転ばぬ先のTsue

Korobanusakino杖
http://blog.livedoor.jp/mojin_no_tsue/

家電/コンピュータ

Canon BCI-351XL 互換インクに変えてみた

今年の2月くらいに当ブログでこんなことを書いていました。
プリンターを買い換えたい(ADF、両面スキャン)

で、結局その後Canon の MX923というモデルを購入しました。
私のスキャンライフがとても効率的になって満足しています。
でも、今回はスキャン機能ではなくインクの話です。

以前、家電のバッテリーについてこんなことを書いていました。
roomba 577 交換バッテリーは純正か互換品か

純正品か互換品かという悩みが付きまとう典型的なものの一つがプリンターのインクです。

プリンターメーカーは本体を安く提供して顧客を囲い込み、
消耗品で利益を出すというビジネスモデルのため、
純正のインクは値段が非常に高く設定してあるのです。

cannon_ink_04

以前は、と言っても10年くらい前のことだと思いますが、
当時から使っていたHPの互換性インクにはICチップがついておらず、
純正品カートリッジからそっとに基板をはがして互換品カートリッジに貼りなおす、
というちょっとした工作をしないと使用できないのが当たり前でした。

そんな面倒な作業や、大人の事情もあって真面目に?純正品を使っていましたが、
プリンターを買い替えて付属のインクが切れたのを機に調べた結果、
最近は互換品にもICチップが付いているのがほとんどなんですね!

月日が流れとともにリバースエンジニアリングが進んだんでしょうね。
そこで今回は互換品に挑戦してみることにしました。

cannon_ink_03

上の写真は純正インクの5色のうち4色が切れた状態。
実際にはLEDは点滅していますが、分かりやすさのために消えているタイミングです。

cannon_ink_05

そして互換品に交換後のLEDの様子。
なんとインクのステータスを示すLEDまでちゃんと付いているんですね。
個人的にはこの物理的に判別する手段は本当に必要なのかと思うのですが、
きっとこれがあるとうれしい人もいるのでしょうね。

cannon_ink_01

上の画像はインクの切れた純正品のステータスをPC上のツールから見たところ。
下は互換品に交換後のインクのステータス。
残量の表示はできています。

cannon_ink_02

インクにしろ、携帯電話にしろ、最近は少しのサービスダウンを許容すれば、
大幅にランニングコストを抑えられる代替のサービスが増えてきてますよね。

何事にも既存のフルサービスから代替の安いサービスに切り替える際には、
コストメリットとリスクを天秤にかけてどっちを取るかを決断することなんだと思います。

今回のインクの件も互換品に変えた唯一の理由はコストメリットです。

純正品のこの型のインクの6色セットがAmazon(MP)で7000円弱するのに対して、
今回購入した互換品は同じくAmazon(MP)で211円(!)です。送料無料!
これ、原価30円くらいで(もっと安いか)できちゃうんだという驚き。

■ノンブランドの互換品 ↓
Amazon:【 ICチップ付 6本パック 】 Canon BCI-351XL+350XL/6MP 大容量タイプ 汎用 インクカートリッジ

■メーカーの純正品 ↓
Amazon:Canon 純正 インク カートリッジ BCI-351XL(BK/C/M/Y/GY)+BCI-350XL 6色マルチパック 大容量タイプ BCI-351XL+350XL/6MP

ちなみにこのちょうど中間くらいの3000円くらいの価格帯でリサイクル品というのがあります。
これは純正のカートリッジを再利用してインクを再充填したものです。
互換品だけど製品保証付きという立ち位置。

■リサイクル品(純正互換品とも呼ばれている) ↓
Amazon:ジット キャノン(Canon)対応 リサイクル インクカートリッジ BCI-351+350/6MP 6色セット対応 JIT-NC3503516P(FFP)

私は自宅のプリンターで写真印刷や年賀状本体の印刷をしないので、
せいぜい年賀状の宛名シールとたまにドキュメントを印刷するくらいなもんです。

自宅での印刷の品質にこだわりがない上に、大人の事情もなくなったら、
もうこのコストメリットに目をつむることはできません。(笑)

