転ばぬ先のTsue

Korobanusakino杖
http://blog.livedoor.jp/mojin_no_tsue/

スーパー・ブルー・ブラッドムーン 2018.01.31

儀式として一応写真を撮りました。

一度も名称を覚えられないんですが、

・1年で最大級の大きさに見える満月「スーパームーン」
・1カ月で2回目の満月である「ブルームーン」
・皆既中には血のような色になる「ブラッドムーン」

を合わせて、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」と呼ぶんだそうです。

photo_super_red_moon


以上。

ski日記 2017-18 (5) ピラタス蓼科スノーリゾート

2017-2018シーズンのday 5はピラタス蓼科スノーリゾート。

ここ数年毎年来ています。
ロープウェイからの景色とスキー場全体の雰囲気のリゾート感が好きです。

今回は自身のInstagramから。

ski_piratasu2018_02


ski_piratasu2018_01


今回のリフト券の工夫です。

毎月第3日曜日はスキーこどもの日で小学生以下のリフト券無料です。
大人のリフト券はリフト券付きプランと通常プランの差額から計算します。

リゾートホテル蓼科(一休.com)

平日と休前日の宿泊料金で単価が違う(約1,600円〜1,800円)ので、
その平均辺りを取って単価を1,700円としました。

幼児のスキーレンタルも宿で事前予約で1,000円となりました。

・幼児リフト1日券(無料)
・小学生リフト1日券(2,300円⇒0円)
・大人リフト1日券 2名(8,000円⇒3,400円)
・幼児スキーレンタル(2,500円⇒1,500円)

今回は「スキーこどもの日」の恩恵と、
ホテルの割引をフル活用で7,900円が浮きました。

ピラタスはスノーキッズの特典がレッスン以外使えないので、
宿の特典を最大限利用するのがよいと思います。

ちなみに、宿泊したリゾートホテル蓼科は日帰り入浴もやっていて、
宿泊者はチェックアウト後も割引で利用することができます。

日帰り入浴のご案内

大人800円⇒400円、子供400円⇒200円です。
家族4人で2,000円⇒1,000円となりました。

めでたし、めでたし。

ピラタス蓼科スノーリゾート(公式)
〒391-0301
長野県茅野市北山4035-2541
TEL: 0266-67-2009

ski日記 2017-18 (4) ブブランシュたかやまスキーリゾート

本日も晴天です。

ブランシュたかやまの頂上からのパノラマ写真。
(Google Photosが勝手に生成)

左には蓼科山、中央に見えるのが八ヶ岳、
そして一番右に見えるなだらかな山が2週間前に行った車山です。

↓↓クリックで拡大します↓↓
ski-branche_akayama_pano


今回のリフト券の工夫です。

長男が学校からもらってきた冬休み向けチラシの中に、
ブランシュたかやまの小学生リフト券無料券が載っていました。

大人のリフト券はネットでも探して300円引き以上の条件が無かったので、
今回も信州スノーキッズのファミリー500円割引です。
幼児リフト1日券は残念ながら何の割引も効かず定価の1,000円。

ブランシュはスノーキッズの家族レンタル500円割引が効かないので、
次男のレンタルは「しろっくまんくらぶ」の特典で300割引です。

・幼児リフト1日券(1,000円⇒定価)
・小学生リフト1日券(2,600円⇒0円)
・大人リフト1日券 2名(8,600円⇒7,600円)
・幼児スキーレンタル(3,000円⇒2,700円)

今回は小学校配布のチラシが効いて3,900円が浮きました。
当家は見逃していたものを同行のご近所さんがめざとく見つけて教えてくれました。
Thanks to ご近所さん。

ski日記 2017-18 (3) 軽井沢プリンスホテルスキー場

おいおい。

ski日記 2017-18 (2) 車山高原SKYPARKスキー場

今シーズンのDay2は車山高原SKYPARKスキー場。

宿泊していた軽井沢からは1時間半くらいの距離でした。
とても景色のよいスキー場。

ski_kurumayama_02

車山頂上からのパノラマです。
Google Photosが勝手にスマホの写真をつなげてくれちゃうんです。
(頼んでもいないのに)

↓↓クリックで拡大します↓↓
ski_kurumayama_skypark_org


以前、スキーで定価で払ってはいけないものは、
リフト券とお風呂という話を書きました。

今回のリフト券工夫情報です。

今年から長男が小学生ですので、信州スノーキッズ倶楽部に入会し、
小学生の分は特典の1日リフト券引き換え券を利用しました。

大人2人分のリフト券と、次男のスキーレンタルは
スノーキッズの家族が使える500円割引券を利用しました。

・幼児リフト1日券(無料)
・小学生リフト1日券(2,600円⇒0円)
・大人リフト1日券 2名(8,400円⇒7,400円)
・幼児スキーレンタル(2,100円⇒16,00円)

