転ばぬ先のTsue

Korobanusakino杖
http://blog.livedoor.jp/mojin_no_tsue/

エクシブ

エクシブ湯河原離宮 (1)

秋も深まると温泉に入りたくなる。

実は夏でもキャンプ帰りに立ち寄り湯に入って帰ってくる。
というのをしょっちゅうやっていますので、温泉自体はよく入ります。

なので、これは完全な風情の話。
そんな訳で秋の温泉旅行として神奈川県内の湯河原温泉に
2017年の3月31日にオープンしたエクシブ湯河原離宮に一泊してきました。

エクシブには各施設にデザインのテーマがありまして、
湯河原離宮に関しては「琳派モダン」を標榜しています。

あちらこちらに金きらきんの和の装飾がアクセントに施されています。

hotel_xiv_yugawara_01

ネット上の評判では琳派モダンについてはどちらかというと皆さんスルーされていて、
むしろ大変な物議をかもしているのがこの部屋の配置。

オフィシャルサイトの写真をみると分かりますが、
日が暮れると、パブリックエリアから各部屋の中が丸見えになるという。。

レストランで食事中に紳士の入浴姿が見れる、とか、
人目が気になって部屋にいてもまったくカーテンを開けられない、とか。

興味津々というか、ある意味、戦々恐々としながら訪れてみました。(笑)

(公式)エクシブ湯河原離宮

hotel_xiv_yugawara_03

ふたを開けてみれば、アサインされた部屋は3号館という、
この水庭を囲むように配置された部屋ではなく、外向きの部屋。

外向きではありますが、視界はありませんでした。
ですが、窓の外は植栽があり、その隙間から木漏れ日が部屋に入る、
午後のひと時を過ごすリビングとしてはなかなか素敵な環境でした。

水鏡の中庭に面した部屋ではなかったので、
誰かからの視線を気にすることなく過ごすことができました。

hotel_xiv_yugawara_02

ベッドの間接照明も和柄の屏風絵のような仕掛けでした。
照明を全開にした状態での寝室の暗さはエクシブならではという感じです。

hotel_xiv_yugawara_04

こちらは部屋の風呂。
温泉です。

これまでエクシブの施設では部屋に温泉が引かれていたのは、
スーパースイートのカテゴリだけだったようです。
箱根離宮も、山中湖SVも、そのようでした。

湯河原離宮は一つしたのスイートカテゴリまで部屋が温泉のようです。

当家は部屋に温泉のあるスーパースイートのランクの部屋に泊まりました。
あ、もちろんオーナーではないんですよ。念のため。

お風呂の窓もリビングと外側の植栽に面していて、
そとからの視線はまったく気になりませんでした。

hotel_xiv_yugawara_05

食事に関しては、朝食は和洋中バイキング、
夕食は遅い時間しか空きがなかったため、外に食べにでました。

バイキングの料理は今まで泊まったエクシブで一番美味しいと思いました。

その他、会員権の販売は苦戦しているなんて話も聞きますが、
全般的にスタッフの方々の対応はとても丁寧で感じもよく、
一見のゲストでもとても大切にされている印象を受けました。

前回宿泊した山中湖SVの宿泊記ではサービスのことをネガティブに書いたので、
今回はそんな印象はまったく受けなかったとフォローしておきます。

エクシブ湯河原離宮
〒259-0314
神奈川県足柄下郡湯河原町宮上631-1
TEL:0465-60-2555

エクシブ山中湖サンクチュアリ・ヴィラ (1)

エクシブ山中湖のサンクチュアリ・ヴィラは2回目の滞在。

前回の滞在は2014年で、ちょうど3年ぶりとなりますが、
2014年の時のことを書けずにここまで来てしまいました。

前回も今回も、5月の終わりに開催される山中湖ロードレースに合わせて来ました。
何がいいって、走った後に富士山を眺めながら大きな部屋風呂を独占できる贅沢。

hotel_xiv_yamanakakosv_02

私はエクシブのオーナーではないので、あまり偉そうなことは言えないのかも知れませんが、
何かしらの経路を経て宿泊する権利を得た後のホテルとしてどうかという点で考えます。

山中湖SVのレストラン「イルコローレ」の子供の食事の予約のことで、
予約の段でいろいろフラストレーションが溜まることがありました。

当家の子供は職の細い7歳と、3歳の二人。
どちらもこども用のコースのポーションを食べきることはできません。
で、何か選択肢はないでしょうか?という相談をしてみました。

hotel_xiv_yamanakakosv_01

無いなら無いで諦めて残してしまう前提で二人分頼むだけなんですが、
予約センターに電話すると、必ずたらいまわしにされ、毎回違う人がアサインされる。
それはいいとして、担当者ごとに言うことが変わる。

