転ばぬ先のTsue

Korobanusakino杖
http://blog.livedoor.jp/mojin_no_tsue/

WAIWAI STEEL BAND ゴールデンアワー

めずらしく音楽の話でも。

GW終盤の土曜日、都内で家族でコンサート(ライブ?)に行ってきました。
WAIWAI STEEL BANDというスチール・パンのバンドです。

そもそも私がスチール・パンという楽器に興味を持ったのは、
YouTubeのある動画がきっかけでした。

ディズニー映画のリトルマーメイドの「under the sea」のカバーなんですが。

なんとも味のある演奏じゃないですか。
他のポップス曲のカバーもある中で圧倒的にしっくりきているのはこの曲です。
この異常なしっくり具合は何なんでしょう?



調べてみるとディズニーのリトルマーメイドに出てくるセバスチャンという
キャラクターは「トリニダードの赤いカニ」という設定なんですね。

セバスチャンが愛するカリプソ(calypso)というのはカリブ海周辺で広がった音楽。
そして、スチール・パンというのはトリニダード・ドバゴの国民楽器、
カリプソ調の楽曲「under the sea」とマッチしない訳がありません。

そういえば東京ディズニー・シーにある、
リトルマーメイドのアトラクションに隣接する飲食店、
その名前も「セバスチャンのカリプソキッチン」でした。

music_waiwai_01 (339x480)

それとは別にリトル・マーメイドの映画を観ていて、
セバスチャンが話す英語の訛りが気になっていたのですが、
昔よく聞いたレゲェのシンガーたちの話す英語の訛りとよく似ているな。と。

考えてみると、ジャマイカもトリニダードもカリブ海の島国、
あの英語の訛りはカリブ海訛りだったんですね。

なんか、全部の点と点が一気に繋がりました。

music_waiwai_02

話がだいぶん逸れましたが、
知人の一人がスチール・パンのバンドに参加していることが分かり、
共通の知り合い何組かでコンサートに行くことになった訳です。

素人の私が語るのもなんなので、気になる方はとりあえず聞いてみてください。
こちらで→試聴もできます(Tower Records)

音楽イベントというのは子連れには比較的敷居の高いもので、
なかなか参加する機会がありません。

オールスタンディングの小学生以下無料というのも魅力的。
大声で騒がない限り、少々動き回ろうが大丈夫というのは気が楽。

いつもとちょっと違うGWの一日でした。

家族キャンプ記録

GWから2017年シーズンスタートしました。

なかなか書けてませんが備忘録です。

キャンプ場とその近くの立ち寄り湯の組み合わせで記録しておくと便利かな。
と思い、そうしています。

==== 2017年シーズン (長男7歳/次男3歳) =====

1泊目 2017年5月
 ・田貫湖キャンプ場(山梨県富士宮市)テント泊

==== 2016年シーズン (長男6歳/次男2歳) =====

7泊目 2016年11月
 ・ほうれんぼうの森キャンプ場 (山梨県北都留郡小菅村) コテージ泊
 ・小菅の湯

5-6泊目 2016年9月
 ・知人宅の敷地内 (長野県佐久市) テント泊
 ・あぐりの湯こもろ (長野県小諸市)

