転ばぬ先のTsue

Korobanusakino杖
http://blog.livedoor.jp/mojin_no_tsue/

スタッドレス

スタッドレスの寿命は3年か?という永遠の命題

先日、12ヶ月点検のついでにタイヤを冬用から夏用へ変えてきたのですが、
その際に3シーズン履いたので買い替えを検討してもいいかも知れない。
というお言葉をサービスの人から頂きました。

溝は?⇒溝はまだ大丈夫です。と。

スタッドレス(というかタイヤ全般か)の寿命は、
々造両談廖↓▲乾爐領化という二つの指標で語られますが、
前者がとても定量的に分かりやすいに対して、後者の基準がどうにもファジーです。

専門家が見れば分かるのでしょうが、素人では容易に分かりません。

△魎佞澆譴弌3年くらいで替えるのがよい。
というのが、巷の販売店のコメントなのですが、
材質の(紫外線による)劣化は本当に3年で訪れるのか。

当家の冬用タイヤはミシュランの X-ICE XI3ですが、色々調べてみると、
当のミシュランの製品サイトでは製造から4年経過しても性能は変わらないと謳っています。

http://www.michelin.co.jp/JP/ja/tires/products/x-ice-xi3.html

michelin_xicexi3_4years

4年間保管した新品タイヤと3シーズン使用したタイヤとでは条件は違いましょうが、
それを鑑みても通説で言われている3年での交換は早すぎる、という
タイヤメーカーからの自らの身を切るメッセージだと思っています。
(他のメーカーは調べてないので、知りません。)

「※試験タイヤは、自社管理倉庫で適正に保管されたものを使用しました。」
というただし書きが入っていますが、当家は夏季の間はタイヤホテルに預けているので、
タイヤに優しい環境で「適正に」保管されているものと信じたいです。(笑)

当家は2014年の2月に新品でつけたものなので、
2017-18シーズンも今のタイヤで行けるかな、と考えています。

なんですが、もし買い換えることになったら、
ネットで買って工場(ディーラー)に直送、というスキームにできないか検討しています。
AUTOBACS.comで探してみる
Amazon.comで探してみる

そんなことって、できるかなぁ。

イエティ スノーネット + Golf6 ヴァリアント + 純正スタッドレス

こちとら神奈川県は川崎市に在住で、
雪など年に一度積もるかどうかですが冬はスキーなど行くのでスタッドレスです。

スタッドレスとはいえ、FFなので豪雪地域には不安があります。
ドカッと積もった時に備えてお守りとしてチェーンを積んであります。

お守りなのでこれまで一度も付けたことがなかったのですが、
12月のスキーでは八ヶ岳地方としては珍しく一晩で30cm程度の積雪がありました。

除雪してあればスタッドレスでもいけるのですが、
夜間はまだ手付かずでひざ下積雪くらいありましたので、
お守りのチェーンを初めて装着することにしました。

下は翌朝起きた時写真。
車の周りは既に宿の方が雪かきして頂いていました。

car_yeti_snownet_01

買ってあったものの試し履きも含めて一度も装着したことがなかったので、
本当に付くのかと不安もありましたが、無事しっかりと役目を果たしてくれました。

不安があったというのは、
僕は器用な方なので(笑) 装着の仕方などはやればできると楽観していましたが、
純正のアクセサリーのカタログを見ていると、備考に以下のように書かれている点です。

「スタッドレスタイヤに装着した場合、車体に干渉したり、
走行状態によっては、トレッド面を傷つける場合がありますので、ご注意ください。」

この備考がずっと気になっていたのですが、
今回やってみたところ問題なく装着可能でしたし、
走ってみた感じでも特に車体と干渉もしていないようでした。

car_yeti_snownet_02

例のごとく今回の実績の構成をシェアしておきます。

車種: VW Golf6 Variant TSI Trend Line
タイヤ: ミシュランX-ICE X13 (205 55R 16)
チェーン: イエティ スノーネット 2309WD

安心したところでAmazonへGO!だ!!(笑)
アマゾンで雪男を探す!?なんて。

そういえば、Amazonといえば、
NHKスペシャルの「大アマゾン」シリーズは観ましたでしょうか?

