転ばぬ先のTsue

Korobanusakino杖
http://blog.livedoor.jp/mojin_no_tsue/

Canon BCI-351XL 互換インクに変えてみた

今年の2月くらいに当ブログでこんなことを書いていました。
プリンターを買い換えたい(ADF、両面スキャン)

で、結局その後Canon の MX923というモデルを購入しました。
私のスキャンライフがとても効率的になって満足しています。
でも、今回はスキャン機能ではなくインクの話です。

以前、家電のバッテリーについてこんなことを書いていました。
roomba 577 交換バッテリーは純正か互換品か

純正品か互換品かという悩みが付きまとう典型的なものの一つがプリンターのインクです。

プリンターメーカーは本体を安く提供して顧客を囲い込み、
消耗品で利益を出すというビジネスモデルのため、
純正のインクは値段が非常に高く設定してあるのです。

cannon_ink_04

以前は、と言っても10年くらい前のことだと思いますが、
当時から使っていたHPの互換性インクにはICチップがついておらず、
純正品カートリッジからそっとに基板をはがして互換品カートリッジに貼りなおす、
というちょっとした工作をしないと使用できないのが当たり前でした。

そんな面倒な作業や、大人の事情もあって真面目に?純正品を使っていましたが、
プリンターを買い替えて付属のインクが切れたのを機に調べた結果、
最近は互換品にもICチップが付いているのがほとんどなんですね!

月日が流れとともにリバースエンジニアリングが進んだんでしょうね。
そこで今回は互換品に挑戦してみることにしました。

cannon_ink_03

上の写真は純正インクの5色のうち4色が切れた状態。
実際にはLEDは点滅していますが、分かりやすさのために消えているタイミングです。

cannon_ink_05

そして互換品に交換後のLEDの様子。
なんとインクのステータスを示すLEDまでちゃんと付いているんですね。
個人的にはこの物理的に判別する手段は本当に必要なのかと思うのですが、
きっとこれがあるとうれしい人もいるのでしょうね。

cannon_ink_01

上の画像はインクの切れた純正品のステータスをPC上のツールから見たところ。
下は互換品に交換後のインクのステータス。
残量の表示はできています。

cannon_ink_02

インクにしろ、携帯電話にしろ、最近は少しのサービスダウンを許容すれば、
大幅にランニングコストを抑えられる代替のサービスが増えてきてますよね。

何事にも既存のフルサービスから代替の安いサービスに切り替える際には、
コストメリットとリスクを天秤にかけてどっちを取るかを決断することなんだと思います。

今回のインクの件も互換品に変えた唯一の理由はコストメリットです。

純正品のこの型のインクの6色セットがAmazon(MP)で7000円弱するのに対して、
今回購入した互換品は同じくAmazon(MP)で211円(!)です。送料無料!
これ、原価30円くらいで(もっと安いか)できちゃうんだという驚き。

■ノンブランドの互換品 ↓
Amazon:【 ICチップ付 6本パック 】 Canon BCI-351XL+350XL/6MP 大容量タイプ 汎用 インクカートリッジ

■メーカーの純正品 ↓
Amazon:Canon 純正 インク カートリッジ BCI-351XL(BK/C/M/Y/GY)+BCI-350XL 6色マルチパック 大容量タイプ BCI-351XL+350XL/6MP

ちなみにこのちょうど中間くらいの3000円くらいの価格帯でリサイクル品というのがあります。
これは純正のカートリッジを再利用してインクを再充填したものです。
互換品だけど製品保証付きという立ち位置。

■リサイクル品(純正互換品とも呼ばれている) ↓
Amazon:ジット キャノン(Canon)対応 リサイクル インクカートリッジ BCI-351+350/6MP 6色セット対応 JIT-NC3503516P(FFP)

私は自宅のプリンターで写真印刷や年賀状本体の印刷をしないので、
せいぜい年賀状の宛名シールとたまにドキュメントを印刷するくらいなもんです。

自宅での印刷の品質にこだわりがない上に、大人の事情もなくなったら、
もうこのコストメリットに目をつむることはできません。(笑)

a tribute to 二期倶楽部

7月に二期倶楽部から営業終了のメールが来た時に
書いたものを公開し忘れていました。

=====

良いリゾートには美味しい食を楽しむレストランがあり、
簡素でも清潔な寝具が用意されたホテルがあり、
その上芸術文化を楽しめる施設が併設されている。
そして、そこに良い人々が集い、共に味わい人生を愉しむ。

