転ばぬ先のTsue

Korobanusakino杖
http://blog.livedoor.jp/mojin_no_tsue/

音楽

PONTA BOX featuring 未唯mie @MotionBlue Yokohama 2016

私の故郷、横浜です。

子供たちを横浜の実家に預けて数年ぶりに妻と二人で外出しました。
長男が1歳の時に慣らし保育期間にランチして以来4年ぶりだと思います。

MotionBlue Yokohamaは青山にあるBlueNoteの系列のジャズクラブで、
横浜の赤レンガ倉庫の一角にあります。

窓の外には横浜の港が見えます。

music_motionblue_03

私が小学生の頃開催された1989年横浜博覧会を機に、
一気に再開発が進んだ横浜の臨港地区ですが、
30年近く経った今でもまだまだ開発は進んでいます。
赤レンガ倉庫の横にも新しい商業施設がオープンしていました。

第2ステージは6時会場、7時半開演。
数年前にオープンしてまだ行ったことがなかった「mark is みなとみらい」で買い物後、
赤レンガ倉庫に到着した際にはそらはちょうど黄昏どき。

music_motionblue_02

この日のステージはPONTA BOX featuring 未唯mie。

そうそう、あのミ−ちゃん、ケイちゃんのミーちゃんです。
ジャズクラシックスのカバーからピンクレディーのジャズアレンジまで。

ジャズ初心者の夫婦にも飽きない構成でよかったです。

music_motionblue_01

今回は結婚記念日も兼ねてということで、
食事もディナーをコースでお願いしました。

専業レストランではないのでどうだろう?と思いつつ、
連れが苦手な食材について事前に相談したところ、
快く食材を変更して頂けました。

music_motionblue_04

結構融通が利くんですね。
助かります。

料理の味はまぁまぁ美味しいと言ったところです。
そこは美食レストランを基準に考えるのは厳しいかも知れません。

music_motionblue_05

外のテラス席にバーコーナーがあります。
そちらはミュージックチャージは無しで入れますし、
黄昏ていく横浜港を見ながら一杯傾けるのもいなせだと思いますよ。

唯一の後悔は車だったのでお酒が飲めなかったこと。。
ノンアルコールのモヒートに似たカクテルも美味しかったですが、
ここはやっぱりバーボンでしっぽりいきたかったですね。

Motion Blue YOKOHAMA
〒231-0001
横浜市中区新港一丁目1番2号 横浜赤レンガ倉庫2号館3F
TEL:045-226-1919

NICOLA CONTE JAZZ COMBO @Blue Note Tokyo 2014

ご無沙汰してます。

更新が滞っていましたが、元気です。

ちゃんと文章を書こうと思うと、それなに腰を据えてPCに向う必要があり、
ついついブログ更新という作業のプライオリティが下がってしまいます。

5ヶ月になった次男と二人で留守番中ですが、運よく寝てくれたので、
寝てくれている間に今日はサラッと。(笑)

==========================================

さて、先日久しぶりにBlue Note Tokyoに行く機会に恵まれました。

ペアでチケットを頂いたのですが、
20歳未満は入場できないのでさすがに妻子を連れて行く訳にはいかず、
高校以来の音楽に詳しい友人を誘って行きました。

基本的には休日はいつも家族と過ごすのですが、
たまには息抜きにこんな大人の世界もいいんじゃなかろうか。と。

music_bluenote_02

いまさらですが、Blue Noteといえば、New Yorkに本店のある名門ジャズクラブです。
初めて行く人にはやはりドレスコードが気になるようです。

「教えてgoo」や「Yahoo絵知恵袋」には、何を着て行けばよいでしょうか?
という悩める女性たちの相談が溢れています。
(男性はあまりない。別に鈍感という訳ではなく、
 女性ほど「キレイめ」の幅が広くないんだと思います。)

Blue Note Tokyoには正式にはドレスコードはありません。
公式サイトには以下のように書かれています。

「ドレスコードはございません。お気軽にお越しください。
 公演/アーティストにあわせてお洒落もお楽しみいただきますと、
 よりブルーノート東京でのライヴを満喫いただけるかと存じます。」

ドレスコードはないと言いつつ、さらにハードルを上げてきますよね。(笑)

まぁ、いろんなジャンルのアーティストの公演があるので、
例えば、ロックのアーティストとクラブジャズのアーティストで
一律にドレスコードなんて作れないというのが実情だと思っています。

music_bluenote_01


私はBlue Note Tokyoに行ったのは約4年ぶりなんですが、
前回は友人に誘われて連れて行ってもらいました。

たまたま偶然なんですが、実は前回もNICOLA CONTEのステージだったんです。

(前回の記事⇒

4年もたてば、アーティストの音楽の方向性も変わるもので、
以前は今風のおしゃれな感じでしたが、より黒く、よりドロっとした世界観に変わっていました。

僕はブラックミュージック全般が好きなので、
個人的にはこちらの方が好みなので◎です。

帰りは原宿の場末の居酒屋で、
このステージの話を肴に安い酒を飲んで解散しました。



なかなかよい休日。
でも、Blue Noteに何か忘れ物をしてきた気がする・・・(笑)

