二期倶楽部の環境について少し。

根がネガティブにできている人間なので、
基本的に普通に生きているだけでストレスがたまります。

そんなときには普段の生活とは場所を変えて
都会の喧騒から離れてしばし日常を忘れたい。と思うことがあります。

俗にいう非日常感を味わいたい。というヤツなんですが。。
そんな時に身を起きたい環境というのが重要でして。

nikiclub_07

五感から日常をシャットアウトするには、
外界から切り離された快適な空間に身を潜めて癒されるか、
周りに何もない自然の中で外に向かって心を解き放つか、
だと思っているんです。

で、その両方を兼ね備えた素敵な空間、つまり、
大きな自然環境の中に超快適なリゾートがあれば、
杖的にはそれが理想だと思っているんです。

その自然環境というのは、別に山でも海でもいいんです。

nikiclub_05

岩魚(イワナ)が泳ぎ、モミジが流れる小川だとか、
リスが落とす食べかけの松ぼっくりが転々と転がるコケの絨毯だとか。

一方で今晩自分が食べる野菜を収穫する畑があったりだとか。

二期倶楽部の環境というのは、
敷地内の表情の変化に富んだところでした。

nikiclub_04

手付かずの自然というのとは少し違うかも知れませんが、
最高に恵まれた環境でした。

夜、相方と二人でベンチに仰向けに寝転がって、
満点の星空をしばし眺めてみました。

星が綺麗なのは当然なんですが、
木々の間を風が抜ける音以外は何も音がしないんですね。

nikiclub_03

もちろんアウトドアが一番だよ。
という方もいるかと思いますが、杖も嫌いではありません。

それはそれで、これはこれということで。

宿泊記へ→ 「宿泊記 目次