4泊目 2016年9月
 ・フレンドパークむかわキャンプ場 (山梨県北杜市) テント泊

3泊目 2016年8月
 ・ウエストリバーオートキャンプ場 (山梨県南アルプス市) テント泊
 ・やまなみの湯

2泊目 2016年7月
 ・フレンドパークむかわキャンプ場 (山梨県北杜市) テント泊

2泊目 2016年6月
 ・昭和の森フォレストビレッジ (千葉県千葉市) 中止

1泊目 2016年6月
 ・べるが尾白の森キャンプ場 (山梨県北杜市) テント泊

==== 2015年シーズン (長男5歳/次男1歳) =====

6泊目 2015年12月
 ・北軽井沢スウィートグラス(群馬県吾妻郡) コテージ泊

5泊目 2015年10月
 ・ACN富士すそ野ファミリーキャンプ場(山梨県裾野市) テント泊

4泊目 2015年09月
 ・無印良品 カンパーニャ嬬恋キャンプ場(群馬県嬬恋村) コテージ泊

3泊目 2015年08月
 ・キャンピカ明野ふれあいの里(山梨県北杜市) コテージ泊

2泊目 2015年08月
 ・北軽井沢スウィートグラス(群馬県吾妻郡) コテージ泊

1泊目 2015年07月
 ・北軽井沢スウィートグラス(群馬県吾妻郡) コテージ泊

MOTIF RESTAURANT & BAR @Four Seasons Hotel Tokyo

珍しく家族で都心に遊びに出る用事がありました。

丸の内界隈なんて皆でくることも少ないので、
結婚記念日も近いことですし久々にお外食でもしましょうかと。

ランチにやってきたのは、
フォーシーズンズホテル丸の内 東京内にある
MOTIF(モティーフ)というフレンチレストラン。

food_motif_001

私は根がカジュアル(?)なもんで、
肩ひじ張らないリゾート的なダイニングが好きなのですが…
この洗練された雰囲気はやっぱり大都会。

気合を入れて非日常の特別な時間を過ごすというよりは、
あくまで日常生活をスマートに生きている人のための場所。

food_motif_005

フォーシーズンズホテルは東京駅まじかのJRの線路に面しているので、
レストランだけでなく、客室もトレインビューを売りにしているところもあります。

東京駅を発着する電車を見下ろせるこんなソファ席もあり、
鉄が半狂乱しそうですが、電車目当てに来るにはややハードルが高いかな。(笑)

ちなみに対岸に見える空中庭園はKITTE(JPタワー)ですが、
電車を眺める人が集まっていて、新しいトレイビュースポットのようです。

food_motif_003

到着した時にはランチの時間に早すぎたので、
ご案内できるまでちょっとこちらでお待ちください。と通された席です。

当家のボーイズも飽きることなく、
山手線、京浜東北線、湘南新宿ライン、踊り子号、スーパーひたち、東海道新幹線、
など眺めておりました。(全部挙げなくてもいいって?(笑))

food_motif_002

このレストランはアミューズとデザートがビュッフェになっていて、
メインだけ注文する形式が特徴的です。

GWのイベントでキッズビュッフェ無料というイベントをやっていてちょうどよかったです。
キッズビュッフェの内容は、から揚げ、ソーセージ、オムライス、エビフライ、ポテトサラダ。

右手前にあるケースがキッズビュッフェのコーナーです。
当家の子供たちには十分な内容でございます。

food_motif_007

私がメインに頼んだのは、「エイフィレ ”カスベ” ムニエル グルノーブル」
北海道ではエイのことを「かずべ」という呼ぶそうです。
要はエイヒレのムニエルなんですね。

初めて食べたやら、美味しかったやら。
妻はおススメされたエイジドポークのステーキ。
最近、巷で熟成肉がすごい流行っていますが、前から鉄板焼きとか頂くとそうでしたよね。

food_motif_004

で、食後は例によってお付き合い頂いた息子たちへの感謝として、
先ほどご紹介したKITTEの空中庭園で電車鑑賞でございます。

対岸から見たフォーシーズンズホテルです。
少し面積が広くなっている階がMOTIFのあった階です。

food_motif_006

何もしない贅沢が好きですが(笑)、休日の昼下がりに日本一のビジネス街で、
世界都市の名に恥じない洗練された空間でランチを頂くのも贅沢な時間です。

よかった、よかった。

一休レストランで予約する?

