転ばぬ先のTsue

Korobanusakino杖
http://blog.livedoor.jp/mojin_no_tsue/

自動車保険:一括見積サービスのプレゼント(2017年4月)

今日はケチな方の話です。(笑)

よいモノやサービスにお金を払うのはやぶさかではないのですが、
出費に見合わないものには出し渋りたいというのが趣旨です。

私は自動車保険はダイレクト系の保険会社で契約していて、
さらに毎年保険会社を見直しています。

それで、毎年の自動車保険の満期が近づいてくると、
見積もりを取るのが楽しみでしょうがないんですよね。

同じ保障で保険料をどこまで下げられるかは当然ですが、
見積もりでどれだけポイントをもらえるか、もです。
(変態かよ)

ダイレクト系自動車保険の数社から簡単に一括で相みつを取ることができて、
さらに見積もりを取るだけでポイントがもらえるサービスがあるので、
それを知らいないと二重苦(笑)なので、今日はその話です。

2017年、私自身が利用したサービスをまとめておきます。

価格.com(T-pointキャンペーン)
価格.com(pontaキャンペーン)
キャンペーンサイトから価格.comの一括見積サービスを利用すると、
Tポイントかpontaが500ポイントもらえます。
T-pointとpontaは好みでどちらかを選らべばよいかと。

インスウェブ(T-mall)
T-mall経由でインスウェブの一括見積サービスを利用すると、
Tポイントが500ポイントもらえます。→もらえました。

Tpoint_一括見積もり_03


楽天自動車保険一括見積もり
楽天ポイント1111ポイントがもらえます。→もらえました。

楽天ポイント_一括見積もり

さらに、このサービスを始めて利用する場合は、
スタートボーナスキャンペーン
にエントリしておくとさらに2000ポイントもらえます。(6月以降とあるので私は対象外か)

保険スクエア bang!(キャンペーン)
500円の図書カードがもらえます。

ここまでは相みつを取って一番安い保険会社が分かるところまで。
契約する保険会社が決まったら、実際に契約するまでにもうひと押しあります。

それはまた今度。

2017桜の名残りを求めて金沢動物園

今月2回目の父子動物園。

ふと気づいたのですが、
動物園に父子で来ている家族ってほとんどいないんですね。

前回はズーラシアに行ったので気分を変えて、
桜の名残を求めて桜がキレイという金沢動物園に行ってきました。

ギリギリ最後のグループに花が残っているくらいですかね。
今年は入学式や何やらでバタバタして花見はこれきり。

sakura_2017

ズーラシアのように食べるところがある気で、
結果はランチは休憩室の冷凍食品の自動販売機。

しかもこの動物園も別に初めてではないのに・・・
妻がいないとやはりそういう部分で脇が甘いですね。

というか、男同士だとなるようになればいいかと思ってしまう(笑)

城ヶ島公園で父子ピクニック

最近妻が忙しくて篭っていることもあり、
週末は息子たちと男3人で気ままに遊びまくっています。(笑)

明日は天気がよさそうだし、何処に行こうか?

次男「どうぶつえんいきたい!」 ⇒昨日行ったけど(しかも今月既に動物園2回)
長男「こうえんでピクニック!」 ⇒それはノンビリできそうで魅力的ね
父親「海を眺めて癒されたい!」 ⇒とーさんとてもくたびれてます・・・

