転ばぬ先のTsue

Korobanusakino杖
http://blog.livedoor.jp/mojin_no_tsue/

2005 岐阜

岐阜旅行記 No.5 白川郷〜岐阜城

20051031-1実は昨日人の多さにげんなりしてから
あることを企んでいました。

それは早朝の散歩。
朝早くであれば基本的にはまだ日帰り観光客はおらず、
この辺りに宿泊している人しかいないはずなので
静かに集落を見て回れるんじゃないかと。
そこで一人で朝の6時に起き出してぶらっと外に出てました。

大正解。

集落にはほとんど人は見当たらず。
写生をしている外国人一人と朝の挨拶を交わした以外は
誰ともすれ違いもしませんでした。

早起きは三文の得とはよく言ったもので。

昼間はまったく気付かなかった小川のせせらぎ。
朝の冷気の中で藁葺きの屋根から立ち上がる水蒸気。

20051031-2朝食を済ませてから岐阜に戻ります。

今日は午後から仕事に出ると言っている友人ですが、
最後の岐阜城までお付き合いしてくれました。

しかし、この岐阜城すごい景色ですね。
天守閣からは濃尾平野が見渡せる絶景です。

こんな城に住んでしまったら、
それだけで天下を取ったと思ってしまってもしょうがないですよ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

夏休みも今日で最後。
あ〜楽しかった。

やっぱり2週間あるといろんな場所に行っていろんなことができますね。

明日からは仕事にもどります。
上手く社会復帰できるかしら?

岐阜旅行記 No.4 白川郷

20051030
先月行ったばかりだ。

という友人の苦情を却下し、
本日は世界遺産の街白川郷へ向かいます。
実は今夜がこの旅行のメインディッシュでもあるのです。
それは、合掌造に泊まる!というイベント。

実は白川郷には民宿になっている合掌造の民家があって、
民宿なりの値段で宿泊できるようになっているのです。
もちろん「民家」なので部屋数も多くないですので、
休前日などはかなり早くから予約がいるのかも知れません。
我々が土曜日ではなく本日日曜泊にしたのも、
昨日の夜はどこも予約が取れなかったからです。

さて、白川郷に到着すると…

人。人。人。
観光バスは何台も並んでいるし、
歩けば中高年ツアー客にぶつかるくらいの人の多さです。
まぁ、今は日本中どこの観光地に行ってもそうなんですが。。。

ちょっとげんなりしつつも宿に到着。
お風呂は村にある温泉を薦められたのでそちらに。
街明かりがない+空気がキレイなだけに、
帰り道の星のきれいなことと言ったら。

夕食にはお決まりの朴葉焼き。

民宿の消灯は早いです。
おやすみなさい。

岐阜旅行記 No.3 犬山城〜下呂温泉

今日は土曜日でしたっけ?

友人も休みだったのでドライブに出かけました。
まずはちょっぴり愛知県に出張して国宝の犬山城に。
大した城ではないのですが、
他の有名な城が再建されたものなのに対して犬山城は解体修理を除けば、
慶長5年(1600年)から残っているそうです。
確かにお城に上がるのに靴を脱がされたのは初めてな気がします。

登閣後はせっかくの愛知県なので味噌煮込みうどんなんか食べちゃったりして。

その後は岐阜県を北上して下呂温泉に。
本当は道すがらの景色がよい予定だったのですが、
生憎の雨のためあまり車の外に出る気にもなれず。。。

下呂温泉では立ち寄りの公衆浴場に入ってさっぱり。

本当は雰囲気のいい温泉旅館なんかに泊まって
ちょっと豪華な気分を味わったりもしたかったのですが、
男友達と二人で温泉旅館というのもなんですし。
さすがにちょっと奮発しすぎか…と思い始めていたので…
20051029
ここはグッと我慢。

ところで、温泉街って
何で必ず川が流れているんですか?
普通に湧き水が多いから?
という単純な推測でよいのでしょうか。

川がまた夕涼みの風情を出すんですけどね。

岐阜旅行記 No.2 飛騨高山

友人は今日は仕事なので一人で高山に行くことにしました。

岐阜が名古屋から思いの他近かったのに対して、
高山は思いのほか岐阜から遠かったです。
岐阜から特急ひだで2時間かかりました。

高山に着いた第一印象は「外国人が多い」ということ。
飛騨高山が有名な観光地であることは分かっていますが、こんなにいるとは思いませんでした。
もちろんよくよく考えてみれば、外国人が日本に来て見たいのは
当然「USJ的」なものではく「高山的」なものであることは分かりますが。

駅前で観光地図をもらって目ぼしい場所を探す。
地図を見ていて感じた第二印象は、「公衆トイレが多い」ということ。
しかもただの講習トイレだけではなく、車椅子マークのついたものも非常に多い。

観光地のメインは「古い町並み」という通りで、
昔の町並み↓↓を保存してある通りです。

20051028-220051028-1






歩き疲れたので、どこか茶する場所を探していたところ、
かなりいい感じのカフェを見つけました。↑↑
ジャズの流れる町屋造りのカフェ。
雰囲気だけはありません、コーヒーもおいしかったです。
世の中のにはセンスのいい人がいるものですねー。

後は町屋造りの古い民家を見学したり、江戸時代の陣屋を見学したり
ま、社会科見学みたいなもんですわね。

さて、暗くなって店もほとんど閉まってしまったことですし岐阜に帰ります。

後で知ったことですが、高山はバリアフリー化に非常に力を入れているようです。
高山市 バリアフリー観光

岐阜旅行記 No.1 岐阜へ

今朝帰国したばかりではありますが、こんなところでじっとしている訳にはいきません。
次の長期休暇はいつになるか分からないですからね。
おそらく冬休みはないでしょうから。。。

という訳で、帰宅してすぐに荷物を空けて、洗濯ものは洗濯して干して、
新しい着替えとお土産をデイパック(なんかダサい言い方)に詰め替え東京駅へ。
これから月末まで岐阜在住の友人宅へお邪魔しに行きます。

20051027今日の夕食は新幹線の車内販売。
←こういうの好きです。
サンドウィッチもコーヒーも
お世辞にもおいしいとは言えませんが、
いかにも電車で旅行している
といった感じがいいんです。雰囲気重視。

東京−名古屋−岐阜−最寄駅と新幹線と名鉄を乗り継いで友人宅まで。

実は岐阜市に来たのは初めてで、あまりどの辺りにあるか知らなかったのですが、
どうやら岐阜県の中でもかなり南、愛知県寄りにあるようですね。
名古屋から急行で30分くらいで岐阜駅に着いてしまいました。

駅のホームに下りるといわゆる無人駅というやつです。
たった今降りた電車から車掌さんが降りてきて、ぬっと手を差し出します。

どうやら切符を車掌さんに渡さなければいけないらしい。
ここらはそういうシステムになっているらしい。

駅まで友人が車で迎えに来てくれたのですが、最寄り駅までの遠さを実感しました。
これは車がないと生活できないわ。。。

今日はもうおやすみなさい。
観光は明日から。

記事検索
Yesterday's Visits
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
  • ライブドアブログ