転ばぬ先のTsue

Korobanusakino杖
http://blog.livedoor.jp/mojin_no_tsue/

美食

食樂庵 報徳

小田原で親戚と食事をしました。

二宮神社は最近かなり攻めの経営をしていまして、
境内に次々とオシャレなイマドキな飲食店を出しています。

この時も以前にはなかったカフェができてました。
「きんじろうカフェ」どうでしょう?
http://www.hotoku.jp/kinjiro-cafe/

なんだかサザエさんカフェと同じ匂いがしますね。
http://lien-de-sazaesan.com/

二宮尊徳(金次郎)はこの神社の御祭神なんですけどね。。
こういうコンテンツの扱いでよかったのかしら・・?
まぁ、こういうのが両立してしまうのがまた日本のいい所ではあると思います。
シルエットが分かりやすくて使い易いというのは認めます。(笑)

さて、気を取り直して、
「食樂庵 報徳」は結婚式場などもある報徳会館という施設の一角にあります。

food_houtoku_01


最後に次男(6)による写真。
ほら、ソール・ライター風でしょう?
私には無いセンスでうらやましいです。(笑)

food_houtoku_02


食樂庵 報徳
〒250-0014 神奈川県小田原市城内8-10
TEL:050-3159-5782

The Tavern - Grill & Lounge @ Andaz Tokyo

妻の誕生日祝いに久々にお外食です。

虎ノ門ヒルズのアンダーズ東京のThe Tavernへ。
高い天井からも明かりが入る解放感のあるラウンジ。

food_restraunt_tavern_01


food_restraunt_tavern_02


あざみ野 うかい亭

夫婦の記念日に。

アメリカ合衆国のトランプ大統領が訪れたことで、
インターネット上ではバズっているうかい亭でございます。

そんな話題の前ですら、休日ランチの予約に1ヶ月半前に電話した時点で、
既に15時〜というランチタイムを外れた枠しか空いていませんでした。

首相と大統領が会食をしたは銀座店ですが、
こちらのあざみ野店もミシュラン横浜版で★を取った名店に違いありません。

bimi_asazamino_ukai_01


bimi_asazamino_ukai_03


bimi_asazamino_ukai_04


bimi_asazamino_ukai_06


bimi_asazamino_ukai_02


bimi_asazamino_ukai_05


あざみ野 うかい亭
〒225-0012
神奈川県横浜市青葉区あざみ野南 2-14-3
TEL 045-910-5252

一休レスランで予約する

あざみ野店はなかったですが、
表参道店とトランプ大統領が来た銀座店は一休レストランで予約可能な様でした。


MOTIF RESTAURANT & BAR @Four Seasons Hotel Tokyo

珍しく家族で都心に遊びに出る用事がありました。

丸の内界隈なんて皆でくることも少ないので、
結婚記念日も近いことですし久々にお外食でもしましょうかと。

ランチにやってきたのは、
フォーシーズンズホテル丸の内 東京内にある
MOTIF(モティーフ)というフレンチレストラン。

food_motif_001

私は根がカジュアル(?)なもんで、
肩ひじ張らないリゾート的なダイニングが好きなのですが…
この洗練された雰囲気はやっぱり大都会。

気合を入れて非日常の特別な時間を過ごすというよりは、
あくまで日常生活をスマートに生きている人のための場所。

food_motif_005

フォーシーズンズホテルは東京駅まじかのJRの線路に面しているので、
レストランだけでなく、客室もトレインビューを売りにしているところもあります。

東京駅を発着する電車を見下ろせるこんなソファ席もあり、
鉄が半狂乱しそうですが、電車目当てに来るにはややハードルが高いかな。(笑)

