転ばぬ先のTsue

Korobanusakino杖
http://blog.livedoor.jp/mojin_no_tsue/

スキー

スポーツオーソリティで中古レンタルスキーのセール

今シーズン(17-18)は次男(5歳)のスキーデビューの年でしたので、
どれくらい気に入って積極的にやるか予想がつかなかったので、
次男のスキーは毎度全部レンタルにしてしまいました。

結果、出費がかさんだので来シーズン(18-19)に向けて、
次男(5歳)のスキーを買っておこうと思います。

スキーシーズンを終えたこのタイミングで、
スポーツオーソリティでレンタル品を安く払い下げるセールをやっていたので、
こちらを活用することにしました。

ski_junior_used_sale_02


スキー、ブーツ、ストックの3点セット(4点セットとも言う)で¥5,000でした。
板のお値段は¥3,000、ブーツが¥1,500、ストックが¥500です。

1シーズンレンタルで使われたものなので、もちろん傷はありますが、
スキーなんてどうせすぐに傷がつくのでまったく問題なしです。

ski_junior_used_sale_01


スキーはスワローのレンタル専用モデルなので元の値段は分かりませんが、
世の中の安物のジュニアスキーのセットは¥15,000〜¥20,000という相場感を持っているので、
まぁ、いい買い物をできたのではないでしょうか。

ストックはsinanoです。

ski_junior_used_sale_03


スキーに関する次の課題は長男のブーツを買うこと。
小学2年生になり、そろそろちゃんとしたブーツを履かせたいので、
フロントの3バックルのモデルを買いたい。

あとは、家族4人分の板のチューンナップする店を探す。


ski日記 2017-18 (6) パルコール嬬恋リゾート

ski_palcall_01


ski_palcall_02


ski_palcall_03


ski_palcall_04


ski日記 家族スキー/雪遊び記録

2017−2018シーズンスタートしました。(2018/01/06)

半分は自分のためのメモですが、
当家の雪山遊びの記録です。

リフト代を安く抑える工夫なども書いていますので、
子連れスキーヤーのご参考になればよいと思います。

今シーズンは4歳の次男がスキーデビューしました。


P3040020 - コピー (480x640)


==== 2017-18年シーズン (長男7歳/次男4歳) =====
滑走日数:8日

□2018年2月 (ホテルグリーンプラザ軽井沢)
 ・パルコール嬬恋リゾート (day 6-8)

□2018年1月 (リゾートホテル蓼科)
 ・ピラタス蓼科スノーリゾート (day 5)
 ・ブブランシュたかやまスキーリゾート (day 4)

□2018年1月 (軽井沢マリオットホテル)
 ・軽井沢プリンスホテルスキー場 (day 3)
 ・車山高原SKYPARKスキー場 (day 2)
 ・軽井沢スノーパーク (day 1)

==== 2016-17年シーズン (長男6歳/次男3歳) =====
滑走日数:7日

□2017年2月 (日帰り)
 ・ ふじてんスノーリゾート(day 7)

□2017年1月 (軽井沢プリンスホテルウェスト コテージ)
 ・軽井沢プリンスホテルスキー場(day 5-6)

□2017年1月 (ペンション)
 ・富士見パノラマリゾート (day 3-4)

□2016年12月 (エクシブ蓼科)
 ・ピラタス蓼科スノーリゾート (day 1-2)

==== 2015-16年シーズン (長男5歳/次男2歳) =====
滑走日数:8日

□2016年3月 (日帰り)
 ・富士見パノラマリゾート (day 8)

□2016年3月 (エクシブ蓼科)
 ・ブランシュたかやまスキーリゾート (day 7)
 ・ピラタス蓼科スノーリゾート (day 6)

□2016年2月 (ホテルハーヴェスト那須)
 ・マウントジーンズ那須 (day 4-5)

□2016年2月 (日帰り)
 ・ふじてんスノーリゾート (day 3)

□2016年1月 (エクシブ蓼科)
 ・ピラタス蓼科スノーリゾート (day 1-2)

==== 2014-15年シーズン (長男4歳/次男1歳) =====
滑走日数:4日

□2015年3月 (日帰り)
 ・カムイみさかスキー場 (day 4)

□2015年2月 (ホテルハーヴェスト蓼科)
 ・蓼科東急スキー場 (day 2-3)

□2015年1月 (日帰り)
 ・シャトレーゼスキーリゾート八ヶ岳 (day 1)

