転ばぬ先のTsue

Korobanusakino杖
http://blog.livedoor.jp/mojin_no_tsue/

2008 Bali

2008 Bali旅行記(17) Kirana Spa(2)

プライベートヴィラにある設備は・・・

洗面所、ロッカー、トイレ、シャワー、スチームサウナ、
プール(冷水)、ジャグジー(温水)、眺望などです。

トリートメント用の服に着替え、シャワーを浴びたい人は浴びる。
トイレで偶然光の演出に出会いました。

床とお香を見てもトイレからしていちいちオシャレなのが、
おわかり頂けるかと思います。。。

travel_bali_64



















カップル用のトリートメントベッドの向こうにはプールが見えます。
さらにその奥のパラソルのあるところがジャグジーです。
さらにその奥はUbudの深い谷で底にはAyung川が流れています。

遠くらから風に揺れる木々の音と川のせせらぎが聞こえてきます。

前々から言っていますが、スパの良し悪しの半分以上は
環境できまるというのが杖の持論です。

そういう意味では、波の音だけが心地よいBGMではないという
ことを知らされる環境でした。

不思議とDewata Loungeでは聞こえた
Ayung川のラフティングの歓声が聞こえてきません。
本当に不思議です。

travel_bali_57



















ベッドにうつ伏せに寝ると、ヘッドプレイスの下にはこんなものが見えてます。

南国ではこの手のカラン(?笑)にはフランジパーニという
パターンが多かったのですが、これは・・・何でしょう?

こういうのって本来のトリートメントは関係ない演出で、
気遣いというか、今風に(?)にいうと「おもてなし」なんでしょうね。

travel_bali_65



















ジャグジーの脇においてあるバスタオル。
こちらはフランジパーニが「花を添えて」ます。

ジャグジーは温水で、プールは冷水というのにも意味はあって、
リラクゼーションの一部なんです。
chillってやつですかね。

travel_bali_59

























Kirana Spaの時間潰しに素敵なのは、
3時間のプライベートヴィラでの時間の後はスパの共用施設を
好きなだけ(閉店まで)使用することができるところです。

何があるかというと、サウナやプールです。
これらのスペースはプライベートヴィラを使用しないトリートメントだけの
コースの人も利用することができあます。

ヴィラのジャグジーから見た共用のプール。

travel_bali_60




















写真ではよく見えませんが、
石の壁には一面Bali風の彫像が刻んであります。

共用の施設はヴィラと違って男女で別れています。
そんな共用スペースの中でも杖が気に入ったのはサウナです(笑)。
普段行かないもので。。

サウナはミストサウナとドライサウナの2種類があって、
杖はずっと交互に入っていました。

デットクス×2♪

travel_bali_61

























こんな調子でエージェントのお迎えの1時間くらい前までのんびりしてました。

あとは着替えて、またFour Seasonsまで送ってもらって、
着替えなどをスーツケースにしまい終わったら、
すぐにお迎えがきました。

空港までの車ではあまりに飛ばすもので(Baliには制限速度がない)、
空港までの1時間のドライブの間に相方が酔ったので、
もっとゆっくりお願い!!とか言ってみたり。して。

いよいよ今年のバカンスも終了です。

Ubudでの最終日の過ごし方としては是非!Kirana Spaがお薦めです!!

いつになく長い旅行記にお使い頂きありがとうございました。

2008バリ旅行記 完

Kirana Spa
Desa Kedewatan, Ubud, Bali
TEL +62(361)976333
FAX +62(361)974888

2008 Bali旅行記(16) Kirana Spa(1)

最終日のチェックアウトはお昼なんですが、
空港までの車のピックアップが夕方なので、
どこかで時間をつぶす必要があります。

Four Seasonsの中でブラブラしているのもいいのですが、
今回はスパで過ごすことにしました。

訪れたのは資生堂がプロデゥースするKirana Spaです。
The Royal Pita Mahaに隣接しています。
徒歩1分。

入口からレセプションまでは石垣に挟まれた小道が続きます。
途中にはいろいろなオブジェがあるんです。

travel_bali_62




















ただでさえ、入口からレセプションまで5分くらいかかりそうな道のりなのに、
オブジェがフォトジェニックなものばかりで、
カメラ持ってなかなか先に進むことができません。

