今年のバカンスのことを考えていて、
理想のリゾートって、そこまでの道のりが遠いなぁ。

なんて考えていたら2012年のAmanpuloのことを思い出した訳です。
当時は長男が2歳、次男はまだお腹の中にもいませんでした。

Amanpuloへのアプローチはマニラから専用機で1時間。
地図でいうと、こんなところにあります。

travel_amanpulo_2012_07

Amanpuloのことを懐かしく思い出したついでに、
ブログに何も書いていなかったことも思い出したのです。

思い入れが強い旅行ほど筆が遠のくという悪循環。
書きたいことが多すぎるんだと思います。

成田から一路フィリピン(Philippines)の首都マニラ(Manila)まで。
マニラまでは安心のJALのマイルの特典航空券で。
フライト時間は4時間半、近いですね。

travel_amanpulo_2012_01

空港の到着ゲートでAmanのスタッフと落ち合い、
車に乗って一度市内に出つつ、離島路線の共通ラウンジまで。
送迎車の写真は忘れましたが、レクサスだったような記憶が。

フィリピンはこの乗り合いバスがいかつくていい感じ。
外の喧騒が別世界に感じる静かな社内。

travel_amanpulo_2012_02

Amanpuloの専用ラウンジに到着すると、荷と人の重量測定があります。
従量制限云々というよりは、機体に積み込むときのバランスを考えているんだと思います。

同行者の小さい人も測りに載っております。
まぁ、この人は誤差の範囲でしょう。

travel_amanpulo_2012_06

ちょっと分かりづらいですが、
ラウンジのエントランスのドアに書かれたロゴ。
写っているのはラウンジの外の風景です。

壁の向こうにちょっと顔を出しているのが、
これから搭乗するリゾート行きの専用機になります。

写真では伝わりませんが、言ってもマニラですから、
外はムッとする暑さです。

中で待ちましょう。

travel_amanpulo_2012_05

中の写真もあまりないのですが、
もちろん涼しくて、簡単なオヤツが食べれて、アルコールも飲めます。

ウッディで落ち着いた雰囲気です。
華美な演出など必要ないと言わんばかりの飾らない素朴さ。

travel_amanpulo_2012_04

制服のギャルが見えますが、これはAmanのスタッフではなく、
ラウンジが真向いにあるエルニドリゾート(El Nido Resort)のスタッフです。

前の写真のAmanのスタッフとは趣向が違うのがよく分かります。

travel_amanpulo_2012_03

さて、1時間半ほど待って、いよいよ飛行機に搭乗します。

目的地のパマリカン(Pamalican)島までは約1時間のフライトと聞いています。

つづく(気が向いた時に)