2月にまた旅行を予定しているので、
それまでに過去の旅行系を少しでも書いておこうかと思います。

といいながら、放置されているものもたくさんあるんですが。

ブセナテラスの部屋のことですが、
宿泊したのは「デラックスナチュラル オーシャンビュー」という部屋です。
スタンダードなランクの部屋の海側の部屋です。

hotel_busena_k_r_03

申し込んだツアーのデフォルトはガーデンビューでしたが、
どうしてもオーシャンビューだけは譲れず部屋指定にしました。

今回は子どもが5ヶ月と小さく、部屋で過ごす時間が長くなるので、
南国気分を盛り上げるためにも絶対に海が見える部屋がよかったので。

部屋のベッドはツインでしたが、
事前にリクエストして、ベッドを中付けして間を埋めてもらいました。
セミダブルをつなげているので、クイーンサイズですかね。

添い寝もできるし、オムツ換えや、遊び場にも良かったです。

hotel_busena_k_r_01

もちろんベビーベッドも入れてもらいました。
上の写真で、大人のベッドと窓の間に見えています。

普段からベビーベッドに寝かせているので、
何の問題もなく子どもも朝までぐっすり眠れていたようでした。

使用済みオムツを捨てるビニール袋もこんなに可愛く。
ベビーベッドの足元にはフタの付いたゴミ箱も用意されていました。

至れり尽くせり。

hotel_busena_k_r_04

リビングスペースにはあまりいませんでした。

昼間に部屋でゆっくりしている時には、
ベランダの椅子でまったりしていることが多かったです。

夜中の晩酌についてもベランダでした。
波の音を聞きながら、月明かりに照らされた海を見ながら、
お酒飲むなんて最高の贅沢。

hotel_busena_k_r_02

こちらは夜(夕暮れ後くらい)の部屋の様子。

hotel_busena_k_r_05

風呂はバスタブとシャワーブースが離れて設置されているタイプ。

大人にとってはシャワーがバスタブと分離しているのは便利ですが、
ベビーがいると必ずしもそうでもありません。

ベビーは冷えてしまうので、お風呂に浸かるのは必須ですが、
抱っこした状態で立ってシャワーブールで体を洗ってあげるのは至難の業です。

hotel_busena_w_01

したがって、バスタブの中で体を洗う欧米スタイルになりますね。
でも、大人は石鹸の溶け込んでいない真湯(?)の風呂に入りたくないですか?

洗い場のある風呂場があれば一番便利ですが、
まぁ、その気になれば如何様にもなるので致命的ではありません。

hotel_busena_w_03

ブセナテラスの部屋の話でした。

お金が有り余っていれば、ヴィラにも泊まってみたいです。
当分そういうチャンスはないと思いますが・・・

つづく。

旅行記へ→ 「2011 沖縄旅行記(ベビー連れ) 目次

宿泊記へ→ 「宿泊記 目次

一休.comでの予約はコチラから