niki_tribute_03

それがリゾートのフィロソフィー。

プーケットにアマンプリ(Amanpuli)がオープンして、
スモールラグジュアリーリゾートして一世を風靡する1988年のさらに前の1986年、
日本にスモールラグジュアリーという言葉が定着する前から那須の地にひっそりと佇む、
二期倶楽部はやがて伝説のリゾートと言われるようにまでなりました。

niki_tribute_05

その二期倶楽部が2017年いっぱいで営業を終了するそうです。

当家も妻が長男を妊娠中のちょうど8年前の2009年の11月に、
これが最後の贅沢旅行と思って訪れたことがあります。
思い返すと、その環境のよさ、哲学に惚れ惚れとしたものでした。

niki_tribute_01

そんな二期倶楽部のせい?もあり、結果的には最後になるどころか、
さらにリゾートフリークを決定付けることになってしまい、
子供たちを連れてあっちへこっちへ。(笑)

niki_tribute_02

以下は当時の宿泊記です。
二期倶楽部 NIKI CLUB & SPA (1) (2) (3) (4) (5)

営業終了にまつわる経緯は相当泥臭い話のようなのでここでは割愛するとして、
不動産としては星野リゾートが取得しているという話もあり、
星野の次の一手が気になるところです。

哲学を貫くため採算度外視で運営されてきた二期倶楽部、
とても商業的な星野リゾートが運営しても同じリゾートにはならないでしょうね。

niki_tribute_04

さようなら二期倶楽部。。

あざみ野 うかい亭

夫婦の記念日に。

アメリカ合衆国のトランプ大統領が訪れたことで、
インターネット上ではバズっているうかい亭でございます。

そんな話題の前ですら、休日ランチの予約に1ヶ月半前に電話した時点で、
既に15時〜というランチタイムを外れた枠しか空いていませんでした。

首相と大統領が会食をしたは銀座店ですが、
こちらのあざみ野店もミシュラン横浜版で★を取った名店に違いありません。

bimi_asazamino_ukai_01


bimi_asazamino_ukai_03


bimi_asazamino_ukai_04


bimi_asazamino_ukai_06


bimi_asazamino_ukai_02


bimi_asazamino_ukai_05


あざみ野 うかい亭
〒225-0012
神奈川県横浜市青葉区あざみ野南 2-14-3
TEL 045-910-5252

一休レスランで予約する

あざみ野店はなかったですが、
表参道店とトランプ大統領が来た銀座店は一休レストランで予約可能な様でした。


京王駅伝フェスティバル2017

running_keioekiden_2017_04


running_keioekiden_2017_03


running_keioekiden_2017_01


running_keioekiden_2017_02


run日記 レース記録

2014年の年初に健康維持のために走る。
モチベーションの維持のためにレースにも出る。

と、決意したのがランニングを始めたきっかけです。

それ以来、気持ちが盛り上がったり下がったりしながら、
ゆるゆるとなんとか継続してきました。

自宅から日帰りで行けるレースを中心にはしていますが、
たまには1泊ででかけたりしています。。

タイムは手元の時計のネットタイムになります。
ちゃんと体系的にトレーニングしないとタイムは伸びませんね。

サラリーマンランナーのあるあるかもしれませんが、
レース前になると忙しくなって練習できなかったり、睡眠不足だったり。。

=======================================================
2017年11月 京王駅伝フェスティバル 2017(リレー 5 km)
      タイム:0:25:04 ペース:5:01