ちなみに対岸に見える空中庭園はKITTE(JPタワー)ですが、
電車を眺める人が集まっていて、新しいトレイビュースポットのようです。

food_motif_003

到着した時にはランチの時間に早すぎたので、
ご案内できるまでちょっとこちらでお待ちください。と通された席です。

当家のボーイズも飽きることなく、
山手線、京浜東北線、湘南新宿ライン、踊り子号、スーパーひたち、東海道新幹線、
など眺めておりました。(全部挙げなくてもいいって?(笑))

food_motif_002

このレストランはアミューズとデザートがビュッフェになっていて、
メインだけ注文する形式が特徴的です。

GWのイベントでキッズビュッフェ無料というイベントをやっていてちょうどよかったです。
キッズビュッフェの内容は、から揚げ、ソーセージ、オムライス、エビフライ、ポテトサラダ。

右手前にあるケースがキッズビュッフェのコーナーです。
当家の子供たちには十分な内容でございます。

food_motif_007

私がメインに頼んだのは、「エイフィレ ”カスベ” ムニエル グルノーブル」
北海道ではエイのことを「かずべ」という呼ぶそうです。
要はエイヒレのムニエルなんですね。

初めて食べたやら、美味しかったやら。
妻はおススメされたエイジドポークのステーキ。
最近、巷で熟成肉がすごい流行っていますが、前から鉄板焼きとか頂くとそうでしたよね。

food_motif_004

で、食後は例によってお付き合い頂いた息子たちへの感謝として、
先ほどご紹介したKITTEの空中庭園で電車鑑賞でございます。

対岸から見たフォーシーズンズホテルです。
少し面積が広くなっている階がMOTIFのあった階です。

food_motif_006

何もしない贅沢が好きですが(笑)、休日の昼下がりに日本一のビジネス街で、
世界都市の名に恥じない洗練された空間でランチを頂くのも贅沢な時間です。

よかった、よかった。

一休レストランで予約する?

MOTIF RESTAURANT & BAR(公式)
〒100-6277
東京都千代田区丸の内1-11-1 パシフィックセンチュリープレイス
フォーシーズンズホテル丸の内 東京 7F
TEL 03-5222-5810


鮨 福原 (川崎)

久々に回らないスシへ。

以前ご近所の寿司やで「寿し長」という名店を紹介しました。

その寿し長から独立した大将が営む、これまた名店の「鮨 福原」。
ミシュランガイド横浜・川崎・湘南2015特別版に「ビブグルマン」を獲得しました。

food_fukuhara_02


food_fukuhara_03


food_fukuhara_04


food_fukuhara_01


鮨 福原
〒213-0013
神奈川県川崎市高津区末長22−1
TEL 044-863-7738

うなぎ 八百徳 駅南店 (浜松)

日帰りで浜松。

food_yaotoku_04


food_yaotoku_01


food_yaotoku_05


food_yaotoku_03


SAKURA @ホテルニューオータニ大阪

親戚筋の集まりで横浜に住む母と九州に住む姉と川崎に住む私で、
前入りしてホテルニューオータニ大阪に泊まることになりました。

親子3人で会うことなどめったにないのでせっかくなので食事でもしようということで、
ホテルニューオータニ大阪の最上階にあるフランス料理レストランでディナーをしました。

