転ばぬ先のTsue

Korobanusakino杖
http://blog.livedoor.jp/mojin_no_tsue/

マイレージ生活

自動車保険:一括見積サービスのプレゼント(2017年4月)

今日はケチな方の話です。(笑)

よいモノやサービスにお金を払うのはやぶさかではないのですが、
出費に見合わないものには出し渋りたいというのが趣旨です。

私は自動車保険はダイレクト系の保険会社で契約していて、
さらに毎年保険会社を見直しています。

それで、毎年の自動車保険の満期が近づいてくると、
見積もりを取るのが楽しみでしょうがないんですよね。

同じ保障で保険料をどこまで下げられるかは当然ですが、
見積もりでどれだけポイントをもらえるか、もです。
(変態かよ)

ダイレクト系自動車保険の数社から簡単に一括で相みつを取ることができて、
さらに見積もりを取るだけでポイントがもらえるサービスがあるので、
それを知らいないと二重苦(笑)なので、今日はその話です。

2017年、私自身が利用したサービスをまとめておきます。

価格.com(T-pointキャンペーン)
価格.com(pontaキャンペーン)
キャンペーンサイトから価格.comの一括見積サービスを利用すると、
Tポイントかpontaが500ポイントもらえます。
T-pointとpontaは好みでどちらかを選らべばよいかと。

インスウェブ(T-mall)
T-mall経由でインスウェブの一括見積サービスを利用すると、
Tポイントが500ポイントもらえます。

楽天自動車保険一括見積もり
楽天ポイント1111ポイントがもらえます。
さらに、このサービスを始めて利用する場合は、
スタートボーナスキャンペーン
にエントリしておくとさらに2000ポイントもらえます。

保険スクエア bang!(キャンペーン)
500円の図書カードがもらえます。

ここまでは相みつを取って一番安い保険会社が分かるところまで。
契約する保険会社が決まったら、実際に契約するまでにもうひと押しあります。

それはまた今度。

マイレージ生活:ETCマイレージサービスその後

以前ご紹介したことがあったかどうか忘れましたが、
ETCマイレージサービスというのがあります。

有料道路を運営する事業者によって条件の違いはあるものの、
当家が利用するNEXCO(東日本、中日本)においては、
高速道路料金の10%がポイントとして還元されます。

ポイントはETCでの支払いに1ポイント1円として利用できますので、
金額としても10%の還元率となっています。

0.5〜2.0%が相場のこの業界(マイレージとかポイントとか)において、
この10%という還元率がいかに破格かが分かるかと思います。

これは利用しない手はありません。
当家でも2016年1月から利用していまして、以下がそのポイント履歴です。

blog_etcmillage_01

昨年の7月と今年の2月に5000ポイント(円)還元されていますから、
おおよそ年間1万円が還元されていることになります。

ということは、年間10万円くらい高速代に使っているんですね。
仕事で自家用車は利用しないので、全てレジャー費ということになります。

夏はキャンプ、冬はスキーで高速道路で山方面に行きますから、
それくらいになるんですね。(こんな感じ→「2015年の外遊び」あ、前振りしてある(笑))

この制度自体は素晴らしいのですが、
高速代がもう少し安くなるといいですね。

地方の経済の活性化につながると思いますが・・・

マイレージ生活:PASMOオートチャージ専用の東急カード家族カード!?

ケチな話が続いてすみません。
これ、節約の効率云々というよりは趣味なんで。(笑)

マイレージ生活 : JALカード TOKYU POINT ClubQでのPASMOオートチャージ
の続きになります。

TOKYU CARD ClubQ JMB 」でPASMOのオートチャージをするには、
記名PASMOと同一名義のクレジットカードが必要です。

つまり家族のPASMOを東急カードでオートチャージするには、
オートチャージ用に家族カードをつくる必要があるということです。

普通カードの家族カードは初年度会費無料、次年度以降¥300になります。

JALカードでは0.5%のTOKYUポイントがつき、
東急カードでは1.0%のTOKYUポイントが付くのですから、
差額の0.5%のポイントで年会費の¥300をペイするには、
年間¥60,000円分以上のチャージをすればいいことになります。

で、実際に2016年一年間でいくらのPASMOチャージをしたかを確認してみると、
家族名義のPASMOでは85回、¥255,000分のオートチャージをしたことが分かりました。

同じペースでPASMOを使うと仮定すると、
獲得するTOKYUポイントは2,550ポイント分になりますので、
このまま還元率の下がったJALカードでオートチャージを続けるより、
年間で2,550 ÷ 2 - 300 =975円分得することになります。

こうみると少し寂しい気持ちになってきますが、
まぁ、何もしないよりは¥2,250分はお得なので、
一年に一回東急ストアでステーキ肉が買えますよ。ってことで(笑)。

