転ばぬ先のTsue

Korobanusakino杖
http://blog.livedoor.jp/mojin_no_tsue/

キャンプ

家族キャンプ記録

GWから2017年シーズンスタートしました。

なかなか書けてませんが備忘録です。

キャンプ場とその近くの立ち寄り湯の組み合わせで記録しておくと便利かな。
と思い、そうしています。

camp_201705_tanukiko_01
@田貫湖キャンプ場 2017年GW

==== 2017年シーズン (長男7歳/次男3歳) =====

2泊目 2017年6月
 ・北軽井沢スウィートグラス(群馬県吾妻郡長野原町)テント泊
 ・星野温泉トンボの湯(長野県北佐久郡軽井沢町) 

1泊目 2017年5月
 ・田貫湖キャンプ場(山梨県富士宮市)テント泊
 ・休暇村富士(行ってない)

==== 2016年シーズン (長男6歳/次男2歳) =====

7泊目 2016年11月
 ・ほうれんぼうの森キャンプ場 (山梨県北都留郡小菅村) コテージ泊
 ・小菅の湯

5-6泊目 2016年9月
 ・知人宅の敷地内 (長野県佐久市) テント泊
 ・あぐりの湯こもろ (長野県小諸市)

4泊目 2016年9月
 ・フレンドパークむかわキャンプ場 (山梨県北杜市) テント泊
 ・尾白の湯

3泊目 2016年8月
 ・ウエストリバーオートキャンプ場 (山梨県南アルプス市) テント泊
 ・やまなみの湯

2泊目 2016年7月
 ・フレンドパークむかわキャンプ場 (山梨県北杜市) テント泊
 ・尾白の湯

2泊目 2016年6月
 ・昭和の森フォレストビレッジ (千葉県千葉市) 中止

1泊目 2016年6月
 ・べるが尾白の森キャンプ場 (山梨県北杜市) テント泊
 ・尾白の湯

==== 2015年シーズン (長男5歳/次男1歳) =====

6泊目 2015年12月
 ・北軽井沢スウィートグラス(群馬県吾妻郡) コテージ泊
 ・コテージ内風呂

5泊目 2015年10月
 ・ACN富士すそ野ファミリーキャンプ場(山梨県裾野市) テント泊

4泊目 2015年09月
 ・無印良品 カンパーニャ嬬恋キャンプ場(群馬県嬬恋村) コテージ泊

3泊目 2015年08月
 ・キャンピカ明野ふれあいの里(山梨県北杜市) コテージ泊

2泊目 2015年08月
 ・北軽井沢スウィートグラス(群馬県吾妻郡) コテージ泊
 ・グリーンプラザ軽井沢

1泊目 2015年07月
 ・北軽井沢スウィートグラス(群馬県吾妻郡) コテージ泊

camp日記 2016 フレンドパークむかわ (1)

山梨県北杜市にある、フレンドパークむかわキャンプ場、
学生時代の同期ファミリーと訪れました。

なかなかサイトのカッコいい写真の撮り方が分かりません。
試行錯誤ですね。

とはいえ、家族だけで行くキャンプよりはよっぽど写真を撮る余裕はある。

camp_mukawa_01


奥のテントとスクリーンタープが当家のギア、
スクリーンタープと連結しているヘキサタープが友人のものです。

この連結パターンは広く使えて気に入ってます。
スクリーンタープをダイニングにヘキサタープはキッチンにします。

みたところ全部コールマンづくし(笑)

camp日記 2016 フレンドパークむかわ (3)

camp_2016_mukawa02_01


camp_2016_mukawa02_04


camp_2016_mukawa02_06


camp_2016_mukawa02_07

camp日記 2016 ウエストリバーオートキャンプ場 (1)

2016年ファミリーキャンプ第3弾です。

山梨県南アルプス市にあるウェストリバーオートキャンプ場。

釣り、魚つかみ、水遊びが楽しめるキレイなキャンプ場。

時間帯予約のお風呂が立派で過ごしやすいところでした。

camp_westriver_04


すっかり水遊びが好きになった次男(2歳)。
写真は着ていませんが、ライフジャケットの導入で安心感が格段に上がりました。

camp2016_westriver_01


camp_westriver_03


ウエストリバーオートキャンプ場
〒400-0233
山梨県南アルプス市須澤131
TEL: 055-285-6611

2015年の外遊び

「休みは海外か軽井沢のどっちかにいるよね。」

と知人から言われました。
もちろんセレブではないのでそんな訳はないです。(笑)

ただ、私のfacebookを見ている別の知人からも、

「週末はたいてい長野辺りにいるよね。セカンドハウス買った方が安いんじゃない?」

と言われました。

もちろん別荘などサラリーマンが手を出してはいけないものですので、
所有もしていないですし、そのつもりはまったくないのですが…

複数筋からそんなことを言われたもので、
そんなに長野にいるのかと少し不安(?)になってきました。(笑)

そこで、休みはいつもいると言われる「長野的、軽井沢的な所」を、
広義に、野、山、里、海、リゾートと解釈し、それに海外旅行を加え、
昨年2015年の1年間の実際の行動と照らし合わせると・・・

