転ばぬ先のTsue

Korobanusakino杖
http://blog.livedoor.jp/mojin_no_tsue/

アナログライフ

Aman Spa in Amanwana

スパにはそのリゾートの哲学が詰め込まれている。
またはそうあって欲しいと思っています。

インドネシアの離島にあるテントリゾートAmanwanaのスパには
空間デザインとしてどんな思いが表現されているのでしょうか。

ずばり、リゾートのコンセプトである『テント』、そして『ジャングル』です。

AmanwanaのAmanスパには、Spa Tent と Jungle Cove Spaの2種類があります。
メニューは違わず施術場所を選ぶことができるみたいです。

spa_amanwana_01

こちらがSpa Tent 。

場所はレセプションやレストランの建物から一番近い、
でも道からは少し奥まっているTent No.1がスパになっています。

写真はリゾート内を通る道から撮ったものです。

spa_amanwana_02

テントの構造自体は他のゲスト宿泊用のテントと同じですが、
違うところは施術用のベッドと格子の置くには大きなバスタブがあるところです。

テント内は空調が効いていて、日差しが強い日中でも快適です。
セラピストさんに何枚かテント内の写真撮ってもいいですか?と聞くと、
ひょいっとカメラの死角に入ってくれました。慣れてますね。(笑)

spa_amanwana_03

対してこちらが、Jungle Cove Spa。
ご覧のように、『外』です。

場所はSpa Tent とは反対のリゾートの一番奥に位置しています。
宿泊用のテント群を抜けてその先にはもう離れのパビリオンとGM宅しかないという場所です。

こちらも写真はリゾートを貫く道から撮ったものです。
今回は私はJungle Cove Spaは利用しませんでした。

spa_amanwana_05

利用者がいなかったので、中まで入ってみました。

中の設備は使っていないときには、
ベッドにはカバーがかかっていますし、バスタブには枯葉が溜まって、
写真をお見せしてもさほど美しいものでもないので割愛。

ゲストを迎えるときには完璧に環境を整えてあると思いますよ。
だって、Amanですもの。

spa_amanwana_04

最後はボートシュノーケリングをしていた時に、
海上から撮ったJungle Cove Spaの写真。

改めて、Jungleと、そしてCoveの間にある空間だと認識します。

雨季には虫が気になるという話もありますが、
我々が訪れた乾季には刺すような虫はまったく気になりませんでした。

男子スパ(またはスパ男子) 目次 

実は私はスパ男子です。

原体験は2004年に訪れたBaliのリゾートThe Legianのスパでした。
遠くから聞こえる波の音、それに調和するように体を巡るリンパ・・・
薄れいく意識の中で、あぁぁ、こんな世界があるのか、と。

それからリゾート滞在した際には、
チャンスがあればスパに行くことにしています。

(Talise Spa @Jumeirah Vittaveli, Maldives)
spa_talise_maldives_01

スパは気持ちいいです。
それは当たり前なんですが、それだけではないんです。

スパという施設は、そのコンセプトというか、
ある哲学に基づいた空間を徹底的に作りこんであることが多いので、
空間設計の妙を体験することができるという意味でもとても気に入っています。

(Kirana Spa @Royal Pita Maha, Bali)
spa_kirana_01

それは水上コテージからの見渡す限りの穏やかな水平線であったり、
またはその地方の伝統的な建築様式による空間の再現であったり、
はたまはその現代的解釈であったり・・・

(スパ @星のや 竹富島)
spa_hoshinoya_taketomi_04

という訳でちょいちょいと旅行記で触れたことはあったものの、
今までそういう観点でのインデックスがありませんでした。

ということで各記事にカテゴリを複数設定できるようにもなりましたので、
各旅行記の中などに埋もれていたスパ体験をカテゴリにまとめました。
(ただいつも写真はあまりうまく撮れていない)

リンクはおいおい貼っていきます。

□2017 Aman Spa(@Amanwana, Indonesia)

□2016 Talise Spa(@Jumeirah Vittaveli, Maldives)

□2014 Moana Lani Spa(@Moana Surfrider Westin, Hawaii)

□2013 星のやスパ(@星のや, 竹富島)

□2012 Aman Spa(@Amanpulo, Philippines)

□2011 The Kahala Spa (@The Kahala, Hawaii)

□2009 てぃんがーら(@はいむるぶし, 小浜島)

□2008 Kirana Spa (1) (2) (@The Royal Pita Maha, Bali)

□2008 Luxe Lounge Spa(@Sentosa Private Villas & Spa, Bali)

□2007 Givenchy Spa(@Le Touessrok, Mauritius)

□2007 Banyantree Spa(@Banyantree, Seychelles)

□2006 Dhevi Spa(@Mandarin Oriental Dhara Dhevi, Chiang Mai)

□2005 Jivarhu Spa(@Tanjung Rhu Resort、Langkawi)

□2004 The Spa at The Legian(@The Legian, Bali)

カブトムシの世代交代(幼虫飼育環境)

