転ばぬ先のTsue

Korobanusakino杖
http://blog.livedoor.jp/mojin_no_tsue/

スキー

家族スキー/雪遊び記録

2016−2017シーズンスタートしました。(12/23)

半分は自分のためのメモですが、
当家の雪山遊びの記録です。

これまでは子供が小さかったので、
ゲレンデサイドの設備のいいホテルという観点で選んでいましたが、
ホテルから車移動という選択肢が出てきたので、
今後は快適なスキー宿など探して行きたいと思います。

ski_record


==== 2016-17年シーズン (長男6歳/次男3歳) =====

2017年2月 ふじてんスノーリゾート (日帰り)

2017年1月 軽井沢プリンスホテルスキー場 (軽井沢プリンスホテルウェスト コテージ)

2017年1月 富士見パノラマリゾート (ペンション)

2016年12月 ピラタス蓼科スノーリゾート (エクシブ蓼科)

==== 2015-16年シーズン (長男5歳/次男2歳) =====

2016年3月 富士見パノラマリゾート (日帰り)

2016年3月 ピラタス蓼科スノーリゾート、ブランシュたかやまスキーリゾート (エクシブ蓼科)

2016年2月 マウントジーンズ那須 (ホテルハーヴェスト那須)

2016年2月 ふじてんスノーリゾート (日帰り)

2016年1月 ピラタス蓼科スノーリゾート (エクシブ蓼科)

==== 2014-15年シーズン (長男4歳/次男1歳) =====

2015年3月 カムイみさかスキー場(日帰り)

2015年2月 蓼科東急スキー場(ホテルハーヴェスト蓼科)

2015年1月 シャトレーゼスキーリゾート八ヶ岳 (日帰り)

==== 2013-14年シーズン (長男3歳/次男0歳) =====

2014年2月 蓼科東急スキー場 (ホテルハーヴェスト蓼科)

==== 2012-13年シーズン (長男2歳) =====

2013年2月 スノータウン イエティ (日帰り)

2013年1月 軽井沢プリンスホテルスキー場 (軽井沢プリンスホテルイースト)

==== 2011-12年シーズン (長男1歳)  =====

2012年2月 相模湖プレジャーフォレスト (日帰り)

2012年1月 箱根園 (ザ・プリンス箱根)

ski日記 2016-17 (4) ふじてんスノーリゾート

平日に休みを取って長男と二人でスキーへ。

都心から近いスキー場とはいえ、平日だけあってガラガラ。
あまりの快適さに、ランチ休憩以外はひたすら滑り倒しました。

少しずつ上手くなっているような、なっていないような長男。

ポジションもう少し前だよと教えてみるも、「キツイ」と言ってすぐに楽な姿勢に戻す。
ターンの体の使い方を教えてみるも、直滑降が楽しくターンしようとしない。(笑)

