転ばぬ先のTsue

Korobanusakino杖
http://blog.livedoor.jp/mojin_no_tsue/

宿泊記_海外編

2012 Amanpulo(2) リゾートへの道2

Amanpuloへの道の第二回。

リゾート専用機でマニラ空港を離陸しました。
機窓からはマニラ郊外の町並みが見えます。

マニラの町並みは「アジアの雑踏」というイメージなのですが、
こう見ると意外と?緑が多いのですね。
それを言ったらあれか、訪日客が成田周辺を見下ろしたら・・・?

写真はかなり美化さらた私の心象で色彩を再現していますので、
実際にはもっとくすんで靄のかかった景色だったと思います。
マニラは世界有数の空気が汚い都市なので・・・

travel_amanpulo_01-02

しばらく飛ぶと程なくして下は海になります。
小型の機体のため雲の少し下を飛んでいるようで景色が近いです。
海原を進むタンカーもはっきりと見て取れます。

中には明らかにスコールを降らせているのが見える雲もあったり、
なんといか熱帯の空模様、この雲が熱帯地方にやってきたことを実感できます。

travel_amanpulo_01-03

専用機の機内はこんな感じです。
操縦席まで一気通貫で計器の類まで見えるのが新鮮でした。

機内は冷房が効きすぎなのか何なのか、
異常に寒いので羽織ものを持ち込んだ方がよいです。

半そで半ズボンだと冷蔵されると思います。

travel_amanpulo_01-04

一時間ほどのフライトでした。

目的地のパマリカン島(Pamalican)が見えてきました。
島の左が見えるグレーの部分が滑走路になります。

鬱蒼とした森に囲まれた低層の建物しかないので、
上空から建物は見えません。

ワンアイランド・ワンリゾート

これは「隠れ家」とは呼べない何かですね。
周りには身を隠す相手もいない。

travel_amanpulo_01-05

着陸しました。

ゲストにはそれぞれに1台のバギーが迎えに来て、
スタッフの運転で島内を案内しつつヴィラまで送ってくれます。
ゲストが下りた後は移動してきたスタッフや物資の積み下ろし作業です。

離陸前の写真を載せませんでしたが、ここで全貌をお目見えです。
気体は30人くらい乗りのプロペラ機になります。

我々は庶民なので、物資の輸送も兼ねて毎日運行されている定期便ですが、
もちろん本物のお金持ちたちはプライベートチャーターで乗りつけてきます。

travel_amanpulo_01-06

部屋に到着後、さっそくビーチへ。
ピーカンの景色もいいですが、夕暮れ前のゴールデンアワーもまた。

下の写真では海草が打ちあがってますが、
ビーチは毎朝スタッフが掃除しているので日中は落ちていません。

travel_amanpulo_01-07

さて、とうとうやってきた憧れのアマン。
自然に抱かれた贅沢な滞在の始まりです。

2012 Amanpulo(1) リゾートへの道

今年のバカンスのことを考えていて、
理想のリゾートって、そこまでの道のりが遠いなぁ。

なんて考えていたら2012年のAmanpuloのことを思い出した訳です。
当時は長男が2歳、次男はまだお腹の中にもいませんでした。

Amanpuloへのアプローチはマニラから専用機で1時間。
地図でいうと、こんなところにあります。

travel_amanpulo_2012_07

Amanpuloのことを懐かしく思い出したついでに、
ブログに何も書いていなかったことも思い出したのです。

思い入れが強い旅行ほど筆が遠のくという悪循環。
書きたいことが多すぎるんだと思います。

成田から一路フィリピン(Philippines)の首都マニラ(Manila)まで。
マニラまでは安心のJALのマイルの特典航空券で。
フライト時間は4時間半、近いですね。

travel_amanpulo_2012_01

空港の到着ゲートでAmanのスタッフと落ち合い、
車に乗って一度市内に出つつ、離島路線の共通ラウンジまで。
送迎車の写真は忘れましたが、レクサスだったような記憶が。