記録として。

9月中旬の先週あたり、
当家で買っていたカブトムシ6匹のうちの最後の1匹が他界され、
そろそろ飼育ケースを片付けないとと思っておりました。

飼育環境のマットを掘り返してみると2ケースのうち1ケースでは、
既に卵が孵ってそこそこのサイズの幼虫になっていました。

analog_kabuto_yochu_02

卵はあるかもと思っていたものの、
まさか既に孵ってここまで大きくなっているとは。
慌てて幼虫の飼育環境に模様替えしました。

当家で使っているマットはこちら。
Amazon:マルカン バイオ育成幼虫マット 10L M-705
昨シーズンはこちらで幼虫を羽化させた実績はあります。

analog_kabuto_yochu_01

幼虫は全部で12匹取れましたが、
とりあえず手持ちの飼育ケース2つに6匹ずつ分けました。
もう少し大きくなったら6匹は窮屈かも知れませんね。

飼育ケースは以前もご紹介したこちら。
Amazon:SANKO クリーンケース L」を使っています。
蓋を開けずに中を観察しやすいですし、見た目もスタイリッシュです。(笑)

analog_kabuto_yochu_03

1つの飼育ケースに上の幼虫マット1袋を入れると、
深さを確保できてちょうどいいと思います。

さて、次は秋も深まった頃にマットを交換しようかと思いますが、
それまではベランダの隅の方でしばしお休み。



カブトムシのエチケット問題

カブトムシを飼育する上でのエチケット問題について、
個人的に思うところを踏まえて整理してみたいと思います。

当家は男児2名体制ですので、夏はカブトムシ、クワガタが既定路線です。

秋頃に知り合いから幼虫を6匹迎え入れましたが、
6月の下旬くらいから順次無事に羽化しました。

analog_beatles_02

これらを自宅で、しかも室内などの生活空間に近い場所で
飼うに避けて通れないのが最強のステークホルダーである奥様の理解です。

昆虫好きな奥様であればよいのでしょうが、かなり少数派だと考えられます。
そこで、私なりに考えた最低限の妥協点(エチケット)が以下かと思っています。

 ・悪臭を出さない
 ・コバエやダニを繁殖させない

飼育環境のこだわりのない部分については、100均で済ましてます。

飼育ケース2個分の最低限の飼育環境、
全てダイソーのオリジナル商品で ↓ 864円なーりー。

analog_beatles_01

最近はダイソーで驚くほどなんでも買えてしまう。

これにもう少しこだわったの品を加えていきます。

◇飼育ケース
飼育ケースはこちらのものを使用しています。

Amazon:SANKO クリーンケース L

通気部分の穴が細いのでコバエが入りづらく、臭いが漏れ難いのがウリです。
フタが全透明なので上からみても視認性が高いのも観察にはいいです。

幼虫時代に購入し、羽化後は環境を作り直して使い続けています。

◇飼育マット
ここでいうマットとは土のことです。

こちらはヒバの木屑で作られていて、
臭い対策と同時にコバエやダニを寄せ付けないためのものです。

100均の安いマットに混ぜて使っています。
実際に昨年飼っていた天然モノに着いていたダニもいなくなったのを実感しましたし、
これを使用すると飼育ケースの中はヒノキ風呂(笑)のような香りがします。

Amazon:マルカン ダニも落とせる消臭マット 5L M-690

◇霧吹き
とどめは水分補給に使う水です。

こちらの商品は消臭効果のあるイオン水を使用しています。
日々の水分補給やケースの壁についた糞を洗い流すのに使えば防臭になります。

Amazon:マルカン 上手に飼育できる 消臭バイオ水分補給スプレー KW-13

というわけで、
男もカブトムシも夏場はエチケットが大事。
好感度の一番の要素は清潔感だよ。という話でした。(違)

城ヶ島公園で父子ピクニック

最近妻が忙しくて篭っていることもあり、
週末は息子たちと男3人で気ままに遊びまくっています。(笑)

明日は天気がよさそうだし、何処に行こうか?

次男「どうぶつえんいきたい!」 ⇒昨日行ったけど(しかも今月既に動物園2回)
長男「こうえんでピクニック!」 ⇒それはノンビリできそうで魅力的ね
父親「海を眺めて癒されたい!」 ⇒とーさんとてもくたびれてます・・・

