転ばぬ先のTsue

Korobanusakino杖
http://blog.livedoor.jp/mojin_no_tsue/

宿泊記_国内編

大田区 休養村 とうぶ (3)

20200914_hotel_tobu_hanare_09


20200914_hotel_tobu_hanare_06


20200914_hotel_tobu_hanare_10


20200914_hotel_tobu_hanare_12


20200914_hotel_tobu_hanare_11


20200914_hotel_tobu_hanare_13




大田区 休養村 とうぶ (2)

20200914_hotel_tobu_hanare_01


20200914_hotel_tobu_hanare_02


20200914_hotel_tobu_hanare_03


20200914_hotel_tobu_hanare_04


20200914_hotel_tobu_hanare_07


20200914_hotel_tobu_hanare_05


20200914_hotel_tobu_hanare_08

軽井沢マリオットホテル 2020 (1) Grill & Dining G 朝食

2020年2月の軽井沢スキーはマリオットに宿泊しました。

部屋についてはまたの機会にするとして、
今回はレストランについて書こうと思います。

軽井沢マリオットホテルのレストランは一か所で、
Grill & Dining Gというオールデイダイニングがあります。
レストランとしての営業は朝食、昼食、夕食と別れていますが、
ラウンジとしての営業は通し営業となっています。

私は夜は食事したことがないので、朝食のことを。
朝食はビュッフェとなります。

世界中どこでも同じサービスが受けられる。から、
一定のサービス品質の中からいかにローカル色を出せるか。
にホテルの付加価値の出し方がシフトしているように感じます。

マリオットのようなワールドワイドなホテルブランドでも同様だと思いますが、
ホテルのサービスの中でも一番それが出しやすいのが食事だと思います。

hotel_karuizawa_marriott_restaurant_01

海外のホテルのレストランでメニューが、
「コンチネンタル〜」とか「ウェスタン〜」しなかいとちょっと残念ですよね。

ただ、現地の料理が舌に合わない時の保険として西洋料理は重要なんですが、、
特別不味いフィッシュアンドチップスにも、特別美味なフィッシュアンドチップスにも、
今まで訪れたことがある外国で、出会ったことがありません。(笑)

前置きが長くなりまたが、こちらのレストランでは、
信州の食材や料理がアピールされていて共感が持てました。

hotel_karuizawa_marriott_restaurant_02

お米は浅科(村、現佐久市)の五郎兵衛米。
あまり都市部の市場に出回らないブランド米です、
当家でも軽井沢のスーパーの店頭で見つけた際など買ってきたりします。

最近はネットで簡単に買えるので便利ですよね。
楽天市場:五郎兵衛米

信州味噌幸村については何も知りません。(笑)
ハムなどの食材も地元産のものが見られました。

hotel_karuizawa_marriott_restaurant_03

パンコーナーは軽井沢の名店であるブランジェ浅野屋とのコラボ。

浅野屋は都内各地に店舗を出していますが、本店は軽井沢になります。
http://www.b-asanoya.com/

hotel_karuizawa_marriott_restaurant_04

ジャムは沢屋。
こちらも軽井沢の名店。
https://www.sawaya-jam.com/

簡単にお取り寄せも可能です。
楽天市場:沢屋のジャム

hotel_karuizawa_marriott_restaurant_06

最近はコーヒーのテイクアウトができるようにしてあるホテルレストラン増えてますよね。
たぶんビュッフェの回転率を上げるためのサービスなんじゃないかと勝手に思ってますが。
食後のコーヒーをレストランがじゃなくてテイクアウトにすれば、
10分くらい早く席が空きますもんね。

hotel_karuizawa_marriott_restaurant_05


Grill & Dining G @軽井沢マリオットホテル
長野県北佐久郡軽井沢町長倉4339
Tel: 0267-46-6611
https://www.karuizawa-marriott.com/restaurant/index.html#morning