フィリピンはこの乗り合いバスがいかつくていい感じ。
外の喧騒が別世界に感じる静かな社内。

travel_amanpulo_2012_02

Amanpuloの専用ラウンジに到着すると、荷と人の重量測定があります。
従量制限云々というよりは、機体に積み込むときのバランスを考えているんだと思います。

同行者の小さい人も測りに載っております。
まぁ、この人は誤差の範囲でしょう。

travel_amanpulo_2012_06

ちょっと分かりづらいですが、
ラウンジのエントランスのドアに書かれたロゴ。
写っているのはラウンジの外の風景です。

壁の向こうにちょっと顔を出しているのが、
これから搭乗するリゾート行きの専用機になります。

写真では伝わりませんが、言ってもマニラですから、
外はムッとする暑さです。

中で待ちましょう。

travel_amanpulo_2012_05

中の写真もあまりないのですが、
もちろん涼しくて、簡単なオヤツが食べれて、アルコールも飲めます。

ウッディで落ち着いた雰囲気です。
華美な演出など必要ないと言わんばかりの飾らない素朴さ。

travel_amanpulo_2012_04

制服のギャルが見えますが、これはAmanのスタッフではなく、
ラウンジが真向いにあるエルニドリゾート(El Nido Resort)のスタッフです。

前の写真のAmanのスタッフとは趣向が違うのがよく分かります。

travel_amanpulo_2012_03

さて、1時間半ほど待って、いよいよ飛行機に搭乗します。

目的地のパマリカン(Pamalican)島までは約1時間のフライトと聞いています。

つづく(気が向いた時に)

Pullman Port Douglas Sea Temple Resort and Spa(1)

ちょうど2年前の2015年6月に宿泊しました。

オーストラリアのポート・ダグラスというリゾート地にある、
「プルマン ポート ダグラス シー テンプル リゾート アンド スパ」です。

Google Photos や Prime Photosの何年前の今日みたいな機能で出てくるので、
ちょっと思い出に耽って小出しにしてみました。

どうも、最近は思い入れのあるお泊りほどなかなか書けないという悪循環。

hotel_pullmanPD_01

大きなプールを取り囲むように宿泊棟が配置されています。
プール横の1Fの部屋からは直接プールに出られるようになっています。

各部屋は基本はコンドミニアムのスイートタイプで、
2ベッドルームにキッチンや洗濯機が備え付けられています。

当家はプライベートガーデンにBBQセットとアウトドアダイニング、
そしてプランジプールがある1階の部屋に泊まりました。

hotel_pullmanPD_02

キッチンがあるので近所の地元のスーパーで買ってきた食材で自炊することができます。

家族旅行でコンドミニアムタイプに泊まったのは初めてでしたが、
スーパーでの品揃えやものの値段を見て回るのも楽しいですし、
地元オーストラリアワインをぐびぐびやりながら料理するのも粋なもんです。

ビール飲みながら庭で家族でBBQなんてのも最高でした。

hotel_pullmanPD_03

立地としては、名所のフォーマイルビーチに隣接しており、
ホテルの敷地から直接ビーチアクセスが可能です。

ただ、ホテルとビーチの間には林がありますので、
ホテルの部屋やパブリックスペースが海が見えるようなオン・ザ・ビーチではありません。

hotel_pullmanPD_04

ルームキーカードで開くゲートを通って整備された小道を進み、
林を抜けるとそこがフォーマイルビーチです。

この辺りでは非常に強い毒をもつクラゲがいるそうで、
あまり海に入って遊ぶということはしないようですね。

ビーチのあちらこちらにクラゲ注意の看板がありますし、
刺されてしまった際の非常用の「酢」が置いてありました。
ところによってはワニがいたりするとか!?

hotel_pullmanPD_05


素敵な滞在でしたので時間ができたら詳しく書きたいところですが、
あまり期待はしないでください。

この時もExpediaで予約しました。
Expediaで見てみる?

※日本語対応はまったくありませんでした。
(ただホテルだからか思ったよりAussie英語の壁はありませんでした。)

Pullman Port Douglas Sea Temple Resort & Spa
Mitre Street 4877 PORT DOUGLAS, AUSTRALIA
Phone: +61 7 4084 3500
記事検索
Yesterday's Visits
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
  • ライブドアブログ