travel_bali_63


























こちらはいろんな雑誌やガイドブックに出てくる、
ザ・Kiranaともいうべき(と勝手に思っている)スパに入る人形たち。

大人のためのディズニーランドとでも言いっていいのかな?
目に入るすべてのモノが意識してそこにあるんです。

この立地にしてこの計算しつくされた空間。
ずるいですよね。

travel_bali_66



















レセプションで名前を告げるとコンサルティングルームに通されます。
このコンサルティングルームまでがまた少しの道のりがあるんですけどね。

やっと部屋が見えてきました。
部屋と言ってもオープンエアのスペースです。

ウェルカムドリンクがサービスされます。

天気がよくてよかったです。
やっぱり緑の映えが違いますからね。

travel_bali_55




















コンサルティングでは簡単なアンケートに答えます。
予約したコースの確認、妊娠の有無、体の不調や、お酒を飲んでいるか?など・・・

資生堂の経営だけあって、アンケートは日本語、説明も日本人スタッフでした。
施術は違いますけどね。

↓これがコンサルティングルーム

travel_bali_56



















今回お願いしていたのは、プライベートスパプログラムの3時間というやつで、
トリートメント120分とその後60分はヴィラないのプールやジャグジー、
サウナで施術後のリラクゼーションタイムを過ごすことができるというものです。

すばらしい。なんて贅沢な時間だこと。

travel_bali_58




















杖は120分の「リラクシングボディートリートメント」を。要はマッサージです。
相方は確か60分のボディーと
60分の「フェーシャルトリートメント」を組み合わせていました。

杖は途中から半分意識が飛んでいたので、
相方がどんなことになっていたかは知りませんけどね。。。

つづく。

2008 Bali旅行記(15) Dewata Lounge

2008年8月23日

早いもので今日は最終日。

Four Seasonsをチェックアウトした後は
夕方の空港までの送迎までスパでゆっくりしたいと思います。

スパはKirana Spaに行くのですが、
その前に隣接しているThe Royal Pita Mahaでランチでもしようと思います。
そんな訳でSpaのピックアップを1時間早めに来てもらうようにお願いしました。

スパの車を降りるとホテルのフロントのスタッフが、
「今日はランチと伺っています。ご案内しますね。」
と丁寧に対応してくれました。

travel_bali_51




















以前Ubudのレストランは昼間がいいのでは?
なんて言ってましたが、本当にそのとおりで。。。。

Four Seasonsのレストランから見えるうっそうとした森とは違う
花にあふれた夢の世界のような谷が広がっています。

travel_bali_52

























The Royal Pita Mahaと言えば、Ubudの王族が経営していて、
モダンととは反対路線のブリブリ(?)のクラシック路線なんです。

そんな方向性がリゾートの空間設計にも出ているんですね。

谷を見下ろすと・・・
散在するヴィラとそのプールが見えます。
あちらこちらに花の咲いた木が植わっています。

travel_bali_53




















いやいや。
すんばらしい景色に圧倒されて、
すっかり景色ことばかりを書いてしまいました。

最後に料理のこともご紹介しておきます。

Dewata Loungeはinternational料理の軽食がメインです。
杖はパニーニを頼みましたが、
相方はBaliでの最後の食事とのことで、
ザ・Indonesia料理の王道のmi gorengをたのみました。

travel_bali_54



















The Royal Pita Maha以外のホテルに宿泊の方も
是非(スパのついでにでも)立ち寄ってみてはどうでしょう?

Dewata Lounge @ The Royal Pita Maha
Desa Kedewatan, Ubud, Bali
TEL +62(361)980022
FAX +62(361)980011

2008 Bali旅行記(14) Cafe Lotus

Ubud中心地でのランチはこのお店と決めていました。

Puri Saren Agun(王宮)の近く、Water Palaceの隣にある
Cafe Lotusというレストランです。
そこそこの老舗らしですよ。

travel_bali_48



















情報誌等ではあまり紹介されていませんでしたが、
ある雑誌の小さな記事に登場していたのが気になって、
是非行ってみようと思っていたのです。

このレストランの何が魅力かというと・・・

travel_bali_49



















この立地です。

ハーフオープンの席のすぐ隣には蓮の花が咲く大きな池があるのです。
その名のとおり、まさにCafe Lotus。

料理はランチのメニューはIndonesia料理と欧米の軽食といった感じです。
我々はクラブサンドとフィッシュアンドチップスとビールを頼みました。
値段は観光客向けにしてはリーズナブルで、味はいたって普通です(笑)

travel_bali_50



















ちょうどレストランに入った直後に通りをバロンが通り過ぎて、
あ〜、残念。タイミングが悪かったね。
とか言っていたら、なんとお店の仲まで入ってきました。

バロンダンスは本当に獅子舞に似ていて、
後ろには囃子のような演奏が付いているんです。
そして、子供の一人が寄付を募っている(おひねりか?)