宿泊記_国内編 目次

宿泊記_国内編 目次

それなりのペースでお泊りはしています。
何か感ずるものがあった宿泊体験だけを書いています。。

書きたいという気持ちに体がついていっていないです・・・

What's new(2020年)
 ※ 2020年02月泊 軽井沢マリオットホテル(再訪)
 ※ 2019年12月泊 エクシブ蓼科(再訪)
 ※ 2019年09月泊 大田区 休養村 とうぶ
 ※ 2019年08月泊 NANJA MONJA
 ※ 2019年07月泊 KIKI知床 ナチュラルリゾート
 ※ 2019年02月泊 ホテルハーヴェスト蓼科(再訪)
 ※ 2019年01月泊 エクシブ軽井沢 サンクチュアリ・ヴィラ ムセオ(再訪)
 ※ 2018年12月泊 神戸元町東急REIホテル
 ※ 2018年10月泊 ホテルニラカナイ西表島
 ※ 2018年07月泊 ヒルトン成田
 ※ 2018年06月泊 八幡野温泉郷 杜の湯 きらの里
 ※ 2018年03月泊 ヒルトン名古屋
 ※ 2018年01月泊 軽井沢マリオットホテル
 ※ 2017年11月泊 エクシブ湯河原離宮

========================================================

■ Karuizawa Marriott Hotel
□ 軽井沢マリオットホテル
 (長野県 北佐久郡 軽井沢町)
 宿泊記 (1) (2018年1月泊)<更新中!>
 宿泊記 coming soon ... (2020年2月泊)

■ XIV Tateshina
□ エクシブ蓼科
 (長野県 茅野市 北山蓼科)
 宿泊記 coming soon ... (2016年01月泊)
 宿泊記 (1) (2016年12月泊)<更新中!>
 宿泊記 coming soon ... (2019年12月泊)

■ Ota City Recreational Village “Tobu”
□ 大田区 休養村 とうぶ
 (長野県 東御市)
 宿泊記 (1) (2019年09月泊)<更新中!>

■ NANJA MONJA
□ なんじゃもんじゃ
 (千葉県 山武郡 横芝光町)
 宿泊記 coming soon ... (2019年08月泊)

■ KIKI Shiretoko Natural Resort
□ KIKI知床 ナチュラルリゾート
 (北海道 斜里町)
 宿泊記 coming soon ... (2019年07月泊)

■ Hotel Harvest Tateshina
□ ホテルハーヴェスト蓼科
 (長野県 茅野市)
 宿泊記 coming soon ... (2014年01月泊)
 宿泊記 coming soon ... (2015年02月泊)
 宿泊記 coming soon ... (2019年02月泊)

■ XIV Karuizawa Sanctuary Villa Museo
□ エクシブ軽井沢 サンクチュアリ・ヴィラ ムセオ
 (長野県 北佐久郡 軽井沢町)
 宿泊記 coming soon ... (2015年06月泊)
 宿泊記 coming soon ... (2019年01月泊)

■ Kobe Motomachi Tokyu REI Hotel
□ 神戸元町東急REIホテル
 (兵庫県 神戸市)
 宿泊記 coming soon ... (2018年12月泊)

■ Hotel Nirakanai Iriomotejima
□ ホテルニラカナイ西表島
 (沖縄県 八重山郡 竹富町 西表)
 宿泊記 (1)(2018年10月泊)<更新中!>

■ Hilton Narita
□ ヒルトン成田
 (千葉県 成田市)
 宿泊記 coming soon ... (2018年7月泊)

■ Kiranosato
□ 八幡野温泉郷 杜の湯 きらの里
 (静岡県 伊東市)
 宿泊記 coming soon ... (2018年6月泊)

■ Hilton Nagoya
□ ヒルトン名古屋
 (愛知県 名古屋市)
 宿泊記 (1) (2) coming soon ... (2018年3月泊)<更新中!>

■ XIV Yugawara Rikyu
□ エクシブ湯河原離宮
 (神奈川県 湯河原町)
 宿泊記 (1) coming soon ... (2017年11月泊)<更新中!>

■ XIV Yamanakako Sanctuary Villa
□ エクシブ山中湖 サンクチュアリ・ヴィラ
 (山梨県 山中湖村)
 宿泊記 (1) coming soon ... (2017年05月泊)<更新中!>

■Disney Ambassador Hotel
□ディズニーアンバサダーホテル
 (千葉県 浦安市 舞浜)
 宿泊記 (1) coming soon ... (2017年03月泊)<更新中!>

■Karuizawa Price Hotel West Cottage
□軽井沢プリンスホテル ウェスト コテージ
 (長野県 北佐久郡 軽井沢町)
 宿泊記 (1) coming soon ... (2017年01月泊)