レストランはSAKURAといいます。
窓から一望できる大阪城公園が桜の名所であることが所以と思います。

7月に入り日もすっかり長いです。
我々が入った午後6時半はまだちょうど黄昏どきです。

food_sakura_newotani_01

さらに日が暮れるとやがて大阪城がライトアップされ、
大都会大阪の夜景の中にぽっかりと大きく空いた暗闇の穴の中に、
ぽつりと光輝く天守閣が浮かんでいます。

都会の中にあってこの大阪城公園を見下ろしながら、
美味しい食事を頂けるのがこのレストランの醍醐味でしょうか。

夏休み前の土曜日、席はそんなに埋まってなかったですね。
大阪観光といえばB級グルメ。そういうことなのかも知れませんね。

food_sakura_newotani_04

まぁ、食事中はずうっと母の止まらないマシンガントークを聞かされていたので、
料理一個々々の詳細は覚えていないのですが(笑)。

どの料理も、ワインも美味しかったです。

food_sakura_newotani_02


母はワインについてはまったく。
姉は銘柄は詳しくないですが味の好みはハッキリと持っています。

今日は私はホストではないですが、
末席の私がソムリエさんとあれこれ相談しながら、
姉の好みと料理的なお勧めの間をとってワインを決めました。

food_sakura_newotani_03

母と姉とこうして食事のするなんて何年ぶりだろうか。

覚えている限りでは15年くらい前、姉の結納の後に、
横浜ランドマークタワーの上で両親と姉と私で食事したの以来かな。

そしてもしかしたらこれが…いや、口に出すのはやめておこう。

最後はなんだかデザートにも見えなくもない?
夜の大阪城の写真を載せておきます。

food_sakura_newotani_05


ホテルニューオタニ大阪のフレンチレストランSAKURAでした。

SAKURA
〒540-8578 大阪市中央区城見1-4-1 ホテルニューオタニ大阪 18F
TEL. 06-6941-1111(代表)
FAX. 06-6941-9769

キハチ 横浜クイーンズイースト after人間ドック

人間ドック後のお楽しみ。

今年の人間ドックは横浜みなとみらいにあるクリニックで受けることにしました。
健診後にはみなとみらい地区で使える共通食事券のを1000円分もらえます。

ランチとはいえ、この辺りで1000円で済まそうと思うと、
かなり選択肢は限られますし、せっかくなので(?)普段とは違う何か美味しいものを食べたいな。と。

food_kihachi_yokohama_01

サラリーマン的には何となく平日ランチは1200〜1300円までだなという感覚があり、
頂いた食事券と合わせて2500円までのランチなら許すというルールを勝手に作りました(笑)。

この辺りにあるホテル、インターコンチ、ベイホテル東急、ロイヤルパークなど、
考えてみたのですが、いずれも自分で勝手に作った予算には合わず・・・

しょんぼりしながら歩いていると(笑)、こちらのキハチが目に留まりました。
前から存在は認識していたものの、家族で来ることほとんどなので入ろうと思ったことがありませんでした。

横浜店オリジナルカレーランチ2400円。
お、これだ!神は私を見放してはいなかった!

food_kihachi_yokohama_03

というわけで、キハチのカレーランチです。

素揚げされた野菜にカレーをかけて頂くようになっています。

縦に半分に切っただけの人参も中まで柔らかく火が通っていて、
柔らかくて甘くてとて、さすがに美味しかったです。

food_kihachi_yokohama_02

さて、平日のランチに男性一人という客はさすがにおらず、
周りはほとんど女性(有閑マダム?)のグループばかり。

ちょっと浮いている感もありましたけど、
ここは勝負所なので鈍感力を発揮して乗り切りました。(笑)

店員さんも少し気をつかって話かけてくれたりもしましたかね。

↓デザートはグラニータ、さっぱり。

food_kihachi_yokohama_04

でも、一番気を使ったのが、途中でトイレに立つ時ですかね。
なんせバリューム飲んだ後なんで・・・

お一人様なので、食い逃げと思われたら嫌なので、
わざわざ店員さんにトイレの場所を聞いてから行きました。(笑)

どこか鈍感力だ。

キハチ 横浜クイーンズイースト店
〒220-8542
神奈川県横浜市西区みなとみらい2丁目3-2
TEL 045-222-2861



Botanica(赤坂)(再訪)

