転ばぬ先のTsue

Korobanusakino杖
http://blog.livedoor.jp/mojin_no_tsue/

マネー/マイレージ

自動車保険:一括見積サービスのプレゼント(2018年4月)

■保険の窓口インズウェブ

時期によってキャンペーン内容がころころと変わります。
私が見積もった時には以下のグルメカードでしたが、
4月23日現在みると、ケンタッキーのチキン3ピースになっていました。
これは750円相当です。

インズウェブ自動車保険一括見積もりキャンペーン(チキン3P)

blog_carinsurance_insweb_01_small


■楽天保険
楽天保険は今年のプレゼントは米900g、約1kgです。
お米2kgの相場が1000円強と考えると、約500円相当に調整しているのでしょうね。
昨年は1111楽天ポイントでしたので、価値は半減です。

楽天自動車保険一括見積もり(キャンペーン)

blog_carinsurance_rakuten_01_small


■保険スクウェアBang!
は、モスバーガー1つか、ケンタッキーのチキン2ピースです。
モスバーガーは370円、ケンタッキーのチキン2ピースは490円です。
500円相当に合わせてきたとということでしょうか。

昨年は500円の図書カードでしたので、
同等か、やや削減といった感じです。

blog_carinsurance_bang_01_small


■価格.com
価格.comはコンビニのコーヒークーポン10杯分。
ということは、1000円相当ということになります。

昨年はTポイントまたはPontaポイント500ポイントだったので、
換金性はなくしたものの、金額は増やしてきました。

≪限定キャンペーン≫MACHI cafeドリンク(S)プレゼント

blog_insurance_kakakucom_01_small

自動車保険:保険見積のプレゼント動向(2018年4月)

自動車保険の更新が趣味の人には悲報です。

2017年4月に辺りに、金融庁や保険会社から保険販売仲介者に対して、
換金性の高いプレゼントに対する自粛の要請が一斉にありました。

(参考)「保険販売に転機 金券で販促、自粛要請」(日本経済新聞:2017/2/6)

(参考)「保険会社向けの総合的な監督指針 平成30年2月」(金融庁)

==============金融庁サイトより抜粋(ここから)==============
(8)法第300条第1項第5号関係

(欷渦饉卷瑤亙欷永臀舷佑、保険契約の締結又は保険募集に関し、保険契約者又は被保険者に対して、各種のサービスや物品を提供する場合においては、以下のような点に留意して、「特別利益の提供」に該当しないものとなっているか。

ア. 当該サービス等の経済的価値及び内容が、社会相当性を超えるものとなっていないか。

イ. 当該サービス等が、換金性の程度と使途の範囲等に照らして、実質的に保険料の割引・割戻しに該当するものとなっていないか。

ウ. 当該サービス等の提供が、保険契約者間の公平性を著しく阻害するものとなっていないか。

なお、保険会社は、当該サービス等の提供を通じ、他業禁止に反する行為を行っていないかについても留意する。

(注)保険会社又は保険募集人が、保険契約者又は被保険者に対し、保険契約の締結によりポイントを付与し、当該ポイントに応じた生活関連の割引サービス等を提供している例があるが、その際、ポイントに応じてキャッシュバックを行うことは、保険料の割引・割戻しに該当し、法第4 条第2 項各号に掲げる書類に基づいて行う場合を除き、禁止されていることに留意する。

==============金融庁サイトより抜粋(ここまで)==============

mof_insurance_policy (640x410)

結果、保険見積もりサイトや保険会社の金券やポイントのプレゼントの多くが廃止になりました。
もっと換金性の低い、お米やグルメチケットなどに置き換わっていますが、
インパクトが大幅にダウンした感は否めません。

契約者がプレゼントではなく商品の良し悪しで判断できるような営業をしなさい。
そういうスタンスの徹底化という理解でいます。

が、ただ、こと自動車保険に関していうと、
消費者目線から見ても保険料の安さ意外の差別化要素なんてほぼありませんから、
上記のグレーゾーン含めてトータルで安くなる契約を目指す以外迷う余地はありません。

というわけで、私のこの時期の娯楽(笑)が減ってしまった訳なのですが、
せっかくなので、何のお米をもらえたかで楽しみましょうか。。

それでは、おいおいと追記してまいります。

マイレージ生活 :川崎市税がクレジットカードで納付可能に

川崎市在住のクレジット派のみなさま、おめでとうございます。

平成30年4月から川崎市税をクレジット払いで納付できるようになりました。

インターネットを利用した市税のクレジットカード納付

川崎市税クレジットカード納付サイト

blog_kawasakai_tax_creditcard_small


納税証明書が発行されないとかは、まぁ、いいとして、(使ったことがないので)
気になるのは、以下の記述。

〇 クレジットカード納付では、納付額に応じたシステム利用料〔税額1万円ごとに約70円(消費税別)〕がかかります。

10,000円に約70円ということは、(約ってなんだw)
0.7%なので、一般的なクレジット利用のポイント還元率の0.5%を超えてしまいます。
還元率の1%以上の還元率の高いカードを利用していれば少しは価値はあるかも知れません。