プリンターを買い換えたい(ADF、両面スキャン)

プリンターを買い換えたいという話です。

自宅のプリンターが調子悪く、そろそろ買い替え時かと思っています。
私が自宅のプリンターに求めることを整理してみました。

 .ぅ鵐ジェット
 ¬祇LAN対応
 J9腟 淵廛螢鵐拭次▲好ャナー、コピー)
 ADF(Auto Document Feeder)
 ノ礁牝瓜スキャン

そんなに印刷しないので、印刷性能に関してはインクジェットで十分かと思います。( 
PCはリビングに、プリンタは邪魔にならない別の部屋にあるので。(◆

ところで薄々お気付きかも知れませんが、私はやや記録魔の帰来がありまして、
自宅で一番使うのは実はスキャナ機能で、時々プリントとコピー。()

ですので、スキャナー機能をいかに充実させるかに、
私の生活満足度がかかっていると言っても過言ではありません。少し過言です。

そんなわけで、せっかく買い換えるのであれば(ぁ↓ァ砲あると、
情報整理の時間節約にもなりますし、時間が取れずにたまる一方になっている
紙モノとオサラバできるのではないかと期待しています。ココが肝!

逆に、機種設定の要素で必要としていない機能は、以下のようなもの。
・FAX/電話 ・A3以上対応 ・有線LAN ・スマホ対応

 銑イ鯔たして、いらない機能は極力省き、
できるだけスペースをとらないプリンターを探すのが今回の使命。
予算は3万円以内くらいかな。

候補はこんなところ。
私はキャノンにしようかと思います。

機能的にはほとんど差はないのですが、
唯一Amazonでインクが売っているかどうかが決めてでした。

■Canon PIXUS MX923
Rakuten:Canon PIXUS MX923

Amazon:Canon PIXUS MX923

■HP OfficeJet Pro 6970
Rakuten:HP OfficeJet Pro 6970

Amazon:HP OfficeJet Pro 6970

国産SIMフリースマホにお得に買い替え

現在使っているXperia™ A SO-04Eがそろそろ限界なので、
スマホを買い替えを考えています。

手元の記録によれば、SO-04Eに機種変更したのが2013年の6月。
途中1回の機体交換含めても3年半使えば御の字ではないでしょうか。

もはや防水ではないですね。。(笑)

digitallife_xperia_old

私がスマホに求める機能は4つ。

 docomo系のMVNOで使えること ∨豹紂´おサイフケータイ

ですかね。

 ,牢に脱キャリアしているので
 △魯▲Ε肇疋△忙って出ることが多いので
 は諸々の電子マネーをクレジットチャージにしたいから

アンチAppleの私としては△鉢の条件を入れると、
新品のSIMフリーモデルは国内の携帯メーカーの製品に限られてくるので、
Fujitsuのarrowsか、SHARPのAQUOSか、SonyのXperiaの選択肢に縛られてきます。

いずれも定価では4万円以上するミッドレンジ以上のモデルになりますが、
これをどうやって安く買おうか考えるのが脱キャリア組の醍醐味になります。

色々と見ていたら、
楽天モバイルの秋のキャンペーンでSH-RM02が通常の半額になっていました。
SH-RM02というのはSH-M02のメモリを32Gにアップグレードした楽天モバイルの独自モデルです。
なんですが、メモリ16GのSH-M02と値段が同じというお値打ちモデルです。

rakuten_mobile_canpaign_2016autum

通常は39,800円ところが19,500円に。
SH-RM02の新品の白ロムが35,000円程度で流通しているので、
これはお買い得なのではないでしょうか。
(Amazon: AQUOS SH-RM02)

楽天モバイルはデータSIMは解約の1年縛りがありません。(通話SIMはある)
(楽天モバイル「QA:最低利用期間はありますか?」)
ということなのでデータSIMを端末セットで新規契約してすぐに解約すればよいのではないでしょうか。
契約事務手数料(3,000円くらい)を入れても通常より安いと思います。

