前回は大いに語ったので、今回は少し軽めで。

息子が飛行機を見ながら飛行機のマネをしていてカワイイのですが、
この記事では息子は主役ではないので少し置いておきましょう。

窓際のデスク脇の棚に電気ポットが入ってます。

既に記憶が怪しいのですが、日本茶だけだったような…。
コーヒー党なので残念なんです。

でも、ホテル内にコンビニ的な店かあるのでそこでインスタント買えばいいのかな?

hotel_nikko_narita_06

その下の段には冷蔵庫が入っているのですが、
この冷蔵庫がどうしたの?って聞きたくなるくらい冷えない。

この現代の日本にこれほど冷えない冷蔵庫が存在しているとは。
一晩入れておいた飲み物がほぼ常温なの。

これは要改善かと。

hotel_nikko_narita_07

お風呂場はトイレとシャワーは別れていませんが、
ヤケに広いので、子どもの脱衣などもゆとりがあってよかったです。

これだけのスペースがあるなら、
いっそのかとトイレとバスを分けてしまえばいいのに。

と思ったりもするのですが、
そんなに気になる点でもないので、まぁいいか。。

ちなみにタイルのガラは各部屋のコンセプトカラーに合わせてあるらしいです。
宿泊した部屋は緑がコンセプトカラーなので、ここも緑になっています。

hotel_nikko_narita_08

シャワーカーテンは「気の効いている」タイプのもの。
「気の効いている」シャワーカーテンって、意味分かりますかね?

あのカーテンレールが外側に膨らんでいる奴を買ってにそう呼んでます。

あれ、シャワー内が広く使えるし、シャワーカーテン特有の
腕がカーテンにピタッと触れてヒヤッてなったりしないのがいいんですよね。

地味だけど気が効いている点と思います。

hotel_nikko_narita_09

アメニティは一通り揃っていて特に不満はないです。
まぁ、このクラスのシティホテルなので、当たり前かも知れませんが。

最後に食事のことですが、
今回はフライトが朝の便だったので空港での手続きを済ませてから
ゆっくり空港で朝食を摂ろうと思っていたので、あえてホテルの朝食は付けませんでした。

夕食は特に決めていなかったのですが、
ホテル内のレストランはパラパラとメニューを見る限り、
コスパがイマイチそうだったのでかと言ってコンビニ弁当はみじめなので、
空港への送迎バスに乗って、飛行機を見学がてら空港まで食べに行きました。

旅行の前後泊という話の流れでいうと、
もう少しカジュアルにちゃちゃっと食事を済ませられる
カフェレストランみたいなお店があると便利かな?思いました。

hotel_nikko_narita_10

以上でホテル日航成田のお話はおしまいです。
今回は宿泊(と駐車場)だけが目的で、滞在時間が短かったのでこんなもんです。

簡単に総括すると、、
旅行の前後泊に特化した部屋デザインコンセプトには納得、
風呂場は広くて使いやすくてよい、
冷蔵庫はヒドイ(笑)。

ホテル日航成田
〒286-0106
千葉県成田市取香500
TEL 0476-32-0032