こんにちは。
ふと気付けば1カ月ぶりの更新になってしまいました。

仕事は先月でひと段落ついたのですが、
週末に予定を詰め過ぎでやっぱりブログが更新できていません。

体力がないもので、書いているうちに寝てしまうんですよね。
特にお酒なんか飲んでると(笑)。

GWの前半に夫婦の結婚記念日と称して、
東京ミッドタウンのBotanica(ボタニカ)に行ってきました。

2011年11月以来の再訪になります。
(前回の記事はこちら→

botanica_again_01

このレストランの素晴らしいところは、
三拍子揃っているところです。

 ・美味しい
 ・今風でオシャレ
 ・雰囲気がいい
 ・子連れOK

もう前回かなり語ってしまったので、今回はあまりないです。。

botanica_again_02

前回の訪問時は息子は1歳半くらいでした。
今回は月初に3歳になったばかりです。

相変わらず贅沢で将来が心配なのはさておき、
この男、こんな風にママに食べさせてもらってますが、
本当は自分一人で食べられるんですよ。

botanica_again_03

実は妻が妊娠していまして、ちょっと赤ちゃん返りして甘えん坊になっているんです。
だけら絵的に前回の写真と同じようになってしまっています。

本当はやればできる子なん・・・
ほらね(笑) ↓ ほんとは保育園のクラスでも一番上手なんだから。

botanica_again_04

ところで、今回の写真、手元のコンデジでも撮ってはいるのですが、
アップしているのは実は全てスマホで撮影したものです。

やはり画質などは大きなサイズで見るには厳しいのですが、
その場でアプリでエフェクトをかければそれなりに味のある写真に見え、
ひょいとSNSにもアップできるので、最近は携帯の出番が多くなっています。

あの、「ガシャ」っていう盗撮防止音だけは止めたいんですけどね。

ちょっとしたスナップ写真は携帯で済ませてしまって、
そこそこ撮りたいときにはミラーレス一眼を使っているので、
コンデジの立ち位置が危ういです。

まさに我が家が典型的なデジカメ市場の縮図のようではないですか。
また話がそれました。。

Sens & Saveurs (丸の内)

この前の週も丸ビルに来ていた気がしているのですが、
果たしてそうだったでしょうか?(→「東京駅 復刻版」)

そうでした。

同じ丸ビルでも今回は東京駅を見に来た訳ではありません。
今日は相方が杖の誕生日祝いにご馳走してくれるそうです。

丸ビル35階にあるSens & Saveurs(サンス・エ・サヴール)。

food_sence_et_saveurs_02

ひらまつが本場フランスのミシュランレストラン、ル・ジャルダン・デ・サンスと
コラボレートししたモダンフレンチキュイジーヌ。

シンプルな料理にキラリと光る味のアクセントが加えてある、
とても今どきなオシャレな料理でした。

コッテリしたトラッドなフレンチってあまり得意じゃないんです。

<イトヨリのグリエ 巨峰のソテーと生ハムのフリット>

food_sence_et_saveurs_05

オプションのフォグラが絶品だと、相方が勧めてくれました。
なので、フォアグラはオプションです。

確かに絶品でした!
杖の中のフォアグラもこれくらい美味だったら収穫してやるのに。

ぶつぶつ・・・

あ、すみません。
こちらの話でした。。

<鴨フィレ肉のロティ 南瓜のエクラゼ>

food_sence_et_saveurs_03

最近、杖が「お外食」を企画するときは、子どものことで気をもむのが億劫なので、
個室のあるレストランを選んでしまうのですが。

今回は個室ではないということで、前日から少し緊張していたのですが・・・

息子よ、ごめんなさい。

父は君を見くびっていた。
そういえば、やる時はやる男だったんだな。

というか、よく考えたら、
これまでも外食で手こずらされたということは無かったような。。。

food_sence_et_saveurs_04

外食でも、葬式でも、結婚式でも。
いつもいい子でいてくれて本当に助かります。

でも、杖(自分)自身も小学校一年生の時から親に連れられて行った、
退屈なクラシックコンサートで我慢していつもジッと座っていたんだった。
(早く全曲終わらないものかと、プログラムと睨めっこしながら)

その頃に積み重ねた「徳」が今こうして戻ってきたのかな。
因果応報ってね。(笑)

冗談はさておき、相方が上手いタイミングであやしてくれたり、
リーサルウェポンの消音Youtubeでアニメを見せたり・・・

いろいろとテクニックもあるんですけどね。

food_sence_et_saveurs_01

小さい子ども連れですが、
家族そろってこのような美食を楽しむことができるは幸せです。

相方、ご馳走さまでした!


サンス・エ・サヴール
〒100-6335 
千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング35F
TEL 03-5220-2701
記事検索
Yesterday's Visits
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
  • ライブドアブログ