MOTIF RESTAURANT & BAR(公式)
〒100-6277
東京都千代田区丸の内1-11-1 パシフィックセンチュリープレイス
フォーシーズンズホテル丸の内 東京 7F
TEL 03-5222-5810


自動車保険:一括見積サービスのプレゼント(2017年4月)

今日はケチな方の話です。(笑)

よいモノやサービスにお金を払うのはやぶさかではないのですが、
出費に見合わないものには出し渋りたいというのが趣旨です。

私は自動車保険はダイレクト系の保険会社で契約していて、
さらに毎年保険会社を見直しています。

それで、毎年の自動車保険の満期が近づいてくると、
見積もりを取るのが楽しみでしょうがないんですよね。

同じ保障で保険料をどこまで下げられるかは当然ですが、
見積もりでどれだけポイントをもらえるか、もです。
(変態かよ)

ダイレクト系自動車保険の数社から簡単に一括で相みつを取ることができて、
さらに見積もりを取るだけでポイントがもらえるサービスがあるので、
それを知らいないと二重苦(笑)なので、今日はその話です。

2017年、私自身が利用したサービスをまとめておきます。

価格.com(T-pointキャンペーン)
価格.com(pontaキャンペーン)
キャンペーンサイトから価格.comの一括見積サービスを利用すると、
Tポイントかpontaが500ポイントもらえます。
T-pointとpontaは好みでどちらかを選らべばよいかと。

インスウェブ(T-mall)
T-mall経由でインスウェブの一括見積サービスを利用すると、
Tポイントが500ポイントもらえます。

楽天自動車保険一括見積もり
楽天ポイント1111ポイントがもらえます。
さらに、このサービスを始めて利用する場合は、
スタートボーナスキャンペーン
にエントリしておくとさらに2000ポイントもらえます。

保険スクエア bang!(キャンペーン)
500円の図書カードがもらえます。

ここまでは相みつを取って一番安い保険会社が分かるところまで。
契約する保険会社が決まったら、実際に契約するまでにもうひと押しあります。

それはまた今度。

2017桜の名残りを求めて金沢動物園

今月2回目の父子動物園。

ふと気づいたのですが、
動物園に父子で来ている家族ってほとんどいないんですね。

前回はズーラシアに行ったので気分を変えて、
桜の名残を求めて桜がキレイという金沢動物園に行ってきました。

ギリギリ最後のグループに花が残っているくらいですかね。
今年は入学式や何やらでバタバタして花見はこれきり。

sakura_2017

ズーラシアのように食べるところがある気で、
結果はランチは休憩室の冷凍食品の自動販売機。

しかもこの動物園も別に初めてではないのに・・・
妻がいないとやはりそういう部分で脇が甘いですね。

というか、男同士だとなるようになればいいかと思ってしまう(笑)

城ヶ島公園で父子ピクニック

最近妻が忙しくて篭っていることもあり、
週末は息子たちと男3人で気ままに遊びまくっています。(笑)

明日は天気がよさそうだし、何処に行こうか?

次男「どうぶつえんいきたい!」 ⇒昨日行ったけど(しかも今月既に動物園2回)
長男「こうえんでピクニック!」 ⇒それはノンビリできそうで魅力的ね
父親「海を眺めて癒されたい!」 ⇒とーさんとてもくたびれてます・・・