ところで機種変更前後のそれぞれの端末のSIMサイズはというと、
Xperia A SO-04Eはmicro SIM、AQUOS SH-RM02はnano SIMになります。
今の回線を機種変更するにはSIMのサイズ変更をしないといけません。

私はIIJmioモバイルサービスの回線を契約していますがこれまたタイミングよく、
通常¥2,000のSIMサイズ変更の手数料が無料になるキャンペーンをやっていました。

IIJmio_autum_campaign

なかなかいいタイミングで機種変更ができたのではないでしょうか。

MVNOユーザには機種変更は一大イベントですね(笑)。

カードリーダ兼USBハブ的なもの

自宅で使用中のノートPCがそろそろ壊れそうな予感がしてまして、
壊れる前にPC環境を更新中です。

今後はしっかりめのキーボード付きのタブレット型をメインを使っていこうと考えています。

タブレットそのものはまだ自分色にカスタマイズ中なので、
使い勝手うんぬんについてはこの場であれこれとは語りませんが、
AppleのiPadやMicrosoftのSuface人気の機種がある中で、
半官びいきの私はHP Elite x2 1012にしました。

昨日までの遅い夏休みの写真を整理しようと、
まずはデジタル写真の管理という用途で新マシンを整えようとしたところ・・・

あれま、SDカードを挿すスロットがないではないか。
半分勢いで買ったためちゃんと確認していませんでした。(笑)

で、改めて確認したところ外部デバイスとのインターフェースとして使えるのは・・・

 ・USB type-C x1 (充電ケーブルで使用する)
 ・micro USBスロット x1
 ・USB3.0ポート x1

USBポートが1つだったり、micro USBというのがタブレット「らしい」ところ。。

マウスはBluetoothにすればよいとしても、
いずれにしてもUSBポートの少なさとフルサイズのSDカードのスロットがないという
現時点での致命的な構成問題を解消する術が必要です。

USB Type-Cは充電中は埋まるので、
残ったUSB口につなげるカードリーダ兼USBハブ的なものがればいいなぁ。
と思っていたところかゆいところに手が届くelecomさんからよさげなものがありました。

USB3.0ハブ付きメモリリーダライタ MR3-H009

↑上の公式サイトを見ると¥9,191 (税込)と、
一瞬たじろぐお値段ですが市勢価格ではもっとお安いです。

elecomの公式通販サイトでは¥5,162 (税込)
elecom direct: MR3-H009BK

Amazonはもっと安いです。
Amazon: MR3-H009BK

これくらいならもう少し気負わずお気楽に試せそうです。。
というか、公式サイトの値段が標準価格より安いって状況がよく理解できないです。(?)
標準価格って何のことでしたっけ?

写真は、写真を取り込める環境ができてから載せます(笑)。

SHARP ES-TG830(洗濯機)用糸くずネット

お値段はあまり変わらないので特に悩まず、
純正でいいのではないでしょうか。

純正品
Amazon: シャープ 洗濯機用糸くずフィルター 2103370353


汎用品
Amazon: ELPA 洗濯機用糸くずフィルターシャープ洗濯機用 210337-0235H

Panasonic レンズ キャップ VFC4802

相変わらずPanasonicのコンバージョンレンズを愛用しているのですが、
レンズキャップの剛性がやや弱くてすぐに割ってしまうんですよね。

あっ!と落としてしまったりして御覧のとおり。
おかげでレンズ本体は何ともないんですがキャップはバッキバッキです。

20160125_pana_lenscap


まぁ、もっと丁寧に扱えよって話なのかも知れませんが、
動き盛りの男児が二人もいるもので、カメラの扱いはかなり酷いです。。

以前にも5個くらいまとめ買いしておいた気がするのですが、
また手持ちがなくったしまいました。

型番を調べるのも面倒なので、メモがてらに。

フィッシュアイコンバージョンレンズDMW-GFC1
ワイドコンバージョンレンズDMW-GWC1

どちらにも適合するレンズ キャップVFC4802ですが、
今回も5個くらいまとめ買いします…。(笑)

amadana ATT-T11 オーブントースターの寿命って?