■ Hotel Harvest Nasu
□ホテルハーヴェスト那須
 (栃木県 那須郡 那須町)
 宿泊記 coming soon ... (2016年02月泊)

■ XIV Hakone Rikyu
□ エクシブ箱根離宮
 (神奈川県 足柄下郡 箱根町 宮ノ下)
 宿泊記 (1) (2) (3) (4) (2016年02月泊)<更新中!>

■ MUJI house of furniture
□ 無印良品 家具の家
 (群馬県 嬬恋村 干俣バラギ高原)
 宿泊記 coming soon ... (2015年09月泊)

■ The Westin Miyako Kyoto
□ ウェスティン都ホテル京都
 (京都府 京都市 東山区)
 宿泊記 (1) (2) (2009年8月泊)
 宿泊記 coming soon ... (2011年04月泊)
 宿泊記 coming soon ... (2015年04月泊)

■Shinjuku Granbell Hotel
□新宿グランベルホテル
 (東京都 新宿区 歌舞伎町)
 宿泊記 (1) (2) (3) (4) (2015年03月泊)
 宿泊記 (5) (6) (7) (2015年03月泊)
 宿泊記 (8) (9) <更新中!> (2015年05月泊)

■ Hotel Harvest Tateshina
□ホテルハーヴェスト蓼科
 (長野県 茅野市)
 宿泊記 coming soon ... (2014年01月泊)
 宿泊記 coming soon ... (2015年02月泊)

■ Hakone Hisui
□箱根翡翠
 (神奈川県 足柄下郡 箱根町)
 宿泊記 coming soon ... (2014年12月泊)

■ Cross Hotel Osaka
□ クロスホテル大阪
 (大阪府 大阪市 中央区 心斎橋筋)
 宿泊記 (1) (2) (3) (2013年06月泊) <2013年11月11日更新>

■ Hoshinoya Taketomijima
□ 星のや 竹富島
 (沖縄県 八重山郡 竹富町(竹富島)
 宿泊記 (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (2013年05月泊)

■Karuizawa Price Hotel East
□軽井沢プリンスホテル イースト
 (長野県 北佐久郡 軽井沢町)
 宿泊記 coming soon ... (2013年01月泊)

■Musoan Biwa
□無雙庵 枇杷
 (静岡県 伊豆市 土肥)
 宿泊記 coming soon ... (2012年11月泊)

■Laforet Shuzenji Sanshisuimei
□ラ・フォーレ修善寺 山紫水明
 (静岡県 伊豆市 大平)
 宿泊記 (1) (2) (3) (4) (2012年11月泊)

■The Prince Hakone
□ザ・プリンス 箱根
 (神奈川県 足柄下郡 箱根町)
 宿泊記 (1) (2) (3) (4) (5) (2012年1月泊)
 宿泊記 (6) (7) (2012年11月泊)

■ Hotel Nikko Narita
□ ホテル 日航 成田
 (千葉県 成田市)
 宿泊記 (1) (2) (2012年9月泊)

■ Hotel Bleston Court
□ ホテル ブレストンコート
 (長野県 軽井沢町 星野)
 宿泊記 coming soon ... (2012年7月泊)

■ Masuichi Kyakuden
□ 桝一客殿
 (長野県 上高井郡 小布施町)
 宿泊記 coming soon ... (2012年7月泊)

■Keio Plaza Hotel Tama
□京王プラザホテル 多摩
 (東京都 多摩市)
 宿泊記 (1) (2) (2011年12月泊)
 宿泊記 (3) (2012年1月泊)

■ Hoshinoya Karuizawa
□ 星のや 軽井沢
 (長野県 軽井沢町 星野)
 宿泊記 (1) (2) (3) (4) (2008年11月泊)
 宿泊記 (5) (6) (2011年11月泊)

■ Tokyu Stay Aoyama Premier
□ 東急ステイ 青山 プレミア
 (東京都 港区 南青山)
 宿泊記 coming soon ... (2011年8月泊)

■ Kawana Hotel
□ 川奈ホテル
 (静岡県 伊東市 川奈)
 宿泊記 (1) (2) (3) (4) (5) (2011年7月泊)

■ Nagomi no Yado Kakujoro
□ 和味(なごみ)の宿 角上楼
 (愛知県 田原市)
 宿泊記 coming soon ... (2011年2月泊)

