転ばぬ先のTsue

Korobanusakino杖
http://blog.livedoor.jp/mojin_no_tsue/

クレジットカード

マイレージ生活:ETCマイレージサービスその後

以前ご紹介したことがあったかどうか忘れましたが、
ETCマイレージサービスというのがあります。

有料道路を運営する事業者によって条件の違いはあるものの、
当家が利用するNEXCO(東日本、中日本)においては、
高速道路料金の10%がポイントとして還元されます。

ポイントはETCでの支払いに1ポイント1円として利用できますので、
金額としても10%の還元率となっています。

0.5〜2.0%が相場のこの業界(マイレージとかポイントとか)において、
この10%という還元率がいかに破格かが分かるかと思います。

これは利用しない手はありません。
当家でも2016年1月から利用していまして、以下がそのポイント履歴です。

blog_etcmillage_01

昨年の7月と今年の2月に5000ポイント(円)還元されていますから、
おおよそ年間1万円が還元されていることになります。

ということは、年間10万円くらい高速代に使っているんですね。
仕事で自家用車は利用しないので、全てレジャー費ということになります。

夏はキャンプ、冬はスキーで高速道路で山方面に行きますから、
それくらいになるんですね。(こんな感じ→「2015年の外遊び」あ、前振りしてある(笑))

この制度自体は素晴らしいのですが、
高速代がもう少し安くなるといいですね。

地方の経済の活性化につながると思いますが・・・

マイレージ生活 : nanaco クレジットチャージ(2012.9.21更新)


2012年9月30日をもって、
VIEWカードsuicaでのnanacoチャージでポイントが付与されなくなるそうです。

一部電子マネーへのチャージご利用分に
 対するポイントサービス終了のお知らせ
」(ビューカードサイト)

=====================================================
(以下は2012/4/2時点での情報)

仕事の関係でnanacoを使う機会が増えそうなので、
遅まきながらモバイルnanacoをクレジットチャージを申し込むことに。

nanacoへのチャージでポイントが付与されるクレジットカードは少ないですが、
還元率は様々ですが以下のカードならポイントが付くらしい。

 ・ 漢方スタイルクラブカード
 ・ オリコカード Premium Gold iD (JCBブランドのみ)
 ・ 楽天カード (JCBブランドのみ)
 ・ 楽天プレミアムカード (JCBブランドのみ)
 ・ JALカード Suica      (※2012年9月30日まで)
 ・ ビックカメラ Suicaカード  (※2012年9月30日まで)
 ・ ファミマTカード
 ・ TSUTAYA Tカードプラス (JCBブランドのみ)

ちなみにファミマTカードはJCBしかありません。

このためだけに新しくクレジットカードを作るのは嫌なので、
手持ちのファミマTカード(T-pointがたまる)を使うことにしました。

ファミマTカードは会費無料な上になかなか便利。

例えば・・・ 「マイレージ生活 (7) ファミマTカード で税金納付

マイレージ生活 : 定期券をPASMOからSuicaに変更 (2)

電車に乗る際に利用する、定期券、電子マネー、クレジットのユースケースを
以下の4種類に分類してみました。

  (1)定期券の購入
  (2)定期券での乗車
  (3)定期券外の乗車(乗り越し精算)
  (4)電子マネーへのチャージ


(1)定期券の購入
 PASMO(定期券) →現金(東急のカードで京王の定期券は買えない)
 Suica(定期券) →JALカード TOP&ClubQ →JALマイレージ積算(1.0%)(※1)

これは当初の目的で、現在はPASMO定期券を現金購入することで
捨てているマイレージをSuica定期券をいつものカードで買うことで
JALマイルの積算に貢献できるようになります。
---

(2)定期券での乗車
 PASMO(定期券) →特に違いなし
 Suica(定期券) →特に違いなし

買ってしまった定期券を使って、定期券の範囲で乗車している分には、
定期券の種類の変更による違いは特にありません。
---

(3)定期券外の乗車(乗り越し精算)
  PASMO(定期券) →PASMO(電子マネー) →オートチャージへ
  Suica(定期券) →Suica(電子マネー) →オートチャージへ

もしかすると、精算機を使えばSuica定期券の乗り越しを
PASMOで精算することは可能かも知れません。(未確認)

でも、やはり改札をノーストップで通過するためには、
利用している定期券にチャージされている電子マネーを使って、
不足分を精算するのは必須になってくるかと思います。
---

(4)電子マネーへのオートチャージ
  PASMO(電子マネー) → JALカード TOP&ClubQでチャージ → JALマイレージ積算(1.0%)(※1)
  Suica(電子マネー) → ビックカメラSuicaビューカードでチャージ → ビューサンクスポイント積算(1.5%)

前回書いたように、SuicaのオートチャージはJR東が発行するビューカードしかできません。
ビューカードでのSuicaチャージには「ビューサンクスポイント」というポイントが積算されます。

ビューカードでSuicaチャージする時に発生するビューサンクスポイントというのをどう扱うか?
これは杖のマイレージ集約対象のポイントではありません。(※3)

ビックカメラSuicaビューカードでは、
ビューサンクスポイントをビックポイントに等価交換(※2)できるので、それで行きましょうか。

※1 JALカードショッピング・プレミアム入会の場合
※2 1ビューサンクスポイント=2.5ビックポイント (2.5円相当)
※3 杖はポイントを次の種類に集約して、合算しての最大化を目指しています
JALマイル、Tポイント、ビックポイント、楽天ポイント



マイレージ生活 : 定期券をPASMOからSuicaに変更 (1)

陸マイラーの鉄則は出費をできるだけクレジット払いにすることです。

ボクはJRと京王を使って通勤しています。
以前は東急とJRで通勤していた都合で、ずっとPASMOの定期を使っていました。

私鉄の定期券は発行する鉄道会社の系列のクレジットでしかクレジット払いができません。
つまり京王の定期を買うには京王パスポートカードが必要です。

なのでしばらく定期券を現金で購入していたのですが、
1年に15万弱もの支払いを無駄に現金にしておくのももったいないので、
クレジットで定期代を払えるようにしたいと思います。

そこで、定期券をPASMOからSuicaに変更しました。

実はJRの定期はJRが発行するビューカード以外でもカード払いできるんですよね。
私がメインで使っている「JALカード TOP&ClubQ」でも購入できます。

なので、定期券が切れるタイミングでSuicaの定期に変えることにしました。

ただ、定期券の区間外にまたがる時に改札でいちいち止められるのはウザッタイですし、
いちいちSuicaの残額を頭に入れてチャージしておくのも面倒です。

Suica 定期券はビューカード以外でも購入できますが、
Suicaのオートチャージできるのはビューカードのみ。。

そうすると、「Suica定期券+ビックカメラSuica ビューカード」になるのですが。。
(書いてなかったですが、遅まきながらビックカメラでの決済専用に作りました。)
(ちなみにビックカメラSuicaビューカードには定期券が付与できません。)

現在主力の「PASMO定期券+JALカード TOP&ClubQ」とどう使い分けるのか?
ポイントの流れはどうする?・・・その辺りをどううまく整理するか。

少し検討が必要です。

つづく
記事検索
Yesterday's Visits
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
  • ライブドアブログ