転ばぬ先のTsue

Korobanusakino杖
http://blog.livedoor.jp/mojin_no_tsue/

2016 蓼科スキー

ski日記 2016-17 (1) 初滑り@ピラタス蓼科

クリスマスの3連休にピラタス蓼科で初滑りをしてきました。

暖かい日が続いたこともあり、一面の雪景色とはいきませんが、
冬の入り口という感じのそれはそれできれいな景色でした。

ski_pilatus_2016_01


ski_pilatus_2016_02


ski_pilatus_2016_03

テラス蓼科リゾート&スパ (日帰り温泉)

遠出のお出かけをするときには、
滞在時間をフルに生かすのと帰り(上り)の渋滞を避けるために、
現地でお風呂と夕食を済ませることが多いです。

そのあと子供たちは車でバタンキューと寝てしまい、
家についたら寝たままベッドに搬送して朝までお休み、で楽なんで。

で、先日はブランシュたかやまというスキー場にスキーに行ったのですが、
スキー場のレストハウスで日帰り温泉の割引券を物色していたところ、
気になるチラシが目に留まりました。

terrace_tateshina_00

テラス蓼科リゾート&スパというリゾートホテルの
日帰り温泉の割引券(大人¥1100 → ¥600、幼児無料)があったのです。
(スキー旅で定価で買ってはいけないもの、リフト券と入浴券、これは定石)

実はこのリゾートは以前から気になっていて、
一度は泊まってみたいと思っていたのですが、
その当時はまだあまり一般に門戸を開いておらず諦めていました。
terrace_tateshina_01

というのは、私の理解が正しければ(違うかも知れません)、
このホテルは元々はトヨタの保養所だったのを、
会員制保養所という体で少しずつ一般向けに開放してきたようです。

今でも一般人はオフィシャルウェブサイトからは直接は予約できません。
でも調べてみたら一休.comに宿泊プランが掲載されていてびっくりしました。

terrace_tateshina_02

さて、非トヨタ車で乗り付けて追い返されたらどうしよう(そんな訳ない)と、
少し緊張しつつリゾートのレセプションでチラシを見せると、
入浴施設に入るためのカードキーを渡されました。

カウンターのスタッフの方がずいぶん丁寧で上品な対応だったのが印象的でした。
さすが天下のトヨタの保養所ですね。

最近こういう形態の施設がちょいちょいありますよね。

以前御殿場のLaLa Gotenbaというホテルに泊まったことがあるのですが、
そこは確かオムロンの保養所を一般開放しているホテルだったと思います。
terrace_tateshina_03

球状の照明がならぶ薄暗い通路を進むと、
セキュリティのかかった「spa」と掲げられた入浴施設がありました。

上ってきたエレベータを降りると、
男女の浴室への入り口と湯上りどころがあるスペースです。
湯上り処はずっとくつろいているお客さんがいたので写真はないです。

terrace_tateshina_04

こちらはたぶんスパの受付だと思われますが、
この時は無人でした。

浴室内の写真はありませんが、
間接照明のおしゃれな浴場でした。
露天風呂も浴槽の中から照らす間接照明。

terrace_tateshina_05

最後はリゾートのロビー。

ひょんなことから前から気になっていたリゾートに潜入(?)することができました。
建物も建築としても内装もミニマルでとてもで美しかったです。
エクシブ蓼科の後なので余計にそう思うのでしょうか。(笑)

terrace_tateshina_06


次回もこの辺りのスキー場で割引券を配布していれば再訪しようと思います。
デザインもかなり好みですし、やっぱり泊まってみたい!

テラス蓼科リゾート&スパ
〒391-0301
長野県茅野市北山4035-949
TEL 0266-67-0100
記事検索
Yesterday's Visits
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
  • ライブドアブログ