■ Tharassa Shima Hotel
□ 星野リゾート タラサ志摩
 (三重県 鳥羽市)
 宿泊記 coming soon ... (2011年2月泊)

■ The Busena Terrace
□ ザ・ブセナテラス
 (沖縄県 名護市)
 宿泊記 (1) (2) (3) (4) (5) (2010年9月泊)

■ The Naha Terrace
□ ザ・ナハテラス
 (沖縄県 那覇市)
 宿泊記 (1) (2) (3) (4) (2010年9月泊)

■ Hakone Suishoen
□ 箱根 翠松園
 (神奈川県 足柄下郡 箱根町)
 宿泊記 coming soon ... (2009年12月泊)

■ Niki Club, NIKI CLUB & SPA
□ 二期倶楽部 NIKI CLUB & SPA
 (栃木県 那須郡)
 宿泊記 (1) (2) (3) (4) (5) (2009年11月泊)

■ Iori Machiya Stay, Ishifudono-cho
□ 京町家 庵 石不動之町
 (京都市 京都市 下京区)
 宿泊記 (1) (2) (3) (2009年8月泊)

■ Haimurubusi
□ はいむるぶし
 (沖縄県 八重山郡 小浜島)
 宿泊記 (1) (2) (3) (4) (2009年7月泊)

■ RISONARE
□ リゾナーレ
 (山梨県 北杜市 小淵沢)
 宿泊記 (1) (2) (3) (2008年4月泊)

■ Hotel & Oriental Villa ANGKASA
□ アンカサ ホテル&オリエンタルヴィラ
 (愛媛県 松山市)
 宿泊記 (1) (2) (2008年3月泊)

■ Hyatt Regency Kyoto
□ ハイアットリージェンシー京都
 (京都府 京都市 東山区)
 宿泊記 (1) (2) (3) (2007年10月泊)

■ Hilton Tokyo
□ ヒルトン東京
 宿泊記 (1) (2) (2007年4月泊)

■ Park Hotel Tokyo
□ パークホテル東京
 宿泊記 (1) (2) (2006年11月泊)

■ Radisson Miyako Hotel Tokyo
□ ラディソン都ホテル東京
 宿泊記 (1) (2) (2006年5月)

■ Ryokan Kozankaku
□ 旅館 古山閣
 宿泊記 (1) (2003年xx月泊)

ホテルニラカナイ西表島 (1)

2018年の秋休みは西表島に訪れました。

八重山諸島は2009年の小浜島、2013年の竹富島滞在に続き3度目になります。
2009年の滞在では日帰りで西表にも行ったんですよね、
10年前なので記憶はあまりありませんが、記録に拠れば。

今回は石垣に前泊をして、西表で2泊の滞在になります。

hotel_nirakanai_iriomote_01

宿泊したのはホテルニラカナイ西表島。
ニラカナイというのは琉球語で理想郷を表すニライカナイから付けたそうです。

リゾート好きの基準で言えば、西表島で唯一のリゾートホテルになります。

hotel_nirakanai_iriomote_01

私の記憶が正しければ、このリゾートは当初ユニマットが開発し、
その後運営が星野リゾートになり、独立系に変わり(2018年の宿泊時)、
2019年にまた星野リゾートの運営になっていました。
「星野リゾート 西表島ホテル」という名前で運営しています。

西表島で大きなプールがあるのはこのホテルだけです。
やっぱり子供はプールがあると、分かりやすく喜びますよね。
ただ、温水ではないので、大人にはなかなかシンドイです。。

hotel_nirakanai_iriomote_pool_01

西表島という自然環境のコンテンツは素晴らしく、
ネイチャーアクティビティもとても豊富なのですが、
経営が安定しないのはなぜでしょう。

hotel_nirakanai_iriomote_02

ロビーでは三線の生演奏がなされていて、
リゾートらしいとてもいい雰囲気です。

続く。

大田区 休養村 とうぶ (1)

