新しいカメラに慣るために色々なシーンで撮ってみよう。
「物撮り」にもチャレンジです。

ファッショニスタ(笑)ではないので、
被服に関することはほとんど書かないのですが、
いいネクタイを入手したので題材にしていました。

analog_necktie_hatachu_01

羽田忠織物は山梨県にあるシルク製品を扱う1935年創業の老舗の織物工場です。

ネクタイのお値段というと、
3000円のワゴンものから2万円超えの海外ブランドものまでピンきりです。
その中でいうと1万円いかない中の下?くらいの価格帯です。
にも関わらず、素材も作りも上質でモノがいい。

写真はシルクのジャカード織り。
シルクと聞いてイメージするツヤのある肌感ではなく、
より厚みを感じるものになっています。

特にどこか和を感じさせる青が色合いが絶妙で、
私はこの青色に惚れたと言ってもいいです。

ビジネスシーンのカジュアル化でネクタイのニーズは少しずつ減ってはきていますが、
それだからこそ長く使える「物語のある」よいものを少数精鋭で持っていてもよいかも。
と思った次第です。

あまり世に出回っていないようですが、
直営のオンラインショップから購入可能です。

羽田忠織物 HADACHU ORIMONO
〒403-0001
山梨県富士吉田市上暮地3-7-26
TEL:0555-22-4584