転ばぬ先のTsue

Korobanusakino杖
http://blog.livedoor.jp/mojin_no_tsue/

旅行記_海外編

フィジーに関する本:真夏の島に咲く花は

フィジーに関する本、第二弾です。

2019年にフィジーで休暇を過ごした際には、
本島のビチレブ島から離島のone island one resortで過ごしました。
5泊の滞在を終えてフライトの関係で本島から橋で繋がったデナラウ島に一泊しました。

デナラウ島はworld wideの有名ホテルブランドのリゾートが並ぶリゾートアイランドで、
その内の一軒であるSofitel Fiji Resort & Spaに宿泊しました。

同じ5★ホテルでも離島と本島では客層が違うというのもあるのですが、
それとは別に前日までとはどこか違う国に来た印象を受けたんですね。

その時私の感じたちょっとした違和感をよく表しているのがこの小説だと思いました。

book_manatsunoshimani

文庫本のジャケットがダサいので単行本のイメージを貼っておきます。

フィジー、インド、日本、中国。。
国際空港があるナンディタウンに住むルーツの異なる若者たち。
その若者たちの青春劇を描いた作品です。

つづく。

フィジーに関する本:世界でいちばん幸せな国フィジーの世界でいちばん非常識な幸福論

以前(若い頃)は旅に出る前にその地の歴史や文化について予習する、
という真面目な旅行者でした。

たとえば、
ベトナムに行くならベトナム戦争やドイモイ政策について、
カンボジアに行くならクメール文明とポルポト時代について。

いつからか、それをやる時間の余裕がなくなり(言い訳)、
旅先の趣向も変わり、旅先でもホテルから一歩も出ないような、
不真面目な旅行者に堕落した訳ですが(笑)

2019年のフィジーへの旅行では久しぶりに予習、復習兼ねて、
いくつかフィジーに関する書籍を読んでみました。

515y041p69L._SX338_BO1,204,203,200_




楽天ブックスで探す

Amazonで探す

Yahoo!ショッピングで探す


VOMO Island Resort Fiji (3)

レストランの夜の様子。

travel_fiji_vomo_restaurant_dinner_01


かぶくわフィールドノート:2019年11月19日@フィジー・ヴォモ島

休暇でフィジーに行ってきました。

リゾート内の歩道を歩いていると、
蟻のたかったカブトムシの死骸が落ちていました。

travel_fuji_vomo_resort_green_01


帰国してから調べてみると、和名は「サイカブト」、
英名は通称"coconuts rhinoceros"と呼ばれているそうです。

動物のサイにしているので、「サイ」カブト、"rhino"cerosです。

原産は東南アジアと言われていますが、
外来種として太平洋の島々で急激に広がっているそうです。

ここはフィジーに本島であるビジレブ島から離れた離島ですが、
風で流されてきたのか、何かの物資に紛れて来たのか・・・

beetles_rhino_fiji_01

ヤシの木やサトウキビの幹を食い漁って枯らしてしまい、
グアムなどではヤシの木に相当の被害が出たらしく、
太平洋の島々では害虫として忌み嫌われています。

"A Pacific battle to eradicate the rhinoceros beetle"
"サイカブト根絶に向けた太平洋の戦い"

以下はFijiの新聞社Fiji Sunの記事。
"30% Rise In Rhinoceros Beetle Population"
"フィジーのサイカブトの個体数が30%増加"

travel_fuji_vomo_resort_green_02

ちなみに日本では沖縄でも繁殖していて、
別名タイワンカブトと呼ばれやはりサトウキビの害虫なのだそうです。

この辺りでは日本のように甲虫を愛でる文化はありませんし、
害虫の外来種とあれば見つけた瞬間に踏みつぶされてしまいます。
この個体もそのように踏みつぶされたものなのかも知れませんね。

南の島でふと気づいた昆虫談義でした。

旅のTips:海外旅行保険の勢力図が変わった(2019年11月)

私の中で海外旅行保険の勢力図というのがありまして、
これまでは契約をするときにほぼ2者選択となっていたのが、
エイチエス損保の「たびとも」と損保ジャパンの「off」でした。

同一条件で見積もると大抵この2社が突出して安いからです。

ところが2019年11月17日出発の契約から
エイチエス損保の条件がかなり改悪されまして、
一気に自分的ランキングの2強から脱落することになりました。

F1タイプという条件で見積もってみましょうか。
ケース [更坿間:2019年11月16日〜8日間 行先:オセアニア 人数:4人家族
ケース◆[更坿間:2019年11月17日〜8日間 行先:オセアニア 人数:4人家族

保険料は,円6,820円、△10,390円です。

これは特約なしの基本セットですが、
実は航空機寄託手荷物遅延等費用の条件が改悪しています。
,砲弔い討魯哀襦璽廚悩蚤10万円に対し、△1回1万円(4人で最大4万円?)