ただ、「JALカード TOKYU POINT ClubQ」と「TOKYU CARD ClubQ JMB 」の
2枚持ちのデメリットもあります。

それは、JALカードと東急カードでTOKYUポイントの口座が分かれてしまうこと。

本カードと家族カードは合算で貯まりますし、JMBの口座は共通なんですが、
JALカードと東急カード間では統合する術がないんですね。(今のところ)

マイレージ生活 : ミニストップでJMB WAONで税金納付

自分のための備忘録がメインです。

2016年2月からミニストップでのWAONによる収納代行が始まり、
WAONで税金を払うことでJALマイルを積算できるようになりました。

http://www.ministop.co.jp/waon/howto.html
millage_ministop_waon

JALマイラーである私は固定資産税、自動車税の支払いを
セブンイレブンでnanacoから、ミニストップでJMB WAONに変更する必要があります。

以前アップした以下の記事は撤回です。
マイレージ生活 : 税金納付はファミマTカードからnanacoへ

この情報に気づかず、2016年分の税金はnanacoで払ってしまいました。
大したマイル数ではないのにやけに悔しいです。

ミニストップ店頭ではWAONのクレジットチャージはできないので、
WAON端末に行かずとも上限の5万円までチャージできるように、
モバイルJMB WAONに切り替えようと思います。

ただえさえ店舗の少ないミニストップですから、
そこに行く前にイオンに寄らないといけないとかはちょっと大変です。

と思ったら既存のWOANカードからWOANを移行できないんですね。

https://www.waon.net/about/mobile/
millage_mobile_jmbwaon

私はただの「JMB WAON」ではなく、
BIC CAMERA JMB WAONカード」というもう一つ機能の多いものを使っているので、
このカードは手放したくない(WAON口座を複数に分けたくない)と思うので。

じゃぁ、どうしましょう。
ネットでオンラインでチャージできるようにします?
カードリーダを導入すれば家でWAONにクレジットチャージすることはできます。
(下の画像の赤字の記述)

https://www.waon.net/about/charge/#m02
millage_waon_netstation

そこまでやるのか、それが問題。

まぁ、マイナンバーカードでe-taxで確定申告はできるようにはなりますわね。
それならこれを機にカードリーダ買ってもいいかも。

Amazon:ソニー SONY 非接触ICカードリーダー/ライター PaSoRi RC-S380

実勢価格で¥3000くらいだったので、オモチャとしてでもアリかな。

マイレージ生活 : JALカード TOKYU POINT ClubQでのPASMOオートチャージ

以下のようなアナウンスがされました。

2017年4月をもってJALカード TOKYU POINT ClubQで
PASMOオートチャージした場合にJALショッピングマイルが積算されなくなり、
代わりにTOKYU POINTが積算されるようになりますと。

millage_pasmo_autocharge_20170112

着目すべきはJALショッピングマイルでは100円で1マイルの2%還元(1マイル=2円換算)だったものが、
TOKYU POINTでは200円で1ポイントの0.5%還元(1ポイント=1円換算)となってしまうこと。

少なくとも電車に乗るときにはどうしてもPASMO決済はする訳で、
この被害は最小限に食い止める必要があります。

では、どうすればよいかというと、私の場合はPASMOオートチャージのクレジットを、
JALカード TOKYU POINT ClubQ」から「TOKYU CARD ClubQ JMB 」に切り替えるんだと思います。

前者では0.5%だったTOKYU POINTでの還元率が、後者では1%になるのです。

millage_pasmo_autocharge_20170112_02

私がなぜこの似たような名前の(笑)のクレジットを両方持っていたかというと、
東急系列のサービスでTOKYU CARDでしかクレジット払いができないものがあるからです。

「JALカード TOKYU POINT ClubQ」というのは恐ろしいカードで、
東急系列のショップで決済をするとJALマイルとTOKYU POINTが同時にたまる仕様でした。

これまではPASMOにチャージする、定期券を購入する、東急系のショップで買い物をする等、
一見すると鉄道系である東急の牙城と思われるような場所での決済でも条件で勝っていて、
上で書いたような制約に引っかからない限り、東急系列のショップであっても
あえてTOKYU CARDを優先して利用するメリットはありませんでした。

TOKYU CARDは最近になって「TOKYU ROYAL CLUB」というロイヤリティプログラムを始めてみたり、
クレジットサービスに力を入れてきているようなので、今後は東急が絡むシチュエーションでは、
どちらのカードを使うのが正しいのか判断していくようにしないといけないです。

定期券購入や系列ショップでの買い物についてはまだ変更のアナウンスはありませんが、
まずは2017年4月からオートチャージのカードを変更するのを忘れないようにしないと。

