転ばぬ先のTsue

Korobanusakino杖
http://blog.livedoor.jp/mojin_no_tsue/

トレインビュー

MOTIF RESTAURANT & BAR @Four Seasons Hotel Tokyo

珍しく家族で都心に遊びに出る用事がありました。

丸の内界隈なんて皆でくることも少ないので、
結婚記念日も近いことですし久々にお外食でもしましょうかと。

ランチにやってきたのは、
フォーシーズンズホテル丸の内 東京内にある
MOTIF(モティーフ)というフレンチレストラン。

food_motif_001

私は根がカジュアル(?)なもんで、
肩ひじ張らないリゾート的なダイニングが好きなのですが…
この洗練された雰囲気はやっぱり大都会。

気合を入れて非日常の特別な時間を過ごすというよりは、
あくまで日常生活をスマートに生きている人のための場所。

food_motif_005

フォーシーズンズホテルは東京駅まじかのJRの線路に面しているので、
レストランだけでなく、客室もトレインビューを売りにしているところもあります。

東京駅を発着する電車を見下ろせるこんなソファ席もあり、
鉄が半狂乱しそうですが、電車目当てに来るにはややハードルが高いかな。(笑)

ちなみに対岸に見える空中庭園はKITTE(JPタワー)ですが、
電車を眺める人が集まっていて、新しいトレイビュースポットのようです。

food_motif_003

到着した時にはランチの時間に早すぎたので、
ご案内できるまでちょっとこちらでお待ちください。と通された席です。

当家のボーイズも飽きることなく、
山手線、京浜東北線、湘南新宿ライン、踊り子号、スーパーひたち、東海道新幹線、
など眺めておりました。(全部挙げなくてもいいって?(笑))

food_motif_002

このレストランはアミューズとデザートがビュッフェになっていて、
メインだけ注文する形式が特徴的です。

GWのイベントでキッズビュッフェ無料というイベントをやっていてちょうどよかったです。
キッズビュッフェの内容は、から揚げ、ソーセージ、オムライス、エビフライ、ポテトサラダ。

右手前にあるケースがキッズビュッフェのコーナーです。
当家の子供たちには十分な内容でございます。

food_motif_007

私がメインに頼んだのは、「エイフィレ ”カスベ” ムニエル グルノーブル」
北海道ではエイのことを「かずべ」という呼ぶそうです。
要はエイヒレのムニエルなんですね。

初めて食べたやら、美味しかったやら。
妻はおススメされたエイジドポークのステーキ。
最近、巷で熟成肉がすごい流行っていますが、前から鉄板焼きとか頂くとそうでしたよね。

food_motif_004

で、食後は例によってお付き合い頂いた息子たちへの感謝として、
先ほどご紹介したKITTEの空中庭園で電車鑑賞でございます。

対岸から見たフォーシーズンズホテルです。
少し面積が広くなっている階がMOTIFのあった階です。

food_motif_006

何もしない贅沢が好きですが(笑)、休日の昼下がりに日本一のビジネス街で、
世界都市の名に恥じない洗練された空間でランチを頂くのも贅沢な時間です。

よかった、よかった。

一休レストランで予約する?

MOTIF RESTAURANT & BAR(公式)
〒100-6277
東京都千代田区丸の内1-11-1 パシフィックセンチュリープレイス
フォーシーズンズホテル丸の内 東京 7F
TEL 03-5222-5810


ある日の散歩道 − 兵庫島公園(二子玉川)

二子玉川で食事と買い物をした後に河川敷に寄りました。

本当は寒いし風邪気味だったので早く帰りたかった気持ちもあったのですが、
家を出るときに息子(1歳10ヵ月)に電車を見に行こうと約束してしまったので。

相手が子どもでも約束は守らなきゃいけないんでね。

sanpo_futakotamagawa1

二子橋と新二子橋の間の世田谷区側の河川敷を兵庫島公園といいます。

二子橋の横に東急線の鉄橋がかかっているので、この公園もトレインビューになっています。

東急は田園都市線と大井町線の2路線が通っているため、
種類としては乗り入れを含めると、田園都市線、大井町線、半蔵門線、東武伊勢崎線の
4路線の車両がみることができます。

本数もそこそこ5、6分に1本は通ります。

sanpo_futakotamagawa2

こちらは大井町線の車両。

大井町線は車両編成が5両か6両編成と短いですが、
それでも九品仏駅と戸越公園駅ではホームの長さが足りないため、
ドアカット(開かない)がされます。

ちょっとしたローカル電車って感じです。

さて、無事に息子との小さな約束も果たせたので、
家に帰って晩御飯食べようよ。

sanpo_futakotamagawa3

ある週末の夕方でした。

ある日の散歩道 − 多摩川緑地(六郷の辺り)

週末は寒かったですね。

相方が料理教室で家をあけていたので、息子と二人で留守番だったわけですが、
どうにも温かい家の中で遊んでいたいという怠け心に鞭を打って、
公園に遊びに出ることにしました。

近所の公園というのも味気ないので、せっかくなので少し足を延ばして、
電車の見える公園にやったきました。

東京都大田区の六郷の辺りの多摩川緑地です。
(多摩川沿いには「多摩川緑地」と名の付く公園がたくさんある。)

ここは京浜急行の本線とJRの東海道本線、京浜東北線の
多摩川を渡る鉄橋が並んでかかっている場所です。

sanpo_rokugodote_01

京急の異なる種類の車両が交差するところが写真に収まりました。

京浜急行は車両のカラーリングが似ていて、
杖のような素人にはなかなか区別がつきません。

その京急とJRの鉄橋の間が小さな公園になっていまして、
少しばかりの遊具もあります。

sanpo_rokugodote_02

公園レーサーを家から持参して乗って遊んだり、
電車を見ながらブランコでギーコギーコしたりして過ごしました。

こっちの写真はJR東海道本線の211系ですか?
(基本は帰宅後に写真見ながら調べているだけなので自信ナシ)

複数路線が通っている場所なので電車の本数はかなり多く、
数分に一度は電車が通過していきます。

他には、東海道本線の185系の踊り子号と京浜東北線のE233系が見えたのですが、
息子とのツーショットは撮れなかったのが心残りです。

ガツガツはしたくないので、
まぁ、次回行くことがあったらまたチャレンジしましょう。

ある日の散歩道 − 電車の見える階段

息子は1歳2、3ヵ月を過ぎた頃から急に電車が好きになりまして、
走っている電車を見ると「でんちゃっ!」と言って大喜びなのです。

昨今はトレインビューという言葉もかなり浸透してきておりますが。

当家の近所には東急の田園都市線が走っていまして、
杖が息子と二人で散歩に出る際には定番のスポットになっている場所がここです。

sanpo_densha_mizo

基本的には田園都市線の単一路線しか通っていないので、
特に休日ともなるとひっきりなしに電車が通るという訳ではないのですが。。

それでも蚊に刺されながら次の電車を待ちます。
電車が通れば、ワーワーと声を上げたり、電車に向かって手を振ってみたり。。

立ち去る際にはいつも未練ありげです。
記事検索
Yesterday's Visits
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
  • ライブドアブログ