今回はスノーキッズフル活用で4,100円が浮きました。
めでたし、めでたし。

車山高原SKYPARKスキー場
〒391-0301
長野県茅野市北山3413
TEL 0266-68-2626

ふるさと納税2017 (10) 熊本県玉東町−うなぎ

2017年度のふるさと納税の返礼品が一つ届きました。

既に存在を忘れていて、冷凍庫には、

ふるさと納税2017 (7) 宮崎県都農町−うなぎ+ハンバーグ

のうなぎ3尾がまだ入っていますが、
また6尾届きました。

2018furusato_gyokuto_01


熊本だけに安定のくまモンマーク付き。
味としては前回の都濃町のもの方がふっくらしていて好みでした。

「今なら『蒲焼きのタレ/さんしょう』付き」とアピールされていましたが、
タレと山椒は普通に付けて欲しいです。

今回も楽天ふるさと納税から。

楽天ふるさと納税:★大サイズたっぷり6尾★熊本県産うなぎの蒲焼き【ふるさと納税】今なら『蒲焼きのタレ/さんしょう』付き

2017年枠でまだ届いていないものがあるような…

ski日記 2017-18 (1) 軽井沢スノーパーク

おいおい。

軽井沢マリオットホテル(1)

旧「ラフォーレ倶楽部 ホテル中軽井沢」が「軽井沢マリオットホテル」にリブランドしました。
全国のラフォーレ5ホテルを2016年から順次リブランドしましたが、
2016年7月にオープンした第一号(東京は除く)になります。

成人の日の連休に軽井沢でスキーのために2泊してきました。

リブランドに合わせてインテリアなどは大々的に改装してあります。
改装前のラフォーレ時代を知らないので比較はできないのですが。

レセプションのデザインはシンプルかつモダンに。
黒に赤字のマリオットのロゴが映えます。

hotel_karuizawa_marriott_05


レセプションやロビーのゾーンとオープンに繋がっているレストラン。
窓が大きく開放的でリゾート感が出ていてキレイな空間です。

hotel_karuizawa_marriott_01


一番スタンダードなメインウィングのモデレートツイン。
ソファーベッドがセットされていても窮屈な印象はありませんでした。

hotel_karuizawa_marriott_03


リブランド後に新しくオープンしたノースウィングのロビー。
シンプルながら正月らしい飾りつけが外人ウケしそうです。
こちらの棟の部屋は温泉付きなのだそうです。

hotel_karuizawa_marriott_02

外観はラフォーレ時代のちょっと昔っぽさを残しています。
建築としてのホテルも好きな私にはちょっと物足りないですが。
車寄せの天井があまりにも低い・・(笑)

hotel_karuizawa_marriott_04


総じて内部はどこもキレイでアフタースキーを快適に過ごすことができました。
中軽井沢の市街地から外れているので、周りに飲食店がないのがちょっと。

あと、サービスはまだ荒削り。

私はラフォーレ倶楽部価格で泊まらせて頂いたので文句はありませんが、
正規の市場価格で宿泊していたらちょっと不満だったかも知れません。

特別サービスが悪いというよりは、価格設定が高すぎるんです。
サービスはこれからよくなっていくと思いますけどね。

詳細はまた追って書いていきたいと思います。

軽井沢マリオットホテル(公式)
〒389-0111
長野県北佐久郡軽井沢町長倉4339
TEL 0267-46-6611

市場価格での価格付けもご確認を。

 ・一休.comで見てみる
 ・Reluxで見てみる

2018年 第94回箱根駅伝

ekiden_2018_flag


ekiden_2018_nagashi


ekiden_2018_shoes


ふるさと納税 雑感 ワンストップ特例制度ランキング

今年は確定申告をしないことにしたので、
ふるさと納税のワンストップ特例制度を使いました。

2017furusato_onestop_01


着払いの返信用封筒を付けてくれる自治体、
返信用封筒はあるけど切手は貼らなければいけない自治体、
封筒も切手もセルフの自治体。

スタンスは色々です。

これまで当家から寄付した自体を、
ワンストップ特例制度の気の利かせランキングで分類してみます。(趣味です)
あえてサービスレベルを段階で分けるなら、こんな感じです。


★5 書類の印字あり、封筒あり、切手不要
 ・(2016)長野県立科町、福岡県福智町、長野県佐久市、岡山県総社市
 ・(2017)宮崎県都農町、山形県天童市、熊本県玉東町、愛媛県新居浜市

★4 書類の印字あり、封筒あり、切手要
 ・(2016)福岡県新宮町
 ・(2017)岡山県笠岡市、山形県酒田市

★3 書類の印字あり、封筒なし、切手要
 ・(2016)山梨県甲州市、熊本県宇土市、北海道幕別町
 ・(2017)徳島県徳島市

★2 書類の印字なし、封筒なし、切手要
 ・(2016)青森県十和田町、福岡県春日市
 ・(2017)静岡県吉田町

★1 書類なし
 ・(2016)神奈川県三浦市
 ・(2017)北海道恵庭市

記憶が定かではないのですが「書類なし」はもしかすると、
書類を希望するにチェック忘れかもしれないです。

切手貼るのとかはいいのですが、
送付先を調べて、封筒に書いて、というのは正直面倒です。

年の瀬はいろいろ立て込んでまして、
ちょっとした気遣いをありがたく感じます。
記事検索
Yesterday's Visits
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
  • ライブドアブログ