転ばぬ先のTsue

Korobanusakino杖
http://blog.livedoor.jp/mojin_no_tsue/

2016 Maldives

2016 Maldives(1) 家族でモルディブに行きたい

と思い立ったったら、どのリゾートを選べばいいのか。
6歳と2歳のキッズを連れて行けて、現地でも楽しめるのは?

私はこんな観点で考えました。というログです。

.ッズ・フレンドリーであること。
 子連れの家族旅行です。
 大充実のキッズクラブとまでは行かずとも、
 当たり前ですが、大前提として2歳から宿泊できるリゾートになります。

travel_maldives_resort_03

▲▲セスが比較的簡単
 おそらく成田からマーレまでの移動時間はトランジット入れて12時間半くらい。
 首都のマーレまででもタダでさえ遠いので、そこからは当日中にリゾートに着きたい。
 マーレからスピードボートとなると、南北マーレ環礁のどこかになるでしょうか。

travel_maldives_resort_02
 ↑(マーレからスピードボートで30分、GPSのログ取ってみました)

ハウスリーフが充実していてドロップオフが近い
 上の子はシュノーケリングもやるのですが、下の子はやっぱり気まぐれ。
 夫婦ではシュノーケリング中に交互に子供を見なければいけなかったり。。
 ツアーに参加せずともビーチエントリーでシュノーケリングを存分に楽しみたい。

travel_maldives_resort_01
 ↑(ドロップオフで(妻が)遭遇したウミガメ)

ぅ咫璽船凜ラがある
 モルディブと言えば、水上ヴィラ!のイメージがですが、
 手すりのない桟橋やデッキ・・・2歳児連れでは気が休まる時がないだろうな。
 ほっこりできるくらいの心の余裕の持てそうなビーチヴィラに泊まりたいです。

travel_maldives_resort_bv
 ↑(プライベートプール付きの豪華なヴィラ、もちろんビーチまで10歩)

上のワガママを全部満たしてくれたのが、
今回当家が宿泊したジュメイラ・ヴィッタヴェリ(Jumeirah Vittaveli)でした。

オマケにプランジプールとは呼べないほどのかなり大きいプライベートプール。
遊具や大きなプールも備えた大充実のキッズクラブ。

我々にとっては完璧なリゾートだったと思っています。

今回もExpediaの+AIR割のセールで手配しました。
ExpediaでJumeirah Vittaveliを予約する

2016 Maldives(2) Jumeirah Vittaveli への道

2016年の10月に訪れたモルディブのことを書こうと思います。

なぜいきなり(2)で始まるのかというと、
(1)ではリゾート選びのことを書きたかったからです。

最近、あるテーマに沿って横串で攻める方が、
過去の出来事に関することを書きやすいことに気づきまして。
今はリゾートへの移動というテーマで振り返っております。

travel_maldives_03

さて、モルディブの首都マーレ(Male)に到着してイミグレーションを通ると、
名前を掲げたリゾートのスタッフが待っております。

声を掛けて着いていくと、リゾートのラウンジまで連れて行ってくれます。
このエリアは色んなリゾートのラウンジが軒を連ねるエリア。

基本的にはワン・アイランド・ワン・リゾートのモルディブでは、
マーレの国際空港からリゾートまでの移動手段は船か飛行機のどちらかになります。

次の移動手段の出発時間まではリゾートのラウンジで過ごす訳です。

travel_maldives_04

こちらがモルディブにあるジュメイラ(Jumeirah)グループの2つのリゾート、
ヴィッタヴェリ(Vittaveli)とデヴァナフシ(Dhevanafushi)の共通のラウンジになります。

壁にはそれぞれのリゾートの陰影が描かれています。
当家は今回宿泊するのはJumeirah Vittaveliです。

ラウンジには飲み物と少しの軽食が置かれていました。
飲み物はネスプレッソ、紅茶、冷蔵庫にはアルコールやソフトドリンク、軽食はスナックですかね。

次の移動手段のスピードボートが我々の便待ちだったようで、
あまり長くは滞在せず、飲み物とスナックを少し頂いた程度でした。

travel_maldives_05

ジュメイラのスピードボートはゴージャスで洗練されています。
全景の写真を探しましたが、見当たりませんでした。

本当は往路は既に夜、かつ雨が降っていたので写真はないのですが、
写真は帰りに空港に到着時に撮ったもです。
やっぱり雨ですね。

熱帯ですから、雨雲が来ると雨だけではなく、風も強くなり、嵐のようになります。
そんなとき、水上飛行機はどうなるなんでしょうね?飛ぶのかな?着水できるのかな?

travel_maldives_01

ジュメイラのスピードボートの中です。
インテリアはスタイリッシュで洗練されています。

ソファにテーブルにオシャレなクッション。
まぁ、走行中はテーブルで何かをしようかという状況ではないですけどね。

驚いたのが、船中にWiFiが飛んでいたことです。

travel_maldives_02

アライバルジェッティからレセプションまではカートで移動、
チェックイン中のレセプションのソファで、さすがに子供たちは既に夢の中です。

午前中に日本を発って14時間あまり、
時差4時間で日本時間では午前1時くらいでしょうか。

おつかれさま〜、明日から楽しい滞在の始まりだよ〜

travel_maldives_06

時差が4時間ありますので、
日の出は午前6時くらいですが、夜明け前に目が覚めます。
その分就寝も早く、20時就寝、4時起床くらいだったでしょうか。

まぁ、海以外には何もない環境ですから、
「朝日とともに起きてきて、夕日とともに寝てしまう」
が正しい過ごし方なのかも知れません。

2016年夏休み Jumeirah Vittaveli, Maldives

写真を整理する時間がなくまったく書ける気がしないのですが、
10月に遅めの夏休みで家族でモルディブに行ってきました。

滞在したのは北マレ環礁のジュメイラ・ヴィタヴェリ(Jumeirah Vittaveli)
今回の手配はExpediaのエア+割で。
費用的には現地はローシーズンとはいえ、
大手代理店のツアーの2/3程度で済んだと思います。

下の写真はリゾートの中でも特に印象的だった景色の一つです。

travel_maldives_01


※年賀状の作成で写真を漁っていて出てきたので、せっかくなので。

滞在記はいつかきっと。(笑)
記事検索
Yesterday's Visits
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
  • ライブドアブログ