全部まるごと実現するにはどうする?
私が閃いたた行き先とは・・・

jogashima_02

そうだ、城ヶ島にいこう。
そして、その足で油壺マリンパーク(水族館)だ。

城ヶ島というのは三浦半島の南端に太平洋に突き出た島でして、
半島からは有料の橋でつながっています。

先日の三浦国際市民マラソンでは、
こちらの城ヶ島が折り返しとなっておりました。

↓こちらの地図でもご参照ください↓
run日記:第35回2017三浦国際市民マラソン

jogashima_01

城ヶ島の東側1/4くらいは公園になっていまして、
東端にピクニック広場になっています。

芝生に座ると海は見えないのですが、立ち上がればみえます。
一枚目の写真は展望台からの景色。

あの灯台まで行ってみる?
と誘うと、兄弟の冒険心を刺激したようです。

jogashima_04

いざ先端まで行ってみると、
岩場に白波が弾けてなかなかの迫力です。

釣り人たちは慣れたものでヒョイヒョイと移動していますが、
こちらは3歳と7歳のやんちゃ坊主連れ。
子供が落ちたら助け出す自信ありません。

自分で言い出したものの、
見てるこっち冷や冷やして気が気じゃないので、
何食わぬ顔の長男を急かして手前まで引き上げてきました。

波打ち際でなくとも、冒険家気取りの兄弟は
大きな岩を上ってクリアしてはドヤ顔の長男でした。

jogashima_03

結果としては息子たちの願望は満たされたようですが、
とうさんだけは癒されたというよりは、ドキドキ気づかれしたのでした。

三浦半島は同じ神奈川県内でありながら、
いい感じの田舎のノンビリ感とリゾート感があっていいですね。

海辺のピクニックにはワンタッチシェードが便利。
エルブレスオンラインで探す
Amazonで探す

日よけにも当然ですが、海辺はトビに食べ物を狙われずに済みます。
私は江ノ島で一度ヤラレてからかなり警戒してます。(ハンバーガー返せ!!)
この日も油壺でも一人襲われている少年がいました。。

スタッドレスの寿命は3年か?という永遠の命題

先日、12ヶ月点検のついでにタイヤを冬用から夏用へ変えてきたのですが、
その際に3シーズン履いたので買い替えを検討してもいいかも知れない。
というお言葉をサービスの人から頂きました。

溝は?⇒溝はまだ大丈夫です。と。

スタッドレス(というかタイヤ全般か)の寿命は、
々造両談廖↓▲乾爐領化という二つの指標で語られますが、
前者がとても定量的に分かりやすいに対して、後者の基準がどうにもファジーです。

専門家が見れば分かるのでしょうが、素人では容易に分かりません。

△魎佞澆譴弌3年くらいで替えるのがよい。
というのが、巷の販売店のコメントなのですが、
材質の(紫外線による)劣化は本当に3年で訪れるのか。

当家の冬用タイヤはミシュランの X-ICE XI3ですが、色々調べてみると、
当のミシュランの製品サイトでは製造から4年経過しても性能は変わらないと謳っています。

http://www.michelin.co.jp/JP/ja/tires/products/x-ice-xi3.html

michelin_xicexi3_4years

4年間保管した新品タイヤと3シーズン使用したタイヤとでは条件は違いましょうが、
それを鑑みても通説で言われている3年での交換は早すぎる、という
タイヤメーカーからの自らの身を切るメッセージだと思っています。
(他のメーカーは調べてないので、知りません。)

「※試験タイヤは、自社管理倉庫で適正に保管されたものを使用しました。」
というただし書きが入っていますが、当家は夏季の間はタイヤホテルに預けているので、
タイヤに優しい環境で「適正に」保管されているものと信じたいです。(笑)

当家は2014年の2月に新品でつけたものなので、
2017-18シーズンも今のタイヤで行けるかな、と考えています。

なんですが、もし買い換えることになったら、
ネットで買って工場(ディーラー)に直送、というスキームにできないか検討しています。
AUTOBACS.comで探してみる
Amazon.comで探してみる

そんなことって、できるかなぁ。

男子スパ(またはスパ男子) 目次 

実は私はスパ男子です。

原体験は2004年に訪れたBaliのリゾートThe Legianのスパでした。
遠くから聞こえる波の音、それに調和するように体を巡るリンパ・・・
薄れいく意識の中で、あぁぁ、こんな世界があるのか、と。

それからリゾート滞在した際には、
チャンスがあればスパに行くことにしています。

(Talise Spa @Jumeirah Vittaveli, Maldives)
spa_talise_maldives_01

スパは気持ちいいです。
それは当たり前なんですが、それだけではないんです。

スパという施設は、そのコンセプトというか、
ある哲学に基づいた空間を徹底的に作りこんであることが多いので、
空間設計の妙を体験することができるという意味でもとても気に入っています。