・こどもコース内のメニューであればアラカルトで出すことも可能です。
 と、たぶん現場に確認を取ってから、アドバイスしてくれるかた。
・コースオンリーのレストランなので個別対応はしかねる。
 と、あくまでも原則論を貫く人。

他の担当者の方が前者と言ってましたと言っても聞いてくれない後の担当者。。。
なんか面倒になってしまって、もう現地で直接話すのでいいです。と、

hotel_xiv_yamanakakosv_05

そして、チェックイン当日、
私は20キロ走った後なので、当然早く風呂に入りたいのですが、
チェックインの手続きの順番がなかなか回ってこない。
山中湖SVは部屋数はせいぜい28室なんですけどね。

「あのぉ、レストランの予約があるので、それまでに部屋に入りたいのですが・・・」
とお願いすると、初めて手続きに着手してくれました。
結局、ディナー前には風呂には入れず、ちょっと残念な気持ちになりました。

オーナー優先とかがあるのであれば、それは全然かまわないのですが、
レストランの予約がありますし、せめてそれくらいは把握して考慮してくれたらな、と思います。

hotel_xiv_yamanakakosv_03

結局、予約時に解決を見なかった子供の料理の件ですが、
レストランで着席したあとに相談をしたところ、

・こども用コース料理1人分を半分のポーションに分けて二人に出せますよ。
 と、現場のマネージャーの方。

私にとってはこれが一番うれしいので、ありがたく提案に乗らせて頂いたのですが・・
予約業務と現場の運用が分離されていることの弊害が露骨に出てるな、と感じました。

予約時にこの提案を頂けていれば、
フラストレーションも溜まらず満足度も上がるんだけどな。

hotel_xiv_yamanakakosv_04

エクシブにはハード面での豪華さ以外は期待してはいけないのか、
とついつい思ってしまう、そんな予約〜チェックインまでの体験でした。

エクシブ山中湖 サンクチュアリ・ヴィラ(公式)
〒401-0502
山梨県南都留郡山中湖村平野562-15
TEL:0555-65-9000

エクシブ蓼科 2016クリスマス

2016年〜2017年シーズンの初滑りに行ってきました。
蓼科エリアのスキー場目当てでエクシブ蓼科に宿泊しました。

世間はクリスマスを含んだ連休ということで、
館内のあちらこちらにクリスマスのデコレーションが施されていました。

hotel_xivtateshina_2016xmas_01

ゲートを入って車寄せまでのアプローチからイルミネーションがキラキラ。
ほとんど真っ暗な山道を旅してきた客には暖かいお迎えです。

車寄せも美しくライトアップされています。
上品な老夫婦がエントランスで記念写真を撮っていてほっこりしました。

hotel_xivtateshina_2016xmas_02

エントランスを入るとすぐにあるのがこのオブジェ。
デコレーションを額にして中の穴に収まって写真を撮りましょうという仕掛け。

hotel_xivtateshina_2016xmas_03

ラウンジの入り口には大きなクリスマスツリー。
天井の高さがいかんなく生かされています。

hotel_xivtateshina_2016xmas_04

ツリー以外にもロビーの植栽はクリスマスライトで飾られています。
夜のレセプションもこんなに雰囲気が◎。

hotel_xivtateshina_2016xmas_05


おまけ。
当家の6歳と3歳の息子たち。
広い部屋にテンション上がってこうなりますよね。

hotel_xivtateshina_2016xmas_06

次男はロケットペンギン仕様。
しばらく心の平穏はおとずれそうにありません。。(苦笑)

スキー宿の魅力 (再アップ)

写真を追加して再アップしました。

みなさま、今年のスキー宿はもう決まりましたか?

学生時代のスキーといえば、
合宿だったり、住み込みバイトだったり、スキースクールの寮だったり・・・
ロマンティックではない環境で(あ、ロマンス自体はあったりもするんですが)スキーをしてました。

今でもストイックに競技として向き合っている仲間もいたり、
雪崩ビーコン持ってせかせか山を登っている仲間もいたりしますが、
私ときたらそもそもリゾートが好きなんで、リゾートスキー万歳です。

hotel_ski_

長男がスキーをやれる歳になって10年近く休止していたスキーを再開しました。
再開したのは2シーズン前ですが、気づいたらいい大人になっていたいので、
無理なく行けるリゾート感のあるスキー宿を探求しています。