子供たちも楽しそうですね。

travel_bali_51




















最高の眺めのレストランに、
まったく想定外のうれしい演出もついて、
まったくもっていい時間を過ごさせてもらいました。

Cafe Lotus
Jl.Raya Ubud,Ubud, Bali, Indonesia
TEL +62(0361)975660
FAX +62(0361)972175

2008 Bali旅行記(13) Ubud散策

2008年8月22日

今日はUbudの街を少し散策してみようと思います。
少しショッピングなどできるといいですね。

ホテルからUbudの中心地までは20分に1本くらい送迎が出ています。

車はPuri Saren Agunがある大通りの駐車場に着きました。
通りを歩いていると結構車や人が多いので驚きました。
祭りの季節とあってバロンも練り歩いています。

travel_bali_43



















こちらはマーケットですが、何やら混沌としています。
そして同じようなものを置いたお店がたくさん並んでおります。

何かおもしろいものはないかと歩き回ってみましたが、
今回は特に目ぼしいものはありませんでした。

ただ、相方のサンダルが古くなってしまっていたので、
通りのお店で新しいサンダルをゲットしていました。
相方はこういうところでの値段交渉は得意でないようで助けを求められます。

travel_bali_45




















大通りから1本入るととたんに人通りは少なくなります。
小さなネットカフェやゲストハウスが並んでいるような通りです。

travel_bali_47



















ここいらの家は門構えが立派なんです。
石造りの門に伝統的な装飾が施されています。

なかなか味があっていいですね。
そもそもこれは家なのか?という疑問も残りますが・・・

travel_bali_44

























Ubudは芸術の村だ。という話をよく聞くのですが、
今回の散歩では特に石像やら籠やら絵やらのアトリエには行きませんでした。
特に調べて行ったわけでもないのですが、
歩いていれば何かあるかな?程度のノリでいたので。

travel_bali_46

























この日は雨が降ったりやんだりのあいにくの空模様ですし、
お土産なのどの買い物も済ませたので、
雨宿りがてらの遅めのランチと行きましょうか。

先ほど送迎の車が止まった駐車場にほど近い
Raya Ubud通りにお目当てのレストランがあるんです。

次回はランチのお話です。

2008 Bali旅行記(12) CasCades

本日のディナーは外出しようと思います。

去年Mauritiusに行った時に周りに素敵なホテルがあったのに、
食事だけでも食べに行けばよかったなぁ。。。
と後悔をしたもので、今回はその無念を晴らそうとおもいました。

行くのはThe Viceroy Baliという全室ヴィラのホテルに入っている
CasCadesというフレンチレストランです。
ここはガイドブック等でも評判がよいようなので楽しみですね。

予約の電話をした時に同時にホテルまでピックアップをお願いしました。
Four Seasonsの車寄せまで迎えに来てくれるそうです。

夕暮れのFour Seasonsのエントランスは
谷を渡る橋がキレイにライトアップされています。

travel_bali_38




















車で15分くらいのドライブだったでしょうか。
田圃の原を抜けてると突然リゾートの門が現れます。

最初はオープンエアのテラス席に通されたのですが、
小雨がぱらついてきたので屋根のあるテーブルに移りました。

travel_bali_39




















料理はフレンチをベースにアジアのスパイスを加えた、
アジアン・フレンチになります。

どれもおいしかったのですが、
暗くて写真の写りがイマイチだったのですが、
写真的に一番まともだっとこの子をご紹介。

タスマニアサーモンのソテー カリフラワービューレ バルサミコとパルメザンのソース

travel_bali_40




















こちらはチーズセレクションとウォールナッツブレッド
ワインにぴったりですね。

ここCasCadesのワインリストには160種類以上があるそうです。
確かに手渡されたワインリストはかなり分厚かったです・・・

「世界中のワインをそろえてます。 あ、でも日本のワインはありません。」

「それは残念ですね。日本にもおいしい白ワインはあるんですよ。」

なんて話をしながら食事は進んでいきます。

travel_bali_41



















このレストランもFour SeasonsのAyung Terraceと同様、
谷に沿って建っていて、昼間なら絶景が楽しめる「ハズ」です。
でも、やっぱりディナーではお外は真っ暗です。

実は杖がネットで敬愛するリゾートフリークたちも、
このThe Viceroy Baliを絶賛していて、
相方も次はここに泊まる!!と言い張っています。

次は?