これに航空機遅延等費⽤の特約を付けてみると、
,+320円なのに対し、△+590円です。

こちらも保険料が上がっている上に支払われる保険金の上限も下がっている。
航空機遅延補償が3万円から1万円に減りました。

保険料が50%程度値が上がっているにも関わらず、
さらに補償内容は悪くなっているというトホホな状況です。

なぜ今こんなことを言っているかというと、
条件が変更になるまさにその日に旅行に出発しようとしているからです。。

業界全体としては保険料の値上げ傾向は変わらないでしょうかが、
少なくとも今回の条件変更でエイチエス損保は私の選択肢からは消えました。

旅のTips:香港デモにキャンセル保険は適用外

香港経由で旅行に行く予定があり、
デモの影響で8月には空港が閉鎖されたこともあったので、
キャンセル特約のつく旅行保険に入っていこうかという考えが頭をよぎりました。

下の旅行保険は2017年にAmanwanaに行った際に、
バリ島のアグン山の噴火の兼ね合いでキャンセル特約付きで入った保険です。

今回も見積を見てみようかと進めていると・・・

tabiho_cacel_insurance_01_s (640x408)

このような注意文が出てきました。

他社でも香港のデモはキャンセル特約の補償対象外という文言が散見され、
保険業界的には横並びでそうしているのでしょうか。

デモ隊が暴徒と化して空港に押し寄せている。。のが暴動ではないのだとすると、
それなら何をもって「暴動」なのかは良くわかりませんが。

ただ航空機遅延特約の対象にはなるようなので、
そこでどれだけカバーできるのか、ですかね。

メモとして残しておくと、この手のキャンセルチケット保険は、
代金の支払いをした5日以内、出発の7日前までに加入しないといけないそうです。

IASS INCHEON LOUNGE 2 -AirCafe- 楽天ゴールドカード

2018-2019の年末年始のニャチャン(Nha Trang)行きの際に、
韓国仁川(Incheon)空港で楽天ゴールドカード付随のラウンジサービスを利用してみました。

利用したのは第二ターミナルの「IASS INCHEON LOUNGE 2 -AirCafe-」
トランジットホテルのロビーのカフェがラウンジという扱いになっています。

blog_incheon_rakuten_lounge_03

IASS INCHEON LOUNGE 2 -AirCafe- (オフィシャル)

サービスはワンドリンクのサービスとWiFiの利用のみ。

blog_incheon_rakuten_lounge_02


ソフトドリンク、コーヒー紅茶類、あとはビールがあったと思います。
いずれもカフェで2000〜4000ウォン(200〜400円)程度で提供しているものです。

blog_incheon_rakuten_lounge_small

簡素なサービスではありますが、
空港のパブリックエリアから離れたちょっとした休憩にはいいのではないでしょうか。

マイレージ生活:大韓航空でJALマイル積算 (2)

先日の大韓航空搭乗によるJALマイルが2019/01/08に積算されていました。
以下の往路と復路の両搭乗分同時です。

2018/12/28 東京  → ソウル
2019/01/03 ソウル → 東京

東京ーソウル間の規定の区間マイルは758です。

↓JAL国際線区間マイル表↓
https://www.jal.co.jp/jmb/earn/travel/flight/jal5.html

実績としては379マイルが積算されていました。

jmb_kal_mile_small

元々50%積算のSクラスのチケットでしたので、積算率も想定通りです。

大韓航空の日韓便だけJALマイルが貯まるという話は本当だったんですね。笑

以上、2019年初の自己満足検証でした。

マイレージ生活:大韓航空でJALマイル積算 (1)

2018-2019は年末年始をベトナムで過ごしました。

大韓航空の成田−仁川−ニャチャンの航空券を利用しました。

大韓航空は今まで利用したことがなかった(たぶん)のですが、
今回は予算の都合でこのルートになりました。

予約は2018年11月頭ですが、旅行出発の一週間前に情報が入ってきまして、
2018年12月20日出発便から大韓航空でJALのマイルがたまるようになります。と。
ただし、マイル積算対象は日韓航路のみとのことです。

https://www.jal.co.jp/jmb/earn/travel/flight/ke.html

今回の旅程ではたまたま2018年12月28日の搭乗にヒットすることになりました。

航空券自体はExpediaから手配したのですが、
予約のクラスは50%積算対象のSクラスのように見えます。

本当にJALマイルは積算されるでしょうか。
しばし様子を見たいと思います。

Incheon Airport Transit Hotel T2 (1)

仁川国際空港のトランジットホテルをデイユースしてみた。

ベトナムはNha Trang(ニャチャン)からの帰路のことですが、
韓国の仁川空港でトランジットが10時間半ありまして過ごし方を悩んでおりました。

トランジットツアーなどと迷った結果、
ターミナル2のトランジットホテルをデイユースで利用しました。
オフィシャルサイトからですと、時間単位の予約ができるのです。

ターミナル2自体が新しくキレイなのですが、
トランジットホテルもキレイで、コンパクトながら機能的だったので紹介してみます。

hotel_incheon_transit_01


hotel_incheon_transit_02


hotel_incheon_transit_03


hotel_incheon_transit_04


hotel_incheon_transit_05







記事検索
Yesterday's Visits
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
  • ライブドアブログ