今回はオーブントースターの寿命と買い替えについて考えてみたいと思います。

当家のオーブントースターは2009年に購入したamadana TT-111というものです。
購入時に記事を書いていたので、どんなものかはこちらをご覧ください。

転ばぬ先のtsue : amadana TT-111 (2009年01月13日)

そのオーブントースターですが、
ヒーターは付いてはいるものの火力が弱くなっていて、
最近なかなかパンが焼けなくなってきました。

もう寿命とあきらめて買い替えようと思うのですが、
そもそも本当に寿命なんでしょうか。
オーブントースターの寿命ってどんなもんなんでしょうね。

上で紹介した記事が2009年1月13日で7年ほど前の記事なので、
概ね7年で、一応使えるけどまぁちょっと厳しいよね、という状態です。

同じ前記事の中で「オーブントースターが1年ほど前から調子が悪く…」と書いていました。
ということは2008年から調子が悪かったのかも知れませんね。

amadana TT-111に買い替える前のオーブントースターは確か、
私が2000年に一人暮らしを始めたくらいに購入したものな気がするので、
こちらはおよそ8年でダメになったということになりますかね。

ということは、私の経験上、オーブントースターの寿命は7〜8年です。
ネットで調べてみると、10年もてば御の字ではないかという情報もあったので、
あながち外れてもいなさそうな気がします。

さて、このタイミングで買い替えるのが悔しくなくなったところで(笑)、
どんなものに買い替えようか?と思うのです。

今つかっているamadana TT-111というモデルは大変人気があって、
販売が終了となった後には定価15000円の商品にネットで30000円の値がついたそうです。
妻も大変気に入っていて、同じ物が手に入らないかな?と言っています。

実は2015年7月からハイアールがamadanaデザインのものを販売しているようです
amadana ATT-11というモデルで、お値段は15,884円。
オーブントースターとしては大変にお高くなっております。
Amazon : amadana オーブントースター (タテ型)

ハイアールといえば、パナソニックからサンヨーを買い取った中国の家電メーカー。
現在日本ではアクアというブランドで家電を販売しています。
はい、サンヨーの洗濯機の商品名AQUAをそのまま使用して。

実はアクアブランドでも似たような形状のオーブントースターを販売しているのですが、
わざとなのか、そうでないのか、明らかにamadanaブランドのものよりダサいです。

価格はamanada ATT-11のおよそ1/3の4,227円。
Amazon: AQUA タテ型トースター シンプルデザイン AQT-WT2

初期投資のその差額は11000円ほどですが、
寿命の7.5年で割れば年間の差額の負担は1500円となります。

まぁ、絶対的に金額高いものではないので、
いいんじゃないですかね、ここはデザイン重視で。

ちなみに購入して我が家にやってきたamadana ATT-T11がこちら。

kaden_amadana_att-t11


以前のモデルより「前面ミラー調ガラス」が「より」ミラー調になっていまして、
映り込みを気にして写真を撮るのがより大変になっております。(笑)
自宅のリビングなので背景が冴えない点ご了承ください。

なかなかカッコイイですよ。

roomba 577 交換バッテリーは純正か互換品か

我が家のroomba 577は2010年に購入したもので、
最近では30分くらいすると、ベースにも戻れずに充電切れしてしまうようになりました。

もう充電バッテリーがヘタっているのは明らかなのですが、
過去にも交換したような記憶があるので、たぶん2回目です。
前回は購入時にキャンペーンとしてもらった純正バッテリーに換えたんだと思います。

この手の家電製品のバッテリー交換でいつも悩むのが純正品の高さです。

純正品は値段が高いのですが、少なくとも買い替える前の性能は維持できます。
互換品は値段は安いのですが、製品によって当りハズレがあります。
最近はネット上の口コミが多いのでリスクは減っていると思いますが・・・

今回のお目当てのバッテリーでいうと、お値段はこんな感じです。

iRobot 公式ストアで、10800円
iRobot Store : XLifeバッテリー

Amazonだと少し安くて、9,130円。
Amazon : iRobot Roomba 自動掃除機 ルンバ 交換用XLifeバッテリー

Amazonで互換品を探すと、4,880円。
Amazon : ルンバ XLifeバッテリー 長寿命3年 長時間稼動 500・600・700・800シリーズ用 互換品