2017年05月 第37回 スポニチ山中湖ロードレース(ハーフ)
      タイム:2:00:08 ペース:5:41

2017年03月 第35回 2017三浦国際市民マラソン(ハーフ)
      タイム:2:01:40 ペース:5:45

2016年11月 2016川崎国際多摩川マラソン(ハーフ)
      タイム:2:10:43 ペース:6:12

2016年06月 第1回 伊豆稲取キンメマラソン(ハーフ)
      タイム:2:35:53 ペース:7:13

2016年03月 横浜マラソン2016(フル)
      タイム:5:38:59 ペース:8:02

2015年12月 第3回 聖蹟サンタマラソン(リレー 9.5 km)
      タイム:0:49:46 ペース:5:15

2015年11月 2015川崎国際多摩川マラソン(ハーフ)
      タイム:1:56:25 ペース:5:31

2015年06月 第28回 北軽井沢マラソン(ハーフ)
      タイム:2:04:45 ペース:6:02

2014年12月 第2回 聖蹟サンタマラソン(リレー7.4 km)
      タイム:0:39:21 ペース:5:20

2014年11月 2014川崎国際多摩川マラソン(ハーフ)
      タイム:2:13:32 ペース:6:17

2014年05月 第34回 スポニチ山中湖ロードレース(14 km)
      タイム:1:22:12 ペース:5:58

2014年04月 第3回 谷川真理テンケーマラソン(10 km)
      タイム:0:54:03 ペース:5:24

2013年03月 第2回よみうり42.195kmリレーマラソン in 東京サマーランド(リレー4 km)
      タイム:0:20:19 ペース:5:07

クロネコポイント:サービス終了へ

「クロネコポイントキャンペーン」は
2012年8月から期間限定のキャンペーンとして始まり、
当初2014年2月までだった期間をズルズルと延長してきました。

が、この度、今度は本当に終了するようです。

クロネコメンバーズ「クロネコポイントキャンペーン」終了のお知らせ
http://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/info/info_170810.html

ポイントの付与は2017年11月30日まで、
景品への引き換えは2018年3月12日までとなっています。

何も考えずにオンラインショッピングをして(笑)、
宅急便を受け取るだけで貯まって行くのが楽でとても重宝していたのですが、
交換する景品がミニカーくらいしか見当たらないというのもまた愛嬌。

クロネコポイント:クロネコヤマトミニカー
当家にも何だいのミニカーがやってきたか…(そして壊れていったか)

忘れずにポイントを使い切るようにしないといけないですね。
新しい会員サービスもマイラー魂をくすぐるようなものになるのを期待しています。。

VW純正ウィンタータイヤセットキャンペーン 2017

今年も車の冬支度の季節がやってまいりました。
あ、山の方は既に雪降ったりしてるんでしたっけ。

フォルクスワーゲンの純正冬タイヤセットの案内が届きました。

今年はなんと2ページもの大作になってました。
車種が増えているんですかね。

ディーラーで購入するならこのタイミングを逃す手はありません。

ディーラーのキャンペーンで購入するもよし、
確実な適合モデルを知ってAUTOBACSで買うもよし。(笑)

AUTOBACS.comで探してみる

※画像はクリックで拡大できます。

page_01


page_02



インターネットは集合知ですから。。

2017 Amanwana(1) "Welcome to jungle !!"

"Welcome to jungle !!"
そう言って迎えられるリゾートがあります。

2017年10月はインドネシアのMoyo(モヨ)島にある、
Amanwana(アマンワナ)で遅めの夏休みを過ごしました。

鬱蒼としたジャングルと透き通った海の狭間に並ぶ瀟洒なテント。

朝はテントを走るサルの足音で目覚め、シカの遠吠えで夕刻を知る。
そんな環境で食う、寝る、泳ぐのシュノーケル三昧の一週間を過ごしました。

おいおいとご紹介できればと思います。(またか)

amanwana_topic_02


amanwana_topic_03


amanwana_topic_01


amanwana_topic_04


男子スパ(またはスパ男子) 目次 

実は私はスパ男子です。

原体験は2004年に訪れたBaliのリゾートThe Legianのスパでした。
遠くから聞こえる波の音、それに調和するように体を巡るリンパ・・・
薄れいく意識の中で、あぁぁ、こんな世界があるのか、と。

それからリゾート滞在した際には、
チャンスがあればスパに行くことにしています。

(Talise Spa @Jumeirah Vittaveli, Maldives)
spa_talise_maldives_01

スパは気持ちいいです。
それは当たり前なんですが、それだけではないんです。

スパという施設は、そのコンセプトというか、
ある哲学に基づいた空間を徹底的に作りこんであることが多いので、
空間設計の妙を体験することができるという意味でもとても気に入っています。

(Kirana Spa @Royal Pita Maha, Bali)
spa_kirana_01

それは水上コテージからの見渡す限りの穏やかな水平線であったり、
またはその地方の伝統的な建築様式による空間の再現であったり、
はたまはその現代的解釈であったり・・・

(スパ @星のや 竹富島)
spa_hoshinoya_taketomi_04

という訳でちょいちょいと旅行記で触れたことはあったものの、
今までそういう観点でのインデックスがありませんでした。

ということで各記事にカテゴリを複数設定できるようにもなりましたので、
各旅行記の中などに埋もれていたスパ体験をカテゴリにまとめました。
(ただいつも写真はあまりうまく撮れていない)

リンクはおいおい貼っていきます。

□2017 Aman Spa(@Amanwana, Indonesia)

□2016 Talise Spa(@Jumeirah Vittaveli, Maldives)

□2014 Moana Lani Spa(@Moana Surfrider Westin, Hawaii)