2016-2017シーズンを前にそんな話をちょっと書いてみます。

■エクシブ蓼科

最近気に入っているのはエクシブ蓼科で昨シーズンは2回行きました。
最寄りのスキー場はピラタス蓼科スキー場で車で10分。

ピラタスはスキー場全体がアルプスを意識したログハウス調に統一されていて、
リゾート的雰囲気に気分も上がりますし、土地柄なのか客層がいいので気に入っています。

今年も家族スキーはエクシブ蓼科になるでしょう。

hotel_xivtateshina_02

エクシブ蓼科はブリティッシュ・カントリー・スタイルを謳っていて、
実はインテリはなどはあまり好みという訳ではないのですが、外観は重厚感があって好きです。

うっすらと雪化粧をまとったチャペルは特に美しく、神々しさを感じます。

hotel_ski_xiv_tateshina

■ホテルハーヴェスト蓼科

エクシブより少し下ったエリアには東急リゾートタウン蓼科という広大な別荘地帯があり、
そこに蓼科東急ホテル(旧東急蓼科リゾート)と向かい合ってホテルハーヴェスト蓼科があります。

ホテルハーヴェスト蓼科の建物自体は眺望がないので景色の解放感はないのですが、
部屋は会員制リゾート仕様で、どれも広めで、キッチンを備えるコンドミニアムタイプです。

hotel_ski_harvest_tateshina_02

車で10分の敷地内にあるハーヴェストクラブ蓼科の本館のレストランを利用することができ、
こちらのレストランは八ヶ岳を一望できる絶景を眺めながら食事をすることができます。

下の写真は雲がかかっていて少し残念ですが。

hotel_ski_harvest_tateshina_01

最寄りの東急蓼科スキー場まで徒歩5分というのは魅力で、
長男のスキーデビュー、リフトデビューではお世話になりましたが、
リフト一本の小さなスキー場で長男が滑れるようになってからは卒業してしまいました。

■ホテルハーヴェスト那須

那須のホテルハーヴェストはハーヴェストの中でも洗練されたデザインです。

個人的には少し都会的過ぎて、もう少し温かみが欲しいところですが、
土地の使い方が広々としていてスマートなリゾートといった感じです。

hotel_harvest_nasu_02

最寄りのスキー場は車で30分のところにあるマウントジーンズ那須。
マウントジーンズ那須は同じ東急が運営していますが隣接という訳ではありません。

ホテルのフロントでリフト券も割安で購入できますが、
いかんせんゲレンデの様子が分からないので外す可能性はあります。
リフト券を買ってスキー場に行ったら強風でリフトが動いてなかった。なんてことがありました。

hotel_ski_harvest_nasu_01

■軽井沢プリンスホテル・イースト

軽井沢プリンスホテル・イーストは地味に?黒川紀章氏の設計です。
ただ、建築として注目されることはあまりなく、素人の私には「らしさ」は分かりません。

hotel_karuizawa_prince_east_01

軽井沢には軽井沢プリンスホテル・イースト/ウェスト、ザ・プリンスと3軒のプリンスホテルがありますが、
軽井沢プリンスホテルスキー場のゲレンデサイドに建っているのはイーストです。

ホテルを一歩出ればそこはゲレンデというのはやはり楽ですし、
館内や部屋も定期的に改装していてエレガントです。

hotel_karuizawa_prince_03

軽井沢プリンスにはイーストにもウェストにもコテージがたくさんあります。
今年は数家族のグループスキーでウェストのコテージを使ってみようかと企んでいます。

スキー場以外にもアウトレットがあったり、
新幹線で気軽に訪れることもできる立地のよさもあり、
夏、冬問わず値崩れしないのが難点でしょうか。(笑)

hotel_karuizawa_prince_east_02


■The Westin Resort & Spa, Whistler

おまけとしては2004年に泊まったThe Westin Resort & Spa, Whistler。
長期滞在する人も多いウィスラーではコンドミニアムタイプのホテルも多いです。

我々も街のスーパーで食材を買ってきて、
同行した友人が美味しくないパスタを作ってくれました。(笑)

hotel_westin_whistler_01

当時はスキーは大好きでしたが宿に全然興味を持っていなかったので、
ホテルの写真が全然ないのが悔やまれるところです。

冒頭の写真も12年前のカナディアンロッキーです。
今から見返しても溜息が出ますね。

hotel_westin_whistler (2)

それでは、みなさんも今シーズンよいスキー宿が見つかりますように!