JALマイル派にはすでにミニストップでWAON払いという鉄板のスキームがありますよね。

マイレージ生活 : ミニストップでJMB WAONで税金納付

これはマイルで1.5%還元(金額換算で1.8%)ですから、
特に今回のクレジットカードでの納付になびく必要はありません。

それでは、みなさま、よい納税シーズンをお過ごしください。

スポーツオーソリティで中古レンタルスキーのセール

今シーズン(17-18)は次男(5歳)のスキーデビューの年でしたので、
どれくらい気に入って積極的にやるか予想がつかなかったので、
次男のスキーは毎度全部レンタルにしてしまいました。

結果、出費がかさんだので来シーズン(18-19)に向けて、
次男(5歳)のスキーを買っておこうと思います。

スキーシーズンを終えたこのタイミングで、
スポーツオーソリティでレンタル品を安く払い下げるセールをやっていたので、
こちらを活用することにしました。

ski_junior_used_sale_02


スキー、ブーツ、ストックの3点セット(4点セットとも言う)で¥5,000でした。
板のお値段は¥3,000、ブーツが¥1,500、ストックが¥500です。

1シーズンレンタルで使われたものなので、もちろん傷はありますが、
スキーなんてどうせすぐに傷がつくのでまったく問題なしです。

ski_junior_used_sale_01


スキーはスワローのレンタル専用モデルなので元の値段は分かりませんが、
世の中の安物のジュニアスキーのセットは¥15,000〜¥20,000という相場感を持っているので、
まぁ、いい買い物をできたのではないでしょうか。

ストックはsinanoです。

ski_junior_used_sale_03


スキーに関する次の課題は長男のブーツを買うこと。
小学2年生になり、そろそろちゃんとしたブーツを履かせたいので、
フロントの3バックルのモデルを買いたい。

あとは、家族4人分の板のチューンナップする店を探す。


ふるさと納税2017 (10) 山形県酒田市−つや姫

年末のふるさと納税枠消費のための駆け込みの返礼品が忘れた頃にやってきました。

山形県酒田市のつや姫30Kg。

楽天ふるさと納税:【ふるさと納税】【年末年始大感謝キャンペーン】お米はここまでおいしくなれる山形県ブランド米平成29年産米 つや姫 5kg×6袋(30kg)セット

年末年始大感謝キャンペーンってなんだよと思いますが、
なんと、通常時は36,000円の寄付に対する返礼品が20,000円の寄付で!!

もう、こうなると歳末セールと呼んでもいいのでは(笑)

furusato2017_sakata_01


これで新米の季節まではもつかな。。

光熱費削減 2015 その後 (2018年1月現在)

2015年の4月くらいでしょうか。
右肩上がりに増える光熱費に危機感を覚え、
このままではいけないと光熱費削減に取り組んできました。

気がつけばはや3年になろうとしています。
その間、順調に金額が下がってきました。

下のグラフは現在の自宅に住み始めた2007年から、
その月から遡って過去12ヶ月の移動平均をグラフにしたものです。
電気代やガス代は季節性が強く、なかなか傾向が見えにくいからです。

money_kounetsuhi_sakugen (640x417)

2015年の4月をピークに順調に下降し続けましたが、
2018年の2月時点ですが、おそらく今のスキームでの底と考えています。

色々と対策を打ってはみました。

・電話⇒回線をキャリアからMVNOに変更
・電気⇒料金プランを変更(会社は東京電力のまま)
・ガス⇒床暖房のタイマー設定、浴室乾燥の利用頻度削減
・水道⇒シャワーヘッド交換
・インターネット⇒時のマンション管理組合の理事会が頑張ってくれた。

その中でも貢献度が高かったのは・・・
見ての通り電話代が劇的に安くなったことです。

あと、市況として原料安に傾いたということもあり、
電気、ガス料金の燃料調整費がプラスに働いたというのもあると思います。

光熱費・通信費の合計でいうと、
ピーク時から月平均で15,000円下がっていますから、
年間では180,000円程度の削減になっているのではないでしょうか。

代わりにちょっとした贅沢ができそうですよね。

ふるさと納税2018 (1) 山形県天童市−将棋駒と将棋盤のセット

2018年のふるさと納税第一弾。

小1の長男に将棋ブームが来ていまして、
この興味がどれくらい続くは分かりませんが、
とりあえず家に将棋の道具を置いてやることにしました。

それに、男の子がいる家に将棋盤と駒もないのは教養上良くないと思い、
せっかくならMade in Tendoの本物(高いという意味ではなく)を入手しようと思いました。