==== 2013-14年シーズン (長男3歳/次男0歳) =====

□2014年2月 (ホテルハーヴェスト蓼科)
 ・蓼科東急スキー場 (day 1-2)

==== 2012-13年シーズン (長男2歳) =====

□2013年2月 (日帰り)
 ・スノータウン イエティ (day 3)

□2013年1月(軽井沢プリンスホテルイースト)
 ・軽井沢プリンスホテルスキー場 (day 1-2)

==== 2011-12年シーズン (長男1歳)  =====

□2012年2月 (日帰り)
 ・相模湖プレジャーフォレスト(day 2)

□2012年1月 (ザ・プリンス箱根)
 ・箱根園(day 1)

ski日記 2017-18 (5) ピラタス蓼科スノーリゾート

2017-2018シーズンのday 5はピラタス蓼科スノーリゾート。

ここ数年毎年来ています。
ロープウェイからの景色とスキー場全体の雰囲気のリゾート感が好きです。

今回は自身のInstagramから。

ski_piratasu2018_02


ski_piratasu2018_01


今回のリフト券の工夫です。

毎月第3日曜日はスキーこどもの日で小学生以下のリフト券無料です。
大人のリフト券はリフト券付きプランと通常プランの差額から計算します。

リゾートホテル蓼科(一休.com)

平日と休前日の宿泊料金で単価が違う(約1,600円〜1,800円)ので、
その平均辺りを取って単価を1,700円としました。

幼児のスキーレンタルも宿で事前予約で1,000円となりました。

・幼児リフト1日券(無料)
・小学生リフト1日券(2,300円⇒0円)
・大人リフト1日券 2名(8,000円⇒3,400円)
・幼児スキーレンタル(2,500円⇒1,500円)

今回は「スキーこどもの日」の恩恵と、
ホテルの割引をフル活用で7,900円が浮きました。

ピラタスはスノーキッズの特典がレッスン以外使えないので、
宿の特典を最大限利用するのがよいと思います。

ちなみに、宿泊したリゾートホテル蓼科は日帰り入浴もやっていて、
宿泊者はチェックアウト後も割引で利用することができます。

日帰り入浴のご案内

大人800円⇒400円、子供400円⇒200円です。
家族4人で2,000円⇒1,000円となりました。

めでたし、めでたし。

ピラタス蓼科スノーリゾート(公式)
〒391-0301
長野県茅野市北山4035-2541
TEL: 0266-67-2009

ski日記 2017-18 (4) ブブランシュたかやまスキーリゾート

本日も晴天です。

ブランシュたかやまの頂上からのパノラマ写真。
(Google Photosが勝手に生成)

左には蓼科山、中央に見えるのが八ヶ岳、
そして一番右に見えるなだらかな山が2週間前に行った車山です。

↓↓クリックで拡大します↓↓
ski-branche_akayama_pano


今回のリフト券の工夫です。

長男が学校からもらってきた冬休み向けチラシの中に、
ブランシュたかやまの小学生リフト券無料券が載っていました。

大人のリフト券はネットでも探して300円引き以上の条件が無かったので、
今回も信州スノーキッズのファミリー500円割引です。
幼児リフト1日券は残念ながら何の割引も効かず定価の1,000円。

ブランシュはスノーキッズの家族レンタル500円割引が効かないので、
次男のレンタルは「しろっくまんくらぶ」の特典で300割引です。

・幼児リフト1日券(1,000円⇒定価)
・小学生リフト1日券(2,600円⇒0円)
・大人リフト1日券 2名(8,600円⇒7,600円)
・幼児スキーレンタル(3,000円⇒2,700円)

今回は小学校配布のチラシが効いて3,900円が浮きました。
当家は見逃していたものを同行のご近所さんがめざとく見つけて教えてくれました。
Thanks to ご近所さん。

ski日記 2017-18 (3) 軽井沢プリンスホテルスキー場

おいおい。

ski日記 2017-18 (2) 車山高原SKYPARKスキー場

今シーズンのDay2は車山高原SKYPARKスキー場。

宿泊していた軽井沢からは1時間半くらいの距離でした。
とても景色のよいスキー場。

ski_kurumayama_02

車山頂上からのパノラマです。
Google Photosが勝手にスマホの写真をつなげてくれちゃうんです。
(頼んでもいないのに)