マイレージ生活 : JALマイラー的ファミマでの正しい決済方法

気になって調べたついでにシェアしておきます。

11月くらいに職場が変わりまして、
3年ぶりくらいに最寄のコンビニがセブンイレブンからファミリーマートに変わりました。

長らくファリーマートでほとんど買い物をしていなかったためあまり意識していなかったのですが、
改めて、JALマイラーとしてはどうやって支払うのが正しいのかを気にしてみたところ、
レジ横の「JALマイル特約店」という掲示が目に留まりました。

「WAONマイル」も「JALカード」もどちらに対しても特約店ということです。

調べてみると2013年11月から提携をスタートしたみたいですね。
ちょうど私がファミマで買い物をしなくなった時期なので引っかからなかったのかも知れません。

何で払うとどうなるか?
http://www.jal.co.jp/jmb/famima/index.html
millage_famima_jmb

ポイントはWAONマイル2倍はあくまでも200円ごとに付与されるマイルが2倍になること。
1マイル/200円が1マイル/100円になるわけではありません。

一方JALカード支払いでは特約店は2マイル/100円ですから※
WAONマイルで死んでしまう間の100円を生かすことができます。
※ショッピングマイルプレミアム加入

例えば、以下のようになります。

200円の買い物をする場合、
 ・WAONマイル 4マイル(WAONチャージ分含)
 ・JALカード 4マイル

300円の買い物をする場合、
 ・WAONマイル 5マイル(WAONチャージ分含)
 ・JALカード 6マイル

400円の買い物をする場合、
 ・WAONマイル 8マイル(WAONチャージ分含)
 ・JALカード 8マイル

ショッピングマイルプレミアムに加入済みであれば、
(こんなことを気にする人はみんな加入済みと思いますが)
だまってJALカードで決済するのが分かりやすいです。

あ、そうそう、支払いの前にTポイントカードの提示はお忘なく。
上記とは関係なしに1ポイント/200円のTポイントがつきますので。

マイレージ生活:ETCマイレージサービス

昨年の12月に存在を知ってさっそく申し込んでみたETCマイレージサービス。

今月の〆の7月20日で初めて還元されました!

20160720_money_etc_milage


マイレージ生活 : 美容院予約でpontaを貯める

リクルート社が運営する各種Webサービスでつかえた独自のポイントサービスが
2016年2月からpontaに統合されることになりました。

リクルートのサービスで溜まったポイントを
利用できる範囲が大幅に広がったということです。

私はこのポイントサービスの統合の話の前から、
「ホットペーパービューティ」というサービスを使っていました。

ホットペッパービューティー以外のポイント対象サービスはこんなものがありました。

recruit_ponta

オジサンが「ビューティー」とか言うとちょっと鳥肌が立つんですが、
このサービスが便利なので、自分の鳥肌には目をつぶってきました。(笑)

私が髪を切っている美容院(それっぽく言うとサロン?)はこのサービスで探した訳ではなく、
元々近所の店でいつもお願いしていた美容師さん(同じくスタイリストさん?)が
移籍したのを追っかけて今のお店に通うようになったんです。

きっかけを忘れましたが、
そのお店がこのホットペッパーから予約できることが知ってからは、
予約の際にはいつもこのサイトから予約していて、かなり重宝しています。

その当時は先に書いたリクルート独自のポイントサービスを採用していたので、
いまひとつ使い勝手が良くなかったため、
ポイント目当てではなく純粋にサービスの便利さで利用していました。

私自身が一番気に入ったのはスタイリスト別に空き時間を確認できて、
24時間いつでもスタイリスト指名でネット予約ができることです。

ホットペッパービューティー(http://beauty.hotpepper.jp/)

ちょっと話が逸れるのですが、
私は髪を切ることに対してモチベーションがかなり低く(笑)、
必要に迫られてしょうがなく伸びた分だけ切るという感じです。

特に流行りのヘアスタイルにイメチェンする訳でもないので、
いつも注文は「普通で」とか「今回は短めで」程度のものです。

でもこれが通じるのもスタイリストさんが固定されていてこそです。
それで毎回必ず同じスタイリストさんを指名するんです。
(そんな理由じゃスタイリストさんに失礼か(笑))

本当はそれ以外にも、ただでさえ低いモチベーションを
更に下げないため、あるいは少しでも上げるために、
対人ストレスの少ない方法を選んでいるというのがあります。

年齢が近いと話題が合いやすいとか、会話の間が合うとか、
あとチャラい人(ギャル、ギャル男)にアレルギーがあるとか、
まぁ、ざっくりいうと人柄ですかね。

えーと、何の話でしたっけ?