過去に他の電気製品、例えばノートPCやデジカメ等で、
純正ではない互換製品のバッテリーを使用したこともあるのですが、
特に不満はなかったり、失敗だったり、色々です。

モノそのものの性能だけではなく、
使い方というか何を期待するかに拠るのかも知れません。

例えば、上記でいうと、
デジカメについては最初から予備バッテリー用として買いましたので、
メインの純正バッテリーが無くなった際の保険です。
つまり、純正品と合わせてその一日の外出を乗り切れれば、
純正品と同じ性能が出なくても特に気にならない程度の期待値です。

逆に、ノートPCでいうと、
こちらは純正のバッテリーのリプレイスのために買ったので、
当然同じ性能を期待してしまいますよね。
結果、持ちが悪くて結局電源をつないだ状態でしかPCを使わなくなってしまいました。
それなら、そもそも買い替える必要なんてなかったんじゃないかと。

言葉で書いていたら、選択の基準に気付いてしまいましたね。
純正のリプレイスなら純正、予備としての買い足しなら互換品でOK。でしょうか。

一つの考え方として。

Panasonic LDT1LGE12 LEDの小丸電球の省エネって

以前、「豆球のこと」というタイトルであれこれ書いたことがある、
寝室の豆球(小丸電球)が切れてしまいました。
前の記事が2010年5月のエントリですから、5年半で切れたということですね。

前回は子育て的観点でしたが、今回は省エネの話です。

当家は切れた電球からLEDに変えていく方針にしているので、
LEDの小丸電球なんてあるんでしたっけ?と調べてみると、
Panasonicさんがちゃんと作っているんですね。

Panasonic LED装飾電球 0.5W(電球色相当) T型タイプ E12口金 10lm LDT1LGE12

ところで、
この小さな電球をLEDに変えることで一体どれだけ省エネになるのでしょうね。
定格電力は旧来の白熱灯電球ですと5W、LEDだと0.5Wのようです。
寝室の豆球を使うのは、一日に夜9時から朝の7時の約10時間、一か月だと300時間です。

したがって、旧来の電球ですと5w×300h = 1.5kwhで、LEDだと0.15kwh。
当家の夜間の電気料金は1kwh = ¥12.6程度ですので、1カ月の電気代のうち、
寝室の豆球の占める金額は今までは¥18.9、LEDにすると¥1.89です。
上記の例だと1カ月で¥17くらい安くなる計算です。(笑)

ちりつもと考えておきますか。

Xperia™ A SO-04E × microSDHCカード

先に書いたようにスマホの移行をしたのですが、
その途中で旧スマホに刺さっているmicro SDが認識されていないことが分かりました。

docomoショップの店頭でSDカード借りて切り分けてみたら、
どうもメディアそのものがよくないみたいです。

そんなに大きなデータも扱わないので、
そもそも壊れていることにも気づかなかったくらいです。

xperiaa_microsd

スマホとしては必要性はないのかも知れませんが、
抜いた後も困るものでもないので買って刺しておくことにします。

そもそもSonyのXperia Aが対応しているSDカードってなんでしょうか?

microSDの対応状況を教えてください

「Xperia™ A SO-04Eでは、市販の2GBまでのmicroSDカード、32GBまでのmicroSDHCカード、64GBまでのmicroSDXCカードに対応しています(2013年5月現在)。
メモリーカードについては、各microSD/SDHC/SDXCメモリーカード発売元へお問い合わせくださいますよう、お願いいたします。」

じゃぁ、値段もお手頃ですしmicroSDHCの32GBにしておこうかしら。
実勢価格で再安¥1600くらいですかね。

microsd class10 32gb (amazon)

そもそも今までささっていたものは初めてスマホを買ったときに、
docomoのキャンペーンで当選してもらった試供品だった気がします。

記事検索
Yesterday's Visits
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
  • ライブドアブログ