ何とか」と推されてしまうと、
あ、この人たちはデザインをただのコステメティックなものだと思っているんだな。

と、ちょっと微妙な気持ちになってしまうんです。

それはデザインした人に非がある訳ではなく、
売り込もうとする側に問題があると思うんですけどね。

売り込むべきはデザイナーがいることではなく、
デザインのコンセプトの方なんじゃない?と。

あれ、これ何の話でしたっけ(笑)?

hotel_cross_osaka_03

要はあれなんです。

夜中、飲み歩いていたもんであんまり滞在してないんです。
それで話を逸らして胡麻化してるんでしょうね。(笑)

でも、他に書いている人が少ないので、
何とか雰囲気だけでも伝わればと無理くり頑張っているんですよー。
hotel_cross_osaka_05

次回は一応部屋の様子をご紹介しておきます。

滞在時間4時間でした。(笑)

宿泊記へ→ 「宿泊記 目次

電話よりお得な一休.comなら⇒コチラ
それともJTBで探してみるなら⇒コチラ

Moana Surfrider, A Westin Resort & Spa (3)

ちっとも執筆活動が進みませんね。
帰宅後にオリンピックを観てしまうからでしょうか。

Moana Surfriderの水周りについて少し。

2007年にホテルブランドをSheraton からWestinに変更した際に、
部屋を一通りリニューアルしているはずです。

Westinブランドは独自のヘブンリーベッドとヘブンリーバスを標準にしていますので、
クラシックホテルの部類に入るMoana Surfriderでもそうなっています(と思います)。
ので、水周りもきれいにしてあります。

moana_surfider_3_02

ただ、排水管周りまでは手が入っていないようで、
バスもトイレも年季のせいか排水がイマイチ弱いです。

我々が宿泊した部屋ではトイレが詰まるという事件がありました。(笑)
幸い用を足した後ではなく、子どもが床に水をこぼしたのを拭いたトイレットペーパーを
トイレに流そうと思ったら詰まってしまいました。

まぁ、用を足した時に使う量よりは少し多かったですが、
手から溢れるほどの大量でもありませんでした。

フロントに連絡したらすぐに手当てに来てくれましたけど、
1FのThe Beach Barで待ち合わせていた知人を少し待たせてしまいました。
Beach Barの記事で書いたちょっとした事件はこのことでした。)

moana_surfider_3_01

もう一つ、こちらは部屋の水周りではないですが、Diamond Wingの地下にあるコインランドリーです。
テレビが設置されているということは、やっぱり待つことを前提としているんでしょうね。
そりゃ、そうか。日本でも街中のコインランドリーには漫画や雑誌が置いてあります。

コインランドリーについて思うところは、
宿泊記の最初にも書きましたので、そちらもぜひ参考にしてください。
こちら→"Moana Surfrider, A Westin Resort & Spa (1)"

最後に水周りというのか知りませんが、Moana Surfriderのプールのことを。

正直言うと、プールは小さいです。
大人が泳ぐにも小さいですし、小学生以上の子どもが遊ぶのにも小さいです。
おまけに、浮き輪(float)が禁止ですので、もひとつ遊びづらいです。

我々は1歳3ヵ月のベビー連れでしたので、
どの道、抱っこで水に浸かったり、縁でバタ足をしたりが関の山なので、
このスペックでも全然問題はないですけどね。

moana_surfider_3_03

すみません、プールの引きの画がありませんでした。

このホテルのプールは飾りだと思ってください。
Waikikiでプールでアクティブに遊びたい人にはやっぱり
Hilton Hawaiian Villageがダントツなのではないでしょうか。

つづく・・・

Moana Surfrider, A Westin Resort & Spa(日本語)
2365 Kalakaua Avenue, Honolulu, HI 96815
TEL 808-922-3111
FAX 808-924-4799

宿泊記へ→ 「宿泊記 目次

旅行記へ→ 「2011年 Hawaii Oahu島 旅行記(ベビー連れ) 目次

Moana Surfrider, A Westin Resort & Spa (2)

Moana Surfriderの部屋の様子を少し。

前回、長々と書いたとおり宿泊した部屋は、
Diamond Deluxe Oceanというカテゴリの部屋です。

広さは29平米とさほど広くはありませんが、
白が基調でスッキリしているのと、窓の外に解放感があるためか、
特に圧迫感は感じませんでした。

体の大きい欧米人には少し狭く感じるかも知れせんね。

あとは、宿泊代に対して部屋の広さを求める人にとっては、
そういう面ではコストパフォーマンスは?かも知れません。
(個人的にはWaikikiど真ん中というショバ代だと思っている)

moana_surfrider_2_01

子ども(1歳3ヵ月)は普段はベビーベッドで寝かせているので、
部屋にベビーベッドを入れてもらいました。

ただ、このベビーベッドは柵が下りないタイプなので、
眠った状態で寝かせたり、取り出したりするのに不便です。
腰痛めそうだし。

なので、せっかく入れてはもらったものの、
子ども用の荷物置き場と、物干しと化してしまいました・・・

moana_surfrider_2_02

ベッドは広くて快適。
Westin特製のヘブンリーベッドで寝心地もよかったです。

前述のとおり家族3人川の字で寝ました。
さすがにキングサイズのベッドだと余裕があっていいです。

ベッドのうにはホテルを描いた絵画がかかっていました。
文字通り「絵になる」ホテルなんです。

もっと若い頃はこういうローカル感が無い、
コロニアルスタイルの良さが分からなかったんですが、
どうして大人になったらカッコいいと思うようになったんでしょう。

資本の持つ圧倒的な力というのを知ってしまったから?

moana_surfrider_2_03

ベッドの足元にあるチェストとテレビ。
チェストの上にはミネラルウォーターが置いてありますが、
これは到着日だけ無料で、以後は有料だった気がします。

通りの向かいにABC Storeがありますし、ホテルにおこもりってこともありませんので、
緊急性がなければわざわざホテルの高い水を飲む必要もないかな。
と庶民根性を出してしまいました。

moana_surfrider_2_04

奥にはデスク。
特に書き物もしませんでしたし、ルームサービスも取らなかったので、
いつもただの荷物置き場でした。(苦笑)

デスクの上にはコーヒーメーカーが置いてありました。

moana_surfrider_2_05

僕はカフェイン中毒者なので、ホテルの部屋のコーヒーって飲む方なんですが、
めずらしく部屋のコーヒーを飲むことはありませんでした。

だって、Hawaiiと言えば、有名なKona Coffee。
街中に美味しいコーヒーの飲めるショップもたくさんありますんで。

っていうか、ホテルの片隅にHonolulu Coffee Companyが入ってるんですよね。
コーヒー飲むならそっちでしょ。(後述します)

つづく・・・


宿泊記へ→ 「宿泊記 目次

旅行記へ→ 「2011年 Hawaii Oahu島 旅行記(ベビー連れ) 目次
記事検索
Yesterday's Visits
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
  • ライブドアブログ