親子だけに甘えがあって言うことを聞かないんですね。
まぁ、選手にしたい訳でもないので今はスポーツを楽しんでくれていればいいです。

ski2017_fujiten_01


帰りに寄ったスキー場近くのコンビニで、
マジックアワーの富士山があまりにも美しかったので思わずカメラを手にしました。

ski2017_fujiten_02


少し寄ってみます。

ski2017_fujiten_03


もっと寄ってみます。

ski2017_fujiten_04


先日も過去の江の島海岸からの富士山の写真をアップしたばかりでした。

ふじてんスノーリゾート
〒401-0320
山梨県南都留郡鳴沢村字富士山8545−1

ski日記 2016-17 (2) 富士見パノラマリゾート

甲信地方に大雪が降った成人の日を含む連休、
長野県富士見町にある富士見パノラマリゾートに行ってきました。

ski_fujimipanorama_01



ski_fujimipanorama_03



ski_fujimipanorama_02



ski_fujimipanorama2017_01

エクシブ蓼科 2016クリスマス

2016年〜2017年シーズンの初滑りに行ってきました。
蓼科エリアのスキー場目当てでエクシブ蓼科に宿泊しました。

世間はクリスマスを含んだ連休ということで、
館内のあちらこちらにクリスマスのデコレーションが施されていました。

hotel_xivtateshina_2016xmas_01

ゲートを入って車寄せまでのアプローチからイルミネーションがキラキラ。
ほとんど真っ暗な山道を旅してきた客には暖かいお迎えです。

車寄せも美しくライトアップされています。
上品な老夫婦がエントランスで記念写真を撮っていてほっこりしました。

hotel_xivtateshina_2016xmas_02

エントランスを入るとすぐにあるのがこのオブジェ。
デコレーションを額にして中の穴に収まって写真を撮りましょうという仕掛け。

hotel_xivtateshina_2016xmas_03

ラウンジの入り口には大きなクリスマスツリー。
天井の高さがいかんなく生かされています。

hotel_xivtateshina_2016xmas_04

ツリー以外にもロビーの植栽はクリスマスライトで飾られています。
夜のレセプションもこんなに雰囲気が◎。

hotel_xivtateshina_2016xmas_05


おまけ。
当家の6歳と3歳の息子たち。
広い部屋にテンション上がってこうなりますよね。

hotel_xivtateshina_2016xmas_06

次男はロケットペンギン仕様。
しばらく心の平穏はおとずれそうにありません。。(苦笑)

スキー宿の魅力 (再アップ)

写真を追加して再アップしました。

みなさま、今年のスキー宿はもう決まりましたか?

学生時代のスキーといえば、
合宿だったり、住み込みバイトだったり、スキースクールの寮だったり・・・
ロマンティックではない環境で(あ、ロマンス自体はあったりもするんですが)スキーをしてました。

今でもストイックに競技として向き合っている仲間もいたり、
雪崩ビーコン持ってせかせか山を登っている仲間もいたりしますが、
私ときたらそもそもリゾートが好きなんで、リゾートスキー万歳です。

hotel_ski_

長男がスキーをやれる歳になって10年近く休止していたスキーを再開しました。
再開したのは2シーズン前ですが、気づいたらいい大人になっていたいので、
無理なく行けるリゾート感のあるスキー宿を探求しています。

2016-2017シーズンを前にそんな話をちょっと書いてみます。

■エクシブ蓼科

最近気に入っているのはエクシブ蓼科で昨シーズンは2回行きました。
最寄りのスキー場はピラタス蓼科スキー場で車で10分。

ピラタスはスキー場全体がアルプスを意識したログハウス調に統一されていて、
リゾート的雰囲気に気分も上がりますし、土地柄なのか客層がいいので気に入っています。

今年も家族スキーはエクシブ蓼科になるでしょう。

hotel_xivtateshina_02

エクシブ蓼科はブリティッシュ・カントリー・スタイルを謳っていて、
実はインテリはなどはあまり好みという訳ではないのですが、外観は重厚感があって好きです。

うっすらと雪化粧をまとったチャペルは特に美しく、神々しさを感じます。

hotel_ski_xiv_tateshina

■ホテルハーヴェスト蓼科

エクシブより少し下ったエリアには東急リゾートタウン蓼科という広大な別荘地帯があり、
そこに蓼科東急ホテル(旧東急蓼科リゾート)と向かい合ってホテルハーヴェスト蓼科があります。

ホテルハーヴェスト蓼科の建物自体は眺望がないので景色の解放感はないのですが、
部屋は会員制リゾート仕様で、どれも広めで、キッチンを備えるコンドミニアムタイプです。

hotel_ski_harvest_tateshina_02

車で10分の敷地内にあるハーヴェストクラブ蓼科の本館のレストランを利用することができ、
こちらのレストランは八ヶ岳を一望できる絶景を眺めながら食事をすることができます。

下の写真は雲がかかっていて少し残念ですが。

hotel_ski_harvest_tateshina_01

最寄りの東急蓼科スキー場まで徒歩5分というのは魅力で、
長男のスキーデビュー、リフトデビューではお世話になりましたが、
リフト一本の小さなスキー場で長男が滑れるようになってからは卒業してしまいました。

■ホテルハーヴェスト那須

那須のホテルハーヴェストはハーヴェストの中でも洗練されたデザインです。

個人的には少し都会的過ぎて、もう少し温かみが欲しいところですが、
土地の使い方が広々としていてスマートなリゾートといった感じです。

hotel_harvest_nasu_02

最寄りのスキー場は車で30分のところにあるマウントジーンズ那須。
マウントジーンズ那須は同じ東急が運営していますが隣接という訳ではありません。

ホテルのフロントでリフト券も割安で購入できますが、
いかんせんゲレンデの様子が分からないので外す可能性はあります。
リフト券を買ってスキー場に行ったら強風でリフトが動いてなかった。なんてことがありました。

hotel_ski_harvest_nasu_01

■軽井沢プリンスホテル・イースト

軽井沢プリンスホテル・イーストは地味に?黒川紀章氏の設計です。
ただ、建築として注目されることはあまりなく、素人の私には「らしさ」は分かりません。

hotel_karuizawa_prince_east_01

軽井沢には軽井沢プリンスホテル・イースト/ウェスト、ザ・プリンスと3軒のプリンスホテルがありますが、
軽井沢プリンスホテルスキー場のゲレンデサイドに建っているのはイーストです。

