転ばぬ先のTsue

Korobanusakino杖
http://blog.livedoor.jp/mojin_no_tsue/

旅のTips 海外旅行保険の航空機遅延補償

世の中、段々とLCCによる旅行が一般化してきました。

当家においても家族のヘッドカウント(笑)が増えるに連れて、
コスト重視でLCCファーストのアプローチになってきました。
(引き続きJALマイラーではあるのですが、それはそれとして)

2015年のオーストラリア旅行(→「転ばぬ先のTsue:2015 Port Douglus」)では
ジェットスター(Jetstar)を利用しましたし、秋に予定しているバカンスでも、
エアアジア(AirAsia)やライオンエア(Lion Air)を利用する予定です。

travel_lcc_jetstar

 ↑Jetstar 2015@成田第3ターミナル
LCCの特徴の一つとしてFSCに比べて便の遅延や欠航が比較的多いこと、
その上、その遅延や欠航に対する補償が薄いということがあります。

他の便への無料での振り替えや払い戻しは対象だったりしますが、
欠航や遅延が原因による宿泊費や交通費の補償は基本的にありません。

そこで今回は航空機遅延補償を厚めに旅行保険に入ってみようかと思います。
海外旅行保険本体にオプションとして付けるのが一般的なようです。
例えばこんな感じで。

travel_insurance_hs_flight2


以前ご紹介した「海外旅行保険の選び方」に則ってすすめると、
今回も保険会社は損保ジャパンとエイチエス損保に絞られます。

この2社では航空機遅延補償の条件が異なり、
保険料は両者とも4人で240円ですが、補償額が異なります。
損保ジャパンは2万円/人(計8万円)まで、エイチエス損保は3万円/人(計12万円)まで。

保険会社的にはオマケみたいな金額でしょうが、
個人としてはまぁまぁのまとまった金額という印象です。

その他の補償内容と保険料のバランスでは損保ジャパンに分があるので、
航空機遅延補償に絞って着目すればエイチエス損保に分があるように思われます。
どっちをより重視するかできめればよいかと思います。

※おまけ。
JMBモール経由での加入(代理店はJalux)にはこれまでマイルが積算されていましたが、
2017年11月からはeJALポイントに変わるそうです。
ツアー代金とかではない利用方法で唯一思いつくのは、
マイル特典航空券のサーチャージに充てることでしょうか。

家族キャンプ記録

GWから2017年シーズンスタートしました。

なかなか書けてませんが備忘録です。

キャンプ場とその近くの立ち寄り湯の組み合わせで記録しておくと便利かな。
と思い、そうしています。

camp_201705_tanukiko_01
@田貫湖キャンプ場 2017年GW

==== 2017年シーズン (長男7歳/次男3歳) =====

5泊目 2017年9月
 ・キャンピカ富士ぐりんぱ (静岡県裾野市) テント泊
 ・場内風呂(無料)

4泊目 2017年8月
 ・フレンドパークむかわキャンプ場 (山梨県北杜市) テント泊
 ・尾白の湯(行ってない)

3泊目 2017年8月 (1)
 ・成田ゆめ牧場ファミリーオートキャンプ場(千葉県成田市)テント泊
 ・あずま健康センター(茨城県稲敷市) 

2泊目 2017年6月
 ・北軽井沢スウィートグラス(群馬県吾妻郡長野原町)テント泊
 ・星野温泉トンボの湯(長野県北佐久郡軽井沢町) 

1泊目 2017年5月
 ・田貫湖キャンプ場(山梨県富士宮市)テント泊
 ・休暇村富士(行ってない)

==== 2016年シーズン (長男6歳/次男2歳) =====

7泊目 2016年11月
 ・ほうれんぼうの森キャンプ場 (山梨県北都留郡小菅村) コテージ泊
 ・小菅の湯

5-6泊目 2016年9月
 ・知人宅の敷地内 (長野県佐久市) テント泊
 ・あぐりの湯こもろ (長野県小諸市)