全部まるごと実現するにはどうする?
私が閃いたた行き先とは・・・

jogashima_02

そうだ、城ヶ島にいこう。
そして、その足で油壺マリンパーク(水族館)だ。

城ヶ島というのは三浦半島の南端に太平洋に突き出た島でして、
半島からは有料の橋でつながっています。

先日の三浦国際市民マラソンでは、
こちらの城ヶ島が折り返しとなっておりました。

↓こちらの地図でもご参照ください↓
run日記:第35回2017三浦国際市民マラソン

jogashima_01

城ヶ島の東側1/4くらいは公園になっていまして、
東端にピクニック広場になっています。

芝生に座ると海は見えないのですが、立ち上がればみえます。
一枚目の写真は展望台からの景色。

あの灯台まで行ってみる?
と誘うと、兄弟の冒険心を刺激したようです。

jogashima_04

いざ先端まで行ってみると、
岩場に白波が弾けてなかなかの迫力です。

釣り人たちは慣れたものでヒョイヒョイと移動していますが、
こちらは3歳と7歳のやんちゃ坊主連れ。
子供が落ちたら助け出す自信ありません。

自分で言い出したものの、
見てるこっち冷や冷やして気が気じゃないので、
何食わぬ顔の長男を急かして手前まで引き上げてきました。

波打ち際でなくとも、冒険家気取りの兄弟は
大きな岩を上ってクリアしてはドヤ顔の長男でした。

jogashima_03

結果としては息子たちの願望は満たされたようですが、
とうさんだけは癒されたというよりは、ドキドキ気づかれしたのでした。

三浦半島は同じ神奈川県内でありながら、
いい感じの田舎のノンビリ感とリゾート感があっていいですね。

海辺のピクニックにはワンタッチシェードが便利。
エルブレスオンラインで探す
Amazonで探す

日よけにも当然ですが、海辺はトビに食べ物を狙われずに済みます。
私は江ノ島で一度ヤラレてからかなり警戒してます。(ハンバーガー返せ!!)
この日も油壺でも一人襲われている少年がいました。。

スタッドレスの寿命は3年か?という永遠の命題

先日、12ヶ月点検のついでにタイヤを冬用から夏用へ変えてきたのですが、
その際に3シーズン履いたので買い替えを検討してもいいかも知れない。
というお言葉をサービスの人から頂きました。

溝は?⇒溝はまだ大丈夫です。と。

スタッドレス(というかタイヤ全般か)の寿命は、
々造両談廖↓▲乾爐領化という二つの指標で語られますが、
前者がとても定量的に分かりやすいに対して、後者の基準がどうにもファジーです。

専門家が見れば分かるのでしょうが、素人では容易に分かりません。

△魎佞澆譴弌3年くらいで替えるのがよい。
というのが、巷の販売店のコメントなのですが、
材質の(紫外線による)劣化は本当に3年で訪れるのか。

当家の冬用タイヤはミシュランの X-ICE XI3ですが、色々調べてみると、
当のミシュランの製品サイトでは製造から4年経過しても性能は変わらないと謳っています。

http://www.michelin.co.jp/JP/ja/tires/products/x-ice-xi3.html

michelin_xicexi3_4years

4年間保管した新品タイヤと3シーズン使用したタイヤとでは条件は違いましょうが、
それを鑑みても通説で言われている3年での交換は早すぎる、という
タイヤメーカーからの自らの身を切るメッセージだと思っています。
(他のメーカーは調べてないので、知りません。)

「※試験タイヤは、自社管理倉庫で適正に保管されたものを使用しました。」
というただし書きが入っていますが、当家は夏季の間はタイヤホテルに預けているので、
タイヤに優しい環境で「適正に」保管されているものと信じたいです。(笑)

当家は2014年の2月に新品でつけたものなので、
2017-18シーズンも今のタイヤで行けるかな、と考えています。

なんですが、もし買い換えることになったら、
ネットで買って工場(ディーラー)に直送、というスキームにできないか検討しています。
AUTOBACS.comで探してみる
Amazon.comで探してみる

そんなことって、できるかなぁ。

男子スパ(またはスパ男子) 目次 

実は私はスパ男子です。

原体験は2004年に訪れたBaliのリゾートThe Legianのスパでした。
遠くから聞こえる波の音、それに調和するように体を巡るリンパ・・・
薄れいく意識の中で、あぁぁ、こんな世界があるのか、と。

それからリゾート滞在した際には、
チャンスがあればスパに行くことにしています。

(Talise Spa @Jumeirah Vittaveli, Maldives)
spa_talise_maldives_01

スパは気持ちいいです。
それは当たり前なんですが、それだけではないんです。

スパという施設は、そのコンセプトというか、
ある哲学に基づいた空間を徹底的に作りこんであることが多いので、
空間設計の妙を体験することができるという意味でもとても気に入っています。

(Kirana Spa @Royal Pita Maha, Bali)
spa_kirana_01

それは水上コテージからの見渡す限りの穏やかな水平線であったり、
またはその地方の伝統的な建築様式による空間の再現であったり、
はたまはその現代的解釈であったり・・・

(スパ @星のや 竹富島)
spa_hoshinoya_taketomi_04

という訳でちょいちょいと旅行記で触れたことはあったものの、
今までそういう観点でのインデックスがありませんでした。

ということで各記事にカテゴリを複数設定できるようにもなりましたので、
各旅行記の中などに埋もれていたスパ体験をカテゴリにまとめました。
(ただいつも写真はあまりうまく撮れていない)

リンクはおいおい貼っていきます。

□2016 Talise Spa(@Jumeirah Vittaveli, Maldives)

□2014 Moana Lani Spa(@Moana Surfrider Westin, Hawaii)

□2013 星のやスパ(@星のや, 竹富島)

□2012 The Aman Spa(@Amanpulo, Philippines)

□2011 The Kahala Spa (@The Kahala, Hawaii)