でも、Ubudのレストランはランチが素敵そうだという教訓を得て、
それは明後日のランチに生かそうと思います。

travel_bali_42




















帰りはずっとFour Seasonsまでの帰りは
ずっとドライバーとお喋りしてました。

アルコールが入ると割と人見知りが和らぐんですけどね。

Cas Cades
Jln. Lanyahan, Br Nagi, Ubud, Bali, Indonesia
TEL +62-3661-972111

2008 Bali旅行記(11) 山リゾートでまったり

トレッキングの後はホテルでまったりと過ごしていました。

池の魚にエサをあげたり・・・

相方は全ての魚に均等に餌付けするのに情熱を燃やしていました。
フェアな人ですね。

travel_bali_34




















こんな景色を見下ろしながら朝食を食べたり・・・

下に見えるのがAyung川。

朝食はメインダイニングのAyung Terraceでオーダー式のビュッフェです。
やっぱり南国リゾートの朝食にはフルーツが欠かせないですよね。

travel_bali_35




















プールサイドで読書したり・・・

ランチはプールサイドのカフェで軽食を頂きます。
プールの水は冷たくてちょっと泳ぐ気にはなれませんでした。

Ayung川はたまにラフティングの人たちが通過したりします。

travel_bali_36



















こんな景色を見ながらアフタヌーンティーをしたり・・・

Ayung Terraceの1層上に位置する
ロビーにあるJati Barでは午後には無料のアフタヌーンティーが頂けます。

travel_bali_37



















それにしても緑の濃いこと。
ビーチもいいですが、森の中のリゾートもいいもんですね。
そういえば野生動物ってあんまり見ないですけどね。

夕方まではこんな感じでユルリユルリと時間が流れていきました。

今日のディナーはちょっと外出します。
すごいレストランがあるんです。

ディナーの様子はまだ次回。

2008 Bali旅行記(10) トレッキング

2008年8月21日

なんか夜中の写真ばかりで夜行性の人間だと思われているかもしれませんが、
一応朝から起きていたりもします。

起きて窓を空けると、かなりヤバイ景色がありました。
森に下りたモヤに朝日が差し込んでキレイです。

これぞ期待していた「ザ・ウブド」の景色なんです。
今日は爽やかな一日になりそうですね。

travel_bali_29



















Four Seasons Resort Bali at Sayanではフィットネス・アクティブティとして
毎朝2h程度のトレッキングが開催されています。

まずはフィットネスセンターのレセプションに集合します。

15分くらい遅刻してやっとやってきたと思ったら、
クツのレンタルで手間取っているChineseの母娘にイライラしましたが、
せっかくの休暇にこんなことに気分を害していてはもったいないですよね。

逆にこんな集合に5分前に現れるのは日本人だけかもしれませんしね。

トレッキングのコースはリゾート内の畑や田んぼの間を通り、
いつの間にかリゾートの敷地から出てSayan村に入っていきます。

村にある棚田。
実はリゾート周辺の景観を守るためにホテルが買い取って管理しているという話もあります。
ただ、ここで取れた米がホテルのレストランで使われているというわけではなさそうです。

travel_bali_30

























これはSayan村の寺院。
Baliの村には必ず村に1つはお寺があります。

小さな村の割には立派なお寺だったり、
石が風味的に見て比較的新しそうな建物が多いところ、
やっぱりFour Seasonからのお布施が多いのか・・・
・・・なんて穿ったことを考えてしまいます。

travel_bali_31



















Sayan村の普通の通り。
放し飼いの犬がこちらに向かって吠えていたり、
バイクに乗った6年生くらいの小さな子供とすれ違ったりします。

4年前の滞在でもビレッジ・トレッキング(jalan jalan?)をしたりしましたが、
現地の人々の日常を垣間見るのも少し楽しいですね。

travel_bali_32


























村に住むあるアーティスト(ガイドの弟)の家。
他の家も素朴でいいものですが、この家の庭のセンスは飛びぬけていました。

庭の隅においてある鳥かごには九官鳥がいて、
なにやらおしゃべりしていました。

何か喋らせようと、
"Selamat pagi. Selamat pagi."
とか言ってみましたがダメでした。

あとから考えると"Selamat pagi."はインドネシア語、
Baliの村で飼われている九官鳥にはBali語で"Rahajeng Semeng."だったでしょうか。