4泊目 2016年9月
 ・フレンドパークむかわキャンプ場 (山梨県北杜市) テント泊
 ・尾白の湯

3泊目 2016年8月
 ・ウエストリバーオートキャンプ場 (山梨県南アルプス市) テント泊
 ・やまなみの湯

2泊目 2016年7月
 ・フレンドパークむかわキャンプ場 (山梨県北杜市) テント泊
 ・尾白の湯

2泊目 2016年6月
 ・昭和の森フォレストビレッジ (千葉県千葉市) 中止

1泊目 2016年6月
 ・べるが尾白の森キャンプ場 (山梨県北杜市) テント泊
 ・尾白の湯

==== 2015年シーズン (長男5歳/次男1歳) =====

6泊目 2015年12月
 ・北軽井沢スウィートグラス(群馬県吾妻郡) コテージ泊
 ・コテージ内風呂

5泊目 2015年10月
 ・ACN富士すそ野ファミリーキャンプ場(山梨県裾野市) テント泊

4泊目 2015年09月
 ・無印良品 カンパーニャ嬬恋キャンプ場(群馬県嬬恋村) コテージ泊

3泊目 2015年08月
 ・キャンピカ明野ふれあいの里(山梨県北杜市) コテージ泊

2泊目 2015年08月
 ・北軽井沢スウィートグラス(群馬県吾妻郡) コテージ泊
 ・グリーンプラザ軽井沢

1泊目 2015年07月
 ・北軽井沢スウィートグラス(群馬県吾妻郡) コテージ泊

旅のTips ヒルトン成田でお得に前泊

午前中に成田発のフライトを利用する際には、
時間的にも精神的にもゆとりをもつために成田で前泊をすることにしています。

これまではホテル日航成田を利用してきました。
豪華ではありませんが、設備はキレイですしサービスも大変よいですし、
決め手の一つは2週間まで駐車場が無料で使えるプランがあることです。

今回も当初はホテル日航成田の利用を想定していたのですが、
実はこのホテルの添い寝ポリシーでは、小学生から大人と同扱いになることが分かりました。
上の子が今年から小学生になったことでとたんに割安感が薄くなってしまいました。

一方で近くにあるヒルトン成田はなんと18歳以下添い寝無料という神ポリシー、
そこで今回はヒルトンのタイムセールと、honorsを駆使してヒルトンを攻めてみたいと思います。

命題は、以下の通り

 ・大人2名、小人2名(7歳,3歳)の合計4名で一泊(素泊まり)
 ・駐車場を9日間分確保する
 ・上記2点を合わせて\18,200円以内

基準の値段は私自身が思いつく限りの小技を駆使してホテル日航成田を見積もった値段です。

9月はホテルはセールの季節、様々なホテルブランドが一斉にセールを始めます。
ヒルトン系列も9月5日から72時間のタイムセール、
対象は日本、韓国、グアムにあるホテルです。

travel_hilton_flash_01


一方、honorsには同伴者1名宿泊無料なる特典があり、ヒルトン成田は対象になっています。
子供2名は添い寝で無料なので、実質大人1名での料金で予約をすればよいわけです。

また、駐車場についてはヒルトン成田では\400/日(屋内)で使えるオプションに加えて、
7日間駐車場無料というプランもありこちらもhonors特典の対象になります。(電話で確認)
ちなみに駐車場の料金1日は\400で、このエリアの相場での最低価格\500/日(青空)より安いです。

travel_hilton_flash_02

上は大人2名の場合の料金、下の画面は大人1名の場合の料金。
honors特典でチャージ対象の大人の人数が2名⇒1名になることで、
各プランの料金に\4,000の差が出ることが分かります。

  屮轡鵐廛襯好謄ぁ廛廛薀鵑肪鷦崗9日分(\400x9)をオプションプラスするか
 ◆崔鷦嵶繕7日分無料」プランに駐車場2日(\400x2)分をオプションプラスするか

大人1名の「シンプルステイ」はネット定価で\15,000、「駐車料金7日分無料」は\16,000です。
前者のプランはhonors会員向けタイムセール50%offで\7,500になりますが、
後者はタイムセールの対象外であることが分かりました。

travel_hilton_flash_03

したがって、(実際には+サービス料と消費税)