□2009 てぃんがーら(@はいむるぶし, 小浜島)

□2008 Kirana Spa (1) (2) (@The Royal Pita Maha, Bali)

□2008 Luxe Lounge Spa(@Sentosa Private Villas & Spa, Bali)

□2007 Givenchy Spa(@Le Touessrok, Mauritius)

□2007 Banyantree Spa(@Banyantree, Seychelles)

□2006 Dhevi Spa(@Mandarin Oriental Dhara Dhevi, Chiang Mai)

□2005 Jivarhu Spa(@Tanjung Rhu Resort、Langkawi)

□2004 The Spa at The Legian(@The Legian, Bali)

2013 竹富島(1) 星のや スパ

spa_hoshinoya_taketomi_03


spa_hoshinoya_taketomi_04


spa_hoshinoya_taketomi_02


spa_hoshinoya_taketomi_01


spa_hoshinoya_taketomi_05

5軸手ぶれ補正+f 2.8通しの衝撃(OM-D E-M5 II)

私はミラーレスに関しては、
初代PEN(E-P1)からGF4とつないできたマイクロフォーサーズユーザなのですが、
この度OM-D E-M5 Mark IIに買い替え(買い足し?)しました。

今月3年ぶりに行ったTDRがデビュー戦となりました。

ここ数年パナソニックのGF4にオリンパスのレンズの構成で使っていて、
既にお気付きの方もいるかも知れませんが、手振れ補正が効いていなかったんですね。
(パナソニックはレンズで、オリンパスは本体で手振れ補正をしている)

私はいつも三脚を持ち歩くようなマメさは持ち合わせておらず、
手持ちで望遠レンズで撮るもんで、いつもどこか少しポヤっとした写真になっていました。

そんな訳で夜のパレードで手持ちでこれくらいの写真が撮れた時の感動たるや。
しかも雨が降っていて奇しくもE-M5の防滴性能まで確認できることになるとは(笑)

2017_TDR_01

レンズキットは2種類あるのですが、
私は12-40mm f2.8の標準ズームレンズとのセットにしました。

市場での実勢価格は15万弱くらいのようです。
私もビックカメラの店舗でそのくらいの価格帯で購入しました。

Amazon:オリンパス OM-D E-M5 MarkII 12-40mm F2.8 レンズキット

カメラのキタムラ:オリンパス OM-D E-M5 Mark II 12-40mm F2.8 レンズキット

デジカメは機能の進化がはやく、
ついついすぐに新しいカメラを買ってしまうのですが、
家に溜まり続ける旧モデルのデジカメたちを何とかしなければ・・・(前振り)

羽田忠織物(ネクタイ)

新しいカメラに慣るために色々なシーンで撮ってみよう。
「物撮り」にもチャレンジです。

ファッショニスタ(笑)ではないので、
被服に関することはほとんど書かないのですが、
いいネクタイを入手したので題材にしていました。

analog_necktie_hatachu_01

羽田忠織物は山梨県にあるシルク製品を扱う1935年創業の老舗の織物工場です。

ネクタイのお値段というと、
3000円のワゴンものから2万円超えの海外ブランドものまでピンきりです。
その中でいうと1万円いかない中の下?くらいの価格帯です。
にも関わらず、素材も作りも上質でモノがいい。

写真はシルクのジャカード織り。
シルクと聞いてイメージするツヤのある肌感ではなく、
より厚みを感じるものになっています。

特にどこか和を感じさせる青が色合いが絶妙で、
私はこの青色に惚れたと言ってもいいです。

ビジネスシーンのカジュアル化でネクタイのニーズは少しずつ減ってはきていますが、
それだからこそ長く使える「物語のある」よいものを少数精鋭で持っていてもよいかも。
と思った次第です。

あまり世に出回っていないようですが、
直営のオンラインショップから購入可能です。

羽田忠織物 HADACHU ORIMONO
〒403-0001
山梨県富士吉田市上暮地3-7-26
TEL:0555-22-4584

ディズニーアンバサダーホテル (1)

3年ぶりに1泊2日でTDRで散財してきました(笑)

今回はバケーションパッケージを利用し、
宿泊先はディズニーアンバサダーホテルにしました。

バケパの詳細は別の機会に譲りますが(絶対書かないだろ)、
初のディズニーホテルでの宿泊でしたので、少しだけ所感を。

hotel_ambassadar_07

ディズニーアンバサダーホテルは、
1930年代のアメリカ西海岸をイメージしたアール・デコ調を標榜しています。

その外観からあちらこちらにどでかくキャラクターが描かれた、
ポップなインテリアを勝手にイメージしていたのですが、
意外と?重厚で洗練された雰囲気で驚きました。

そもそもエクステリアはどちらかというとトロピカル・デコに該当し、
内装は比較的クラシックな?のアール・デコになっているのでそこがギャップなんでしょうか。
そもそも「クラシックなアール・デコ」という表現が正しいのかもよくわかりません。

