9月の沖縄旅行の宿の件です。

ザ・ナハテラスのことは既にいろいろ書いたのですが、
もう一つのザ・ブセナテラスのことを書いていませんでした。

決して忘れていた訳ではありません。
3泊した上に、ホテルで過ごした時間が長かったので、
写真が多かったので写真の整理がなかなかできませんでした。

ザ・ブセナテラスは沖縄本当の西部リゾートエリアと呼ばれる当たり、
名護市の喜瀬にある部瀬名岬という岬の先端の方に建っています。

hotel_busena_d_01

朝食のためにレストランに下りて行くと、まだ誰もいないプール。
天気のよい静かな朝です。

こういうところにくると、
ああ、真面目に働いてよかったなぁ。
と思います。

ベタな言葉ですが、非日常なんですよね。

hotel_busena_d_02

ビーチ脇の半公道から見たホテル。

敷地を分ける生垣にもハイビスカスが咲いていて、
南国ムード満点です。

やっぱり南国の花を見ると俄然リゾート気分が盛り上がります。

hotel_busena_d_03

ブセナテラスは部瀬名岬全体を広く使って広々としています。

一方で岬自体が部瀬名海中公園として宿泊者以外にも公開されているので、
日帰りの遊びの客も歩き回っています。

そんな環境なので、ホテル客へのプライベートスペースとの境目が緩めです。
押せばギーと空く扉で区切られていています。

こんな感じ。

hotel_busena_d_04

我々が宿泊したのは2Fの部屋ですが、
ちょっと庭とプールの全体が見たくて上の階までお邪魔してみました。

ところどころグリーンの植え込みもあって、
なかなかのリゾート感を醸し出していていいですね。

最近こういう大型のリゾートホテルに滞在することが少なくなってきましたが、
子どもができたのでこれからはこういう大きな屋外プールのある
施設に泊まることが多くなりそうです。

hotel_busena_d_05

岬の先端の方からの眺め。

ホテルの前のビーチはプライベートビーチですが、
遊泳禁止の区域になっているので人の姿もまばらです。

ビーチベッドもなく景色としてはキレイです。
やっぱり海に入る訳ではなく、ビーチベッドでゴロゴロしているだけ。
という人は少ないようですね。

hotel_busena_d_06

奥の方に青いシートのかかった建設中のビルが見えます。
景色としては玉に瑕ですが、ブセナの関連施設を建てているようでした。

「ザ・ブセナテラス クラブ ウェルネス アンド タラソ」

タラソテラピーの提供を売りにしたスパリゾートのようですね。
2011開業予定とのことです。


旅行記へ→ 「2011 沖縄旅行記(ベビー連れ) 目次

宿泊記へ→ 「宿泊記 目次

一休.comでの予約はコチラから