 , \ 7,500 + \3,600 = \11,100
 △ \16,000 + \ 800 = \16,800

どちらも命題はクリアできますが、,諒がお得ですね。
金額としては上記ですが、honors特典の中には、以下も含まれている(はず)です。
家族4人、朝食付きでビジネスホテルくらいの値段に泊まれれば万々歳ですよね。

・部屋のアップグレード(予約は一番安いヒルトンツイン)
・ラウンジでのドリンク1杯無料(人数分)
・大人2名分(会員+1名)の朝食無料(子供はもともと無料) ⇒食べる時間ないけど
・レイトチェックアウト ⇒早朝に出ちゃうけど
・ヘルスクラブ(全員) ⇒使う時間ないけど

いろいろ駆使して成田での前泊でお得感を出せました。という話でした。
今後は成田の前泊はヒルトン成田ファーストで考えてみようかしら。

で、よくみたら、東南アジア地域のリゾートもセールになってるじゃないですか。

travel_hilton_flash_resort_01

こんなこともあろうかと、初回の予約はあえてrefundableなプランにしてあるのです。
現地のホテルも予約を取り直しておこうかな。
これで現地の空港送迎代が浮くな。うしし。
(⇒「旅のTips バリの空港タクシーを事前予約する」)


こういうところが個人手配旅行の醍醐味。。

ふるさと納税2017 (6) 徳島県徳島市−味付海苔

我が家では一番美味しいと言われている味付け海苔がこれです。

楽天市場:【味付け海苔】徳島名産! 大野海苔 卓上のり 6本ケース入り

1万円の寄付金に対する返礼で、市勢価格では2500円程度のようです。

徳島市のふるさと納税の返礼品で取り寄せました。(笑)
こちらはふるさとチョイス経由で寄付しました。

ふるさとチョイス:卓上のり(6本)

写真はおいおい。

ふるさと納税2017 (5) 北海道恵庭市−ビール

2017年の妻のふるさと納税枠です。

北海道の恵庭市にふるさと返礼品です。

恵庭市にはサッポロビールの北海道工場があり、
北海道工場で生産している「サッポロクラシック」は北海道限定のビールです。

furusato_2017_eniwa_beer_01


寄付金1万でサッポロクラシック缶350ml×10本、サッポロクラシック缶500ml×5本
おそらくおおよそ市勢価格で35%くらいの返礼率と思われます。

当家はさとふるから寄付しました。

さとふる:恵庭岳由来の水でつくった【北海道工場発】麦芽100%サッポロクラシック

ふるさとチョイスからも寄付できるようでした。

ふるさとチョイス:恵庭岳由来の水でつくった【北海道工場発】麦芽100%サッポロクラシック

お好みのサイトからどうぞ。

旅のTips バリの空港タクシーを事前予約する

個人旅行において一番気を使うのが現地空港から初日のホテルへの移動です。

長時間のフライトの疲労と時差で頭のボーっとした、
その国のペースにまだ慣れていない到着したばかりの旅行者は、
悪意のある人間にとってはある意味一番狙いやすいターゲットでもあります。

若いころに訪れたベトナムでは空港で拾ったタクシーで
全然知らない場所にポイと捨て置かれたこともありました。
身包み剥がされなかっただけマシと考えた方がよいかも知れません。

そんなこともあり、特に家族連れで海外に行く場合には、
到着日の空港からホテルへの移動手段のことは事前に特に気を使うようにしています。

travel_bali_taxi
↑2008年の@Baliの移動シーン(これはホテルのハイヤー)
タクシーに着目した写真が見当たらなかったので、
以後文脈に関係なくツラツラとBaliの街並みを貼っていきます。(笑)

2017年にバリ島に行こうと思って、上記のような観点で情報収集していたところ、
インドネシアでは安心の「ブルーバードタクシー(Blue Bird Taksi)」を使え。
Blue Bird Taksi はちゃんとメーターを倒してくれる、ということでした。