あ、そうそう。なので、

・××駅の辺りでいい感じのサロンないかなぁと漠然と探している人
・真夜中や電車の中で突然美容院の予約をしたくなる人 →私
・毎回ご指名のスタイリストさんの空きを確認する人 →私
・ポイントマニアの人(笑) →私
・ヘアサロンだけでなく、ネイルとかリラクゼーション(マッサージ)とかもあります。

こんな人にはホットペッパービューティーは素敵なサービスです。

あなたが現在使っているサロンがあればラッキーですね。
次回から予約でpontaをためましょう。
ちなみにポイント還元は2%で、ポイント業界では高い方です。

という、久々のポイント関連の話題でした。

VIEWサンクスポイント:鉄道博物館入場引換券

以前書いたと思いますが、書いてないかもしれませんが、
私は「ビックカメラSuicaビューカード」というのを使っています。

用途は2つに絞ってましてす。

 .咼奪カメラでの買い物
 ■咤ica定期のオートチャージ

,任魯咼奪ポイントとビューサンクスポイントの二重取りはできませんが、
クレジット払いでもビックカメラポイントの還元率が下がらないので使っています。

△Suica定期にオートチャージできるのがビューカードだけから。

マイレージ生活 : 定期券をPASMOからSuicaに変更 (1)
マイレージ生活 : 定期券をPASMOからSuicaに変更 (2)

さて、そんな訳で、
私の場合、唯一ビューカードのポイント(ビューサンクスポイント)が貯まるのは、
Suicaへのオートチャージだけなのですが、それでもそれなりには貯まるもんです。

ビューカードはJR東日本の資本で運営されている関係で、
ポイントで交換できる景品に鉄道グッズが多いのです。

子鉄が家にいる当家ですから、ここはやはり鉄道グッズに交換です。

train_teppaku_ticket

そこで、宇都宮にある鉄の聖地こと鉄道博物館の入場券(大人2名分)と交換してみました。

宇都宮だと東京から長野新幹線が楽しいかなぁー。
だってそしたら最新のE7系新幹線に乗れるかも知れないじゃないですか。

そうやって更にJRにお金を落とさせるという策略に見事にハマる訳です。

このチケットは交換から半年後までの有効期限があるのです。
早く行きたい。

クロネコポイント:クロネコヤマトミニカー

このカテゴリではJALマイルについて書くことが多いのですが、
たまには少し趣向を変えて。

「クロネコヤマトの宅急便」こと、大和運輸の宅配サービスでは、
2012年8月〜2014年2月の期間限定でポイントサービスを実施しています。

クロネコメンバーズの会員として名前と住所を登録しておくと、
宅急便の受け取りや発送に応じてポイントが付与されます。

そのポイントは景品に交換したり、
荷物の発送の運賃の割引に使用できたりします。

2014年1月までに溜まったポイントで景品としてクロネコヤマトのミニカーを貰いました。

他にも実用的な景品などもあるのですが、
息子が喜びそうなものをもらおうということです。

「クロネコヤマトミニカー・ウォークスルーW号車」というのが正式名称です。

kuroneko_truck_01

これはタカラトミーが生産するトミカではなく、
大和のオリジナルの製品のようです。

運転席や荷台後部の扉も開いて、
なかなか作りがよくて、トミカに劣らない出来栄えです。

実は景品の中には、クール宅急便のトラックや、
大きな10tトラックもあったりしてもっと早く気付いて始めればよかった。

kuroneko_truck_02

私がこのサービスを知ったのは2013年10月頃で、
Amazonからの荷物が佐川急便からヤマト運輸に変わったことで、
当家に届くクロネコ便の荷物の数が急に増えたことです。

どうやら佐川急便はAmazonから撤退したようですね。

楽天に出典しているような小さなオンラインショップで配送料を600円とか取る中で、
Amazonは未だにほとんどの商品が配送料無料で届きます。

他のオンラインショップよりかなり厳しい条件を要求されていることは容易に想像がつきます。
大ボリュームのビジネスを手放差ざるを得ない程低いの利益率…ということでしょう。

ただ、配送を実質ヤマト一社が引き受けるとなると、
当然Amazonにとっては価格交渉で不利になる訳ですから、
加減を間違えたということかもしれません。

もしかすると今後また配送無料の範囲が狭まるなんてこともあるかも知れません。
などと、ミニカーを眺めながら思いを寄せるわけです。

ま、運送業の経営課題は運送屋さんにお任せするとして、
私の心配は2014年の2月までにもう一つ景品がもらえるかどうか?です。

このサービス、期間を延長してくれないかなぁ〜?

記事検索
Yesterday's Visits
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
  • ライブドアブログ