2015年01月
 第4週 スキー(日帰り) (長野県南佐久郡)
2015年02月
 第1週 スキー(泊り) (長野県茅野市)
2015年03月
 第3週 スキー(日帰り) (山梨県笛吹市)
2015年04月
 第3週 海岸清掃( 神奈川県茅ヶ崎市)
2015年05月
2015年06月
 第1週 海外旅行6日間 (オーストラリア)
 第3週 ランニング (群馬県吾妻郡)
2015年07月
 第1週 キャンプ (群馬県吾妻郡)
2015年08月
 第1週 キャンプ (群馬県吾妻郡)
 第5週 キャンプ (山梨県北杜市)
2015年09月
 第2週 キャンプ (群馬県嬬恋村)
 第3週 農業体験 (長野県佐久市)
2015年10月
 第3週 キャンプ (山梨県裾野市)
2015年11月
 第1週 山登り (東京都八王子市)
 第2週 海外旅行5日間 (シンガポール)
 第3週 山登り(神奈川県足柄市)
 第4週 農家体験(神奈川県川崎市)
2015年12月
 第1週 キャンプ(群馬県吾妻郡)

ひと月に平均1.5はそれらしいことをしていることになります。

「群馬県吾妻郡」とかかれている場所が肝で、
正確には「群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢」のことです。

これがいつも軽井沢にいるというイメージを生んでいると思うのですが、
いわゆる富裕層が集まる別荘地の軽井沢は「長野県北佐久郡軽井沢町」であり、
車で1時間弱の距離ではありますが、県も違えば雰囲気もまったく違います。

まさか自分が北軽井沢にこんなに通うことになるとは思っていなかったのですが、
別に北軽井沢について語ろうと思っていた訳ではないので、それはさておき。

話を戻すと上の一覧には自宅の近隣の大きな公園や河川敷での、
ピクニックやバーベキュー、ザリガニ釣り、潮干狩り・・・
などのプチアウトドアな活動は含んでいませんので、
それらを入れると、平均すると月に3回くらい外遊びをしていることになります。

これだと知人が私のfacebookの流し読みしてれば、
毎週末「長野か軽井沢か海外」という印象を持たれるのも分かる?

私が住んでいるのは神奈川県の川崎市内ですから、
これだけ週末移動していればETCのキャッシュバックもバカにならなさそう。。
ふむふむ・・

(と、言って別の話題につなげることにします。)

秋キャンプ用シュラフ

10月中旬の山麓キャンプ用にシュラフを探しています。

 ・10月中旬の山麓キャンプ(裾野)
 ・テント泊(電源なしサイト)
 ・5歳と1歳11ヶ月の子連れ(寝相悪)

家には夏用のシュラフしかないので、
どんなシュラフを用意しようか迷っているのですが。

仮に11月とかもキャンプする可能性を考えると、

 ・性能温度帯は5度前後か
 ・2セット連結可能な封筒型
 ・丸洗い可能

くらいのものを考えればいいのかしら。

この辺りかな?

ロゴス(LOGOS) 寝袋 丸洗い寝袋フィールダー・2[最低使用温度2度]

コールマン(Coleman) 寝袋 シュラフ パフォーマー/C5(ネイビー) 2000016928 × 2個セット

他にもあたってみますが。

キャンプ No.2

20060709キャンプと言うからには、
もちろん宿泊はするわけで。
今日もキャンプ場です。

心配していた雨は昨夜のうちにあがり、
今日は何とか曇り空。
でもまぁ、雨の中で片付けることを考えれば、
晴れていなくてもそう文句は言えません。

そうそう、
湖畔のキャンプ場にテントを張ったわけですが、
喰ったり飲んだりしていたばっかりで、
あまり湖と関わりがありませんでした。
が、
マイナスイオンが出ていそうな景色はあったので、
一応証拠として?写真を。

20060709-2
昨日の夜の食材で近くの道の駅で買ったトウモロコシ→が、
ものすごくおいしかったので、
帰りに寄って買って帰ろうと思ったのですが、
残念ながら売り切れでした。

代わりにおいしそうな水菜を買って帰って
サラダにしてサラダにして食べました。

キャンプ

20060708ここんとこ、
街に籠りっぱなしだったので、
たまには「外」に出ましょう。

という訳で、
西湖にキャンプに行ってきました。
PICA西湖というオートキャンプ場。

降水確率50%と天候が心配されましたが、
フタを開けてみれば、土曜日は晴れ間が覗くくらい、
夜中寝ている時に雨が降って、日曜の朝には上がっている。
という運のいいすり抜けっぷり。

決して最近のオートキャンプ場事情に明るい訳ではないんですが、
今まで行ったキャンプ場の中では、とびきりの設備のよさでした。
何よりも感動したのは、炊事場の水道からお湯が出ることです。
あっぱれ。

久しぶりにキレイな空気を吸って。
自然の中でバーベキューをして。
おいしいビールを飲んでぐっすりオヤスミ。

いい週末じゃないですかぁ。
記事検索
Yesterday's Visits
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
  • ライブドアブログ