実は私が初めてバリを訪れた2004年にもまったく同じことが言われておりました。
つまり、13年経ってもそこは変わっていないんですね。(笑)

travel_bali_taxi_02
@Bali, 2008

ただ、もちろん時代に合わせて変わっていることもありまして、
Blue Bird をモバイルアプリで配車をできたり、オンラインで事前に予約できるようになったり。

今回はBlue Birdグループが運営するGolden Birdという空港送迎サービス(ハイヤー)を
事前にオンライン予約する方法について考えてみたいと思います。

travel_bali_taxi_03
@Bali, 2008

日本にも代理店があり、日本語で予約が可能なようです。

https://bluebird-hg.jp/

オフィシャルサイトからも直接予約可能です。(英語)

https://reservation.bluebirdgroup.com/golden

日本代理店のサイトでは料金は以下の3種類のゾーンで分けてありました。
公式サイトでも大体エリアの考え方は同じようでした。
違うのは料金です。

ゾーン1:クタ、サヌール、ジンバラン、ヌサ・ドゥア、レギャン、スミニャック
ゾーン2:ウルワトゥ、チャングー、デンパサール北部、ウブド、タナロット、ギャニャール、タナバン
ゾーン3:チャンディ・デサ、キタマーニ、シンガラジャ、ネガラ

日本代理店ではゾーン1で2,980円 (片道)
公式サイトでは同じエリアで214,500 IDR = 1,767円 (片道) (2017.9.4現在)

travel_bali_taxi_04
@Bali, 2008

英語に抵抗がなければ公式サイトから予約する方がお得ではないでしょうか。
特別複雑な要件があって日本語であれこれ相談したいということであれば、
日本の代理店を通すのもいいかも知れません。

ニーズとコストのバランスで選んでください。

なんか抑揚のないのっぺりした写真ばかりですみません。

RH CAFE MINATOMIRAI

ロンハーマン(Ron Herman)がやっているカフェです。

Ron Herman は"Style of Life California"を意識するセレクトショップ。

困ったことに歳を重ねるに連れてスタンスがユルくなってきたからか
最近カリフォルニア的な何かに対する憧れが少し出てきました。

来年あたりはアメリカ西海岸を目指してみようかな、
でも今いちばん行きたいのはオレゴン州、ポートランド(Portland, Oregon)です!

food_rhc_03

最近この手のアパレルが運営するカフェが増えている気がします。

この間、MARGARET HOWELLのカフェに行ったような。。

ヨコハマ恐竜展の前の腹ごしらえです。


RH CAFE MINATOMIRAI (公式)
〒220−0012
神奈川県横浜市西区みなとみらい3-5-1
マークイズみなとみらい1F
TEL:045-319-6702

旅のTips 添い寝問題(ファミリーポリシー)

今年のバカンスの予定を立てていたのでついでに。

家族旅行をよくされる方にとって面倒なのが添い寝問題かと思います。
別に問題ではないのですが、
宿泊施設によって添い寝の基準がバラバラでなんだか面倒という話。

国内の宿泊予約サイトですと、寝食一体の旅館文化の名残なのか、
寝具の有無や、食事の有無など細かく検索条件を設定できたりしますが、
海外ホテルの予約サイトはまずそんなことはありません。

素直に大人2名、小人2名で予約サイトで検索すると、検索結果には
スイートルームやコネクティングルーム、2ベッドルームヴィラなどばかりだったり。

この結果をそのまま受け入れられる、
素直な方や気前よい方は気にする必要はありませんが、
締めるところは締めてメリハリを付けたい庶民派としては一工夫が必要です。
正確に言うと工夫というよりは手間をかけるしかないということです。

何かというと、
予約サイトの検索結果と本当のファミリーポリシーは必ずしも一致しないのです。
例えそれがホテルの公式サイトであったとしても!!です。

実例を挙げた方が分かりやすいので、
大人2名、小人2名(7歳、3歳)で「コンラッド・バリ」の予約する場合を考えてみます。
海外旅行を個人手配する方はインターネットで済ませることが多いと思いますので・・・