長野県東御市にある「大田区 休養村 とうぶ」です。

「とうぶ」というのはこの辺りの市町村合併前の町名で、
旧東部町(とうぶまち)と旧北御牧村(きたみまきむら)が合併した際に、
一文字ずつ取って東御市(とうみし)になったんだそうです。

hotel_tobu_honkan_03

上田盆地を望む山の斜面に東京都大田区が運営する保養所施設があります。
大田区に所縁のある知人に招待頂きました。

弓なりの形状が特徴的な本館はプリツカー賞受賞者の伊東豊雄氏の設計です。
築20年が経過していても古さをまったく感じないのは建築家の腕でしょうか。

hotel_tobu_honkan_01

下の写真はエントランス正面のロビーから庭に出たところから撮ったものですが、
斜面を利用して建っているため、実はレセプションのフロアは3Fにあたります。
さらに斜面は上に続いていますから、全体としては4階建ての建物になります。

hotel_tobu_honkan_02

なのですが、
実は今回泊まったのはこの伊東豊雄氏設計の本館ではありませんでした。
下の写真で長い建物の左端の上に和風の屋根が見えているかと思います。

あちらが今回宿泊した部屋になります。

この施設には別棟として移築した古民家が2棟あり、
大人数での宿泊で利用できるようになっています。

hotel_tobu_honkan_04

次回は古民家の別棟の様子を少しご紹介します。

つづく。

大田区休養村とうぶ
〒389-0505
長野県東御市和6733-1
TEL:0268-63-0261

ヒルトン名古屋 (1)

2018年3月に一泊で名古屋に旅行に行きました。

リニア・鉄道館とレゴランド・ジャパンをハシゴするという、
男児を持つ家族にとって王道のコースです。

宿泊は名古屋の中心街にあるヒルトン名古屋を利用しました。

もっと、駅近の便利な立地のホテルはあるにも関わらず、
名古屋駅からタクシー利用※となるヒルトンを利用しようと思ったのは…
「たまたま」ヒルトン・オーナーズのゴールドステータスを持っていたからです。

真面目に宿泊を重ねて取得したゴールドステータスではないこともあり、
なかなかヒルトンに宿泊する縁がなく利用する機会がなかったのですが、
せっかくなので一度は活用してみたいと思ったのでした。

hotel_hilton_nagoya_01


ヒルトン名古屋は素泊まりの場合には1泊2名と1名で料金の差がないため、
ゴールドステータスのセカンドゲストフリーの特典は効きません。
ただし、会員本人と2人目の朝食は無料で提供してくれます。

また、ヒルトン名古屋は小学生以下添い寝無料のポリシーなので、
連れの4歳と7歳の宿泊費用はかかっていません。

添い寝の子供の分の朝食については「原則」有料ですが、
実際の運用が厳密ではなく、ちょっとフワッとしているようです。

部屋のアップグレードは、前日のWebチェックインで確定させました。
「ヒルトンルーム・クイーン」から「デラックスルーム・キング」へ。

hotel_hilton_nagoya_02


hotel_hilton_nagoya_04


hotel_hilton_nagoya_06


hotel_hilton_nagoya_03


hotel_hilton_nagoya_05

ヒルトン名古屋 (2)

hotel_hilton_nagoya_breakfast_05


hotel_hilton_nagoya_breakfast_01


hotel_hilton_nagoya_breakfast_02


hotel_hilton_nagoya_breakfast_03


hotel_hilton_nagoya_breakfast_04


軽井沢マリオットホテル 2018 (1) 総論

旧「ラフォーレ倶楽部 ホテル中軽井沢」が「軽井沢マリオットホテル」にリブランドしました。
全国のラフォーレ5ホテルを2016年から順次リブランドしましたが、
2016年7月にオープンした第一号(東京は除く)になります。

成人の日の連休に軽井沢でスキーのために2泊してきました。

リブランドに合わせてインテリアなどは大々的に改装してあります。
改装前のラフォーレ時代を知らないので比較はできないのですが。

レセプションのデザインはシンプルかつモダンに。
黒に赤字のマリオットのロゴが映えます。

hotel_karuizawa_marriott_05


レセプションやロビーのゾーンとオープンに繋がっているレストラン。
窓が大きく開放的でリゾート感が出ていてキレイな空間です。

hotel_karuizawa_marriott_01


一番スタンダードなメインウィングのモデレートツイン。
ソファーベッドがセットされていても窮屈な印象はありませんでした。

hotel_karuizawa_marriott_03


リブランド後に新しくオープンしたノースウィングのロビー。
シンプルながら正月らしい飾りつけが外人ウケしそうです。
こちらの棟の部屋は温泉付きなのだそうです。

hotel_karuizawa_marriott_02

外観はラフォーレ時代のちょっと昔っぽさを残しています。
建築としてのホテルも好きな私にはちょっと物足りないですが。
車寄せの天井があまりにも低い・・(笑)