Blue Note Tokyo
〒107-0062
東京都港区南青山6-3-16ライカビル
TEL 03-5485-0088


聞いてくれ



柔道の試合を見ていて、「待て」の合図を見て。。

相方 「ねlねぇ、『まぁ、待て。オレの話を聞いてくれ。』ってなかった?」

うん?何だったかな。
あぁ、あれだ。

惜しいけど、それを言うなら、

『まあ、聞いてくれ。』

だよ。
Miles Davisの自伝の書き出しね。

アンパンマンのマーチ

music_anpan

週末に「アンパンマンのマーチ」を聞いていたんですが、
なかなかどうして歌詞が重い。。

=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=

そうだ!嬉しいんだ!生きる喜び
たとえ胸の傷が痛んでも…

何のために生まれて、何をして生きるのか?
答えられないなんて、そんなの嫌だ!

今を生きることで熱い心燃える
だから君は行くんだ、微笑んで…

そうだ!嬉しいんだ!生きる喜び
たとえ胸の傷が痛んでも…

=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=

よし、この歌を生きる糧にしよう。

The Harder They Come

music_harder_they_come

1972年発表のJimmy Cliff主演の映画"The Harder They Come"のサントラ。

Peter Barakan(Twitterにて)をして、
最高のサントラ版と言わせしめた一枚です。

それまでレゲエは知る人ぞ知るのマニアックなジャンルだったそうですが、
この映画で世界中のrude boyたちが、
レゲエという音楽を認知するにいたったとか。

Eric Claptonが"I shot the sheriff"をカバーして、
Bob Marleyが世界で人気者になった1974年の2年前のことです。

収録されている曲は今でもJimmy Cliffの代表曲となっているものたちと、
Toots & the MaytalsやThe Melodiansなどの
レゲエ初期のアーティストの曲も収録されているので聞き応えは十分です。

Jamaicaが嫌いでなければ一家に一枚あってもよろしかろう。

Paul Potts 東京公演 @東京芸術劇場

少し前のことですが、Paul Pottsのコンサートに行ってきました。

相方からクリスマスプレゼントにコンサートのチケットをもらったんです。

池袋の東京芸術劇場での公演です。

music_paul_potts_concert

Paul Potts氏はイギリスのオーディション番組での優勝をきっかけに
歌手デビューをしたので有名ですが、
当初はオペラ歌手を目指して活動していたそうです。

なんで、曲目にもオペラの曲がいつくも出てくるのですが、
実は杖はオペラにはまるで素人なので歌詞の意味とかは分かりません。

ただ、分かるのはやっぱPucciniはスゲーということくらいです。
曲は知らなくても心にズカズカと入り込んでくる感じがします。


もうひとつ、おもしろいなぁ。と思ったことがありまして、
これは歌や曲のことではないのですが・・・

上に書いたように、オペラの曲が歌われるのですが、
もちろんオペラではありません。
オペラであれば当然フォーマルに近い感覚でいくのですが。

何かというと、客層がちょっと不思議感じなんです。
男性はジャケット姿、女性はドレッシーにビシッと決まったカップルもいれば、
よくこれでコンサートホールに来れるなぁ。という、
バッドセンスな酷い装い(ビッチ風)のギャルもいる。


フォーマルとカジュアルの出会う場所。
汽水域さながらのなかなかのカオス空間でした。


帰りは目白のカジュアルフレンチでディナー。
久しぶりの(そして最後の?)フルコースの大人のデートでした。

相方、素敵なプレゼントをありがとう。

Saturday in the park - Bobby Caldwell

music_saturday_park

久しぶりに音楽をオンライン購入してみました。

三菱地所のCMで流れているBGMですが、
相方がテレビを見ながら鼻歌を歌っていたもので。

ChicagoのSaturday in the parkのBobby Caldwellのカバー版。

2008年にリリースされているのですが、
ダウンロード販売でしかリリースされていないとか。

Bobby Caldwellといえば「ミスター大人」。
日が暮れた後の大人の時間のイメージですが、
こういう天気のいい午後に心地よいイメージは新鮮ですね。

若い頃は早く大人になりたくて、
ドロドロとした重苦しい曲を好んで聴いていた気がしますが、
大人になってからは聞いていて気が楽な方に流れがちです。

できれば気楽に生きたいですね。

東京フィル ニューイヤーコンサート 2010

music_tokyo_fil_newyear

Bunkamuraのオーチャードホールでのコンサートに行きました。

オーチャードホールに来るのなんて何年ぶりだろう?
思い出せる一番新しい記憶は・・・
姉の大学の吹奏楽のコンクールの全国大会を見にいった時でしょうか。

さて、コンサートの演目ですが…

第一部
 デュカス/交響詩「魔法使いの弟子」
 ラヴエル/ピアノ協奏曲ト長調
 武満徹/グリーン

第二部
 アンダーソン/プリンク・プランク・プルンク、タイプライター
 ショパン/「レ・シルフィード」より
  "ワルツop.70-1"、"マズルカop.33-2"、"華麗なる大円舞曲op.18"
 ハイドン/ヴァイオリン協奏曲第1番 ハ長調より第2楽章
 ショスタコーヴィチ/バレエ「明るい小川」より"ワルツ"
 J.シュトラウスII/春の声

