転ばぬ先のTsue

Korobanusakino杖
http://blog.livedoor.jp/mojin_no_tsue/

2005 Langkawi

2005 Langkawi (6) Jivarhu Spa

※2017/4/5 記事分割+写真追加

今日はリゾートにあるスパでマッサージをしました。

spa_jivarhu_01

こういうリゾートのスパってすごい癒し空間を演出してますよね。
インテリアや小物がすごくセンスがいいです。

宿泊部屋もスパと同じように徹底的にこだわってくれてたら、なお、よしですけどねー。

2005 Langkawi (8) 帰路

さて、今日で帰国します。
夜の便だったのでチェックアウト時間を18時くらいに遅らせてもらおうと思って聞いてみたら、
15時になりました。微妙に微妙。

チェックアウトした後はすることもないので、リゾート内でお茶をしたりお土産を探したり。
土産もの屋があまり充実していなくて目ぼしいものがないのでどうしようかと。。。
スパにもショップがあったのを思い出したので、行ってみるも既に閉まっている。

しばし途方に暮れていたところで、
部屋においてあったチョコレートがおいしかったのを思い出しました。
リゾートのロゴの入った小さな箱に入ったチョコ(写真)。
空港で売っているようなチョコレートではあまりにも味気ないですが、
これなら、少しは気が利いているのではないかと。

ダメ元でフロントで部屋のチョコレートをお土産として売ってませんか?
と聞いてみても、チョコレートなら街にたくさん売ってますよ。と。
いや、そうじゃなくて。。。
部屋のチョコレートは箱もカワイイのでそれがいいんですけど。
あぁ、そういうことね。・・・(電話とかしている)
20051026
ちょっと待っていてくださいね。・・・(待つ)

そしたらボーイさんが5箱くらい持ってきてくれました。
フロントの女性曰く、売り物ではないので、記念に差し上げます。と。

やった!言ってみるもんですね。
これが一流のサービスか?

さてさて後は空港でよろしいかと。
それではいざ帰国。

2005 Langkawi (7) シュノーケリング@Pulau Payar Marine Park

20051025-1Payar島という島にシュノーケリングに行ってきました。
Payar島はMalaysiaでは有数の
ダイビング/シュノーケリングのポイントらしいです。
正確にはちょっと何処にあるか知りませんが、
Langkawiから高速船で南へ1時間くらいの場所にあります。


私はダイビングのライセンスを持っていないのでシュノーケリングです。
(というかバリでテロがなければ、この休みに取得予定だった!)
ここの海にはホワイトチップという1mくらいのサメがいます。
自分から人を襲うことはないらしいですが、
ガイドからはサメとたぶんウツボ(英語だったから)には触るなと言われました。
サメと泳いだのは初めてなので、かなり新鮮でした。

ただね、名前は分からないけど小さい魚が凶暴でした。
立っていたりすると、スネとかをつついてきて、これがけっこう痛いんですよ。
サメよりもむしろコイツらに怯えていました。。弱っ。

夕方前にホテルに帰ってきて、ビーチに散歩に出かけました。
この時期は既に雨季に入っていることもあり、
ずっと天気がよかったとはとても言えませんが、
この日の夕日はLangkawiに来てから一番でした。
ちょっとロマンチックな話もしたくなるような夕日でしたね。
20051025-2
明日は帰国する日です。
最後にいい夕日が見れてよかった。

2005 Langkawi (5)

20051024-1リゾート内にはプールが二つあります。
←これはSunset Pollという名前でビーチサイドにあります。
ところどころに観葉植物の植わった
小さな「島」が作ってあって自然の中っぽさを演出しています。

プールサイドには軽食の取れるカフェがあります。
滞在中のランチは全てこのカフェの軽食をプールサイドかビーチで食べました。

実はリゾート内にはこれとは別に中庭にももう一つプールがあります。
このプールは謎で、何故か海水のプールです。
別に魚がいるわけではないですし、何だかすごく中途半端でした。

ちなみに、もう一つ新しいプールを建設中でした。

今日はリゾートにあるスパでマッサージをしました。
こういうリゾートのスパってすごい癒し空間を演出してますよね。
インテリアや小物がすごくセンスがいいです。
宿泊部屋もスパと同じように徹底的にこだわってくれてたら、なお、よしですけどねー。

この日はリゾート内の割と高級なレストラン"The Rhu"でディナーをしました。
このレストランだけはドレスコードがあるので、Tシャツ、短パン、サンダルは禁止です。
一応大人なので、ちゃんと襟付きシャツと長ズボンと持って行ってますよー。
こういうちゃんとしたレストランでワインを頼むとティスティングという「手続き」があるんですよね。
私はワイン党ではないので、基本的に「好き」か「好きじゃない」かしか分からないので、
(というか、趣向品にそれ以外の何かが必要かどうかは知りませんが…)
この手続きは面倒以外の何ものでもないのですが。。
20051024-2
まぁ、これも大人の階段の一つでしょうか。

2005 Langkawi (4)

20051023-1今日はまたマッタリ。

朝食が食べられるレストランはビーチフロントにあって、
(室内もあるのですが)テラス席は
ほぼビーチのデッキで食事するような格好になります。
天気がよければなかなか爽やかな朝食ですね。


