転ばぬ先のTsue

Korobanusakino杖
http://blog.livedoor.jp/mojin_no_tsue/

ディズニー

WAIWAI STEEL BAND ゴールデンアワー

めずらしく音楽の話でも。

GW終盤の土曜日、都内で家族でコンサート(ライブ?)に行ってきました。
WAIWAI STEEL BANDというスチール・パンのバンドです。

そもそも私がスチール・パンという楽器に興味を持ったのは、
YouTubeのある動画がきっかけでした。

ディズニー映画のリトルマーメイドの「under the sea」のカバーなんですが。

なんとも味のある演奏じゃないですか。
他のポップス曲のカバーもある中で圧倒的にしっくりきているのはこの曲です。
この異常なしっくり具合は何なんでしょう?



調べてみるとディズニーのリトルマーメイドに出てくるセバスチャンという
キャラクターは「トリニダードの赤いカニ」という設定なんですね。

セバスチャンが愛するカリプソ(calypso)というのはカリブ海周辺で広がった音楽。
そして、スチール・パンというのはトリニダード・ドバゴの国民楽器、
カリプソ調の楽曲「under the sea」とマッチしない訳がありません。

そういえば東京ディズニー・シーにある、
リトルマーメイドのアトラクションに隣接する飲食店、
その名前も「セバスチャンのカリプソキッチン」でした。

music_waiwai_01 (339x480)

それとは別にリトル・マーメイドの映画を観ていて、
セバスチャンが話す英語の訛りが気になっていたのですが、
昔よく聞いたレゲェのシンガーたちの話す英語の訛りとよく似ているな。と。

考えてみると、ジャマイカもトリニダードもカリブ海の島国、
あの英語の訛りはカリブ海訛りだったんですね。

なんか、全部の点と点が一気に繋がりました。

music_waiwai_02

話がだいぶん逸れましたが、
知人の一人がスチール・パンのバンドに参加していることが分かり、
共通の知り合い何組かでコンサートに行くことになった訳です。

素人の私が語るのもなんなので、気になる方はとりあえず聞いてみてください。
こちらで→試聴もできます(Tower Records)

音楽イベントというのは子連れには比較的敷居の高いもので、
なかなか参加する機会がありません。

オールスタンディングの小学生以下無料というのも魅力的。
大声で騒がない限り、少々動き回ろうが大丈夫というのは気が楽。

いつもとちょっと違うGWの一日でした。

5軸手ぶれ補正+f 2.8通しの衝撃(OM-D E-M5 II)

私はミラーレスに関しては、
初代PEN(E-P1)からGF4とつないできたマイクロフォーサーズユーザなのですが、
この度OM-D E-M5 Mark IIに買い替え(買い足し?)しました。

今月3年ぶりに行ったTDRがデビュー戦となりました。

ここ数年パナソニックのGF4にオリンパスのレンズの構成で使っていて、
既にお気付きの方もいるかも知れませんが、手振れ補正が効いていなかったんですね。
(パナソニックはレンズで、オリンパスは本体で手振れ補正をしている)

私はいつも三脚を持ち歩くようなマメさは持ち合わせておらず、
手持ちで望遠レンズで撮るもんで、いつもどこか少しポヤっとした写真になっていました。

そんな訳で夜のパレードで手持ちでこれくらいの写真が撮れた時の感動たるや。
しかも雨が降っていて奇しくもE-M5の防滴性能まで確認できることになるとは(笑)

2017_TDR_01

レンズキットは2種類あるのですが、
私は12-40mm f2.8の標準ズームレンズとのセットにしました。

市場での実勢価格は15万弱くらいのようです。
私もビックカメラの店舗でそのくらいの価格帯で購入しました。

Amazon:オリンパス OM-D E-M5 MarkII 12-40mm F2.8 レンズキット

カメラのキタムラ:オリンパス OM-D E-M5 Mark II 12-40mm F2.8 レンズキット

デジカメは機能の進化がはやく、
ついついすぐに新しいカメラを買ってしまうのですが、
家に溜まり続ける旧モデルのデジカメたちを何とかしなければ・・・(前振り)

ディズニーアンバサダーホテル (1)

3年ぶりに1泊2日でTDRで散財してきました(笑)

今回はバケーションパッケージを利用し、
宿泊先はディズニーアンバサダーホテルにしました。

バケパの詳細は別の機会に譲りますが(絶対書かないだろ)、
初のディズニーホテルでの宿泊でしたので、少しだけ所感を。

hotel_ambassadar_07

ディズニーアンバサダーホテルは、
1930年代のアメリカ西海岸をイメージしたアール・デコ調を標榜しています。

その外観からあちらこちらにどでかくキャラクターが描かれた、
ポップなインテリアを勝手にイメージしていたのですが、
意外と?重厚で洗練された雰囲気で驚きました。

そもそもエクステリアはどちらかというとトロピカル・デコに該当し、
内装は比較的クラシックな?のアール・デコになっているのでそこがギャップなんでしょうか。
そもそも「クラシックなアール・デコ」という表現が正しいのかもよくわかりません。

外観の写真を撮り忘れました、↓こんな感じです。
ディズニーアンバサダーホテル(一休.com)

hotel_ambassadar_04

上の写真はロビーに隣接した「ハイピリオン・ラウンジ」です。

メニューにはディズニーのキャラクターを取り入れたスイーツなどありますが、
空間としてはまったくディズニー、ディズニーした様子もなく洗練された雰囲気です。

ちょっとテーブル間隔に狭い印象は受けますが、
天井が高く、窓が大きいため見た目には窮屈さは感じませんでした。
窓の外の木は夜はライトアップされてクリスマスのような雰囲気です。

hotel_ambassadar_05

ロビーの中央にミッキーの像が建っている意外はさほどディズニー感のアピールはなく、
唯一、天井画だけがここがディズニーの牙城であることを示しています。

ロビーの一角にはディズニーの映画が上映されているテレビが設置されたコーナーがあり、
小さな子供たちはこのテレビに釘付けになっているためか、
ロビーを駆け回っている子供なども見当たりません。

hotel_ambassadar_03

天井画の少しアップです。
大空を飛び回るキャラクターたち、タッチはレトロタイプ。

チェックイン、チェックアウトなどを行うレセプションとは別に、
その他サービスのカウンターがあります。

少しだけアナ雪のキャラクターがいますね。
ちょうど1月〜3月はアナ雪月間だったようです。

ホテルの全体の雰囲気はがらりとは変えない程度に、
おとなしめにちょっとしたイベントを開催しているようでした。

hotel_ambassadar_02

具体的には、例えばパーク内で買ったものなどをその場でホテルに直送でき、
その荷物などはこちらで受け取ることができます。
お土産を手に持ったまま歩き回る必要がない。

その他の宿泊者向けサービスとしては、
・入園保障(混雑で入園制限がかかっていても入園できる)
・ハッピー15エントリー(一般の入園者より15分早く入ることがきる)
・二つのパークを自由に行き来できるパスポートの販売
などなど。

詳しくはこちらをご参照ください。
パークを楽しむための宿泊者特典・サービス

ディズニーリゾートを楽しむために作られた数々のサービス、

「ディズニーのディズニーによるディズニーのためのホテル」

そう呼んでおきましょう。

ディズニーアンバサダーホテル
〒279-8522
千葉県浦安市舞浜2-11
TEL 047-305-1111 FAX 047-305-1171
記事検索
Yesterday's Visits
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
  • ライブドアブログ