昨今の藤井聡太棋士の活躍で、天童市のふるさと納税が3倍になったそうです。
まぁ、考えることはみんな同じということです。

furusato2018_tendo_01

ところで、ふるさと納税をやっていると、
返礼品の緩衝材に地方新聞が使われていることが多く、
眺めているとなかなか地域性が垣間見えて面白いものです。

furusato2018_tendo_02

今回は山形新聞が入っておりました。
山形ならではの新聞記事でほっこり。


SIMフリースマホをお得に買い替え 2018冬

2016年の11月にスマホを買い換えたのですが、
妻がなにやら不満らしく買い換えることになりました。

過去記事⇒「SIMフリースマホにお得に買い替え 2016

回線契約はそのままで、端末のみ買い替えです。
機能要件は「防水であること」だそうです。

防水のスマホというと、
ラインアップとしては国内メーカーのミッドレンジかiPhoneが候補になりますが、
私はアンチAppleなので必然的に前者になります。

IIJmioで1世代前の端末のセールをしていたので、これにのろうと思います。

IIJmio キャンペーン情報
digital_iijmio_campaign_201802 _small

購入には条件があり、以下のどちらかである必要があります。
 ・回線の新規契約をすること
 ・既に回線に契約していること

私は後者になりますが、証明に本人確認書類をアップする必要があります。
なかなか手が込んでますね。

私は防水、ワンセグ、おサイフケータイの三拍子そろった
国内メーカーのミッドレンジのスマホ(3万円台半ば〜4万円が相場)が、
2万円を切るとお買い得かな、という相場感を持っています。

今回も32,800円⇒19,800円なので、これはいい条件です。
(おそらく元々の定価は38,000円くらい)

新しくMVNOの回線を契約、または乗り換えを考えている方は、
この機に今回のキャンペーンに乗っかるのもいいかと。

IIJmioモバイルサービス 音声通話機能付きSIM ファミリーシェアプラン

当家は10Gを家族で分け合えるプランに契約しています。
通信費の削減にかなり貢献しています。

と、思っていたら、IIJmioではお目当ての端末が売り切れてしまったので、
泣く泣く他に何かいいものがないかと物色していたら、
本日(2/8)から楽天モバイルのウィンターセールが始まったようです。

楽天モバイル ウィンターセール
digital_rakuten_winter_201802_small

こちらは同じArrows M03が、これまたお安い価格で。
端末9,900円、手数料3,665円、回線6ヶ月縛り3,150円(550円/月x6)
合わせて16,715円となり、こちらの方がややお得じゃないですか。

2016年にはデータSIMはセールでも契約の縛り期間はなかったんですけどね。
さすがにキャンペーン時には6ヶ月縛りを付けるようになったようです。

6ヶ月後に解約するのを忘れないようにしないとね。(笑)

ふるさと納税2017 (10) 熊本県玉東町−うなぎ

2017年度のふるさと納税の返礼品が一つ届きました。

既に存在を忘れていて、冷凍庫には、

ふるさと納税2017 (7) 宮崎県都農町−うなぎ+ハンバーグ

のうなぎ3尾がまだ入っていますが、
また6尾届きました。

2018furusato_gyokuto_01


熊本だけに安定のくまモンマーク付き。
味としては前回の都濃町のもの方がふっくらしていて好みでした。

「今なら『蒲焼きのタレ/さんしょう』付き」とアピールされていましたが、
タレと山椒は普通に付けて欲しいです。

今回も楽天ふるさと納税から。

楽天ふるさと納税:★大サイズたっぷり6尾★熊本県産うなぎの蒲焼き【ふるさと納税】今なら『蒲焼きのタレ/さんしょう』付き

2017年枠でまだ届いていないものがあるような…

ふるさと納税 雑感 ワンストップ特例制度ランキング

今年は確定申告をしないことにしたので、
ふるさと納税のワンストップ特例制度を使いました。

2017furusato_onestop_01


着払いの返信用封筒を付けてくれる自治体、
返信用封筒はあるけど切手は貼らなければいけない自治体、
封筒も切手もセルフの自治体。

スタンスは色々です。

これまで当家から寄付した自体を、
ワンストップ特例制度の気の利かせランキングで分類してみます。(趣味です)
あえてサービスレベルを段階で分けるなら、こんな感じです。


★5 書類の印字あり、封筒あり、切手不要
 ・(2016)長野県立科町、福岡県福智町、長野県佐久市、岡山県総社市
 ・(2017)宮崎県都農町、山形県天童市、熊本県玉東町、愛媛県新居浜市

★4 書類の印字あり、封筒あり、切手要
 ・(2016)福岡県新宮町
 ・(2017)岡山県笠岡市、山形県酒田市

★3 書類の印字あり、封筒なし、切手要
 ・(2016)山梨県甲州市、熊本県宇土市、北海道幕別町
 ・(2017)徳島県徳島市

★2 書類の印字なし、封筒なし、切手要
 ・(2016)青森県十和田町、福岡県春日市
 ・(2017)静岡県吉田町

★1 書類なし
 ・(2016)神奈川県三浦市
 ・(2017)北海道恵庭市

記憶が定かではないのですが「書類なし」はもしかすると、
書類を希望するにチェック忘れかもしれないです。

切手貼るのとかはいいのですが、
送付先を調べて、封筒に書いて、というのは正直面倒です。

年の瀬はいろいろ立て込んでまして、
ちょっとした気遣いをありがたく感じます。
記事検索
Yesterday's Visits
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
  • ライブドアブログ