朝食は普通のビュッフェ形式で、和洋中/ローカルの料理がそろっています。
んまぁ、和と中に関してはあんまりなくて1、2品ですが、
別にこんな所まできて和食を食べる必要もないのでいいですよね。

20051023-2もっと若い頃は海外旅行に行ったり
雑誌の写真とかを見てと西洋人を見て、
なんであの人たちは必ず読書をしているのだろう?
と疑問に思っていたのだけれど、
大人になってやっと分かりました。
リゾートはすることがないんですね。
昼寝したり、ビール飲んだり、トロピカルジュース飲んだり、
大してすることがないので、遊び急いでも後でネタが尽きる。

特にアチラの方々は平気で2週間も3週間もいるのだろうから尚更ですよね。
と言うわけで、多分にもれずビーチでビール飲みながら読書してました。

この時読んでいたのは村上春樹の「海辺のカフカ」。
海辺なのは題名だけで、あんまり海辺で読むような爽やかな話でもなかったです。
まぁ、そのうち感想でも書きます。

Langkawi 旅行記 No.3 (またはシー・カヤック)

シーカヤックに行ってきました。
シー?リバー?マングローブ林なので、汽水域というのでしょうか。

カヤックに乗り込む前に養殖場で簡単な講習があるのですが、
この養殖場にカブトガニがいたんです。
カブトガニを見ること自体はそれほどめずらしいことではないのですが、
記憶にある限り手に乗せたのは初めてです。
20051022-1
カブトガニって見ためすごくゴツゴツしてるし、
裏返してもグロテスクだし、
あんまり手に乗せたいもの
ではないですよね。 →

なんかハサミで挟まれたり、噛み付かれたりしそうなんですが、
実際に乗せてみるとなんと表現すればいいのか…
「甘噛み」ならぬ「甘掴み」をされた感じでなんというか、そのぉ非常に「リアル」な感触です。。。

20051022-2まぁ、カブトガニが意外と「よかった」話はさておき、
肝心のカヤックの話ですよね。
←こんな感じでマングローブの林を探索したり、
天然の洞窟を通り抜けたりして結構楽しいですよ。
二人乗りなので、パドルがぶつからないように
するのにちょっとコツがいりますが、慣れれば快適です。

結構刺す虫がいるのが少し難点ですが、まぁ自然の中なのでしょうがないですね。
虫といえば、帰り道(舟ですが)に夜光虫を見ることができます。
水を掻きまわすとキラキラ光るんです。

ちょっといいものを見たな、という感じが味わえました。

Langkawi 旅行記 No.2

20051021-1リゾートの外観はこんな感じです。

中庭のようになっているガーデンには
深々と椰子の木が茂っているので、
海側から陸方向に向かって見ると
かなりのジャングルの中に建っているように見えます。

庭の池には魚がたくさん泳いでいます。
ボラの頭のデカイ感じのヤツでお世辞にも可愛いとは言えませんが、
朝方には蓮の華が浮いていてとてもキレイです。

今日は特に何も予定がないので、
とりあえずは東京での疲れを癒すために、
ビーチでゴロゴロしたり、ホテル内を散策したり。
20051021-2
リゾート・ホテルなのでいろんな施設があるのですが、
中でも素敵なのはリーディング・ルームです。
右がそのリーディング・ルームの写真です。

木材(床、テーブル、本棚)の茶色意外の内装は全部真っ白で、
大きな窓からホテルが面しているビーチと湾が見えます。
すぐ近くの屋外にあるラウンジでは
午後と夕方にはピアノの生演奏をしているので、
かすかにその旋律が聞こえてきます。

宿泊客が置いていった世界中の本やDVDがあります。

その場でお茶をしながら読むもよし。
勝手に部屋に持ち帰って読むもよし。

Langkawi 旅行記 No.1

20051020さて今日から旅行に。

ずっと仕事が忙しかったことや、
申込後に行き先を変更をしたこともあり、
かなりドタバタした感がありますが、
何とか無事に出発することができました。

今日は朝から一日かけて移動です。
成田からKuala Lumpurまでは7時間、Kuala LumpurからLangkawiの空港まで1時間のフライトです。

写真はKuala Lumpur国際空港。(略してKLIA。どうでもいいか)
かなり綺麗な空港です。

実は今年の6月にはKota Kinabaluに行ったので、
今年2回目のKuala Lumpur空港です。
前回は両替のできる銀行を探して空港内をウロウロしたので、
今回はわき目も振らずに直行しました。

今回の宿泊先はLangkawi島の最北部のビーチに面したTanjung Rhu Resort。
中心街のKuah Townから車で30分とかなり静かなところです。
街にはまったく興味がないので、街から遠いのはかえってうれしいくらい。

海外のホテルで初めて目にする日本人スタッフにビクビクしながら、
部屋まで案内してもらいました。
20051020-2んまー、部屋の広さにビックリ。
ラウンジ、ベッドルーム、バスルーム合わせて60平米。
普段猫の額ほどのワンルームで過ごしている身分で
こんな部屋に泊まって。。。

まぁ、たまには贅沢してもいいですよね?

(固有名詞はローマ字表記に決めました。気取っているわけではなくて。)
記事検索
Yesterday's Visits
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
  • ライブドアブログ