エクシブ箱根離宮 (4)

エクシブ箱根離宮のSタイプ和洋室のリビングです。

広いフローリングのリビングに一部畳のスペースがあります。
そこにテーブルと座椅子がセットしてあります。

hotel_xiv_hakone_living_03

リビングに布団を敷く場合はこちらのスペースになるかと思います。
テーブル移動が面倒なら何処でもいいのかも知れませんが、
板の間に布団というのもちょっとアレなので。

エクシブの座椅子ってすごい重くて重厚ですよね。

旅館の座布団以外は薄い木でできた軽装タイプ(?)と重さがだいぶ違うのですが、
正直なところ座り心地についてはよく分かりません。

エクシブの施設でも和室は基本布団を引いてしまうので、
和スペースでゆっくりすることがあまりないからかも知れませんが。

hotel_xiv_hakone_living_02

こちらがソファのスペース。

大きなL字ソファとラタンのシングルのソファがあります。
奥のキラキラして一画はミニバーです。

ミニバーの詳細についてはまた別の機会に。

hotel_xiv_hakone_living_04

リビングの玄関側(バルコニーと反対側)の面にはテレビ。

まじかに見ると結構大きい50inch以上はあるテレビですが、
リビングが広すぎてそんなに大きく見えません。

畳のエリアから鑑ても普通の臨場感です(笑)。

常々60inchとか70inchとか誰が買うんだろう?と思っていたんですが、
これくらい広いリビングを持っている人が買うんですね。

(当家には縁遠そうです)

hotel_xiv_hakone_living_05

最後はテラスからの眺め。

向かいの山が近いので、抜け感はあまりありませんが、
建築物なのない山ですので

冬だとデイベッドでくつろぐという感じではありませんが、
夏などは湯上り処として山の涼しい風を感じるのに素敵そうですね。

当家では…放っておくとトランポリン状態です(笑)

hotel_xiv_hakone_living_01

エクシブ箱根離宮はあの予約の取れない絶景ロビーで有名な箱根吟遊と同じ立地していますので、
こちら側の景色は基本的には近いものがあるハズです。

2軒のホテルの位置関係はこちら。

hotel_xiv_miyanoshita

エクシブ箱根離宮 (3)

エクシブ箱根離宮のSグレードの部屋の寝室です。

Sグレードの部屋には洋室と和洋室タイプがあり、
今回は和洋室です。

和洋室は玄関で一段上がっており、
室内では靴を脱ぐタイプの部屋です。

寝室はベッドではなく、一段上がった板の間にベッドのマットが置かれています。

hotel_xiv_hakone_bedroom_05

あまりコメントすることはないですが。

間接照明のみで部屋がかなり暗いので、
撮影の採光のために洗面所へつながるドアを解放しています。

hotel_xiv_hakone_bedroom_01


ベッドルームにはドレッサー兼ライティングテーブルがありました。

hotel_xiv_hakone_bedroom_03


ベッドの足元の壁にテレビのある怠惰な仕様です。(笑)

机の横の扉は洗面所へつながっていて、
テレビの並びの奥の扉はリビングにつながっています。

写真にはありませんが、テレビの手前にも扉があり、
こちらはウォークインクロゼットにつながっています。

ウォークインクロゼットは玄関に抜けられるので、
この部屋には引き返す必要のある導線が存在しないんですね。

hotel_xiv_hakone_bedroom_02

この部屋自体は定員5名になっていまして、
ベッドルームのベッド2台の他にリビングの押入れに布団が3セット収納されていました。

下はベッドルームの収納にある寝間着です。
ナイトウェア着用でのパブリックスペースは禁止。

大浴場の往復には専用のスリッパが用意されていたような気がします。
が、もしかしたら違うホテルと勘違いしているかも知れません。

hotel_xiv_hakone_bedroom_04

以上が寝室の話でした。

エクシブ箱根離宮 (2)

エクシブ箱根離宮の部屋のことですが、
今回はSEタイプ(スーパースイート)の部屋にしました。

当家には5歳と2歳のチビがおります。

子連れで温泉に行かれる方は分かるかと思いますが、
下の子が大浴場には微妙な年齢でして、
少なくともゆっくり湯船に浸かるということはとても叶いません。

いつも次男担当が妻になってしまうので、
部屋付きの温泉でゆっくり入って欲しかったのですが、
エクシブ箱根離宮ではこのカテゴリの部屋だけが部屋に温泉があるのです。

hotel_xiv_hakone_bath_01

ご覧の様にかなりおおきな湯船で、大人も足を伸ばして入れますし、
大人2人と子供2人も同時に入れて家族風呂も可能です。

浴室には大きな窓があり、スライド式で開けることもできます。

右側の窓の外にはデイベッドが見えますが、
バルコニーにつながっていて、直接出ることができます。

向かいの山には人工物がほぼない(高圧電線くらいな)ので、
私などは人の視線はまったく気になりませんが、
気になる方は窓には電動のブラインドが付いているのでボタン一つで目隠しも可能です。