hotel_karuizawa_marriott_04


総じて内部はどこもキレイでアフタースキーを快適に過ごすことができました。
中軽井沢の市街地から外れているので、周りに飲食店がないのがちょっと。

あと、サービスはまだ荒削り。

私はラフォーレ倶楽部価格で泊まらせて頂いたので文句はありませんが、
正規の市場価格で宿泊していたらちょっと不満だったかも知れません。

特別サービスが悪いというよりは、価格設定が高すぎるんです。
サービスはこれからよくなっていくと思いますけどね。

詳細はまた追って書いていきたいと思います。

軽井沢マリオットホテル(公式)
〒389-0111
長野県北佐久郡軽井沢町長倉4339
TEL 0267-46-6611

市場価格での価格付けもご確認を。

 ・一休.comで見てみる
 ・Reluxで見てみる

エクシブ湯河原離宮 (1)

秋も深まると温泉に入りたくなる。

実は夏でもキャンプ帰りに立ち寄り湯に入って帰ってくる。
というのをしょっちゅうやっていますので、温泉自体はよく入ります。

なので、これは完全な風情の話。
そんな訳で秋の温泉旅行として神奈川県内の湯河原温泉に
2017年の3月31日にオープンしたエクシブ湯河原離宮に一泊してきました。

エクシブには各施設にデザインのテーマがありまして、
湯河原離宮に関しては「琳派モダン」を標榜しています。

あちらこちらに金きらきんの和の装飾がアクセントに施されています。

hotel_xiv_yugawara_01

ネット上の評判では琳派モダンについてはどちらかというと皆さんスルーされていて、
むしろ大変な物議をかもしているのがこの部屋の配置。

オフィシャルサイトの写真をみると分かりますが、
日が暮れると、パブリックエリアから各部屋の中が丸見えになるという。。

レストランで食事中に紳士の入浴姿が見れる、とか、
人目が気になって部屋にいてもまったくカーテンを開けられない、とか。

興味津々というか、ある意味、戦々恐々としながら訪れてみました。(笑)

(公式)エクシブ湯河原離宮

hotel_xiv_yugawara_03

ふたを開けてみれば、アサインされた部屋は3号館という、
この水庭を囲むように配置された部屋ではなく、外向きの部屋。

外向きではありますが、視界はありませんでした。
ですが、窓の外は植栽があり、その隙間から木漏れ日が部屋に入る、
午後のひと時を過ごすリビングとしてはなかなか素敵な環境でした。

水鏡の中庭に面した部屋ではなかったので、
誰かからの視線を気にすることなく過ごすことができました。

hotel_xiv_yugawara_02

ベッドの間接照明も和柄の屏風絵のような仕掛けでした。
照明を全開にした状態での寝室の暗さはエクシブならではという感じです。

hotel_xiv_yugawara_04

こちらは部屋の風呂。
温泉です。

これまでエクシブの施設では部屋に温泉が引かれていたのは、
スーパースイートのカテゴリだけだったようです。
箱根離宮も、山中湖SVも、そのようでした。

湯河原離宮は一つしたのスイートカテゴリまで部屋が温泉のようです。

当家は部屋に温泉のあるスーパースイートのランクの部屋に泊まりました。
あ、もちろんオーナーではないんですよ。念のため。

お風呂の窓もリビングと外側の植栽に面していて、
そとからの視線はまったく気になりませんでした。

hotel_xiv_yugawara_05

食事に関しては、朝食は和洋中バイキング、
夕食は遅い時間しか空きがなかったため、外に食べにでました。

バイキングの料理は今まで泊まったエクシブで一番美味しいと思いました。

その他、会員権の販売は苦戦しているなんて話も聞きますが、
全般的にスタッフの方々の対応はとても丁寧で感じもよく、
一見のゲストでもとても大切にされている印象を受けました。

前回宿泊した山中湖SVの宿泊記ではサービスのことをネガティブに書いたので、
今回はそんな印象はまったく受けなかったとフォローしておきます。

エクシブ湯河原離宮
〒259-0314
神奈川県足柄下郡湯河原町宮上631-1
TEL:0465-60-2555
記事検索
Yesterday's Visits
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
  • ライブドアブログ