↓↓クリックで拡大します↓↓
ski_kurumayama_skypark_org


以前、スキーで定価で払ってはいけないものは、
リフト券とお風呂という話を書きました。

今回のリフト券工夫情報です。

今年から長男が小学生ですので、信州スノーキッズ倶楽部に入会し、
小学生の分は特典の1日リフト券引き換え券を利用しました。

大人2人分のリフト券と、次男のスキーレンタルは
スノーキッズの家族が使える500円割引券を利用しました。

・幼児リフト1日券(無料)
・小学生リフト1日券(2,600円⇒0円)
・大人リフト1日券 2名(8,400円⇒7,400円)
・幼児スキーレンタル(2,100円⇒16,00円)

今回はスノーキッズフル活用で4,100円が浮きました。
めでたし、めでたし。

車山高原SKYPARKスキー場
〒391-0301
長野県茅野市北山3413
TEL 0266-68-2626

ski日記 2017-18 (1) 軽井沢スノーパーク

おいおい。

軽井沢マリオットホテル(1)

旧「ラフォーレ倶楽部 ホテル中軽井沢」が「軽井沢マリオットホテル」にリブランドしました。
全国のラフォーレ5ホテルを2016年から順次リブランドしましたが、
2016年7月にオープンした第一号(東京は除く)になります。

成人の日の連休に軽井沢でスキーのために2泊してきました。

リブランドに合わせてインテリアなどは大々的に改装してあります。
改装前のラフォーレ時代を知らないので比較はできないのですが。

レセプションのデザインはシンプルかつモダンに。
黒に赤字のマリオットのロゴが映えます。

hotel_karuizawa_marriott_05


レセプションやロビーのゾーンとオープンに繋がっているレストラン。
窓が大きく開放的でリゾート感が出ていてキレイな空間です。

hotel_karuizawa_marriott_01


一番スタンダードなメインウィングのモデレートツイン。
ソファーベッドがセットされていても窮屈な印象はありませんでした。

hotel_karuizawa_marriott_03


リブランド後に新しくオープンしたノースウィングのロビー。
シンプルながら正月らしい飾りつけが外人ウケしそうです。
こちらの棟の部屋は温泉付きなのだそうです。

hotel_karuizawa_marriott_02

外観はラフォーレ時代のちょっと昔っぽさを残しています。
建築としてのホテルも好きな私にはちょっと物足りないですが。
車寄せの天井があまりにも低い・・(笑)

hotel_karuizawa_marriott_04


総じて内部はどこもキレイでアフタースキーを快適に過ごすことができました。
中軽井沢の市街地から外れているので、周りに飲食店がないのがちょっと。

あと、サービスはまだ荒削り。

私はラフォーレ倶楽部価格で泊まらせて頂いたので文句はありませんが、
正規の市場価格で宿泊していたらちょっと不満だったかも知れません。

特別サービスが悪いというよりは、価格設定が高すぎるんです。
サービスはこれからよくなっていくと思いますけどね。

詳細はまた追って書いていきたいと思います。

軽井沢マリオットホテル(公式)
〒389-0111
長野県北佐久郡軽井沢町長倉4339
TEL 0267-46-6611

市場価格での価格付けもご確認を。

 ・一休.comで見てみる
 ・Reluxで見てみる

ski日記 2016-17 (4) ふじてんスノーリゾート

平日に休みを取って長男と二人でスキーへ。

都心から近いスキー場とはいえ、平日だけあってガラガラ。
あまりの快適さに、ランチ休憩以外はひたすら滑り倒しました。

少しずつ上手くなっているような、なっていないような長男。

ポジションもう少し前だよと教えてみるも、「キツイ」と言ってすぐに楽な姿勢に戻す。
ターンの体の使い方を教えてみるも、直滑降が楽しくターンしようとしない。(笑)

親子だけに甘えがあって言うことを聞かないんですね。
まぁ、選手にしたい訳でもないので今はスポーツを楽しんでくれていればいいです。

ski2017_fujiten_01


帰りに寄ったスキー場近くのコンビニで、
マジックアワーの富士山があまりにも美しかったので思わずカメラを手にしました。

ski2017_fujiten_02


少し寄ってみます。

ski2017_fujiten_03


もっと寄ってみます。

ski2017_fujiten_04


先日も過去の江の島海岸からの富士山の写真をアップしたばかりでした。

ふじてんスノーリゾート
〒401-0320
山梨県南都留郡鳴沢村字富士山8545−1

記事検索
Yesterday's Visits
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
  • ライブドアブログ