travel_bali_33



















リゾートで開催されているデイリーのアクティビティには、
サイクリングというのもあります。

今回の滞在では参加できませんでしたが、
日にちがもっとあればやりたかったです。


残念。

2008 Bali旅行記(9) Ayung Terrace

Four Seasons Resort, Bali at Sayanのメインダイニングをご紹介しておきます。

メインダイニングはAyung Terraceというレストランです。

ロビー棟から円形に迫り出した部分がレストランになります。

food_ayun_terrace_05



















その名のとおりAyung川を見下ろすテラスになっています。

昼間は谷の景色がキレイに見えるスポットですが、
周りは鬱蒼とした森なのでライトアップされたガーデンがやっとのところ。
ただ、この辺のホテルのレストランはそういうところが多いようです。

料理はcontemprary AsianとIndonesianになります。

Indonesian料理の代表格のsate。

food_ayun_terrace_03




















アラカルト、季節のコース、企画もののシェフのお勧めコース
みたいなのがあります。

朝食は毎日ビュッフェ(自分で取るのではなく、頼みたいだけ頼む形式)を、
ディナーとしては滞在中にIndonesianをアラカルトでと、
企画もののAsian Fusionのコースを頂きました。

お味はどれもおいしくて「安心して食べられる」レベルです。
ただ、胃が少し疲れ始めてきていたせいか、
特に「感動!!」したという印象は残っていません。

アジア料理は味が濃くて飽きやすいんですよね。
個人的に。

food_ayun_terrace_02




















ちょっと冴えない印象を与えてしまっているかも知れませんが、
Ubudの中にあっては、
グレードの高いホテルレストランの部類であることは間違いないと思います。

店員の対応もホテルの従業員のレベルに準じて、
基本的にスマートで、でもたまに素朴なBali品質です。


food_ayun_terrace_01




















お店の全体の雰囲気はいいです。
ホテルのメインダイニングなので、
ドレスコードはスマートカジュアルになります。

Ayung Terrace
Sayan, Ubud, Gianyar 80571, Bali, Indonesia
TEL +62 (361) 977577
FAX +62 (361) 977588

2008 Bali旅行記(8) カクテル・パーティー

2008年8月20日

早いもので、もう移動の日です。

やっぱり1週間で2箇所滞在は少し忙しないかも知れないですね。

足は旅行代理店手配の送迎ですが、
移動ついでだとチャーターが3割くらい安くなるということでしたので、
合わせて送迎の車を2時間チャーターしました。

何をしたかというと、買い物です。
お土産系です。

まずは、食器のアウトレットに行って、
相方が見染めたフランジパーニ柄のJENGGALAのお皿を購入。

その後はCarrefourで配り系のお土産を購入。

一通り買い物が済んだところで、次の目的地Ubudへ移動です。

Ubudでの宿泊はFour Seasons Resort, Bali at Sayanです。
チェックインなど済ませた後は・・・

この日は金曜日で、ホテルの主催のカクテルパーティーがあるとのこと。
相方に引っ張られてAyung川沿いのプールサイドのRiverside Cafeへ。

travel_bali_24



















リゾートステイもだいぶん小慣れてきたとは思うのですが、
未だに苦手なのがこの手のパーティー系です。

元々人見知りする上に、知らない人と慣れない言語で世間話をしなければいけない。
というのは杖にとってはハードルが高いのです。

その点、相方は切り込み隊長的なところがあって、
持ち前のフレンドリーさでどんどん前に出ていきます。

travel_bali_25




















とっかかりは相方が作る、
会話が弾んできたところでスルーパスが来る。
というのがパターンです。

まぁ、こういうのは場数を踏まないと慣れないのでね。
生みの苦しみということで頑張りました。

travel_bali_28



















一通りのコミュニケーションのあと、
プールサイドに腰掛けてまったりしていました。

お酒と音楽ときれいにライトアップされた夕暮れのプールと。
シチュエーションとしてはたまらなくchillな時間ですね。

今宵のディナーはメインダイニングのAyung Terraceで頂き、
部屋に戻って晩酌をしながら夜は更けていくのでした・・・
記事検索
Yesterday's Visits
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
  • ライブドアブログ