□2013 星のやスパ(@星のや, 竹富島)

□2012 Aman Spa(@Amanpulo, Philippines)

□2011 The Kahala Spa (@The Kahala, Hawaii)

□2009 てぃんがーら(@はいむるぶし, 小浜島)

□2008 Kirana Spa (1) (2) (@The Royal Pita Maha, Bali)

□2008 Luxe Lounge Spa(@Sentosa Private Villas & Spa, Bali)

□2007 Givenchy Spa(@Le Touessrok, Mauritius)

□2007 Banyantree Spa(@Banyantree, Seychelles)

□2006 Dhevi Spa(@Mandarin Oriental Dhara Dhevi, Chiang Mai)

□2005 Jivarhu Spa(@Tanjung Rhu Resort、Langkawi)

□2004 The Spa at The Legian(@The Legian, Bali)

旅のTips バリの空港タクシーを事前予約する(10/3追記)

個人旅行において一番気を使うのが現地空港から初日のホテルへの移動です。

長時間のフライトの疲労と時差で頭のボーっとした、
その国のペースにまだ慣れていない到着したばかりの旅行者は、
悪意のある人間にとってはある意味一番狙いやすいターゲットでもあります。

若いころに訪れたベトナムでは空港で拾ったタクシーで
全然知らない場所にポイと捨て置かれたこともありました。
身包み剥がされなかっただけマシと考えた方がよいかも知れません。

そんなこともあり、特に家族連れで海外に行く場合には、
到着日の空港からホテルへの移動手段のことは事前に特に気を使うようにしています。

travel_bali_taxi
↑2008年の@Baliの移動シーン(これはホテルのハイヤー)
タクシーに着目した写真が見当たらなかったので、
以後文脈に関係なくツラツラとBaliの街並みを貼っていきます。(笑)

2017年にバリ島に行こうと思って、上記のような観点で情報収集していたところ、
インドネシアでは安心の「ブルーバードタクシー(Blue Bird Taksi)」を使え。
Blue Bird Taksi はちゃんとメーターを倒してくれる、ということでした。

実は私が初めてバリを訪れた2004年にもまったく同じことが言われておりました。
つまり、13年経ってもそこは変わっていないんですね。(笑)

travel_bali_taxi_02
@Bali, 2008

ただ、もちろん時代に合わせて変わっていることもありまして、
Blue Bird をモバイルアプリで配車をできたり、オンラインで事前に予約できるようになったり。

今回はBlue Birdグループが運営するGolden Birdという空港送迎サービス(ハイヤー)を
事前にオンライン予約する方法について考えてみたいと思います。

travel_bali_taxi_03
@Bali, 2008

日本にも代理店があり、日本語で予約が可能なようです。

https://bluebird-hg.jp/

オフィシャルサイトからも直接予約可能です。(英語)

https://reservation.bluebirdgroup.com/golden

日本代理店のサイトでは料金は以下の3種類のゾーンで分けてありました。
公式サイトでも大体エリアの考え方は同じようでした。
違うのは料金です。

ゾーン1:クタ、サヌール、ジンバラン、ヌサ・ドゥア、レギャン、スミニャック
ゾーン2:ウルワトゥ、チャングー、デンパサール北部、ウブド、タナロット、ギャニャール、タナバン
ゾーン3:チャンディ・デサ、キタマーニ、シンガラジャ、ネガラ

日本代理店ではゾーン1で2,980円 (片道)
公式サイトでは同じエリアで214,500 IDR = 1,767円 (片道) (2017.9.4現在)

travel_bali_taxi_04
@Bali, 2008

英語に抵抗がなければ公式サイトから予約する方がお得ではないでしょうか。
特別複雑な要件があって日本語であれこれ相談したいということであれば、
日本の代理店を通すのもいいかも知れません。

ニーズとコストのバランスで選んでください。

なんか抑揚のないのっぺりした写真ばかりですみません。

※※※ 2017/10/3 追記 ※※※

一つ注意点がありまして、
オンライン事前予約では予約完了後にクレジット決済され、
キャンセルしても払い戻しはないようです。

よっぽど現地での時間に差し迫った事情や、
接待で同伴などでなければ、現地で手配で問題ないかも知れません。

Greetings from Golden Bird Bali

We will cancel the reservation as below information.
Regarding the payment, unfortunately the online reservation is a non refundable payment.

Your kind attention and understanding are highly appreciated.

Thank you and Regards,
記事検索
Yesterday's Visits
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
  • ライブドアブログ