外観の写真を撮り忘れました、↓こんな感じです。
ディズニーアンバサダーホテル(一休.com)

hotel_ambassadar_04

上の写真はロビーに隣接した「ハイピリオン・ラウンジ」です。

メニューにはディズニーのキャラクターを取り入れたスイーツなどありますが、
空間としてはまったくディズニー、ディズニーした様子もなく洗練された雰囲気です。

ちょっとテーブル間隔に狭い印象は受けますが、
天井が高く、窓が大きいため見た目には窮屈さは感じませんでした。
窓の外の木は夜はライトアップされてクリスマスのような雰囲気です。

hotel_ambassadar_05

ロビーの中央にミッキーの像が建っている意外はさほどディズニー感のアピールはなく、
唯一、天井画だけがここがディズニーの牙城であることを示しています。

ロビーの一角にはディズニーの映画が上映されているテレビが設置されたコーナーがあり、
小さな子供たちはこのテレビに釘付けになっているためか、
ロビーを駆け回っている子供なども見当たりません。

hotel_ambassadar_03

天井画の少しアップです。
大空を飛び回るキャラクターたち、タッチはレトロタイプ。

チェックイン、チェックアウトなどを行うレセプションとは別に、
その他サービスのカウンターがあります。

少しだけアナ雪のキャラクターがいますね。
ちょうど1月〜3月はアナ雪月間だったようです。

ホテルの全体の雰囲気はがらりとは変えない程度に、
おとなしめにちょっとしたイベントを開催しているようでした。

hotel_ambassadar_02

具体的には、例えばパーク内で買ったものなどをその場でホテルに直送でき、
その荷物などはこちらで受け取ることができます。
お土産を手に持ったまま歩き回る必要がない。

その他の宿泊者向けサービスとしては、
・入園保障(混雑で入園制限がかかっていても入園できる)
・ハッピー15エントリー(一般の入園者より15分早く入ることがきる)
・二つのパークを自由に行き来できるパスポートの販売
などなど。

詳しくはこちらをご参照ください。
パークを楽しむための宿泊者特典・サービス

ディズニーリゾートを楽しむために作られた数々のサービス、

「ディズニーのディズニーによるディズニーのためのホテル」

そう呼んでおきましょう。

ディズニーアンバサダーホテル
〒279-8522
千葉県浦安市舞浜2-11
TEL 047-305-1111 FAX 047-305-1171

run日記:第35回2017三浦国際市民マラソン

ふるさと納税の返礼品で参加権を頂いた三浦市のハーフマラソン。

今年も棄権かと思われましたが、
予定が一つ時間がずれたのと妻の好意により、
結局出場させてもらえることになりました。

この大会は過去5年連続雨に降られるといういわくつきの大会なのですが、
今年は6年ぶりの好天での開催とのこと。

ご覧の通りのぴーかん照りです。

run_miurahalf_01

無欲で(無準備で)望んだ上にアップダウンのあるコースなので、
もっと酷いことになる(川崎国際では倒れそうになった)かと思いましたが、
その割にはタイムは2時間1分代とサブ2は逃しましたが、悪くはなかったです。

途中からお腹が痛くてゴールしたら早くトイレに行きたいなぁ、
と思っていたのが幸いしたのかも知れませんね。(笑)

run_miurahalf_0 3

一人で外出させてもらったので、
家族に三崎マグロのお土産を買って帰りました。

長男がマグロが好物なんです。
しかも「漬け」が好きという渋さ。

run_miurahalf_04

三崎海岸付近ではちょうど桜まつりなどもやっていて、
駅前では名産品の出店が出展していました。

同じ県内ではあるものの、2時間近く電車に乗るという距離のため、
ちょっとした日帰り旅行の気分でした。

run_miurahalf_02

なぜか京急車輌(新1000系)のドレミファインバーター音が好きで、
たまたま乗り合わせて車輌がそうだとちょっとテンションが上がります。
別に鉄ではないんですけどね。

あ、それで思ったよりタイムがよかったのかな(笑)。

最後にやけにカッコイイSUUNTOのサイトの地図を貼っておきます。

run_miura_international_marathon

GPSウォッチ各社ではSUUNTOが一番オシャレ度は高いな…
(私はGarminユーザー)

記事検索
Yesterday's Visits
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
  • ライブドアブログ