転ばぬ先のTsue

Korobanusakino杖
http://blog.livedoor.jp/mojin_no_tsue/

軽井沢マリオット

軽井沢マリオットホテル 2020 (1) Grill & Dining G 朝食

2020年2月の軽井沢スキーはマリオットに宿泊しました。

部屋についてはまたの機会にするとして、
今回はレストランについて書こうと思います。

軽井沢マリオットホテルのレストランは一か所で、
Grill & Dining Gというオールデイダイニングがあります。
レストランとしての営業は朝食、昼食、夕食と別れていますが、
ラウンジとしての営業は通し営業となっています。

私は夜は食事したことがないので、朝食のことを。
朝食はビュッフェとなります。

世界中どこでも同じサービスが受けられる。から、
一定のサービス品質の中からいかにローカル色を出せるか。
にホテルの付加価値の出し方がシフトしているように感じます。

マリオットのようなワールドワイドなホテルブランドでも同様だと思いますが、
ホテルのサービスの中でも一番それが出しやすいのが食事だと思います。

hotel_karuizawa_marriott_restaurant_01

海外のホテルのレストランでメニューが、
「コンチネンタル〜」とか「ウェスタン〜」しなかいとちょっと残念ですよね。

ただ、現地の料理が舌に合わない時の保険として西洋料理は重要なんですが、、
特別不味いフィッシュアンドチップスにも、特別美味なフィッシュアンドチップスにも、
今まで訪れたことがある外国で、出会ったことがありません。(笑)

前置きが長くなりまたが、こちらのレストランでは、
信州の食材や料理がアピールされていて共感が持てました。

hotel_karuizawa_marriott_restaurant_02

お米は浅科(村、現佐久市)の五郎兵衛米。
あまり都市部の市場に出回らないブランド米です、
当家でも軽井沢のスーパーの店頭で見つけた際など買ってきたりします。

最近はネットで簡単に買えるので便利ですよね。
楽天市場:五郎兵衛米

信州味噌幸村については何も知りません。(笑)
ハムなどの食材も地元産のものが見られました。

hotel_karuizawa_marriott_restaurant_03

パンコーナーは軽井沢の名店であるブランジェ浅野屋とのコラボ。

浅野屋は都内各地に店舗を出していますが、本店は軽井沢になります。
http://www.b-asanoya.com/

hotel_karuizawa_marriott_restaurant_04

ジャムは沢屋。
こちらも軽井沢の名店。
https://www.sawaya-jam.com/

簡単にお取り寄せも可能です。
楽天市場:沢屋のジャム

hotel_karuizawa_marriott_restaurant_06

最近はコーヒーのテイクアウトができるようにしてあるホテルレストラン増えてますよね。
たぶんビュッフェの回転率を上げるためのサービスなんじゃないかと勝手に思ってますが。
食後のコーヒーをレストランがじゃなくてテイクアウトにすれば、
10分くらい早く席が空きますもんね。

hotel_karuizawa_marriott_restaurant_05


Grill & Dining G @軽井沢マリオットホテル
長野県北佐久郡軽井沢町長倉4339
Tel: 0267-46-6611
https://www.karuizawa-marriott.com/restaurant/index.html#morning

軽井沢マリオットホテル 2018 (1) 総論

旧「ラフォーレ倶楽部 ホテル中軽井沢」が「軽井沢マリオットホテル」にリブランドしました。
全国のラフォーレ5ホテルを2016年から順次リブランドしましたが、
2016年7月にオープンした第一号(東京は除く)になります。

成人の日の連休に軽井沢でスキーのために2泊してきました。

リブランドに合わせてインテリアなどは大々的に改装してあります。
改装前のラフォーレ時代を知らないので比較はできないのですが。

レセプションのデザインはシンプルかつモダンに。
黒に赤字のマリオットのロゴが映えます。

hotel_karuizawa_marriott_05


レセプションやロビーのゾーンとオープンに繋がっているレストラン。
窓が大きく開放的でリゾート感が出ていてキレイな空間です。

hotel_karuizawa_marriott_01


一番スタンダードなメインウィングのモデレートツイン。
ソファーベッドがセットされていても窮屈な印象はありませんでした。

hotel_karuizawa_marriott_03


リブランド後に新しくオープンしたノースウィングのロビー。
シンプルながら正月らしい飾りつけが外人ウケしそうです。
こちらの棟の部屋は温泉付きなのだそうです。

hotel_karuizawa_marriott_02

外観はラフォーレ時代のちょっと昔っぽさを残しています。
建築としてのホテルも好きな私にはちょっと物足りないですが。
車寄せの天井があまりにも低い・・(笑)

hotel_karuizawa_marriott_04


総じて内部はどこもキレイでアフタースキーを快適に過ごすことができました。
中軽井沢の市街地から外れているので、周りに飲食店がないのがちょっと。

あと、サービスはまだ荒削り。

私はラフォーレ倶楽部価格で泊まらせて頂いたので文句はありませんが、
正規の市場価格で宿泊していたらちょっと不満だったかも知れません。

特別サービスが悪いというよりは、価格設定が高すぎるんです。
サービスはこれからよくなっていくと思いますけどね。

詳細はまた追って書いていきたいと思います。

軽井沢マリオットホテル(公式)
〒389-0111
長野県北佐久郡軽井沢町長倉4339
TEL 0267-46-6611

市場価格での価格付けもご確認を。

 ・一休.comで見てみる
 ・Reluxで見てみる
記事検索
Yesterday's Visits
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
  • ライブドアブログ