アンダーソンのタイプライターは、
子供の頃に家にあったCDをよく聞いていたので懐かしかったです。

大人にだって難解なクラシックの世界で、
子供が聞いていて楽しいのはこういう曲ですよね、大抵は。

最後には豪華景品の福引があるのですが、
 3等がセルリアンタワー東急ホテルの宿泊券
 2等はソウル往復航空券
 1等は東京フィルのラデツキー行進曲を指揮できます

1等は好きな人にはたまらんでしょうが、
我々のような素人にはむしろ罰ゲームに近いです(笑)
これだけは当たって欲しくない!

運よく、1等はクラシック大好きな方に当たり、
観客巻き込みずいぶん楽しんでいらしたようです。

よかった、よかった。

ニューイヤーコンサート、ちょっとカジュアルで楽しくていいです。

NICOLA CONTE JAZZ COMBO @Blue Note Tokyo

前回と同様のパターンで友人に誘われ、
再びBlue Note Tokyoへ。

今回は9時半から開演の回だったので、
青山の近場のスペイン料理屋で食事を済ませて行くことにしました。

平日にも関わらず、
年末とあって忘年会らしいグループもいて賑わっておりました。

music_nicola_conte_04


今宵のライブはNICOLA CONTE JAZZ COMBOです。

イタリアのクラブ・ジャズシーンのカリスマだそうです。
クラブにもイタリアにも縁のない上に、
ジャズにもさして明るくない杖はもちろん存じ上げませんでした。

杖はどうしてもジャズというと、
New Orleans 辺りで黒人のオッサンが
脂汗を垂らしながら演奏している古典的な偏見を持っているのですが、
ヨーロッパのジャズはなんだかスマートなんですね。

music_nicola_conte_02

素人目で見ていても異才を放っていたのが、
トランペッターのFABRIZIO BOSSO(ファブリツィオ・ボッソ)でした。

演奏だけじゃなくて、なんせ佇まいがダンディー!

後から解説やネットやらを見てみたら、
かなり注目の若手?プレイヤーだそうです。

Italiaジャズ界のNo.1の売れっ子だそうです。

music_nicola_conte_03

ところで、ライブ中に楽譜を見ている時があるのですが、
ジャズってあんな感じ(即興)じゃないですか?

逆に楽譜には何が書いてあるのか気になってしまうのですが…
主旋律だけが書いたあるんでしょうか?
少なくとも、出している音が全て楽譜に書いてあるわけはないですよね。

music_nicola_conte_01


今回はなんと一番素敵なステージの並びのボックス席。
こんなところに座らせて頂いてどうもすみません。

あ、ちなみに、演奏中は撮影・録音は禁止なんですが、
それ以外の時には何も言われません。

上の写真を撮っていたら、
スタッフが前を通るのを待っていてくれたくらい。

BabyFace - The Day

music_the_day

90年代はBabyFaceとJam & Lewisの時代だった
と言っても過言ではないと思っています。

そんなBabyFaceのおそらく全盛期の96年の自身のアルバムで、
杖的にも90年代の思い出に残る一枚がこの"The Day"です。

今度、"90年代の思ひ出"シリーズでもやろうかと思ったりしますが、
このタイミングでこのアルバムのことを引っ張り出してきた
(実際にラックの中で埃をかぶっていた)
のには少し訳があります。

96年といえば、杖は18,9歳。
大学受験も何とか終わった時期に世の中の他の18歳よろしく
脳みその大部分はどうすれば女子にモテるのか?
という使命(笑)に支配されていました。

そんなお年頃でしたので、
このアルバムのタイトルにもなっている曲
"The Day (That You Gave Me A Son)"
の内容は当然まったく別世界のことを歌っていたわけです。

でも歌詞にバッサリとは切り捨てられない神聖さを感じて、
自分の愛する人との間に子供が生まれるってどんな気持ちだろう?
と貧困な(でもある分野では旺盛な)想像力を働かせながら
18,9歳のガキんちょながらに何度も聞き返してました。

それから15年経って杖もようやくこの曲の境地に立つわけで、
やっとこさ大人になれるってもんです。
なかなかどうして感慨深いものがありますね。

このアルバムはこの曲以外も名曲揃いです。
一番のお気に入りは"Simple Days"ですね。

ぜひ聞いてみてください。
記事検索
Yesterday's Visits
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
  • ライブドアブログ