ホテルを一歩出ればそこはゲレンデというのはやはり楽ですし、
館内や部屋も定期的に改装していてエレガントです。

hotel_karuizawa_prince_03

軽井沢プリンスにはイーストにもウェストにもコテージがたくさんあります。
今年は数家族のグループスキーでウェストのコテージを使ってみようかと企んでいます。

スキー場以外にもアウトレットがあったり、
新幹線で気軽に訪れることもできる立地のよさもあり、
夏、冬問わず値崩れしないのが難点でしょうか。(笑)

hotel_karuizawa_prince_east_02


■The Westin Resort & Spa, Whistler

おまけとしては2004年に泊まったThe Westin Resort & Spa, Whistler。
長期滞在する人も多いウィスラーではコンドミニアムタイプのホテルも多いです。

我々も街のスーパーで食材を買ってきて、
同行した友人が美味しくないパスタを作ってくれました。(笑)

hotel_westin_whistler_01

当時はスキーは大好きでしたが宿に全然興味を持っていなかったので、
ホテルの写真が全然ないのが悔やまれるところです。

冒頭の写真も12年前のカナディアンロッキーです。
今から見返しても溜息が出ますね。

hotel_westin_whistler (2)

それでは、みなさんも今シーズンよいスキー宿が見つかりますように!

テラス蓼科リゾート&スパ (日帰り温泉)

遠出のお出かけをするときには、
滞在時間をフルに生かすのと帰り(上り)の渋滞を避けるために、
現地でお風呂と夕食を済ませることが多いです。

そのあと子供たちは車でバタンキューと寝てしまい、
家についたら寝たままベッドに搬送して朝までお休み、で楽なんで。

で、先日はブランシュたかやまというスキー場にスキーに行ったのですが、
スキー場のレストハウスで日帰り温泉の割引券を物色していたところ、
気になるチラシが目に留まりました。

terrace_tateshina_00

テラス蓼科リゾート&スパというリゾートホテルの
日帰り温泉の割引券(大人¥1100 → ¥600、幼児無料)があったのです。
(スキー旅で定価で買ってはいけないもの、リフト券と入浴券、これは定石)

実はこのリゾートは以前から気になっていて、
一度は泊まってみたいと思っていたのですが、
その当時はまだあまり一般に門戸を開いておらず諦めていました。
terrace_tateshina_01

というのは、私の理解が正しければ(違うかも知れません)、
このホテルは元々はトヨタの保養所だったのを、
会員制保養所という体で少しずつ一般向けに開放してきたようです。

今でも一般人はオフィシャルウェブサイトからは直接は予約できません。
でも調べてみたら一休.comに宿泊プランが掲載されていてびっくりしました。

terrace_tateshina_02

さて、非トヨタ車で乗り付けて追い返されたらどうしよう(そんな訳ない)と、
少し緊張しつつリゾートのレセプションでチラシを見せると、
入浴施設に入るためのカードキーを渡されました。

カウンターのスタッフの方がずいぶん丁寧で上品な対応だったのが印象的でした。
さすが天下のトヨタの保養所ですね。

最近こういう形態の施設がちょいちょいありますよね。

以前御殿場のLaLa Gotenbaというホテルに泊まったことがあるのですが、
そこは確かオムロンの保養所を一般開放しているホテルだったと思います。
terrace_tateshina_03

球状の照明がならぶ薄暗い通路を進むと、
セキュリティのかかった「spa」と掲げられた入浴施設がありました。

上ってきたエレベータを降りると、
男女の浴室への入り口と湯上りどころがあるスペースです。
湯上り処はずっとくつろいているお客さんがいたので写真はないです。

terrace_tateshina_04

こちらはたぶんスパの受付だと思われますが、
この時は無人でした。

浴室内の写真はありませんが、
間接照明のおしゃれな浴場でした。
露天風呂も浴槽の中から照らす間接照明。

terrace_tateshina_05

最後はリゾートのロビー。

ひょんなことから前から気になっていたリゾートに潜入(?)することができました。
建物も建築としても内装もミニマルでとてもで美しかったです。
エクシブ蓼科の後なので余計にそう思うのでしょうか。(笑)

terrace_tateshina_06


次回もこの辺りのスキー場で割引券を配布していれば再訪しようと思います。
デザインもかなり好みですし、やっぱり泊まってみたい!