(Kirana Spa @Royal Pita Maha, Bali)
spa_kirana_01

それは水上コテージからの見渡す限りの穏やかな水平線であったり、
またはその地方の伝統的な建築様式による空間の再現であったり、
はたまはその現代的解釈であったり・・・

(スパ @星のや 竹富島)
spa_hoshinoya_taketomi_04

という訳でちょいちょいと旅行記で触れたことはあったものの、
今までそういう観点でのインデックスがありませんでした。

ということで各記事にカテゴリを複数設定できるようにもなりましたので、
各旅行記の中などに埋もれていたスパ体験をカテゴリにまとめました。
(ただいつも写真はあまりうまく撮れていない)

リンクはおいおい貼っていきます。

□2016 Talise Spa(@Jumeirah Vittaveli, Maldives)

□2014 Moana Lani Spa(@Moana Surfrider Westin, Hawaii)

□2013 星のやスパ(@星のや, 竹富島)

□2012 The Aman Spa(@Amanpulo, Philippines)

□2011 The Kahala Spa (@The Kahala, Hawaii)

□2009 てぃんがーら(@はいむるぶし, 小浜島)

□2008 Kirana Spa (1) (2) (@The Royal Pita Maha, Bali)

□2008 Luxe Lounge Spa(@Sentosa Private Villas & Spa, Bali)

□2007 Givenchy Spa(@Le Touessrok, Mauritius)

□2007 Banyantree Spa(@Banyantree, Seychelles)

□2006 Dhevi Spa(@Mandarin Oriental Dhara Dhevi, Chiang Mai)

□2005 Jivarhu Spa(@Tanjung Rhu Resort、Langkawi)

□2004 The Spa at The Legian(@The Legian, Bali)

2013 竹富島(1) 星のや スパ

spa_hoshinoya_taketomi_03


spa_hoshinoya_taketomi_04


spa_hoshinoya_taketomi_02


spa_hoshinoya_taketomi_01


spa_hoshinoya_taketomi_05

5軸手ぶれ補正+f 2.8通しの衝撃(OM-D E-M5 II)

私はミラーレスに関しては、
初代PEN(E-P1)からGF4とつないできたマイクロフォーサーズユーザなのですが、
この度OM-D E-M5 Mark IIに買い替え(買い足し?)しました。

今月3年ぶりに行ったTDRがデビュー戦となりました。

ここ数年パナソニックのGF4にオリンパスのレンズの構成で使っていて、
既にお気付きの方もいるかも知れませんが、手振れ補正が効いていなかったんですね。
(パナソニックはレンズで、オリンパスは本体で手振れ補正をしている)

私はいつも三脚を持ち歩くようなマメさは持ち合わせておらず、
手持ちで望遠レンズで撮るもんで、いつもどこか少しポヤっとした写真になっていました。

そんな訳で夜のパレードで手持ちでこれくらいの写真が撮れた時の感動たるや。
しかも雨が降っていて奇しくもE-M5の防滴性能まで確認できることになるとは(笑)

2017_TDR_01

レンズキットは2種類あるのですが、
私は12-40mm f2.8の標準ズームレンズとのセットにしました。

市場での実勢価格は15万弱くらいのようです。
私もビックカメラの店舗でそのくらいの価格帯で購入しました。

Amazon:オリンパス OM-D E-M5 MarkII 12-40mm F2.8 レンズキット

カメラのキタムラ:オリンパス OM-D E-M5 Mark II 12-40mm F2.8 レンズキット

デジカメは機能の進化がはやく、
ついついすぐに新しいカメラを買ってしまうのですが、
家に溜まり続ける旧モデルのデジカメたちを何とかしなければ・・・(前振り)
記事検索
Yesterday's Visits
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
  • ライブドアブログ