全部まるごと実現するにはどうする?
私が閃いたた行き先とは・・・

jogashima_02

そうだ、城ヶ島にいこう。
そして、その足で油壺マリンパーク(水族館)だ。

城ヶ島というのは三浦半島の南端に太平洋に突き出た島でして、
半島からは有料の橋でつながっています。

先日の三浦国際市民マラソンでは、
こちらの城ヶ島が折り返しとなっておりました。

↓こちらの地図でもご参照ください↓
run日記:第35回2017三浦国際市民マラソン

jogashima_01

城ヶ島の東側1/4くらいは公園になっていまして、
東端にピクニック広場になっています。

芝生に座ると海は見えないのですが、立ち上がればみえます。
一枚目の写真は展望台からの景色。

あの灯台まで行ってみる?
と誘うと、兄弟の冒険心を刺激したようです。

jogashima_04

いざ先端まで行ってみると、
岩場に白波が弾けてなかなかの迫力です。

釣り人たちは慣れたものでヒョイヒョイと移動していますが、
こちらは3歳と7歳のやんちゃ坊主連れ。
子供が落ちたら助け出す自信ありません。

自分で言い出したものの、
見てるこっち冷や冷やして気が気じゃないので、
何食わぬ顔の長男を急かして手前まで引き上げてきました。

波打ち際でなくとも、冒険家気取りの兄弟は
大きな岩を上ってクリアしてはドヤ顔の長男でした。

jogashima_03

結果としては息子たちの願望は満たされたようですが、
とうさんだけは癒されたというよりは、ドキドキ気づかれしたのでした。

三浦半島は同じ神奈川県内でありながら、
いい感じの田舎のノンビリ感とリゾート感があっていいですね。

海辺のピクニックにはワンタッチシェードが便利。
エルブレスオンラインで探す
Amazonで探す

日よけにも当然ですが、海辺はトビに食べ物を狙われずに済みます。
私は江ノ島で一度ヤラレてからかなり警戒してます。(ハンバーガー返せ!!)
この日も油壺でも一人襲われている少年がいました。。

2013 竹富島(1) 星のや スパ

spa_hoshinoya_taketomi_03


spa_hoshinoya_taketomi_04


spa_hoshinoya_taketomi_02


spa_hoshinoya_taketomi_01

羽田忠織物(ネクタイ)

新しいカメラに慣るために色々なシーンで撮ってみよう。
「物撮り」にもチャレンジです。

ファッショニスタ(笑)ではないので、
被服に関することはほとんど書かないのですが、
いいネクタイを入手したので題材にしていました。

analog_necktie_hatachu_01

羽田忠織物は山梨県にあるシルク製品を扱う1935年創業の老舗の織物工場です。

ネクタイのお値段というと、
3000円のワゴンものから2万円超えの海外ブランドものまでピンきりです。
その中でいうと1万円いかない中の下?くらいの価格帯です。
にも関わらず、素材も作りも上質でモノがいい。

写真はシルクのジャカード織り。
シルクと聞いてイメージするツヤのある肌感ではなく、
より厚みを感じるものになっています。

特にどこか和を感じさせる青が色合いが絶妙で、
私はこの青色に惚れたと言ってもいいです。

ビジネスシーンのカジュアル化でネクタイのニーズは少しずつ減ってはきていますが、
それだからこそ長く使える「物語のある」よいものを少数精鋭で持っていてもよいかも。
と思った次第です。

あまり世に出回っていないようですが、
直営のオンラインショップから購入可能です。

羽田忠織物 HADACHU ORIMONO
〒403-0001
山梨県富士吉田市上暮地3-7-26
TEL:0555-22-4584

春節の横浜中華街へ

春節で賑わう横浜中華街へぶらっと行ってきました。

私は横浜育ちなんですが、実は春節の中華街は行ったことがなくて。
どんな賑わいなのかを一度見てみたくて、息子たちを引き連れてやってきました。

chinatown_01

いろんな外国がどんなところか気になる長男(6歳)には「中国のお正月見に行かない?」と、
電車に乗れればそれでいい次男(3歳)には「電車に乗ってお出かけしない?」と誘い出しました。笑

写真は伝統の獅子舞。

chinatown_03

軒先にぶら下げられた紅包(ホンパオ)というご祝儀袋をパクリと食べます。

結構高い場所にあったりするもするので、獅子舞もかなりの背伸びで、
中の人は立ち肩車状態でこれがまた妙技の見せ所になっているという訳です。

chinatown_04

せっかく中華街に来たので妻にお土産を買って帰ろうと、
何か美味しそうなものを探した結果、王府井(ワンフーチン)の焼き小籠包にしました。

chinatown_06

店頭で食べ歩き用に販売していて、こちらは行列ができていましたが、
お土産用のコーナーは特に待ちなどなしで購入できます。

chinatown_07

考えてみたら、お土産用は冷凍なので、
あえて中華街で買わなくても楽天で買えちゃったりするのでした。てへ。

王府井@楽天市場

当日の夜にさっそく食べましたが、
カリッ、モチッ、ジュワッと美味しかったです!

あと、一口めは必ず汁が発射されるので要注意です(笑)。

chinatown_05

有名な聘珍樓の本店前の出店もちょっと正月モード。
このお店の甘栗も有名です。

聘珍樓@楽天市場

皆さん結構オンラインで出店してるんですね。
彼らは商魂逞しいですから。いい意味で。

昭和のマッチ箱

実家の仏壇からは味のあるマッチが色々と出てきます。
おそらく70年代のものです。

analog_matchbox

2017年 あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。

今年の年賀状は昨年の10月に訪れたモルディブで気に入った景色をアレンジしてみました。

実際に出した年賀状には家族写真や住所なども入っていますが、
今回もPhotoshopで作成過程の中間生成物をもって失礼いたします。

年賀状_2017_web

今年もよい一年になりますように。



記事検索
Yesterday's Visits
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
  • ライブドアブログ