ウェスティン都ホテルの続きです。

実は横浜→大阪→京都の移動後で疲れていたこともあったし、
次の日も朝から法事の予定があったので、
あまりあちこち観察する余裕がありませんでした。

最近こういう円を使ったデザインのミラーってよく見ますよね。
と、思ったけで昔から(弥生時代から?)鏡は円形と相場で決まっているか・・・

流行は繰り返すということで。

hotel_westin_miyako_06

カフェイン中毒者としてはコーヒーは重要です。

ホテルの部屋にあるコーヒーと言えば、
ドリップか、カセット式エスプレッソか、プレスか。

やっぱり普段入れている風が一番落ち着いていいですかね。

昔は家でもプレスだったのでプレス、今はドリップなので、ドリップ。

hotel_westin_miyako_07

もう写真とは関係なく、話を進めてしまいます。

ウェスティン都ホテルにはレストランが何個かありますが、
チェックインする時にレセプションで聞いた時には、
どのレストランも子供OKだと聞いたので油断していました。
(今回は4歳の甥と0歳の姪が一緒)

最初は「レストラン・グランビュー」を予約していたのですが、
いざ席に着くと思っていたよりかなりフォーマルな雰囲気だったので、
急遽、一番カジュアルそうな「カフェレストラン アクアブルー」に変えました。
アクアブルーは朝食からディナーまで終日ビュッフェスタイルのレストランです。
和洋どちらもそろえてなかなかおいしいご飯でした。

hotel_westin_miyako_08

今はいろんなホテルで既に採用されているのかも知れませんが、
今回初めてチェックアウトでフロントに並ぶ必要のない、
エキスプレスチェックアウトというのを使ってみました。

とても便利なシステムですね。

特に今回のように、連れで3部屋取っているような場合には、
それぞれの部屋の出るタイミングもあるので、
部屋から電話で「チェックアウトします。」で済んでしまうのは楽ちんです。

hotel_westin_miyako_10

もっと時間があればホテルの裏山の散策路や、
小川治兵衛の作庭の葵殿庭園を見てみたかったのですが、
また宿泊する機会があれば今度はチャレンジしてみたいと思います。

hotel_westin_miyako_09

総合的にはなかなか快適で素敵なホテルでした。

歴史のあるホテルなので、順次設備を改装していっているようです。
我々が宿泊した本館の部屋は風呂周りが少し古かったです。
特に不自由はなかったのですが、今風になっていればなおよしですかね。

ウェスティン都ホテル京都
〒605-0052
京都市東山区三条けあげ
TEL 075-771-7111 
FAX 075-751-2490

宿泊記へ→ 「宿泊記 目次