hotel_xiv_hakone_bath_04

山側の窓を開け放てば露天風呂気分が味わえます。

うちはちびっ子がお風呂でキャーキャー遊び始めるので、
子供たちが入っている時には閉めちゃいましたけど。。

自分だけの時は開け放っていました。

hotel_xiv_hakone_bath_02

浴室にはテレビもついています。

外のお風呂では烏の行水な次男でもゆっくりお風呂に入っていられます。
(自宅はオモチャがあるのでそこそこの時間入っている)

hotel_xiv_hakone_bath_03

脱衣場にはとても長い台が。

この部屋は定員5名ですが、
5名分の着替えも悠に置いておけますよ。

ドアの向こうは寝室。
洗面所にはもう一つリビングに通じるドアがあります。

hotel_xiv_hakone_bath_05

平日は平日で私が帰りが遅いので、
基本的に妻が二人のチビをお風呂に入れてくれて、
慌ただしいお風呂の時間となってしまっています。

今回の温泉旅行の趣旨の一つは、
そんな妻にもたまにはゆっくり温泉に入って欲しいとのことです。

あ、↑ これは実はありがちな勘違いした妻孝行の典型で、
そんなことよりも、普段から平日早く帰れよ。
というのが正解です。

分かってはいるのですが、今はすみません。としか。。

エクシブ箱根離宮 (1)

エクシブは何度か利用しているものの、
お泊り記録がまったく追いついておらず書けていませんでした。
週末に箱根離宮に泊まってきたので少し様子を。

エクシブというのはリゾートトラストが運営する会員制リゾートなんですが、
他の会員制リゾートと比べてもその近寄り難さは抜きんでています。

今回は箱根離宮の夜のエントランスの威容をご紹介します。

hotel_exiv_hakone_entrance_01

エクシブ箱根離宮は立地としては、
箱根宮ノ下温泉、箱根吟遊と富士屋ホテルの間くらいにあります。

東海道沿いにリゾートの門があります。
その門をくぐってエントランスへのアプローチします。

hotel_exiv_hakone_entrance_02

まずは車寄せに乗り付けて連れと荷物を下ろし、
車は基本はバレー式ではなく自走で駐車場に置きに行きます。

チェックインやチェックアウト時に車寄せが渋滞するかな?
日曜日のチェックインも月曜日のチェックアウトも特に待たされることはありませんでした。

日曜泊だったからなのか土地柄公共交通機関で来る人が多いのか。
どうなんでしょうね。

hotel_exiv_hakone_entrance_03

この人を寄せ付けない威容はどこから来るのか考えてみたのですが、
やっぱり最大の要因は厚く閉ざされた窓のないエントランスのドアでしょうか。

普通ホテルのロビーというのは半分パブリックな空間で、
ドアマンは立っていても外との境界は緩いものとだと思っています。
宿泊者でなくても気軽にお茶をしに入れたりするのもそういう要因かと思います。

もしかすると暗い夜道に遠く見える暖かい灯りが
疲れ切った旅人に安堵感を与えるという古風な意味もあるかも知れません。

ところが、エクシブには共通してそのオープン感がありません。
エントランスの守衛(ドアマン)がゲストの素性を確認して、初めて、
「××様、お待ちしておりました。」 ギギギギ…と重い扉が開かれる。
実際にはもちろん自動ドアですし、私の誇大なイメージかも知れません。

もう一つはすごく直線的なデザインが原因でしょうか。
建築に曲線の柔らかさがなくてスマートでツンツンしてる感じ。

hotel_exiv_hakone_entrance_04

このスマートでツンツン感はホテルのサービスにも共通しているかも知れません。

これまで4度ほど異なる施設を利用しましたが、
どこもスマートであるけれどもフレンドリーという感じではない気がします。
ロビーにたくさんいるスタッフにもちょっと声をかけづらかったりする。

アジアンリゾートの接客と比べるからかも知れないですけど。

今度は部屋の様子をご紹介します。

エクシブ箱根離宮
〒250-0404
神奈川県足柄下郡箱根町宮ノ下112−2
TEL:0460-85-0111
記事検索
Yesterday's Visits
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
  • ライブドアブログ