ほとんどの番組が時間の無駄と感じるので、
私は普段あまりテレビを熱心に観ないのですが、
久々に観終わった後にしばらく動けなくなるくらいの衝撃の番組でした。

http://www.nhk.or.jp/special/amazon/

あれはコスト度外視のNHKでしか作れないドキュメンタリーだ。
これでこそ受信料払ってる甲斐があるってもんだ。(笑)

再放送を見逃した方もNHKオンデマンドで観られるようです。


VW純正ウィンタータイヤセットキャンペーン 2016

最近、VWのスタッドレスの気になっている人のアクセスが多い様なので、
この際(どの際?)私の知っている情報を共有しておきます。

入手した2016年版の一覧を貼っておきますね。
昨年からの変更と言えば、ゴルフ7ベースのトゥーランが反映されている点くらいです。

car_vwwintertirer_2016


ディーラーで購入するならこのタイミングを逃す手はありません。

ディーラーのキャンペーンで購入するもよし、
確実な適合モデルを知ってAUTOBACSで買うもよし。(笑)

AUTOBACS.comで探してみる

インターネットは集合知ですから。。

VW純正ウィンタータイヤセットキャンペーン 2015

※こちらに2016年の適合表をアップデートしました。(2016/11/21)
※ → 「VW純正ウィンタータイヤセットキャンペーン 2016」 ←

最近、VWのスタッドレスの気になっている人のアクセスが多い様なので、
この際(どの際?)私の知っている情報を共有しておきます。

ディーラーから送られてきた一覧を貼っておきますね。
2015年版なのでゴルフ7が反映されているのが大きいです。

vwsnow2015


ディーラーのキャンペーンで購入するもよし、
確実な適合モデルを知ってAUTOBACSで買うもよし。(笑)

AUTOBACS.comで探してみる

インターネットは集合知ですから。。

VW純正ウィンタータイヤセットキャンペーン

※こちらに2015年版の適合表をアップデートしました。(2015/11/23)
※ → 「VW純正ウィンタータイヤセットキャンペーン 2015」 ←

※こちらに2016年版の適合表をアップデートしました。(2016/11/21)
※ → 「VW純正ウィンタータイヤセットキャンペーン 2016」 ←


自家用車での冬の行動範囲を広げたくて、
今シーズンからスタッドレスタイヤを導入しました。

去年の春に自家用車を買い替えまして、
しばらくはこの車に乗り続けるだろうという目論みもあります。

今年の抱負に長男(現在3歳9カ月)をスキーデビューさせる
というのがあるので、その布石でもあります。

0歳と3歳を連れて、スキーの荷物を持って、
4人でのスキー場への移動にはもはや車しか選択肢がないのです・・・

先週さっそく長野県の蓼科高原に行ってきました。

car_studless_tires

さて、フォルクスワーゲンジャパン販売では毎年10月から12月に
純粋のスタッドレスタイヤセットをリーズナブルに販売するキャンペーンをやっています。

9月末にディーラーからメールが来ていたのは認識していたのですが、
バタバタしているうちにその期間を過ぎて1月になってしまいました。

ご存知のようにスタッドレスタイヤってお値段がそれなりにします。
高いのはタイヤよりもホイールという話もありますが・・・

自動車関連の口コミサイトを見ていたら、
期間を過ぎても在庫があればキャンペーン料金で販売してくれる
という情報を目にしました。

さっそくディーラーに電話してみたところ、
幸い私の車種に適合するセットはまだあり、キャンペーン価格でOKとのことでしたので、
お願いすることにしました。

当家の愛車は6ベースのゴルフ・ヴァリアントでして、純正のタイヤセットは、
タイヤはミシュランX-ICE X13(205 55R 16)、ホイールはAspen アスペン (6J-16)です。

ホイールとタイヤのセットで定価が¥277,200のところ、
年間¥10,500のタイヤ預かりサービスと¥6,300の工賃込みで、¥193,000でした。

当家はマンション住まいなので、タイヤを置く場所がないのです。
なので、どこのタイヤショップで買うにしても預かりサービスは欲しいのです。

さらに、ウチは車検や法定点検のタイミングが4月なので、
ディーラーなら、点検のついでに履き替えをすればいいや。ってな感じです。

そして、ディーラーで買うならこのキャンペーンを逃す手はないと思います。
でも、易さを追求するならもっと安いところはあると思います。

AUTOBACS.comでは適合するものを車種で検索可能です。

AUTOBACS.comで探してみる

あるいは、

なんでも売ってるAmazon(笑)

このブログでミシュランっていうともっぱら食事のことで、車の話題は珍しいです。。
記事検索
Yesterday's Visits
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
  • ライブドアブログ