転ばぬ先のTsue

Korobanusakino杖
http://blog.livedoor.jp/mojin_no_tsue/

2020 軽井沢スキー

軽井沢マリオットホテル 2020 (1) Grill & Dining G 朝食

2020年2月の軽井沢スキーはマリオットに宿泊しました。

部屋についてはまたの機会にするとして、
今回はレストランについて書こうと思います。

軽井沢マリオットホテルのレストランは一か所で、
Grill & Dining Gというオールデイダイニングがあります。
レストランとしての営業は朝食、昼食、夕食と別れていますが、
ラウンジとしての営業は通し営業となっています。

私は夜は食事したことがないので、朝食のことを。
朝食はビュッフェとなります。

世界中どこでも同じサービスが受けられる。から、
一定のサービス品質の中からいかにローカル色を出せるか。
にホテルの付加価値の出し方がシフトしているように感じます。

マリオットのようなワールドワイドなホテルブランドでも同様だと思いますが、
ホテルのサービスの中でも一番それが出しやすいのが食事だと思います。

hotel_karuizawa_marriott_restaurant_01

海外のホテルのレストランでメニューが、
「コンチネンタル〜」とか「ウェスタン〜」しなかいとちょっと残念ですよね。

ただ、現地の料理が舌に合わない時の保険として西洋料理は重要なんですが、、
特別不味いフィッシュアンドチップスにも、特別美味なフィッシュアンドチップスにも、
今まで訪れたことがある外国で、出会ったことがありません。(笑)

前置きが長くなりまたが、こちらのレストランでは、
信州の食材や料理がアピールされていて共感が持てました。

hotel_karuizawa_marriott_restaurant_02

お米は浅科(村、現佐久市)の五郎兵衛米。
あまり都市部の市場に出回らないブランド米です、
当家でも軽井沢のスーパーの店頭で見つけた際など買ってきたりします。

最近はネットで簡単に買えるので便利ですよね。
楽天市場:五郎兵衛米

信州味噌幸村については何も知りません。(笑)
ハムなどの食材も地元産のものが見られました。

hotel_karuizawa_marriott_restaurant_03

パンコーナーは軽井沢の名店であるブランジェ浅野屋とのコラボ。

浅野屋は都内各地に店舗を出していますが、本店は軽井沢になります。
http://www.b-asanoya.com/

hotel_karuizawa_marriott_restaurant_04

ジャムは沢屋。
こちらも軽井沢の名店。
https://www.sawaya-jam.com/

簡単にお取り寄せも可能です。
楽天市場:沢屋のジャム

hotel_karuizawa_marriott_restaurant_06

最近はコーヒーのテイクアウトができるようにしてあるホテルレストラン増えてますよね。
たぶんビュッフェの回転率を上げるためのサービスなんじゃないかと勝手に思ってますが。
食後のコーヒーをレストランがじゃなくてテイクアウトにすれば、
10分くらい早く席が空きますもんね。

hotel_karuizawa_marriott_restaurant_05


Grill & Dining G @軽井沢マリオットホテル
長野県北佐久郡軽井沢町長倉4339
Tel: 0267-46-6611
https://www.karuizawa-marriott.com/restaurant/index.html#morning

ski日記 2019-20 (3) アサマ2000パーク

アサマ2000は初めて行きました。

標高が高いので比較的雪質もよく、
斜度も緩斜面から急斜面まで真っすぐでフラットなバーンが多く、
真面目にスキーの練習をするにはいいスキー場だと思いました。

ski_asama2000_2020_01

スキー場自体は広くはないせいかリフト券の定価も良心価格だと思います。
小学生は定価で1000円、幼児は無料です。

地図を見るとどう見ても県境を跨いで群馬県吾妻郡嬬恋村に見えますが、
なぜか公式サイトの住所は長野県小諸市高峰高原と名乗っており、
信州スノーキッズ倶楽部の対象にもなっています。

何か色々とありそうな気配を感じますね。

・幼児リフト(無料)
・小学生リフト1日券(1,000円⇒0円)スキー子供の日
・大人リフト1日券(4,000円⇒3,500円)信州スノーキッズ倶楽部 x2名
・合計(9,000円⇒7,000円)

ski日記 2019-20 (2) 軽井沢プリンスホテルスキー場

新型コロナウイルスが世間をにぎわせている中、
軽井沢プリンスホテルスキー場に行ってきました。

春節も終わったということでさほど混んではいませんでした。
いつもより中華圏からの客が少なかったのかどうかは分かりません。

雪は周辺の積雪は全くなく、道路も完全にドライ。
ゲレンデは前夜に人工雪を作れたそうで、コース上は問題なく滑れました。

ski_karuizawa_2020_01

軽井沢町内のドラッグストアを覗いてみましたが、
どこもマスクのコーナーは空っぽでした。

ski_karuizawa_2020_03

店内には中国語の貼り紙がしてあるあたり、
この辺りではマスクを買い求める旅行者が多いということでしょう。

ski_karuizawa_2020_02


何か、スキーとは全然違うことを書いてしまいましたが。

プリンスホテル系のスキー場は常時小学生以下はリフト無料です。
大人のリフト券はあまり工夫をする余地はなく、
SEIBU PRINCE CLUBの提示で500円の割引になります。

・幼児リフト(無料)
・小学生リフト(無料)
・大人リフト1日券(5,700円⇒5,200円)SEIBU PRINCE CLUB 会員 x2名
・合計(11,400円⇒10,400円)
記事検索
Yesterday's Visits
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
  • ライブドアブログ