テラス蓼科リゾート&スパ
〒391-0301
長野県茅野市北山4035-949
TEL 0266-67-0100

2015年の外遊び

「休みは海外か軽井沢のどっちかにいるよね。」

と知人から言われました。
もちろんセレブではないのでそんな訳はないです。(笑)

ただ、私のfacebookを見ている別の知人からも、

「週末はたいてい長野辺りにいるよね。セカンドハウス買った方が安いんじゃない?」

と言われました。

もちろん別荘などサラリーマンが手を出してはいけないものですので、
所有もしていないですし、そのつもりはまったくないのですが…

複数筋からそんなことを言われたもので、
そんなに長野にいるのかと少し不安(?)になってきました。(笑)

そこで、休みはいつもいると言われる「長野的、軽井沢的な所」を、
広義に、野、山、里、海、リゾートと解釈し、それに海外旅行を加え、
昨年2015年の1年間の実際の行動と照らし合わせると・・・

2015年01月
 第4週 スキー(日帰り) (長野県南佐久郡)
2015年02月
 第1週 スキー(泊り) (長野県茅野市)
2015年03月
 第3週 スキー(日帰り) (山梨県笛吹市)
2015年04月
 第3週 海岸清掃( 神奈川県茅ヶ崎市)
2015年05月
2015年06月
 第1週 海外旅行6日間 (オーストラリア)
 第3週 ランニング (群馬県吾妻郡)
2015年07月
 第1週 キャンプ (群馬県吾妻郡)
2015年08月
 第1週 キャンプ (群馬県吾妻郡)
 第5週 キャンプ (山梨県北杜市)
2015年09月
 第2週 キャンプ (群馬県嬬恋村)
 第3週 農業体験 (長野県佐久市)
2015年10月
 第3週 キャンプ (山梨県裾野市)
2015年11月
 第1週 山登り (東京都八王子市)
 第2週 海外旅行5日間 (シンガポール)
 第3週 山登り(神奈川県足柄市)
 第4週 農家体験(神奈川県川崎市)
2015年12月
 第1週 キャンプ(群馬県吾妻郡)

ひと月に平均1.5はそれらしいことをしていることになります。

「群馬県吾妻郡」とかかれている場所が肝で、
正確には「群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢」のことです。

これがいつも軽井沢にいるというイメージを生んでいると思うのですが、
いわゆる富裕層が集まる別荘地の軽井沢は「長野県北佐久郡軽井沢町」であり、
車で1時間弱の距離ではありますが、県も違えば雰囲気もまったく違います。

まさか自分が北軽井沢にこんなに通うことになるとは思っていなかったのですが、
別に北軽井沢について語ろうと思っていた訳ではないので、それはさておき。

話を戻すと上の一覧には自宅の近隣の大きな公園や河川敷での、
ピクニックやバーベキュー、ザリガニ釣り、潮干狩り・・・
などのプチアウトドアな活動は含んでいませんので、
それらを入れると、平均すると月に3回くらい外遊びをしていることになります。

これだと知人が私のfacebookの流し読みしてれば、
毎週末「長野か軽井沢か海外」という印象を持たれるのも分かる?

私が住んでいるのは神奈川県の川崎市内ですから、
これだけ週末移動していればETCのキャッシュバックもバカにならなさそう。。
ふむふむ・・

(と、言って別の話題につなげることにします。)

渡辺洋一写真展 雪と太陽へ

exhibition_yoichi_watanabe









行きたかったけど、予定が合わず行けなかった写真展です。

10/16(木)まで外苑前でやってました。

渡辺洋一さんはニセコをベースに活動するスキーヤー・写真家で、
ニセコでパウダーガイドなんかもやられています。

業界雑誌の編集をしている知人の紹介で、
以前一度だけ山を案内してもらったことがあります。

学生時代にやっていたデモスキーとは違う世界を知ることになった
体験をさせて頂いたんです。

そんな思い入れのある方の写真展ということで、
ぜひ行きたかったのですが、残念ですがしょうがないです。

またいつか東京で個展を開くことがあれば、是非行きたいですね。
記事検索
Yesterday's Visits
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
  • ライブドアブログ