Expedia(←リンク)
みんな大好きExpediaで検索してみると、
むーん。。。4名だとデラックスルームは定員オーバー。
family_policy_expedia_01

Conrad公式サイト(←リンク)
コンラッド(ヒルトン)の公式サイトでも引っかかるのはやはりスイートだけ。
family_policy_hilton_01

いずれも引っかかるのはスイートのカテゴリだけで、
通常のデラックスルームは定員オーバーの扱いとなっています。

ところが公式サイトをよく読んでみるとどうでしょう?
デラックスルームの最大定員は大人2名、子供2名(〜12歳)と書かれています。
でも、システム上は引っかからない。

family_policy_hilton_03

さらに詳細なファミリーポリシーが公開されていました。

http://www.conradbali.com/wp-content/uploads/2016/06/Family_Policy_2017.pdf

追加ベッド無しでの12歳までの子供の宿泊料は無料とされているので、
システム上は大人2名+小人1名で予約をして現地で「ホントは4名だよ〜ん」、
といえば大人2名、小人2名でデラックスルームの予約ができるのですね。

一様なシステムの仕様と宿泊施設のポリシーにはギャップがあるんです。
しかもそのポリシーは地域や宿泊施設によってまちまちだったり。

コンラッド・バリは公式サイト上にファミリーポリシーが明記してあるので、
サンプルとして分かりやすいと思い、実例として挙げてみましたが、
サイト上に公開されていないホテルは結局メールなりで個別に確認する必要があります。

ホテルと航空券のチケットも一緒に取れるサイト(Expediaなど)だと、
エアとホテルで矛盾が出て上記のような取り方ができないかも知れません。
そうなったら、それも踏まえてどちらがお得かを比べて決めればいいと思います。

やっぱり旅行の個人手配はちょっと手間がかかります。
店舗型にせよネット専業にせよそこを丸投げできるのが代理店な訳で、
コストが気にならなければ、もちろん便利は便利。

宅急便か、ゆうパックか。

今日はケチな方の話です。

マルイウェブチャネルで買ったものを返品したいのですが、
ヤマト運輸の「宅急便」か日本郵便の「ゆうパック」を指定されています。

https://voi.0101.co.jp/voi/guide/userguide/henpin.jsp

「●お手元に配送伝票の控えが残る「宅配便」または「ゆうパック」でご返送ください。」

当然ながらできるだけ送料を抑えたいのですが、
結局のところどちらで送るのがいいのでしったけ?

■前提条件
・サイズ60cm以内、重量2Kg以内
・神奈川県⇒埼玉県
・2017年8月16日現在

■ヤマト運輸
こちらで料金を検索できます。
http://date.kuronekoyamato.co.jp/date/Takkyubin?ACTID=J_RKTKJS0020&BTN_BACK=TK

756円(定価)
656円(持ち込み)コンビニも対象

「宅急便センター・取扱店・コンビニエンスストアへ直接お持ち込みいただいた場合には、お荷物一個につき下記の金額より100円を減額いたします。」

charge_yamato_01


■日本郵便
こちらで料金を検索できます。
http://www.post.japanpost.jp/cgi-simulator/youpack.php

740円(定価)
620円(持ち込み)

charge_yubin_01


charge_yubin_02

どちらも持ち込みに効く割引があるのですが、
若干ながらゆうパックの方が安いんですね。

camp日記 2017 成田ゆめ牧場オートキャンプ場 (1)

2017年の3泊目のキャンプは成田ゆめ牧場オートキャンプ場。

自身のInstagramからケバめの写真を何枚か。

説明ではなくインスタを意識したイメージ写真なので、
これをもって今回のキャンプについて多くは語るまい。

camp_narita_insta_05


camp_narita_insta_03


camp_narita_insta_04


camp_narita_insta_02


camp_narita_insta_06


camp_narita_insta_07


camp_narita_insta_01


成田ゆめ牧場オートキャンプ場(正式)
〒289−0111
千葉県成田市名木730
TEL:0476-96-1001
記事検索
Yesterday's Visits
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
  • ライブドアブログ